ロンドン・ナショナル・ギャラリー展

久しぶりの美術展

最終日だったかれど

入場制限していたので

それほどの大混雑でもなく

リフレッシュできました

ゴッホひまわりの絵を買ってきました

額縁買って飾らなくちゃ

| | コメント (0)

幸手宿

昨日の土曜日

寒い雨の中でしたが

幸手宿を歩きました

埼玉県内には

日光街道の宿場が6つあります

草加、越ケ谷、粕壁、杉戸、幸手、栗橋

それぞれの宿場を盛り上げようと

去年はスタンプラリーをやっていたようですが

今年は中止です

雨の中の幸手宿もなかなか味があります

20201017_100408

20201017_101413

 

20201017_103351

こんなお店があったりお店があったり

20201017_103858

蔵の中に引き入れるための線路とか

蔵に書かれた絵とか

20201017_103952

こんな甘いお菓子とか

20201017_105452

幸手に行ったのは初めてでした。

県内にはまだまだたくさん知らないところがありますね。

WITH コロナ時代での観光のあり方も考えなければいけないのでしょうね

 

| | コメント (1)

ダイニングテーブルを買う

結婚以来30年間ず~っと使っていたダイニングテーブル

婚礼家具として親がもたせてくれたものです

ムスメが小さい頃

彫刻刀を使っていたときに傷つけて以来

ボロボロです

椅子もぐらつき

布製の座面は汚くなり

もう限界

ムスメたちもいなくなり

ついに新しいものを購入しました

Mもう一生買わないだろうから

リーズナブルな家具ではなく

ちょっと高くてもいい物を買いたいな。。。

ということで

maruniの東京ショールームまで行ってまいりました

実はショールームに行くのは2度目

最初はちょうど一年ほど前

このとき悩みに悩んで

やっぱり高いからまたにしよう。。。と思いましたが

今日は買うつもりで行きました

それでも値段をみて「どうしよう。。。」

いや、もう、今年買わなかったらずっと買わないね

思い切って購入

30年使った年季の入ったダイニングテーブルとはいよいよお別れ

これで婚礼家具は

タンスとドレッサーぐらいになっちゃったね

年内に届くみたいなので

新年は新しいテーブルで迎えられそう

 

| | コメント (1)

公務員男性の育児休業

菅首相が

「男性公務員に1ヶ月の育児休業をとらせたい」

と言ったとか言わないとか

政府は昨年末、子どもが生まれた全ての男性の国家公務員が育児に伴う有給休暇や無給の育児休業を令和2年度から計1カ月以上取得することを目指す方針を決定している(Sankeibizより)

だそうですが

いくら公務員でも無休の育児休業では

共働きならともかくたいへんだろう

それでも

首相がそういったと言うことはインパクトがある

小泉環境大臣が

賛否両論ある中で

短期間の育児のための休暇を取った

「育児休業」ではないけれどこちらもなかなかのインパクト

去年、男性の育児休業について議論をしたときに

「男性じゃなくても女性だって、管理職であるYさんが休みたいっていったらムリでしょ」

そりゃ、1ヶ月ぶっ続けて休むのは大変でしょうけれど

テレワークを使いながら

家で出来る仕事も多いなあと思ったものです

ワタシの職場では女性が当り前のように育児休業をとりますが

忙しい職場の男性職員が育児休業をとることにはとても抵抗があります

本人も自分が職場を背負っているという自負もあるでしょう

でもそういう職場でこそ1ヶ月やってみるといいんだよね

生まれてすぐに、と言うのが理想かもしれないけれど

1年間の期間中どこに休むかをよく考えて

仕事の閑散期に続けて休めばいいんだよ

準備も出来るだろう

職場内、取引先への説明と理解、

そうやって小さい企業でもやりくりして管理職が休んでいる会社はいくつもある

そしてそういう会社は「働きやすい」会社として

新規職員が入ってきたり

男女ともに離職率が低い

これからの社会は

「限定社員」である男性だけでは回せない

頭ではわかっているのに

「男性は育児休業をとらなくても奥さんがとればいいじゃない」

と言う意識が強いのがまだまだ現状なんだろう

「女性の活躍」はジェンダーの問題だけではなく

これからの社会を変えていくためのキーワードだと思う

公務員ばかり優遇して、と言う声もあるかもしれないけれど

公務員さえ休めないのが男性育児休業の難しいところ

義務化して男性の育児休業が当り前になれば

働き方はますます変わるんじゃないだろうか

 

| | コメント (0)

朝日岳と茶臼岳(那須岳)に登ってきた

昨日は 5時前に家を出発

茶臼岳に登ってみよう。

コースは峠の茶屋から朝日岳登山をしてから茶臼岳に登り、ロープウェイで降りてくる

というものにしました

「紅葉シーズンの那須は混むから、町のツイッターやライブカメラを確認した方がいいですよ」

という職場の人のアドバイスをもらってよかった~

既に登山口の駐車場は6時頃には満車で止められないことがわかっていたので

下の大丸駐車場に。こちらも最後の1台でした(奇跡的!)

身支度をして、駐車場から峠の茶屋駐車場に向かいます

こんな道を道路を挟みながら30分ほど歩いて行きます

20201003_075451

途中、ロープウェイ駐車場は開場を待つ車で大渋滞でした。。。

ロープウェイ駅から見える茶臼岳

20201003_080628

登山口まで30分ほど歩きました~。。。(登りなので既に疲れた)

20201003_085741

峠の茶屋の登山口から8時38分に出発です.

見晴らしのよいところで山がきれい!どの山なんだろう?(わかっていない)

途中の避難小屋に午前9時39分

20201003_090049 

風が強くて寒い!

八甲田山の教訓から新しく購入したノースフェイスのレインウェアで防寒します

ここから朝日岳に向かいます

20201003_091207

汗だくの夫

この綿シャツは山には不向きだったようですね。。。

ウェア、買わないとだね

汗だくの服を着替えてレインウェアで防寒

途中山道は狭い上に鎖場もあって

初心者シニアにはきつい

太っちょの夫が大丈夫かしら

途中、転んでいる人を2人くらい見かけました

気をつけないとね(滑落しなくてよかったですね)

なんとか分岐点まで来ていよいよ朝日岳山頂を目指します

山頂まで登り坂はそれほどきつくなく

山頂に10時21分に登頂!

20201003_103753

向かいの茶臼岳がとてもきれい~~(次はあそこに登るんだね)

20201003_102951

小さな祠があってかわいい。

20201003_103015

そこからまだ避難小屋まで戻りますが

この下り道がまたちょっと大変

登山者で混んできたので狭い山道の谷側ですれ違うのはこわいから皆で譲り合って時間もかかりました

避難小屋11時15分に再到着!

今度は茶臼岳に向かいます

草木のない道をずっと歩いて行きます

分岐点まで付いて、お釜を周りながら

20201003_121731

途中の絶景を楽しみ

あの山に行ってきたのね~

我ながら、偉いよ

茶臼岳12時20分

ここで風の来ないところを探しておにぎりを食べました

だんだんガスが発生してきたので寒くなってきました

お昼を食べる前に、なにか着ればよかったわ!

休憩中に寒くしないのがヤマノ鉄則みたいですね.(反省)

滑りやすい下り道を降りて

ロープウェイ山頂駅からここまでは軽く来られそうだけれど上に行くのは大変!

山頂駅には13時45分

山頂駅は11度くらいでした。。。。

寒いわけだ

記念に鈴を買ってロープウェイで下山・

ロープウェイはガスに包まれて真っ白~

山麓駅から更に駐車場まで20分ほど歩いて

無事に登山終了!

山歩きの距離は6.5キロほど

紅葉はまだ少し早かったけれどとてもきれいな景色を満喫!

頻尿のワタシにはトイレがないことだけが課題だったかな~

| | コメント (2)

山ブーム

朝5時に家を出て

今日も登山

7時、駐車場はほぼ満車

危なかった

20201003_073216

これから那須岳に登ります

| | コメント (1)

コロナ時代の職場

ワタシは4月から異動となり

とある職場で責任者をしております

職場では皆マスク状態

机の間に仕切りをして

お昼も自席で食べ、食事中はできるだけ会話しない

歓送迎会も暑気払いもない

通常行われるべき行事も大きいイベントは中止

他の会社会社のお偉方に会っても

マスクをしているので写真と違う

「この人誰だっけ。。。」

目しか出していない顔が覚えられない

男性は特に髪型が同じなので

背がよほど高いとか、ロマンスグレーとか、逆に髪が薄いとか

そんな特徴がないと新しい人は覚えられない。..

仕事にも苦戦中

そうはいっても

いつもと違うことが

日常になってきています

仕事中のコミュニケーションはともかく

終わった後の打ち上げとかもないので

ドライな人間関係が続いています

一緒に出張に行くことでもあれば会話も弾みますが

なかなかそうした機会もなく

新しい職場では静かに静かに過ごしています

新しい日常生活スタイルの中での仕事

コミュニケーションをとるのが難しいと感じる今日この頃。。。

| | コメント (1)

新婚生活60万円補助

内閣府が少子化対策の一環として

新婚生活の補助額を現行の30万円から60万円とし

年齢条件も34才以下から39才以下

年収要件を480万円以下から540万円以下

とするとのこと

実際にこの制度を導入している市町村は全国で281と少ないのですが

新生活に支援してもらえると助かりますよね

もう30年ほど前ですが

ワタシは育児休業中はもちろん無給で

社会保険料も貯金を崩して支払い

家賃も払い

夫の給料だけで大変な時期があったなあ

いまはもう、出産への補助はもちろん

結婚にも補助がある時代

結婚しない男女が増えて

子供を産める年齢の女性の数も減り

人口減少はとまらない

せめて結婚するカップルが増やし

男女共働きを前提とした世の中で

子供を持ちたいカップルが増えていくとよいのですが。


| | コメント (0)

秩父の豚の味噌漬け

先日旅した秩父で買ってきた

安田屋の豚の味噌漬けを焼いてみました。

20200923_193706

厚みのあるお肉

味も十分染み込んでいて美味しい

残ったお味噌は味噌汁にするとよいとのこと

明日、使ってみよう

| | コメント (0)

八甲田山トレッキング

最近は山ガール?になりつつあるワタシ

装備も、ちょっと揃えたので

この連休はトレッキング

な~んと

青森…八甲田山に行ってきました

20200920_092926

酸ヶ湯温泉から登山道を通って

周遊コースで

大岳にむかいます。

もちろん、新しい登山靴とスティックを持ってね

結構急峻で、ぬかるんでいたので

ワタシはともかく太った夫が登れるかなあ

と、心配しましたが

途中、仙人岱ヒュッテに着いた頃は

20200920_112139

ヒュッテって無人の避難小屋なのね?

トイレがあってよかったー

もう引き返せないなあと覚悟を決めて大岳登山

風が強くて寒かった

念のため持っていったトレーナーでしのぎました

山は準備が大事なのね

20200920_112702

後ろの山が大岳

20200920_123819

ちょっとガスってたけど

山頂に着いたときは感動‼️

風が強くて寒かった~

寒い中おにぎりを食べて

20200920_124153

下りです

スティックがあって本当によかったー

毛無岱の湿原をぬけて

20200920_131458

20200920_141420

右に見えるのが大岳

よく登ったよ❗

とにかく、最所の登りがきつかった

なれていない人は、

今日のこのコースをオススメ。

帰りにあのコースが下りだったら

怪我してたかもー。

反時計回りコース、後半は楽でした。

アウターがなかったので寒かったことが、反省点。

山ウエア…買おうかなあ

6時間30分ほどかけて

酸ヶ湯温泉に戻りました

標高差は800メートル弱

いやー、よくやった、自分❕、と夫

やっぱりウオーキングとは違いますね

もちろん、酸ヶ湯に一泊です。

明日は青森市内をみてかえります。

これから、山歩き…趣味になりそう

| | コメント (2)

«山ガール、オバサン