桜のシフォンケーキ

ガーデナーズ北戸田
最近よく来ます

1490425040747.jpg

お花がきれい

桜のシフォンケーキとハーブティ

1490425042437.jpg

1490425043161.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミシュランのラーメン店 篝

1490399548023.jpg

久しぶりに集まった女子会

二次会でラーメン店に行っちゃった

ミシュランで紹介されたラーメン店

浦和駅のアトレの中にあります

線路沿いのお店です

鶏白湯SOBA

コックリしたスープが美味しかったです

食べすぎた~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超特急の1年間

去年の今頃は

毎日ゆったりとしたペースで仕事をしていましたが

4月に入り仕事が変わって

バタバタしているうちに

あっという間に年が明け

この3か月は怒涛の3か月

なんじゃこりゃ~。。という状況で

毎日毎日毎日あれあれこれこれ

いや~

職場の皆さん、いろいろご迷惑をおかけしました

本当にどうもありがとうございました

来週1週間で

新年度に向けた企画をある程度固めておかなければなりません

4月からは新体制になる

新しい仕事も増えるし

人も変わるでしょう

そうした中で

どうやってパフォーマンスを上げて仕事をしていこうか

まだまだ覚えることもたくさんあるし

法律はどんどん変わっていく

働き方改革の状況も追っかけて行かなくちゃならないし

50を超えてからますます衰えた記憶力をなんとかしようとバシバシ頭をたたけども

なかなか覚えられないし

新しいアイディアは出てこない

人前で話すのは苦手だし

いつまでこんな状況がつづくのかな

。。。どうしよう~なんて言っているうちに

4月はすぐにやってくる

来年度もバタバタしそうですが、

がんばってのりきっていかなくちゃ~!happy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャネルのアイシャドウ

久しぶりにアイシャドウを買ってみる

なかなか減らないんですよね

20170321_065238_1024x576

1月頃発売された新色

ゴールドです

ずっと売り切れていたところ

ようやく入荷

毎日の大変なところを

なるべくキラキラ気分で盛り上げようっと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

均等法世代の女性たち

先日、NHKBSドラマでやっていた

青の時代 名曲ドラマシリーズ 新井由美「ひこうき雲」

均等法が施行される年に総合職として出版社への就職を目指す女子大生が

ユーミンの曲に描かれたような人生を歩むように見える友達と出会い

就職や大学生活の中で真に自立した女性に成長していく。。という感じのドラマ

ちょうどワタシが女子大生だったあのころをうつすもので

髪型とか服装とか懐かしい

ユーミンがバイブルだった世代のワタシたちの過去を描くようなドラマだったわ

学生生活はサークル仲間で車でテニスに行ったりスキーに行ったり

外車やスポーツカーの「助手席」に乗り

女性はよいところにコネで就職して

3年ほどでお相手を見つけて結婚退職

というのがお約束だったあの時代の中で

ワタシのゼミの友達も

均等法の施行を受けて

総合職にチャレンジしていたっけ

ワタシなど

将来は結婚したいと思っていたけれど

仕事をバリバリやってみたいという思いも強く

結婚しても辞めるつもりはなかったから

この法律に少しは支えられたのかどうなのか

とにかく辞めずに今まで30年仕事をしてきて

試験も受けて上を目指して

得たものもあれば失ったものもあったかな

子供ふたりにめぐまれ

辞めずに夢中にやってきて

義父母や夫にも支えられ

職場の皆さんにも理解をいただきながら

ようやくここまで来て定年まであと数年

いや~

長いようであっという間のこの30年でした

格好よく先頭を走っていたい

なんていうものではなく

とにかくバタバタしてここまで来た感じです

そして最近は体力も気力も昔ほどにはなく

だいぶ失速しておりますが

それでも

若い女性に、道を少しでもつなげていくことが

ワタシにできる

ささやかですが小さな願いでもありますので

これからも定年まで

辞めずに頑張っていきたいと思っております

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高すぎる家事育児の要求水準 引き算の発想 多様化促す

20日、日経新聞

詩人で社会学者の水無田気流さんのコラム

共働きで忙しい中で

日本の肌着が紐で結ぶタイプで

夫がうまくできずにいて

カナダ製品のスナップ式に変えた。。。

使いやすい育児用品は外国製品が多かった

とのことです

そこから、日本の女性に要求される育児や家事の水準は

今でも先進国で一番高く手間数も多い

学校などの教育現場でも

母親のボランティアとしての役割は多く一方父親は育児不在

という状況

共働きでもお互いに協力し合って

抜かりなく育児、家事をしましょう

。。。というような日本の考え方に

あえて「引き算」の発想を入れてみてはどうでしょうか

と提言されています

高すぎる育児・家事の水準を

「ほどほど」「そこそこ」にすることによって

女性偏在の職場と家庭の二重負担を解消しよう

というものでございます

もちろん、多くのワーママがそうしているのではないかと思いながらも

そうではなくできるだけ100%を維持したいと考えている方も多いのかもしれませんね

ワタシの共働きの基本は

100%ではなく

「ま、いっか」

と手を抜く

自分が苦手な家事は外注する(アイロンかけはしない)

子供に向き合う時間は限られるけれど

一緒に寝る時間だけは大事にしていたかな

昼間は義母にお任せっきりでしたが

娘たちはババさまとは程よい関係でございます

家事には優先順位を付けて

手をかけるところはかけますが

適当なところはめちゃくちゃ手抜き

子育ても家事も仕事も気持ちは全力投球といきたいところですが

そんなこと言ったって

すべてを高水準にこなすことは実際には難しいですからね

ということで

いまさらながら「引き算の発想」か~

いいこと言うもんだな

と、感心したところでございます

| | コメント (1) | トラックバック (0)

YU、川越に行く ♪いも恋美味しかったよ♪

最近バイトに忙しいYU

この3連休はバイト三昧

と思っていたら

おととい帰ってきて

「はい」とこれを渡されました

1489920308900.jpg

川越のいも恋

「あれ、どうしたの」

「友達と川越行って食べ歩きしてきた」

川越といえば埼玉を代表する観光地

YUにとっては初めての地

バイトが終わった後に大学のお友達と待ち合わせて

川越観光してきたんだって

そのお友達は

「食べ歩き」も初めてで

Yuに負けず劣らず、いや、YU以上におとなしいらしい

今まではお友達にぐいぐい引っ張られて出かけていたYuですが

最近は

自分で企画して行動できるようになってきた

次はお友達同士での初の1泊旅行

YUが企画してどこを回るか検討中らしい

あの引っ込み思案だったYuですが

バイトして、大学生になって

本当に頑張っています

いも恋、美味しかったよ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

朝マック

1489882027364.jpg

夫をマラソン会場へ下ろして

一人朝マック

このあとお墓参りして 午後はお仕事

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3連休

怒涛の3月

いやいや、忙しかった~

もちろん、まだ終わっておりませんが

とりあえずひと山越えました

残りの10日で新年度の企画をなんとか形にしなくちゃです

ああ、あれもやらなくちゃだし

なんでこんなにバタバタしているのかしら

余裕のない日々を送っている中でのこの3連休

今日はいつもの通り午前中は家事三昧で

午後はジム三昧

明日は午前中は夫のマラソンに付き合って

熊谷まで行ってお墓参り

午後は仕事

月曜日は午前中はジムに行って

午後は仕事。。。

あらら

なんだか忙しい3連休になりそうだわ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

働き方改革と長時間労働

働き改革の肝ともいえる「長時間労働の是正」

残業の上限規制

現在は36協定に特別条項を付ければ上限なしのところ

新たに上限時間を設ける

という議論を進めていたところです

連合と経団連で議論を重ね

最終的には

上限は原則月45時間、年間で360時間

また、2~6か月平均で80時間以内

繁忙期は月100時間未満(となるようです)

また、新たに検討されているのが

勤務間インターバル制度

終業時刻と始業時刻の間に一定時間の休息時間を確保することを法律に明記する

電通の過労死問題を受けて社会問題にもなっている長時間労働

いろいろな要因があると思いますが

取引慣行の見直しや業務の見直しはもちろん

人事評価制度の見直しや(長く働く=仕事ができるではない)

社長さんの意識の変革や

自分たちだけではいかんともしがたいものもあるので

労働基準法が改正されて

しっかりと遵守していただく企業を増やすために

労働基準監督署などには頑張ってもらって。。。

あら、労働基準監督署が大残業になってしまうかもね

若い働き手が少なくなっている中で

就活生たちの会社を選ぶ基準も

「労働環境が良いこと」となってきているようです

この「働き方改革」

一過性のブームなのか真剣に取り組んでいるのか。

10年後くらいに結果が見えてくることになるのでしょうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«国分太一 おさんぽジャパン IN 角館