マザー牧場

子供が小さい頃は(距離はともかく、時間がかかるので)千葉ってものすごく遠くて

ほとんど行かなかった

牧場行くなら那須とかに行っていた

で、急に思い立って花が見たくなって

久しぶりに車でドライブ

20200223_132518

東京アクアラインが大渋滞だったので

わざわざ久里浜まで行ってフェリーで千葉に渡り

マザー牧場に着いたのは3時頃

20200223_152919

お目当ての菜の花はほぼ満開!

とっても癒やされます

他のお花はこれからかな

メインのショーはほとんど終わっていて

そもそも子供たちがメインの牧場なので

(あとは若いカップルね)

我々のような初老の夫婦はほとんどいなかったね

それでも羊を見て癒やされたい~

20200223_160934

怖い。。。

 

20200223_160735_20200224094701

この子はほんわか~

羊って色々いるんだねえ。。

このあと2人でジンギスカンを食べて

夜のイルミネーション

20200223_184049

イルミネーションはものすごくきれいでした

寒かったけど・・・

帰りは館山自動車道をずっと上っていって

あら、この道、外環道にいつの間につながっていたのね~

渋滞も解消していてスイスイです

行きは4時間近くかかり

帰りは1時間半でかえってまいりました

たまには車の旅行も楽しいかな

| | コメント (1)

久里浜からフェリーで千葉へ

15824313956951153809656402800921

プチ旅行

初めての東京湾フェリー

楽しい‼️


| | コメント (0)

我が家の春

庭の福寿草が咲き始めました

20200222_100924

梅は満開

20200222_100915_20200222101401

おひな様。。。。

今年は小さいので!

20200222_100906_20200222101401

| | コメント (1)

不妊治療と働く女性

ワタシは今からやく8年前には

女性の不妊治療を支援する仕事をしておりました

2015年のデータではありますが

日本では約20人に1人が生殖補助医療(体外受精、顕微授精、凍結胚を用いた治療)で生まれた子だと言うことです

そして、実際に不妊の検査や治療を受けたことがあるカップルは

5.5組に1人

仕事と不妊治療の両立支援のために

という厚生労働省のパンフレットがありますが

ワタシが不妊治療関係の仕事をしているときは

こういうデータはなくて

「卵子は老化するので早めの妊娠が望ましい」

くらいのことが話題になっている状況でした

今や不妊治療は多くのカップルで行われているけれども

それを職場で伝えるのはやはりハードルが高いですね

「子作りしています」

なんて積極的に公言するのはやっぱりハードルが高い

それでも

資料にもあるとおり

不妊治療と仕事の両立は結構大変です

職場の理解と応援がなければ

急な休みがとりづらいとかあると思います

労働基準法が改正されて

今では時間単位の休暇が取れる職場も増えてきていると思います

こういうことには職場の上長の理解が最低限必要だと思いますが

まだまだの職場も多いことでしょう

不妊治療は、場合によっては何百万というオカネが必要だったりもします

子供の数が少なくなった現在

不妊治療を保険適用にしたらどうかという意見も多くあります

「子供を産む、産まない」は確かに個人の問題ですが

子供がほしい人が働く女性であることが多いということもあるので

こうした問題に

ちゃんと向き合っていく必要もあると思います

自分が出来ることはあまりないかもしれませんが

治療と仕事の両立

ということをテーマに

いろいろな取組みがすすめられたらいいなあ。。。と考えているところです

| | コメント (1)

働く母の家事

兼業主婦歴ももうすぐ30年

いや~

うちの夫は昭和の夫なので家事は全くやらず

自分で何でもやってきた

それでも早くからいろいろな道具を使い

家事は省力化してきました

ワタシの今の3種の神器は

ガス乾燥機

ガスレンジ台「ピピッとコンロ」

それからルンバ

あったらうれしいもの

自動洗濯物取り込み兼アイロン兼たたみ機

そう、わたしはアイロンがけが嫌いなので

結婚してからアイロンをかけるのはハンカチくらい

それも最近ではタオルハンカチにしているので

ここ半年くらいアイロンをかけておりません

結婚して最初の1年は夫のYシャツのアイロンかけくらいはしておりましたが

ある日

「襟がピンとしていない」

とクレームがあって以来、クリーニングを利用

お弁当も最初は夫のために作っておりましたが

「昨日のおかずが入っている」

とクレームがあって以来、作るのをやめた

最近では、子供も大きくなり、夕飯も適当でよくなったので

今日のご飯も

セブンイレブンの「金のシリーズ」だ

そうして思う

家事は、自分が好きなところだけ手をかければよい

と思ってきたけれど

もはや「無理にやらずに、やりたいときにやりたい家事だけをやればいい」

それから

「夫にも手伝ってもらおう」(今さら)

と思うようになりました

働くママは、とかく、

「家事も育児も仕事も120%」と頑張ってしまいがち

「何で自分ばっかり」

とストレスを抱えないよう

上手に両立をしてもらいたいです

今後はいかに両立するか、のノウハウではなく

どうやって手を抜いていくか

のノウハウの提供も必要なのかもしれませんね

 

| | コメント (0)

扶養の範囲で働く

日本では扶養の範囲で働く女性が多い

特に40~50代の女性の30%~40%くらいが

就業調整をしています

もちろん、働き方は人それぞれですし

家族手当が充実していたり、パパの税金対策だったりと

世帯収入上の損得を考えて就業調整をする方がおおいようです

就業調整をしているママ友は

「女の子はがっつり働かなくても結婚すれば・・・」

と子育てしていたかな

そのムスメたちももうすぐ30歳

結婚の気配はなく

親と同居なので趣味にお金を使う日々

女子だけではなくムスコたもそんな子がたくさんいる

ワタシの義兄(68)が同窓会をやって集まった10人

35になろうとするムスメ・ムスコたちが一人も結婚していないんだって

結婚して「扶養の範囲で働く」どころではなく

結婚そのものが現実的には選択しにくくなっているみたいです

これからは男女ともに

社会に出るときはしっかり就職してしっかり働き

がっつり働きつつも自分の生活も大切にする

結婚したら女子だけが「仕事も家事も育児も」ということがないようになってほしい

こういうのは文化だから

すぐには変わらないだろうけれど

10年、20年の間に

「扶養の範囲で働く」女性は減ってくるんだろう

| | コメント (0)

加齢の影響

まだ50代のワタシですが

四捨五入すれば60歳

そろそろ「アラ還」

そして更年期まっさかり?

そんなワタシの体の不調

・目が悪い・・近くも遠くも見えない

資料を読むときはめがねを付けたり外したり、、、面倒

・ものすごい肩こり

これは昔からですが、どんどんひどくなっている気がする

・早く目が覚める

これはストレスのせいもあるのかしら。..なんだか朝早く目が覚める日が多い

・なんとなくやる気が出ない

昔みたいにパワーがないのを感じます

・白髪が増えた

これはもうしかたないね

・まぶたの下のたるみ

重力には逆らえません

・手の甲のしわ

おばあちゃんみたい。・・・

美魔女になるつもりはありません

年相応に美しく年をとりたいものでございます

いよいよ、健康食品やサプリが必要かなあ

| | コメント (1)

風邪を引く

ひさしぶりに風邪をひきました

今日は大分よくなりました

出張やら会議やらで休めないため

薬をもらって仕事してましたが

これが新型感染症だったら大変

幸い熱もなく3日ほどで治りましたが

朝の大混雑の電車などを考えると

特にこの時期

手洗いは必須ですね

今年はインフルエンザはどうなのかな

やっばり健康一番ですね

| | コメント (0)

久しぶりにパンを焼く

パンを買うのを忘れたので

久しぶりのホームベーカリー登場

分量だけは

忘れないもんですね

偉いぞ、自分❗

オニオンブレッドにしました

やっぱり焼きたてパンはおいしいからね

パパもムスメも大満足

喜んでくれんひとがいれば

たまには👍

| | コメント (1)

浦和レッズの十万石まんじゅう

15813808224402647966525851326781

夫がもらってきた浦和レッズのマークが刻印された十万石まんじゅう

なかなかレアでしょ

味は普通の十万石まんじゅうでした

「うまい、うますぎる」

このCMがみられるのはテレビ埼玉だけ

埼玉のお土産は草加せんべいだけじゃない

(草加せんべいは東京土産ではありません)

 

| | コメント (0)

«L'Arc~en~Cielを観てきたよ