« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

パソコン・フィルタリングしてますか

ワタシのパソコンはNEC valuestar 地デジ対応のテレビが見られるやつ。

で、テレビリモコンを付けると、すぐにパソコンがテレビになる。まあ、テレビのようなパソコンである。

で、YUがテレビを見たり、ネット動画を見たりするので、これが結構バグッちゃうのです。リモコンが利かなくなったり、自動スケジュールが上手く働かなかったり。やっぱり、テレビはテレビの方が便利。

で、今回のフィルタリング。

YUがいろいろパソコンをいじるものだから、念のため。ワタシは昼間いないので、、インターネットの監視が出来ないのです。

実は、中1の時、MIも色々やってくれました。

中1になったお祝いにと、のんきな母(ワタシ)は、MIの部屋にパソコンを導入。いろいろ調べものもあるので便利だろうと。

ところが、携帯を持たせていなかったので、いつの間にかWEBメールに登録。怪しいサイトに入ったり。携帯よりずーっと危ないかもしれないパソコン。とりあえず、すぐにフィルタリングソフトを入れました。

親の目の届くところでインターネットをやっているうちはよいのですが、昼間、何をしているかわからない我が家のような家庭の場合、まあ、フィルタリングしておいた方がよいケースもあるだろう。

4月から高校生になるので、MIのパソコンのフィルターを、少し軽くしようとは思っている。いちいちサイトをチェックすることはないが、『分かってるんだよ。見てるよ』という親のサインは大事だと思う。

パソコンも、携帯も、世の中に、家庭に、浸透してきている。

便利なグッズだし、すべてシャットアウトするつもりはないけれど、子どもに使わせるときはいろんな影響があることを忘れずにね。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ママ飲み会 PTA編

夕べは楽しい飲み会で、帰ってきたらあらら、もう12時すぎてるのね。

6年前の、小学校PTA交通部のメンバーによる飲み会。

交通部のお仕事は、3/5の日記でご紹介しています。 http://yamayamayou-0428.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/pta_aa49.html

で、もう当時のメンバーも、ほとんどは中高生ママ。ワタシともう一人が、末子が4月から5年生。よく続いています。この会。

たまたま気の合う仲間で、子どもが同じ学年つながり。夜の飲み会から、平日限定お買い物ツアー、スパめぐりなど。遊んでもらってます。

ワタシの学校ネタ・地域ネタは、ほとんどこの会からもらっているといってもよい。一人、地域の情報通のママもいて、ホント、ネタに事欠かない。主婦ネットワークってつくづくすごいなあと思う。また、別の一人はPTA副会長を長年やっていたので、先生方の情報や学校裏情報にもくわしい。

「ゆうままはダメよ。学校のことも地域のことも知らなくて。」

なあんていわれたりもするけれど、悪気はないし、まあ、そのあとで、「ここだけの話」をいろいろ教えてくれるのだ。ワタシは昼間ほかのママ達と話すこともないので、秘密は厳守。仕事だけでは分からない、新たな世界がワタシを待っているのです。

と、いうわけで、昨日も駅前の居酒屋で主婦6人が集まり、聞くに堪えないネタ(育児ネタです)を展開するのであった。

みんなの末子が中学生を卒業したら、温泉旅行だね。

あと5年。楽しみでーす。spa

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

忙しい、ああ忙しい、忙しい

なんだか昨日の夜からばたばたしていて、ようやく一息

ァ、もちろん睡眠は取りましたが。

年度末の残務整理で残業続き。子ども達のことも放ったらかしで、家中すごいことになっていた。久しぶりの休みですが、朝少し早く起き、ご飯を作り、プチ大掃除です。

と、片づけ始めるとMIが

「ァ、学校のロッカーに忘れ物した。部活の靴とか、制服のベストとか」

「じゃあ、取って来なさいよ」(ワタシ)

「今日、登校禁止日」

仕方なく学校に電話。すると、たまたま生徒指導の厳しい先生が電話口に。

「生徒には、昨日までに取りに来るよういってありますので、今日、これからすぐ来てください。」

ロッカーは新入生用にあけなければならないので、仕方なく大急ぎでMIを送っていく。車で20分ほどのトコロだが、なんだかんだで往復1時間のロスタイム。

洗濯も、掃除も、金魚鉢の掃除もそのままに、学校へ行き、その足でクリーニング屋へ行き、買い物へ。12時半にはYUが塾に行くので、お昼を作る時間がないからピザを買う。

帰ってきてもやりかけていた家事は、残念ながらそのままだ。

はぁ~crying

ホント、誰かワタシの猫の手になってください。cat

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ごめんねYu お迎えに行けない母

今日は残業だった。

YUの塾のお迎えは昨日はMIに頼み、今日はパパがお迎えに行く番。

仕事をしていると、MIから℡。珍しいなと思って℡に出る。

「お父さん、迎えに行かなかったの? あたし、行かなくて良かったんだよね? Yu一人で帰ってきたよ。お父さんと℡つながらないって!」

shockま、まさかの展開。パパが急に仕事で行けなくなったの?

ワタシの住んでいる町は、夜はちょっとアブナイ人がいる雰囲気。小学生の女の子を一人では歩かせたくない(自転車だが)。

何もなくて良かった。本当に。最近、人を傷つけるような事件が続いている。いつ何があるかわからないではないか。

YUもYUだ。

パパに連絡が取れなければ、ワタシや、MIやおばあちゃんがいるのに。

でも、ずーっと待っていて誰も来なくてパニックになり、頭が回らなかったんだろうな。心細かったんだろうな。もう、涙が出そうです。ワタシ。過保護かしら、、、

ごめんね、YU。こういう時のためにどうしたらよいかを、ちゃんと教えておかなかった母が悪かった。忙しすぎる母を持つムスメ。また一つ学習したことだろう。

それにしても、ああ、自己嫌悪。本当に何もなくて良かったよ。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

併願校の選び方

YUは春休み。でも、きのうから春期講習が始まった。毎日自転車で一人で通う。心配だからお迎えだけはMIにおねがいした。(有料です)

そして、きのう、YUが塾からもらってきた「中学入試概要」

中学入試。

初めての方は、とまどうことでしょう。

まず、どこの学校に行こうかな。

お父様、お母様の出身の学校にする。

進学実績に評判のよい学校にする。

進学じゃなくて、学校生活が子どもに合っていそうな学校にする。

スポーツが盛んな学校、音楽が盛んな学校。

売り文句がたくさんあって、なかなか分からないものだ。

今年、受験するのでなく、2,3年後に始めたい。とおっしゃる方には、是非、学校訪問をおすすめする。学校説明会はともかく、文化祭など、子どもが参加できる行事がある。とりあえずそこに行って、学校の雰囲気や方針を確認しよう。

それから子どもの学力にあった学校。とても無理、というチャレンジ校はもちろん受験するにしても、ここなら併願校としておいても、第一志望じゃなくてもいってもいいな、という学校を選ぶことが大事だろう。

併願校

2008年度入試の出願校数は、平均約6.47校(首都圏模試センター調べ)

一人6校くらい出願しているとのこと。

MIの場合。2005年度入試になるのかな。出願したのは7校だった。すごいですねえ。我ながら。受験料だけでも15万くらいになるのだ。

実際受験した数はもっと少なくなるが、念のためのダブル出願もしたし、志望校合格により、併願校の辞退もあった(入学金は取られた。返ってこなかったweep)。

志望校選びも大変だけれど、併願校選びも大変だ。

うちの場合は、試験問題の感じが似ていること。学校の雰囲気が似ていること。この辺を基本線とし、チャレンジ校と安全校を入れたりした。

もちろん、子どもにはこういう情報は分からないし、分析している暇もないので、ここは親の方針が強くでるところ。親が選んだ学校の文化祭に子どもを連れて行きその気にさせ、学力を見て、受験準備となる。

気持ちを盛り上げるのもとても大事。学校に連れて行くと、本当に、結構その気になる。やる気もでる。目標を持って勉強をするのが大切だ。

YUの場合は、まだ、志望校もちゃんと決めていない。MIの時は、6年生になってから学校見学にいって志望校を絞ったので、ちょっと出遅れてしまった。

YUも4月から5年生になる。そろそろいろいろな学校のHPでも見ながら、情報収集に入らないとね。rock

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

親としてすべきこと 岡山の事件

「岡山突き落とし事件」逮捕の少年は18歳。

両親共働き。

家から離れたところの高校に通い、推薦が決まっていた大学を経済的事情から進学を断念。

事件の日は就職先を探すために職安を回っていたが決まらない。

そして突き落とし。。。

少年の父親が泣きながら謝罪。

突き落とされた御家族は今どうしていることでしょう。

子供の心はわからない。思春期を過ぎ、大人になる自分たちの子供。20歳になれば、社会に出て、一人の大人としての責任を果たす。社会を支えていく。そういう大人に育てるのが親としての役割だと思う。

生まれてから20年間、色々なことがある。些細な、日常の生活の中で、環境はできあがり、そうした中で1個の人間が育まれていく。

自分の子供が、被害者になるのは嫌だけれど、加害者になっても困る。

そんなことは絶対にない!と信じますが、フツーの子が色々な事件に巻き込まれ、事件を起こす時代である。

子育てって、本当に難しい。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

冷食離れ。。。? 家庭用冷食減産

スーパーで売っている冷凍食品。

みなさんはどのくらいご活用でしょう?

我が家では、夕食に冷食を使うことはまずありません。スーパーで買ってくるお総菜は使いますが。

が、毎日お弁当づくりをしなければならない働く母には冷食は必需品。ですが、今朝の日経新聞によれば。。。

ニチレイ・味の素 3割減産

中国製ギョーザ事件の影響で、家庭用の買い控えが広がっているんだって。

ワタシの作るお弁当のうちの一品は必ず冷凍食品。隙間を埋めるためにも便利。。ワタシは冷食野菜は嫌いなので使いませんが、コロッケ、ハンバーグ、オムレツ、ポテト、唐揚げ。1分で出来てしまう便利さは捨てられません。

とはいえ、食の安全が問われる世の中。もちろん、自分で作ったおかずの方が安心だし、安上がりかもしれませんね。

減産による影響で、価格も上がっちゃうのかしら。種類が減ってしまうのかな。

しかたないので、これからは、お弁当にも使えるおかずを夕ご飯に作って、これを冷凍しておこうっと。flair

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

働く母の残業が続くと・・・・

年度末。何かと忙しくて残業が続く。

子供が小さいうちの残業は本当に大変だったが、今はどうでしょうか?

子供にとっては、両親のいない夜は「超ラッキ~!!shine

勉強しろとうるさいことは言われない。お菓子をベッドの上で食べても文句を言う人がいない。テレビもDVDも見放題。ゲームもやり放題。片づけはしない。がらくたがあちこちに散乱している。ぬいだ靴下、洗っていないお弁当箱。おもちゃ。雑誌。色紙を切ったあとの紙くず。たまに、大事な学校のお手紙が混ざっていたりする。机の周りに食べ散らかしてあるお菓子の袋。洗っていないスプーンとヨーグルトのカップ。コップが3つも4つも机の上に放置されている。

女の子二人なのに。。。weep

で、帰ってくるわけです。疲れた体を引きずって、ワタシが。

帰って、部屋を見た瞬間は、もう怒る気もしませんねえ。

疲れが3倍くらいにどーっと出てきて、ぐったり。

もくもくと片づけるワタシ。親の育て方が悪かったのか。。。

もちろん、子供が大きくなった今は、残業しても子供たちのことはそれほど心配はありません。

が、大変だったあの時代。「ママ、早く帰ってきて」といってくれていた5年前が懐かしいです。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はしか予防接種の調査って。。

働く母にとって、大変なことの一つに、子どもの病気がある。

ちょっとした風邪から、インフルエンザ。水疱瘡。おたふく。はしか。。。

集団生活をすると、まあ、どれか1回くらいは経験するものでしょう。

うちのムスメの場合でいうと。

MI 幼稚園の時。おたふくになる。小学校の時。学童で頭ジラミをもらってきた。インフルエンザは数回経験。

YU 幼稚園の時。おたふくと水疱瘡になる。インフルエンザは1回のみ

で、やはり、集団生活をさせる前に、予防注射をした。

学校で集団で注射する、というのはワタシたち時代のことで、現在は、医療機関まで行って来る。当然、MIもYUもかかりつけの医者までいって、注射してもらった。注射するために休みも取った。何回も何回も注射があって、そのたびに仕事を休んで大変だった。YUは力持ちだったので(?)、注射の時に抵抗して針が曲がったことがある(怖)

まあ、おかげで、水疱瘡も、おたふくも、軽くすんだ。インフルエンザは、ワタシが休むのが面倒なのもあって、予防注射をしたのは受験前の1回のみ。

で、今回。日経の夕刊で読んだのですが

「全国の学校で猛威をふるったはしかの流行を防ぐために、文部科学省と厚生労働省は、2008年度からワクチンを打ったかどうかを学校が調査し、都道府県に報告させる」

とのことです・

正直、母子手帳がないと、どの注射をいつやったのか、やっていないのか、正確なところは記憶がありません。途中で受けるべき予防注射の内容が変わったりもしているので、余計分かりません。

たぶん、はしかは受けていると思うけど。。。

学校も大変だろう。

「報告は中1と高三の2回目の接種率が対象」

2回目って、。。

はしかって、2回受けるんでしたっけ?

母子手帳を確認しないと。母子手帳を探さないと。

また一つ余計な仕事が増えてしまった。。。。weep

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

机とにらめっこするYU

YUは昨日、机とにらめっこをしていた。ずいぶん長い間。20分くらいだっただろうか。

机の上には塾の理科の宿題。

月と星の動きについて。先週の復習だ。でも、ちっとも進んでいない。1問だって出来ていなかったのだ。まあ、考えても分からないものは分からないので、教科書や参考書を見ながらやるようにするのでした。

さて、みなさん、ここで問題です。

夜7時頃見えるのは、西の空に見える月は? 答えmoon3

真夜中に南中している月は? 答えfullmoon

全天で、一番明るい星は? 答え シリウス(おおいぬ座)オリオン座の近くに見える白い☆ね

冬の大三角形は シリウスと、ベテルギウス(オリオン座)と、プロキオン(こいぬ座)

なんていうことを、覚えるわけです。(分かった方、あなたはかなりの天文通!?

この冬、実家に帰り、YUの理科の宿題、天体観測をやった。我が家では見られない、満天とは言えない星だけれどもまあ3割くらいは見えているのだろうか。我が家では、オリオン座を見つけるのも容易ではない。星の方向に都会の明かりが邪魔をする。

実家での天体観測。上記の冬の大3角形、しっかり見つけました。ついでに、北斗七星と、北極星。カシオペア、ちょっと前に流星群が来ていた双子座、にわか天体おばさんは、一生懸命YUに教えたのです。

が、2ヶ月後の今日、YUが覚えていたのは「オリオン座」と真っ白く光るシリウスだけ。それも、どっちの方向に見えていたかは覚えていなかった。

月なんか、いつだってみられるのに、満月は夕方から夜にかけて、東の空からでてくることは経験上知っているはずなのに、なかなか問題になるとわからなくなっちゃうものなのですねぇ。

ワタシは別に、天文少女ではなかったけれども、星があまりにもキレイだったことをよく覚えている。流れ星も、何回も見たし、天の川も見えたし、蠍座の赤い星、アンタレスが分かったときはうれしかった。火星や金星はもちろん、月のクレーターもいろいろな形に見えて面白かった。昼間の雲なんかはいつまでも飽きずに見ていたし、雷も大好き。稲妻が天空中を走るのをいつまでも見ていたっけ。。。thunder

こういう経験、都会の子どもには難しいことだ。だから、たまに実家に連れて行くと、出来るだけ外に連れて行こうと思うのだ。本当に、自然とのふれあいや、日常生活での体験ということは、言葉以上に大事なのかもしれないからね。一つでも、二つでも、思い出にしてくれるといいんだけどなあ。。shine

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ママ飲み会 仕事編

育休中の同僚がいよいよ来月に復帰する。

復帰前の心得を、ということで、今日は彼女を囲んでのレディースの会。beer

彼女は、1歳ちょっとの女の子を、今晩の楽しみのために、昼寝の時間を計算し、食事をさせ、パパのご帰宅を待ってご登場。

が、子どもはこういう日に限って、何かの気配を察するものだ。

いつもはさっさとご飯を食べるというのに、今日に限って食が細いよう。具合が悪いわけでもなさそうだが、ママがお出かけするという気配を感じ取っているのだろうか。

おいしい食事とbar(育休ママは控えめだ)

だが、育休中の彼女は携帯を確認。パパからの、「もう寝たよ」メッセージを待っているのだ。いつもは9時にはぐっすりのお嬢ちゃんが、これまた何かいつもとは違う気配を感じ、(パパだからかな?)なかなか眠ってくれないらしい。

子どもって、本当に、母親が好きなのね。だから、母親は、出来るだけ小さいときは、夜のおつきあいもご遠慮しがち。二人目が生まれようものなら、ますますこうした楽しみからは遠ざかっていく。

だから、パパ達。自由にはお出かけできない彼女に、たまにこういう日を設定してあげましょうよ。

仕事が始まれば、いろいろと職場内でのストレスがたまることでしょう。「家にいるよりは外にいる方がいいわ」というママも多いけれど、小さな子どもをおいて出かける勇気がない人だっている。仕事に行くようになれば、ますます、子どもとの時間は少なくなる。でも、職場の夜のおつきあいだって必要なときがある。

まあ、ママ中心のレディースの会ということもあり、ちょっと男性のみなさまにはなじみのない話(育児ネタデス。)で盛り上がるわけですが、大目に見てください。こういう息抜きあってこそ、子育ても、仕事も楽しくできるようになるのです。shine

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

改正パート労働法って何だろう④ ~福利厚生施設編~

パートタイマーのみなさんは、休憩室や更衣室は使えていますか?

今回の改正では、事業者の義務として、こうした福利厚生施設についても「通常の労働者」との差別化をしてはいけないことになっています。

flair事業主は、通常の労働者に対して利用の機会を与える福利厚生施設(給食施設、休憩室、更衣室)については、その雇用するパートタイム労働者に対しても、利用の機会を与えるように配慮しなければならない。

「配慮しなければならない」というのが中途半端ですが、まあ、一度にいろいろなことは整備できないので、少しずつ、ということでしょうかネ。

 つまり、食堂の定員がオーバーしてしまう場合に増築まではしなくてよいけれど、「食堂を利用できるのは正社員のみにする」というような規程は改正しなければいけない、ということらしいです。

こうした改正点が、すべての会社で、すぐに対応できるとは思えませんが、事業者の方も人材不足は深刻です。正社員の確保という動きが見られるようになっています。

①から④までの項目について、会社が対応してくれない場合は、こんな規定がありました。

flair事業主は、パートタイム労働者から苦情の申出を受けたときは、苦情処理機関に苦情の処理をゆだねるなどして、自主的な解決を図るように努めるものとする。

対象となる苦情として、次の例が挙げられていました。

flair労働条件の文書交付等、待遇の決定についての説明、待遇の差別的取扱い、職務の遂行に必要な教育訓練、福利厚生施設、通常の労働者への転換を推進するための措置

さて、この改正パート労働法、厚生労働省のHPには、事業者向けの手引きとして掲載されています。関心ある方、ご一読を。損をせず、上手に働きましょう。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

親の心得

昨日の日経新聞の夕刊を見ていたら、

「欠勤の連絡を親がしてきた。本人に電話させるように頼んだら、怒り出した」

「残業をさせたら、親から理由を問いただされた」

採用の人事担当者の言葉ということ。子育て中のお母様、お父様達、どのように感じるでしょうか。ワタシなんかは「こんな親の子どもは、自立していないに違いない。採用したく無いなあ」と思いますが、「これは、親としては当然だ」と思う方もいるのかしら。

数年前になりますが、「主に20代の若者」の方を対象に、ボランティア募集のような仕事をしたことがあります。募集の段階で、数件ありましたね。「親」からのお問い合わせ。

「どうやって募集すればよいのですか」  HPから様式をダウンロードしてね。ご本人、パソコン見てね。

「子どもに応募させたいと思っているんですけれど、どういう制度ですか」 子供用の制度じゃないのよ。ご本人の意思がないと、行けないよ。

みたいな。

ご本人が応募されたかどうかはワタシには分かりませんが。ただ、事務担当者の感想を言わせていただければ、質問は、ご本人がすべきだと感じたものです。

まあ、もしかすると、お子さまとの関係がよくないのか、心配性なのか、またはお子さまがニートになってしまってそれを何とかしようとしているのか、個々の事情は分かりませんが。

働く母は、あまり子どもにかまってやれない。「どうしたらいいの?」という学校の行事の質問なんかがあると、「お母さんは、学校のやり方は分からない。分からないことがあったら、先生に聞きなさい」と答える。学校のことで不明の点は、本人が聞いてもよく分からなければママ友に聞き、学校にお問い合わせすることは滅多にない。

大きくなった子どもへの親の関わり方は、小さい子へのそれとは変わってくる。

特に、思春期反抗期になってくると、子どもとのよい関係を保つのは大変です。

成人したときに、社会の方に「?」と思われないように育てたいものです。coldsweats01 

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

TOTO/ボズ・スキャッグス in 横浜

行って来ました。 ン十年ぶりのTOTOを見に。生ボズは初めてnote

一緒に行くはずだった友達が急に行けなくなったので、MIをお供にパシフィコ横浜。

周りの人は、みーんなワタシと同じくらいの年代のご夫婦。若い人は、20から30代くらいの男性が多かった。ワタシの周りは。

で、ボズは歌が相変わらず上手。ライブとは思えない歌いっぷり。CDとは違うわねえ。

で、TOTO。何でみんな最初から立つの~?。年齢層を見て、だれもスタンディングしないのでは、と思ったワタシが甘かったわ。そういうワタシも一緒に熱唱。MIは一人座って、手拍子。ごめんね。MI。

ボズは昔から老けていたからワタシの席からじゃあまり変わっては見えなかった。

が、TOTOのメンバーは入れ変わっていたこともあって、ずいぶんOLD MAN になったなあ。私の好きなデビッド・ペイチ。せっかく久しぶりの公演だと言うことだったけど、ヴォーカルとしてはAFRICAをうたっただけだった。残念。でもキーボードは素敵だったわ。

久しぶりの洋楽ライブに満足いたしました。

パパ、今度は一緒に行こうね。shine

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家計簿マムを付けてみて。。

物価上昇、給料は上がらない

そんな日々を堪え忍んできたが、我が家の家計を見直してみようと思い、12月から家計簿マムソフトで家計簿を付けてみました。3日坊主になるかと思ったけれど、結構続いています。

が、収支のアンバランスがあまりに大きくびっくりしてしまいました。

削れるところを削りまくっても収入アップは見込めません。うーん。。。困った。

なんと言っても「教育費」でしょうかねえ。授業料、塾の費用、冬期講習、春期講習、高校の入学金、施設使用料、制服代、・・・・

それから「光熱費」。家族に、「電気を無駄にするな」「水を出しっぱなしにするな」と、口を酸っぱくして言っても、昼間は母(つまりワタシ)がいない我が家。

8時頃家に帰ってくると、誰もいない廊下やワタシの部屋なんかが、一番明るく、暖かかったりする。石油ファンヒーターを使わずエアコン暖房を早朝から付けていたムスメ。この冬寒かったので、ガス代も上がった。

食費は一生懸命削り、普段質素な食卓が一層質素になった。

こうやってがまんの生活をしていると、一気に爆発したりする。外食して豪遊。ァ、またお金使っちゃった。。。

お昼はお弁当でしのぐ。たまの出張でまた豪遊。あ~あ。。。

この4ヶ月、家計簿を付けても我が家の出費は改善しませんねえ。

生活にお金がかかるんだなあと言う現実が、より一層身にしみるようになった。

給料上げてくださ~いweep

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

あなたもワタシも一人暮らしの時代

厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所の発表

2030年には一人暮らしの世帯が全世帯の37%に達するという推計。

これは、2005年から26%の増加。

そして、一人暮らし世帯のうち39%が65歳以上の高齢者。

ワタシの20年後。多分、夫もワタシもまだ元気。子ども達は家を出てしまっていて、高齢者だけの世帯になっているかもしれない。ワタシの姉。もしかすると、一人暮らし高齢者になっているかもしれない。

もしかすると、我がムスメ達も結婚もせず、独身者で、高齢者ではない一人暮らし世帯になっているかも。

子どものいる夫婦は今より27%減ると推計している。日本の総人口も1割減ると推計。MIもYUも独身で、30すぎても私たちと一緒に暮らしているかもしれない。

20年後の世界を、想像してみよう。

我が家では、広い家に夫婦二人で暮らしている。35歳のMIは結婚して昨年子どもが生まれた。同じ県内に住み、たまに顔を見せてくれる。

今や共働きをしないと暮らしていけない。税金も高いし、保育料も高い。子どもが少なくなったので、待機児童はいない。けれど、近所に子どもがいないので、小学校はどうなるのか不安。。。

そういえば、うちの近くの小学校。MIとYUが小学生の頃は3クラスあったけれど、いまでは隣の学校と統合されてしまい、今や小学校はデイケアセンターとして使われている。そうだ、今日あたり、校庭でのゲートボール練習会に出てみようかな。。。

みたいな?

近所から子どもの声が消える日。一人暮らしのお年寄りが増える日。

ママ達は当たり前のように仕事をしているかもしれないし、もしかしたら、外国の方が増えているのかもしれないね。働く人ががいないから。

どんな生活をしているのかな。それなりに元気で楽しんでいるかもしれないけれど、寂しい世の中になっちゃうのかな。昔は孫の面倒なんか絶対見たくない、なんて思っていたこともあったけれども、子ども達が大きくなった今、赤ちゃんが懐かしいです。MIもYUも、孫を連れてワタシの所に遊びに来る日が来るのでしょうか?

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YOU TUBE 大好きなムスメ

最近、若者のテレビ離れが進んでいるといいます。代わりに、ここ数年の間で、パソコンの動画を見る若者が増えているんだって。

さっき、NHKでやっていた。

ワタシはこの番組、リビングの大型テレビで見てました。が、パソコンでネットやりながら、自分の部屋で見る人もいるだろうし、ワンセグ携帯で、電車を待っているときに見ていた人もいるかもしれない。

さて、うちの二人のムスメ達。virgo

MIはパソコン少女。もちろん、YOU TUBE大好きだ。いろいろな動画を見てはチェック。自分のブログに貼り付けたりしているみたい。内容は、怖い動画や、映画、音楽ビデオなんかかなあ? 

YOU TUBEはともかく、親としては著作権違反しているような違法なサイトはみてほしくないが、YUは、海外のサイトからアニメを捜し、中国語やフランス語字幕付きの「学校の怪談」なんかを見ている。

そして二人とも、リビングのテレビはあまり見ない。

ちなみに、夫も、テレビは自室のパソコンで見るタイプ。我が家のリビングに構える50型プラズマテレビを独り占めするのはワタシだけ。。。

テレビが家族の中心だった時代は終わったんだなあ。

ちょっとさみしい母でした。weep

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

改正パート労働法って何だろう③ ~教育訓練編~

パートであるということで、何となく正規職員との待遇の違いを感じることが多いのではないでしょうか。これは、雇う側も雇われる側も、何となく、長年の暗黙の了解みたいなところがあったのかもしれません。

そこで今回の改正項目は

flair通常の労働者に対して実施する教育訓練であって、その通常の労働者が従事する職務の遂行に必要な能力を付与するためのものについては、職務内容が同じパートタイム労働者が、既にその職務に必要な能力を有している場合を除き、そのパートタイム労働者に対しても実施しなければならない。

つまり、

職務内容が正規職員と同じなら、その正規職員が受ける訓練は、パートの職員も受けられる。

ということです。正規職員が必ず受けなければないような研修などがこれにあたるのでしょうか。訓練の内容は会社によって異なるでしょうけれど、新規採用職員が受けるような訓練はこれに当たるのかもしれませんね。

この教育訓練は、事業者の義務となります。

flair上記のほか、通常の労働者との均衡を考慮しつつ、その雇用するパートタイム労働者の職務の内容、成果、意欲、能力及び経験等に応じ、そのパートタイム労働者に対して教育訓練を実施するように努めるものとする。

様々な研修会、パソコン講座、スキルアップのための訓練も、事業主が努力義務としてパートタイマー職員にも受けさせなければならないのです。

だから、もう少しスキルアップしたいと思っているパートの職員のみなさんが、研修に行くことを要求する方が増えてくるかもしれません。会社側もそうした声に答えることで、人材を確保することが出来るのでしょう。これは、「職務内容が同じでなくてもよい」ので、意欲ある方はチャレンジを。

訓練なんか面倒だわぁ、と思う方もいるかもしれませんが、新しい世界が開けるかも!!是非、チャンスを生かしてみてはいかがでしょうか。

改正パート労働法って何だろう②はこちら http://yamayamayou-0428.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_0888.html  

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ガソリンの価格は?

ガソリン価格、今どのくらいなんでしょう。

うちの近所では、安いところでセルフの146円前後。高いところで150円前後。

地域によっていろいろで、同じ県内に住む姉のうちの周りでは、さらに5円ほど安い。

で、この3月末。「ガソリン暫定税率」が切れると。。。

ガソリン価格は1リットル当たり約25円下がる。

ということらしいのですが、先日の新聞を読んでいたら、4月1日からすぐに価格が下がるのか、というと、そうでもないみたい。ガソリンスタンドが3月末までに仕入れた在庫のガソリンは「暫定税率」を含んだものなので、今までの価格通り、らしい。

で、その在庫のガソリンがなくなって、初めて値下げになるみたい。早目に値下げしてくれるうれしいスタンドもあるだろう。

それで問題はその後。問題になっている「租税特別措置法改正案」が、4月末に衆議院で再可決される可能性があるということ。そうすると、またガソリンの価格は今と同じようになるという。

上がったり下がったりの幅が5円くらいはいいだろう。でもねえ、25円も急に上がるとやっぱり困りますよ。50リットル給油したら1250円も変わってしまうのよ。

車なしには生活できない。

しばらくは、ガソリンスタンドの看板よく見て、ガソリンの給油のタイミング、間違わないようにしたいね。happy02

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもと携帯

今のお子さま達は、みんなケータイ族。まあ、親も携帯なしには生活できないようになっているので、世の流れというものなのかな

それで、どのくらいの携帯普及率なのか調べてみた

まあ、いろいろなデータが踊っているけれど、とりあえず、(株)マーケティングセンターというところで2006年に調査した結果によると

小学生低学年 7.4%

小学生中学年 13.6%

小学生高学年 28.0%

中学生 50.2%

これは、携帯電話を持っている割合。調査は、小学校から中学生の子供を持つ1114人の女性に聞いたようだ

ちなみに、中学のムスメのクラスでアンケートをやった。

42人中携帯電話を持っていない人 2人

そして、この栄えある「2人」のうちの1人はうちのムスメだった。

本当は、中学受験合格祝いに、買ってあげたんだよね。でも、メールのやりとりがあまりに頻繁で、ケータイに操られるようになったために没収。

後に、いろいろなママ友、先生達に話を聞くと、こういう使い方は多くの生徒がやっているとのこと。ママ達も、期限付きで没収したり、パケ放題をなくしたり、お嬢様方と険悪になりながら、苦労をしていたみたい。

私も、その後、本当はどこかの時点で返してあげようと思っていたのだけれど、なんとなくそのまま3年間が過ぎました。それで、ムスメはケータイなしの3年間を送ったのだ。

正直、働く母としてはケータイがないと、いろいろ不便だった。

flairまず、部活の連絡はメールで来る。仕方がないから私のメルアドを連絡網に入れた。ところが、朝はムスメの方が家を早く出るために、出発してしまってから部活メールが来たりした。そうすると、あとの人に回せないし、本人も困ったことだろう。そういうことが何度もあり、ムスメにも不評だった。

flair友達とのやりとりはメールである。電話はしない。私のケータイが事実上ムスメと共有になっていた。ムスメのメールの占める割合の方がずっと多かった。仕事から帰るまでは連絡できないので、急ぎの用事が伝わらず不評だった。急ぐなら電話すればいいのに。でも、今の子は電話はしないのだ。

flairムスメが遊びに行く人私が出かける日が重なる。どちらがケータイを持っていくか。ムスメに持たせました。私は連絡手段が公衆電話になって不便だった。公衆電話ァ、無いのよねえ。仕方ないから、私が夫の携帯を借りたり。。。

でも、そうした苦労をしながらもなんか3年がすぎた。そこまでしなくても、、、という意見もあるだろうが、これが我が家の方針、ということで、ムスメもがまん。偉かったねえ。

で、このたび、YUが塾に行くことになり、心配だからやはりキッズケータイを持たせることにしました。出席メール,退室メールを受け取るため、お迎え当番になったMIにもようやくケータイ解禁。よかったね。MI

MIの携帯はワンセグ付きの最新型。メールはそこそこやっているようだが、テレビをケータイで見るようになってしまいました。あんな小さい画面でテレビを見るのって、どうなの?テレビ見過ぎだよ。ちゃんと勉強しなさい!!

悩みは続きます。。。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

改正パート労働法って何だろう② 賃金編

前回の続きです。

さて、あなたはパートタイマー労働者?そもそも、法律の対象となるパートタイマーって、どんな人?

flair短時間労働者=パートタイマー労働者・・・1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者の1週間の所定労働時間に比べて短い労働者

flair「パートタイマー」「アルバイト」「嘱託」「契約社員」「臨時社員」「準社員」など、呼び方は異なっても、この条件に当てはまる労働者であれば、「パートタイム労働者」

flair「通常の労働者」とは、事業所ごとに社会通念にしたがい「通常」と判断される労働者をいいます。

flairこの「通常」の判断は、業務の種類ごとに行い、「正社員」、「正職員」など、いわゆる正規型の労働者がいれば、その労働者をいいます。

flair正規型の労働者がいない場合は、フルタイムの基幹的な働き方をしている労働者がいれば、その労働者が通常の労働者となり、その労働者より1週間の所定労働時間が短い労働者がパートタイム労働者

パートタイマー労働者の定義だけで、なんとまあ説明の細かいこと。でも、これでもボーダーにかかっている人もいるのかもしれないし。。。。定義は法律では基本の基本だ。

パートタイマー労働者。ひとこと簡単に言えば、「通常の労働者」よりも1週間の所定の労働時間の短い労働者 のことでしょうか。

そして、パートタイマーの賃金については

flair「客観的な基準に基づかない事業主の主観」や、「パートタイム労働者は一律○○円」といった「パートタイム労働者だからという理由」で一律に決定するのではなく、

flair職務の内容や能力のレベルに応じて段階的に設定するなど、働きや貢献に応じて決定することが努力義務の内容となります

と、いうことで、パートタイマーだからという賃金ではなく、職務の内容に応じた賃金を決定することが、これからの事業者に求められていくことになります。ただ、「努力義務」なので、努力していただくことになるのです。

が、これからの企業では、人材不足が広がることが予想されているようです。主婦を中心とするパートタイマーが、いかに働きやすいかということは、企業にとってもよい方が集まってくれる、というチャンスなのです。

改正パート労働法、もうまもなく施行です。

パート①についてはこちら http://yamayamayou-0428.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_8525.html 

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

働く母の応援マガジン「bizmom」読んでみました。

bizmomって雑誌、ご存じですか?

去年の6月に創刊されたらしい、「働くママの応援マガジン」

ずーっと感じていたんです。「軽い感じの働く母向けの雑誌がないのだろうか」。そんなワタシの疑問に答えてくれるような内容でした。ばりばりに働く女性向けの、たとえば日経woman的なラインとはことなり、ベネッセさんだけあって、「たまごクラブ」や「ひよこクラブ」の先にあるもの、というイメージだ。

季刊誌なのかな。ワタシが買ったのは「春号」

表紙は木佐彩子さん。「忙しいあの人の時間のやりくり」ということで、堀ちえみさんや高見恭子さんなどの忙しいママさん達のやりくりについて特集している。

これから働くかも、というみなさんには、「働くワタシ」をあきらめないというキャッチとともに「先輩ママに聞く ピンチ克服法」

わたしなんかは、「おけいことの上手なつきあい方」や「春のホームパーティ計画」などがとても参考になりました。あとは、企業の情報など。こういうものは、ぱらぱらと新聞やWEBには出ていますが、まとめて取り上げていただけるとうれしいです。

小学校の入学を控えたアナタ向けには「親子で乗り越える小1の壁」 ワタシの同僚でも保育園よりもむしろ小学校が大変だった、という人がたくさんいる。小学生は学童があるが、保育園より定員はずっと少ないし、時間も6時くらい。しかも、3年生まで、というところが、ワタシの周りには多かった。物騒な世の中だから、一人で家に帰して鍵っ子にするのも心配だ。外に遊びに行かせられやしないし。

ワタシも、ムスメが小学校の低学年の頃はたいへんだったなあ。

うちの学校の学童保育では、保育園育ちの子が多かった。そうすると、ほんわか育った幼稚園育ちはちょっと違った集団生活を体験することになる。shock  MIの時はそうだったな。MIは明るくて元気な子だ。が、1年生の時、学童でやられましたねえ。学童の先生曰く、「あの子は保育園でも強い子だったようですねえ。。。」。幼稚園と保育園では生活のパターンも違うだろうから、まあ、そんなこともあるのかも、などと思ったりしたっけ。MIはその後学童はやめ、おばあちゃんに見てもらっていた。でも、こうした葛藤を乗り越えて、子ども達は社会を学んで強くなっていくのかもしれないね。

だからといって、学童に入れないわけにもいかないので、YUも学童保育に入りました。YUはマワリにあまり関心がない子だったためか、友達もいなかったけれどいじめられることもなく、3年間過ごしました。知り合いママから話を聞くと、やはり、女の子は色々あったみたいですが。。。

bizmomさんには、ぜひ、そういう子どもの交友関係とか学校関係の特集もやってもらいたいな。働くママって、学校のことはもちろん、学校での子どものこと知らないのよねぇ。バックナンバーの状況は分からないけれど、小学生の子供を持つ働くママ用の特集、編集部さん、ぜひおねがいしますm(_ _)mshine

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家計の中の教育費

みんな、どうして働いているのでしょうか。http://yamayamayou-0428.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_9558.html

自分の世界を広げたい、スキルアップしたい、何かしたい。 でも、やっぱり、家計は潤っていた方がよいではありませんか。だから、「家計の足しにしたい」

そして今朝の日経新聞。首都圏の私立大学で構成する教職員組合団体が実施した調査。

pencil首都圏私大の大学生・短大生が実家から毎月受け取る平均仕送り額は、前年より1300円少ない9万5千円。これは調査を始めた1996年以降最低。

pencil自宅外通学の学生に1年目にかかる教育費総額は世帯収入の31.4%に当たる302万円

pencil仕送り額から家賃を引いた生活費は月36,700円。一日約1200円で生活する計算。(アルバイトをしないと、キビシイかも)

「家計収入の伸び悩みなどで子どもを抱える世帯の可処分所得が減ってきていると見られ、教育費負担が重くなっている」

そうなんです。我が家でも、10年前は、右上がりの収入増を期待して、家を建て、子どもを私立に入れようということだったのですが、現実はなかなかキビシイです。そして、何が一番かかっているかというと、まさに教育費。可処分所得は増えないのに、教育費だけがどんどんかかっていくのです。

夫のマワリには、独身者や、子どものいない既婚者が多いらしく、優雅な生活を送っているようです。ウラヤマシイです。子どものいる生活を選んだアナタ、優雅な生活は、子ども達が巣立ったら、堪能しようではありませんか!

優雅な暮らしが出来る日なんて来るのだろうか。共働きだからこそ何とかやっていっているけれど、それでももっとゆとりのある生活をしたい。

最近、ちょっと不安です。将来を考えるとね。年金の問題とかあるし。老後のお金も貯めなくちゃ。子どもが巣立ったら、自分の老後資金を考えよう。

でも、子どものいなかった生活なんて、考えられません。日々、いろいろ小さな事件はあるけれど、やっぱり子どもはワタシたちの何よりの宝なんだなぁって思います。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おばあちゃん(義母)大好きのYU

3学期、YUの図工の時間で「ランチをどうぞ」という授業があった。restaurant

いろいろな紙、ひも、糸、テープ、モール、そのほか好きな材料を使って、ランチを作る、というものだ。

参観日、みんなの「ランチ」が飾ってあった。YUは授業にはあまり力を入れないタイプなので、まあ、いつものようなてきとーな作品が飾ってあった。「カレーライス」だって。ふーん。これがカレー、このミニトマトはよくできているなあ。このアルミホイルは何を意味しているんだろう、、、?? など、目の悪い私には細部は分からなかったが、家に帰って「上手だったよ」の一言は忘れなかった。

そして昨日のことである。その作品を持って帰ってきた。

「ァ。持って帰ってきたのね。へえ。よくできてるねぇ。 前はメガネが無くてよく見えなかったのよ。」

関心のなさそうなYU。ふと見ると、「食べてね」という表示(矢印付き)とともに、アルミホイルのお手紙も着いていた。カラーボールペンでかわいく書いてある。あら、うれしい。。。。ところが、読んででみるとsign02

「おばあちゃん、いつもおいしいご飯を作ってくれてありがとう。食べてね」

あららら・・・・sweat01

そりゃあ、月曜日から金曜日の夕食はおばあちゃん。春休みのお昼もおばあちゃん。短縮授業中のお昼も当然おばあちゃん。おばあちゃんは、基本的にはYUの好きなものを中心にご飯を作ってくれる。5歳離れての下の子だけに、まだまだカワイイところがたくさんあるYU。 おじいちゃんも、おばあちゃんも、YUが可愛くて仕方がない。おじいちゃんなんか、数十メートル離れたお店にYUが買い物に行くだけで、心配で外に迎えに行く始末。それはよく分かる。分かるんですが。。。

優しいYUのことだから、おばあちゃんにお手紙を書いたんだろうなあ

私には何もくれないんだなあ。

子育て、GIVE アンド TAKE じゃなくて、母の愛は無償の愛heart04だと思う。

おばあちゃんに感謝shineしてますヨ。おばあちゃんがいなければ、私の仕事の仕方は変わっていただろう。今みたいなペースではいられなかっただろう。

そうは思いつつも、ちょっぴりさみしい母なのでした。

ァ、例の絵はおばあちゃんにプレゼントしましたよ。もちろん。

額に入れられる日も近いことでしょうcoldsweats01

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

改正パート労働法ってなんだろう①

4月1日から、いよいよ、「改正パート労働法」が施行されます。

この法律、正式名称は

短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律の一部を改正する法律(平成19年法律第72号)

という、長い長いものです。

パートの皆さんは、既に、ご存じのことかもしれませんが、これからパートでも、とお考えの方にお知らせ、ということで、厚生労働省補ホームページからちょいと拾ってみました。

目的:「少子高齢化の進展、就業構造の変化等が社会経済情勢の変化に伴い、短時間労働者の果たす役割の重要性が増加している」ので、「適正な労働条件の確保、雇用管理の改善、通常の労働者への転換の推進」などを行い、正規職員との間の「均衡のとれた待遇の確保等を図る」ことということです。

事業主の方が雇い入れる場合の義務:「昇級の有無」「退職手当の有無」「賞与の有無」を「文書の交付等により、明示する義務」が課せられます。違反の場合は10万円以下の過料(違反の時に払うお金のことです)をとられることもあるようです。

この他に、労働基準法で、「契約期間」「仕事をする場所と仕事の内容」「始業・終業の時刻や所定時間外労働の有無、休日・休暇」などについては文書で明示することが義務づけられています。

事業主の方が雇い入れ後に、待遇の決定にあたって考慮した事項の説明義務:パートタイム労働者は、雇用者に求めれば、通常の労働者の方との待遇の差などについて説明が受けられます。たとえば、単に「パート」だから賃金はいくら、という説明では駄目で、その仕事の内容と賃金との関係などについての説明を受けるようになります。パートだから、同じ仕事なのにこの賃金、という不満を持つ前に、説明が受けられるというものです。

事業主は、パートタイム労働者から通常の労働者へ転換するチャンスを整える義務:通常の労働者を募集する場合の周知や、パート労働者が通常の労働者へ転換するための試験制度の創設など。「パートから始めて、いずれは正社員を希望」、という道が制度化されるということでしょうか。

そして、これらは、パートタイム労働者を一人でも雇っている事業主の方が義務として実施なければならない内容なのです。厚生労働省のHPでは色々周知を図っているようですが、ワタシなど一般ピープルなので、HPをみて初めて「ふーん」と思いました。事業主の方たちに浸透しているのかはわかりませんが、パート希望のみなさま、知らないとソンをすることもあるかもしれません。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入園準備 絵本バッグ ~働く母の場合~

もう、3月も中旬になってしまいました。

4月に入園、入学を控えているママ達も多いのではないでしょうか?

いろいろなグッズは、働くママ達は上手にお買い物をして、自分で作ることは少ないのかもしれません。でも、私は、チャレンジャーなので、あえてイバラの道を選び、作りました。巾着やお弁当箱も作りましたが、今日は、絵本バッグのお話をしましょう。私はMIに4つ、YUには今のところ2つ、計6つ、絵本バッグを作ってしまいました。

それでは素人的絵本バッグの作り方をご披露しましょう。

まずはこちらをご覧ください。これが、完成品です。

P1060381まあ、縫い目とか、仕上がりとかはともかく、絵本バッグっぽいでしょう?

それで、私は本当に家庭科が嫌いで、高校での裁縫の成績はBだった。もちろん、こういうものを作るのは久しぶり。

(実はMIが生まれたときに、育休中に子どものワンピースを作ったことがある。そのお話はまた今度)

ミシンは結婚したとき母が持たせてくれたので、大丈夫。

さて、材料集めからしなくてはならない。袋なんて縫ったことがないので、どんな素材なのか分からない。そもそも、どんな風に作るのか。そこで、うちにあった古ーい変なバッグを見て考えた。

「バッグは下の方で布を変えてみよう。あと、ポケットがあるといいかも。ポケットを付けてみよう」

そして、手芸屋に行って、飾ってあるバッグなどを参考に、材料をそろえる。

キルトの布地。1メートルもあればバッグが作れるだろう。切り替え用の布地。よく分からないからこれも1メートル。持つところ。色味を合わせる。太くてしっかりした3センチくらいの太さのもの(名称は知らない)。ポケットに縁取りをしてみよう。いろいろ見て回った結果、名前は分からないけれど、二つ折りになっているカラーテープがあったのでそれを使うことにした。あとは、入園する前に通販で買った丸いお名前ワッペン。

ribbon 絵本バッグの素人的作り方

まず、袋がどのように作られているのかを、手芸屋でよく見てくる。作り方の本など買わなかったので、展開図を考え、、手順を想像する。

絵本の大きさは、幼稚園で見てくる。大きめのバッグといわれていたので、スケッチブックほどの大きさの本が入るように裁断する。切り替え部分が1枚。本体の上部が2枚。オット、縫い代を忘れると大変だ。やったことがないので、とりあえず大きめに切る。おお、ポケットを忘れてはいけない。そうだ、角は丸めにしてみよう。

切ったところがほつれるかもしれないので、初めて、はしミシンをかけてみる。ミシンの使い方のマニュアルを出し、よく勉強。ミシンの針を変えて、ダイヤルを切り替え、ゆっくり、ゆっくり、ガタガタガタ・・・・単調なのでそのうちスピードを出したくなる。えーい、最高速度。ガガガガ、、、糸がもつれる。ほどいてやりなおし。。。crying

気を取り直して次の作業。先にとってを付ける。くるっと丸め込んで、一緒に縫う。結構な厚みになるので、先ほどの失敗を繰り返さないように、ゆっくりミシンをかける。ダダダ。。。オッケー!!scissors

ポケットの縁取りをする。二つ折りのテープを挟み込んで、ゆっくりミシンをかける。丸めた角のところでテープが折れ曲がったりするが、売り物じゃないし、気は心。そのまま続行。

ポケットを本体に付ける。縁取りテープの上からもう一度縫う。

本体と、切り替え部分をつなぐ。

ァ、絶対失敗しそう。心配なのでざっくり仮縫いした。

ポケットになるように、ポケット部分も中に入れ込んで一緒に縫いつける。

丸いお名前ワッペンを付ける。丸いので、ミシンが大変だ。一番遅いスピードで、ゆっくりゆっくり、ダ、ダ、ダ、と。ひと針ふた針ずつ。

最後に本体部分の両脇を裏返した状態で縫いつける。まち針で止めて、少しずつミシンをかける。あれ、幅が合ってない? イイヤ、縫い代で調整してしまおう。

できあがり~!!happy01

縫い代調節した分、若干小さくなった。ま、絵本が入るから、いっか。

この記録を書くのは15分。実際の作業時間は、切って縫うだけで4時間はかかったよ。でも、この作品。ヘタでも、汚れても、すてられませ~ん。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5歳違いの姉妹って?

ワタシには6歳違いの姉がいる。そして、ワタシは姉に「遊んでもらった」記憶はあまりない。

もちろん、遊んでもらったことがないわけではない。小学校に入る前、つまり、姉が小学校の頃は、当時女の子が遊んだ「ままごと」「着せ替え人形」「お絵かき」なんかを一緒にやってくれた思い出がある。そして、いろいろなことが出来るお姉ちゃんを、本当に尊敬していた。着せ替えの服を作ってくれる、ピアノが上手、字も教えてくれる。料理も作ってくれる。自分には出来ないことが何でも出来るお姉ちゃんって、すごい。

こういう体験が、「お姉ちゃん信仰」(お姉ちゃんの言うことが正しい、みたいな。)をうみだすんだろう。

小学校に入った頃は、毎日毎日「絶交」していた。けんかの原因は、だいたいテレビだった。家に1台しかないテレビ。チャンネル争いが激しかったなあ。母が仲介に入ってくれない限り、だいたいワタシの負け。いつもいつも泣いていた。「お姉ちゃんのバカぁ」となるのだった。

あんなにけんかをしていたのに、今では仲良し姉妹である。一緒に買い物に行き、ディズニーランドに行き、長電話をする。姉妹でよかったなあ。と思う。

さて、5歳違いのMIとYUを見ていると、自分の小さい頃を思い出す。あのときの母の気持ちが分かる。あのころ分からなかった「おねえちゃん」の気持ちも少しは分かる。

MIがYUに優しいとき。DSをYUから借りるとき。YUからお菓子をもらうとき。YUにお手伝いを頼むとき。。まあ、ワタシもそうだったが、妹は姉のパシリである。でも、尊敬する怖いお姉ちゃんには逆らえない。。。

たぶんYUも、ワタシとおなじように、お姉ちゃんに、ある種、畏怖の気持ちを持っているような気がする。5歳の差って、そんなものだ。自分には出来ないことをさらっとやってしまうお姉ちゃん。自分がやりたいことをさっさとやってしまうお姉ちゃん。でも、自分には優しくないお姉ちゃん。

そんな「お姉ちゃん」が、ある日、ただの姉になる日が来る。「お姉ちゃんには出来なかったこんな事が、私には出来る。」「お姉ちゃんよりもこんなところが自分はすごいかも。」そういうことが少しずつ分かってくる。大きくなれば、自分の得意分野が何か分かり、姉とは違うことが分かってくる。

そういうのを少しずつ、認め合って、大人の姉妹の関係ができあがるのかもしれない。

年子の姉妹、3人姉妹、一人っ子、それぞれ、いろいろな育ち方をするのだろう。

でも、YUを見ていると、本当に、いろいろなところがワタシにそっくり。

がんばれYU。おかあさんは、YUちゃんのこと、全然心配していないよ。お姉ちゃんがいてよかったな、と思う日がきっと来るに違いない。(と、思うョ)

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勉強はリビングで

うちには、リビングにでーんと構える50型テレビがある。 http://yamayamayou-0428.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_cedd.html

が、最近、私とMIは、テレビは私の部屋の21型パソコンテレビで見ている。

これは、いよいよテレビが壊れたからではなく、リビングはパパとYUに占領されているから。もちろん、お勉強用で。

リビングで勉強。何となくみんながいる中で、テレビを付けながら、宿題の漢字練習。。。そんなイメージをお持ちの方、と~んでもございませんpaper

パパは、YUの勉強を見るために、塾から配布されるような資料を熟読していた。そして、ある日言った。

「勉強はリビングでさせよう」

これは、まあ、リビングというか、我が家の場合はLDKなのでダイニングというか、つまり、ダイニングテーブルに対面して座ることが出来るから。ということらしい。

子ども部屋で、子どものテリトリーで、いろいろ気になるものがあちこちにそろっている状況ではYUのような集中力のない子にはなかなか勉強ははかどらないだろう。その上、パパが目の前に座っている。パパは、一生懸命、単語カードを作ってくれている。いろいろな文房グッズを取りそろえ、できるだけYUの興味を引き、楽しんで勉強が出来るような環境を作ってくれる。

そうはいってもね、パパが目の前にいて、集中するYUをみていると、第3者の目としてはちょっとかわいそう。が、受験生の母としては、パパ、よろしくお願いしますと、熱いエールを送る。(パパにではなく、YU本人ががんばることが大事だが)

そんなわけで、今日も10時から12時まではリビングを占領されてしまった。

しかたがないから、ワタシとMIは、近くの大型ショッピングセンターに繰り出していくのであった。boutique

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ちょっと待って」の日々 ~子どもの話を聞こう~

働く母は忙しい。本当に忙しいんだ。特に、子どもの小さい頃は、子どもに手がかかる。子どもは、母を求め、家事をやっているとき、くつろいでいるとき、いつでも、どこでもやってくる。

「ママ、あのね、あのね、YUちゃんね、。。」

「ちょっと待ってねぇ」

ワタシは何かやっているときに作業を中断されるのが嫌い。

『子どもの要求<今やっている作業』だった。

まして、YUのように、何を言っているのかわからないムスメにじっくりつきあう時間はなかった。

「(これを終わらせて、あれをやって、それからこれをこうしたら)すぐお話聞くからね」

そんなワタシにかまわず、足下にまとわりつきながら訳の分からないことを一生懸命話すYUだった。

『ちょっと、あっち、行っててね」

と、ビデオに子守をさせる母親だった気がする。

そんなことが続いたものだから、中学生になったMIは『ちょっと待ってて」なんて言おうものなら、『もういい』と一言。そのまま自分の部屋へ直行。一段落して、「なんだったの?」 と聞いたときにはもう遅い。「もういいって言ったじゃない。ホントにもういいの。忙しいからあっち行って」だって。YUはその点、まだまだお子ちゃまなので素直ですが。「聞いてよぉ」か「聞かなくていいの?」とか。カワイイものです。

が、今思うと、どうして子どもの話を聞いてあげなかったのかなあと切なくなります。もう、あんな時は2度とやってこない。小さかったMIとYU。ママに、色々話したいことがあったろう。話したいときに、聞いてあげるのが一番だったのにね。あとから聞いても忘れちゃってたり、どうでもよくなったりすることもあったみたい。時間なんて作ればいいのに、出来なかったなあ。

働く母たちは、子どもと過ごす時間は少ないのです。それでも、子どもとの関係は大事にしたい。だから、『ちょっと待って』なんて言わないで、子どもの話を聞いてあげたい。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

50型プラズマテレビの寿命

私は映画が好きである。

子どもが小さい頃には映画館なんかにはそうそう行けません。 http://yamayamayou-0428.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_57ca.html 

で、家の中で見る、小さい画面、小さい音での映画では満足できなくなっていくのでした。

そして、それを見たのは、いまから10年ほど前でしょうか。

電気屋さんで体験する『ホームシアター』

flairいや、もう、これしかない。shine

私の心の中には、密かに『ホームシアタープロジェクト』ができあがったのだった。

そしてそのときはやってきました。家を建て替えることになり、家電を入れ替えることになりました。そして、ついに手にしたホームシアターセット。YAMAHAの。ただ、そのときは、テレビは普通の32型でした。

そのころから、大画面テレビがチラホラ電気屋さんで見られるようになっていました。

私の心の中には、いつしか『大画面テレビプロジェクト』ができあがったのだった。

もちろん、我が家のリビングはそんなに広くない。普通サイズだと思う。12畳くらいかな。1軒屋にしては狭い方かもしれない。それでも私の心は決まっていた。

パイオニアflair50型 プラズマテレビ shine

映画館に行けない私の、ささやかな楽しみ。家で、まあそこそこ大画面で大音量での映画で見る。いいなあ。。。

そしてその日はやってきた。大手Y電気で、粘って粘って、テレビ台もつけてもらって、定価からン十万円引いてもらって、それでも軽自動車が一台買えるほどのお値段だcoldsweats01

ふつーのお宅では絶対買わないだろう。同じ値段を出すなら、車を買うよねぇ。でも、我が家ではその日以来、でーんとリビングに構える大型テレビ様。薄型なので、思ったほど邪魔ではなく、むしろ部屋が広くなったような気がする。

ワールドカップやオリンピックはこれで見た。もちろん、レンタルDVDは毎週末に楽しんでいる。

が、ここに来て六年もたつので、ディスプレイの調子がめちゃくちゃ悪い。

映像関係の詳しい方に聞いたら

『ああ、プラズマはダメですね』wobbly

annoyあんなに高かったのに、寿命は6年かい? 別の部屋にあるブラウン管は、今年て十五年目なのに。。。

最近、Y電気でびっくり。今や42型の液晶テレビの値段も20万円台。もっと安いかも?

テレビの値段の価格破壊はうれしいけれど。。。

まあ、6年間楽しめたので、よしとしよう。そして次に買うテレビですが。。。。

flair私の心の中では、65型テレビ構想がふくらんでいるのです。。。shine

今度こそ、部屋に入らないかもね。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

派遣女性向けローン

日経新聞から見つけた記事

りそな銀行と人材派遣大手のパソナグループが共同で、女性の派遣社員向けの専用ローンを開発したそうです。

対象は、パソナの派遣登録者で就業中か、就業予定の女性。

最大30万円までを無担保で融資。金利は多の類似商品に比べると低い7%。

使用目的の例としては「資格取得などのスキル向上」や「医療費」などがあげられていて、選択肢は比較的広いとのこと。

金融面で正社員との格差を小さくして派遣社員の就業を支援するというものだそうです。

なんでりそなとパソナなのかは分かりませんが。。。(名前が似ているからということはないでしょうね)

さて、久しぶりにお仕事をする決意をしたとしましょう。近所のオフィスで事務仕事。

とりあえず必要なもの。flair会社に着ていく服。靴。鞄。美容院で髪をセット。歯医者にでも行って、虫歯を治しておくかもしれない。

あった方がいいもの flairパソコンスキル。パソコン教室にちょっと行ってみようか。

ないと困るもの chick子供を預ける保育園。幼稚園の預かり保育だったり、学童保育だったりするかもしれない。又は、近所に住む実家のおばあちゃんということもあるよね。

ガソリン代の高騰、食料品など生活必需品の値上がりなど、ますますお金が必要な今日この頃。お仕事をするための準備金も、そりゃ、あったほうがいいだろう。

このローン。初年度に約1万2千人の利用を見込んでいるとのこと。

パソナに登録している皆さん、いかがでしょうか?

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪魔の箱 ~DS漬けの日々~

昨日は塾だったYU。

珍しく塾にいるYUから携帯にmailがきた。

「今日は少し遅く迎えに来て」

そうか、授業が終わったあと、先生に質問するか、自習をするか、とにかくちょっとは勉強をする気になったようだ。今時の塾はどこでもそうなのかもしれないが、YUの塾には自習室があるのだ。熱心な子達は、授業以外の時間も、そこで勉強をしているのだ。

いつもは9時40分に塾の前で待つワタシだが昨日は9時55分頃に

「今、ついたよー」

mailした。しばらくして、塾から出てくるYU。

「今日は、がんばったね。どうだった?」

「今日は、漢字、100点だった。先生にほめられた」

これは実は、あまりに点数の悪いYUに、夫が漢字の単語帳を作ってやって、その週に出てくる新しい漢字をみっちり覚えさせているためだ。パパ、ありがとう。パパの努力、実ったよ。heart

「そうか。じゃあ、今日はおわってから、新しいところの予習でもしていたの?」

「いや、先生に、問題出してた」

はぁ~?coldsweats02 また、脱力してしまったではないか。相変わらずYUだなあ。そうだよね。YUが自習するなんて、そんな、のび太君が急に勉強するようなものだよねえ。それで何の問題かというと、DSの「悪魔の箱」というゲームをご存じだろうか。YUは今、これにはまっているのだ。

ワタシはよく知らないのだが、レイトン教授という考古学者と一緒に、謎解きをしていくというちょっと知的なゲーム。もちろん、YUが出来るのは、パズル的な問題。ちょっと難しいものは、お姉ちゃんのHELPなしではとても解けない代物だ。

それで、お姉ちゃんに解いてもらったような問題を、塾の先生に出している、というわけです。先生だって、その場ですぐに出来ないので、YUは得意満面になるのだ。カワイイではないか。

先生、つきあってくださってありがとうございます。こんなスットコドッコイのYUですが、受験が終わるまで、是非、あきれずに面倒を見てやってください。

このゲームのエネルギー、どうして勉強に向かないのかなあ。ァ、好きなものには集中するのは当たり前のことですね。ハイ。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニックネームが消える日

みなさんは、ニックネームありますか?

子ども達はニックネームで呼ばれていますか?

今日の日経新聞夕刊から

こどものあだ名が衰退しているという。ある学校で、過去に付けられたあだ名を調査したところ、10年前には1人4,5例のあだ名があったが、昨年は1人1例ほど。あだ名のない学生もいた。

小中学校では校内の呼び方を「さん付け」などに統一する動きが目立つらしい。学校はフォーマルな場なので、けじめを教えるために行っている、という説明もあるようだ。

あだ名が消えつつあることの背景の一つには、いじめの問題がある。容姿からつくことの多いあだ名の欠点が強調されているという。

また、子どもが忙しくなって、友達と遊ぶ時間も減った結果、あだ名が生まれる場面自体が減っているという。

うーん。自分自身は、あだ名、小学校の頃は4つくらいだったかなあ。確かに、男の子達からは、変なあだ名を付けられたものだ。でも、女の子同士の呼び方は、ワタシは「~さん」より「○○」のようなあだ名の方が、親しみを感じたものだ。

いじめの問題が強調されている、ということも頷ける。デブ、外人、ミルクタンクなんて呼ばれていた子もいたっけ。

うちの娘の場合。MIは小学校の時は名字を使ったあだ名だったな。上2文字を取って○さん。今は、なぜか超有名人気女性タレントと同じ呼び方をされている。全然似ていないのに。。。ホント、似てないよ。不思議だなあ。本人は最初いやがっていた。外でそういう風に呼ばれるといやだなあって。でも、最近はもうあきらめたみたいだね

YUは、「さん付け運動」が行われているのかどうかは知らないけれど、「名字+さん」で呼ばれていた。3年生くらいまで。ほかの子のことも「名字+さん」で呼んでいた。だから余計、仲良しがいないように感じてしまっていたのかもしれない。 3/11「お友達の出来ないムスメ」http://yamayamayou-0428.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_1922.html

4年生の今、だんだん、なんとなくあだ名が付いてきた。それほど親しくない子は「名字+さん」、中のよい子は「YUちゃん」または「名字っち」。YUも中のよい子をあだ名で呼ぶようになってきた。

だから、学校が「さん付け運動」をしても、親しい仲間同士はそれぞれの呼び方が自然にできあがってくるのだろう。

それにしても。子ども同士「○○さん」でふつーに呼び合う日常を見ると、何となく違和感を感じるのは、ワタシ自身があだ名を呼び合って育ってきたからなのだろうか。

なんとなく寂しい感じがするのはワタシだけではないようです。think

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忙しい小学生

今日は、YUは何もない日だ。何もない、というのは、学校から帰ったらフリーである、ということだ。

YUの1週間を追ってみよう

月曜日 授業が終わってから30分ほど金管の練習。急いで家に帰り、4時30分には家を出発。5時から塾。帰ってくるのは8時頃。

火曜日 特になし

水曜日 4時過ぎに家に帰ってきて、4時30分頃出発。5時から塾。帰ってくるのは9時過ぎ。この日は私が作ったお弁当がYUの夕食だ。が、塾に行く前にお菓子を食べる。帰ってくると、お風呂に入り、学校の宿題をやると、もう10時半近くになってしまう。

木曜日 4時過ぎに家に帰ってきて、5時頃まで友達と遊ぶ。その後学校の宿題をやる(やっているはずだ)。6時過ぎにおばあちゃんのところで夕食。7時15分頃塾に出発。帰ってくるのは10時頃。それからお風呂に入り、学校の宿題。寝るのは12時近い。

金曜日 4時過ぎに家に帰り、4時50分頃家を出発。この日はバトントワリングの練習。もうすぐ大会なので、がんばっている。

土曜日 特になし。

日曜日 特になし。

どうでしょう。なーんだ、結構時間、あるじゃん。そう感じる方もいるでしょう。しかし、週3日の塾の宿題と、塾に行く前の予習・復習。やる時間、ないではないですか。だって、一応、学校の宿題は最優先だ。そして、YUは時間を決めて、ぱっぱと動ける子ではないのだ。なんか、いつもぼーっとしている(ように見える)か、ゲームをやっているか、テレビを見て馬鹿笑いしているか。

「さっさと学校の宿題ヤンなさい」

「ン」

「学校の宿題おわったの?」

「ン」

「ン」とは言っているけれど、これは、条件反射で返事をしているだけで、実は私の言っていることを聞いているわけではなさそう。YUはむかしから、マイワールドを持っていて、目は開いているし、話は聞いている、ように見えるけれど、心がトリップしていることが多いのだ。

「じゃあ。宿題見せて。丸つけるね」

こういわれて初めてあわてるYUだ。

塾に行く前の30分で、宿題は十分終わるはず。でも、なかなか出来ないのが小学生なんです。なので、結局帰ってから学校の宿題をやり、お風呂に入り、明日の用意をして塾の宿題にまではとてもとても手が回らないのです。

そこで、土日が塾の予習・復習・宿題ということになります。もう。一日中パパがつきっきりでやってます。(ちょっとオーバーですが)

4年生になって、ようやく仲の良い、固定の友達ができたところ。コミュニケーションの下手なYUにとって大事なのは、友達関係を築くことでもあるのです。だから遊ぶ時間も出来るだけとってあげたい。勉強もさせたい。

YUは今、働く母以上に忙しい毎日を送っているのです。wobbly

今日も、目の下にクマを作って学校に登校するのだった。paper

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

働くママを応援するフェア

今、多くの企業さんで、働く女性を応援するためのイベントを開催中だ。

標記のイベントもその一つ。ベネッセ主催のイベントだ。玉川高島屋で、3/20(木・祝)に開催されるようだ。

メインイベントの一つが田中律子さんのトークセッション。実はワタシのプロジェクトでも、何かイベントをやるときに、どんな人を呼ぼうか、という話が出ることがある。子育て中のお母さんで、30代から40代で、できればテレビなどで名の知られているママがいい。そして、まさに、「田中律子さん、御願いできないかなあ。」と、話題になっていたあの田中律子さんだ。

残念ながらワタシは20日は休日なのにもかかわらず仕事になってしまう(可能性が大きい)ので、せっかくのイベントには参加できない。でも、田中律子さんのトークセッション、聞いてみたかったわ。残念。weep

この他のイベントは、ネットでプログラムがみられますが、みずほ銀行や、フジスタッフ、ビー・スタイル、第一生命によるステージ、保育園に預けるときのQ&Aや学童保育の利用方法など、今働いているママにも、これから働きたいママにも、希望と勇気を与えてくれそうな内容です。

自分が企画中のイベントの参考にもさせていただきたいなあと思いながら、皆様に御紹介させていただいております。

場所もいいですよね。デパートの中。小さなお子様連れの方にも安心ですね。scissors

申し込みが必要なようです。

働く、育てる、暮らす、いろんな私を楽しむ。bizmom
子育てしながら働く女性のためのサイト

リンク先をつけました。興味のある方はいかがですか?

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワタシの便利グッズ~マッサージ~

前にも書きましたが、ワタシは仕事をする前に結構しっかりメイクをし、しっかり服を着替え、変身します。http://yamayamayou-0428.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_419e.html

ワタシの靴のヒール高さは平均7㌢。職場でローファーに履き替えることもなく、一日中7㌢の靴で歩き回ります。ずーっとそうなので、そんなに大変ではありません。もう慣れています。けれど、ピンヒールではありませんがヒールは細め。なので、歩道の溝や側溝の蓋にはまったりすることもよくあります。

それで、さすがに一日を終えると、足の裏が疲れます。そこで登場するのがこれ。

P1060380_4そうです。足のマッサージ器。

温泉とか健康ランドにあるような立派なものではなく、もっと単純な。ローラーがコロコロ回るやつ。

これに足を投げ出し、wineでも飲みながら、ゴロゴロゴロ。。。

至福の時がやってきます。

それからオレンジのは、駅の売店で買った肩こり用のツボ押し器。ワタシは肩こりがひどいので、いろいろなグッズを試しました。が、今のところ、これが一番。ツボを押す部分がシリコン状のもので、適度に柔らかく、ちょうどよいかたさ。それから向きも変えられるので、首筋から背中まで幅広く使えます。とってもよいです。

でも、本当は、人間の手でやってもらうのが一番です。

たまーに、リフレクソロジーなどに行きますが、これがまたいいんですよねえ。まあ、お金がないのでなかなか行けませんが。

本当は、夫か子どもがたまにはワタシのことをねぎらってくれて、背中や方をグイグイやってくれるとよいのですが。。。なかなか贅沢はいえません。

なので、目下のところ、ローラーとツボ押し器がワタシの疲れをいやしてくれるのでした。

spa温泉行きたいよぉ!!

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お友達の出来ないムスメ

YUは言葉が遅かった。3歳児健診では、ちょっと心配され、健診後にフォローのお電話をいただいたこともある。

YUはちょっと個性的な子だった。2歳頃、黒と灰色と紺色で丸を並べて幾何学模様を描いていた。独特の絵柄と色にちょっと心配した。

嫌なことには言葉で表現できないためか。泣いて反抗した。泣きすぎてゲロッということも何回もあった。

そしてYUは内向的な子だった。

幼稚園は家から遠かったため、バスで行き来していた。ワタシは働いているので、帰ってから友達同士で遊ばせる、ということは出来なかった。近所に同じ年齢の子がいるかどうかは、1戸建てに住み地域に密着していないワタシにはわからなかった。

幼稚園の先生から「お友達がいなくてぽつんとしています」のような報告はなかったけれど、親しい子がいないのも事実。幼稚園は何となく集団で楽しい、というところだったようだ。

小学校に入れば仲の良いお友達も出来るだろう。学童保育に入れた。

学童の先生、曰く

「YUちゃんは、一人で遊ぶのがスキみたいですね」

一人で遊んでいるのか、一人になってしまうのかわからないけれど、ワタシがお迎えに行くと、他の子は(特に女の子は)誰かと遊んでいるのに、YUはいつも一人だった。本当、いつもいつも。心配して夫に相談する

「一人が好きなんだよ」

一人が好きでも、お友達がいないのは心配だ。ある日学童の先生に相談してみる。

「YUちゃんは、みんなと遊んでいても、いつの間にか一人になっているようですね。」

うーん、他人にペースを併せるのが嫌なのか、いつのまにか置いていかれてしまうのかわからないが、とにかく相変わらずひとりぼっちYU.でも、本人は、それで嫌とか、学校が嫌とか、そういうこともなかった。

ある時聞いてみる。

「学校で、誰が仲良しなの?」

「?」

YUは、4年生の今も、おそらく、クラスメイトの名前を全員は言えないみたい。1,2年生の頃は、隣の子の名前もわからないような状態だった。関心がないのか、必要ないのか、記憶力が悪いのか。

そんなYUにも最近ようやく特定の「少し仲よしさん」ができつつあります。相変わらず他人のペースに併せることのないYUなので、女の子特有の「横にべったり関係」にまではなっていないようですが、自分で遊ぶ約束をすることが、できるようになったようです。

まあ、親が心配するほどのことではなかったのかもしれませんが、まだまだ心配のタネの尽きないワタシです。

いつになっても、子育ての悩みはつきないものです。sad

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中高一貫校の魅力

今朝の日経新聞

有名塾 県境越え激戦

JR南浦和駅周辺が、首都圏での指折りの塾激戦区。夕方ともなればランドセルを背負った小学生が大挙して駅を降りてくる。。。。

日能研の調べ」では、今春中学受験をした小学6年生は6万1千人。これは昨年より5%増。計算上は、5人に1人受験したことになるそうです。

東京都内の小学生の受験率。 30%

埼玉県内の小学生の受験率。 16%

千葉県内の小学生の受験率。 17%

そうですか。首都圏では、数字上は結構受験しているんですねえ。そして、公立中間一貫校の人気が受験熱をヒートアップさせているらしい。

千葉県立千葉中 27倍

さいたま市立浦和中 25倍

きゃー、すごい倍率。中間一貫校をうたう公立校は、おそらく授業内容に期待がもてるだろうし、先生の指導も行き届いているのだろう。しかも、授業料も安いし。初年度の授業料は、私立に行った場合の5分の1から3分の1くらいらしいです。

MIは私立中高一貫校に通っています。おそらくYUも、受験するのは私立中高一貫校になると思います。中高一貫校。6年間に相応のカリキュラムを組み、多くの学校では、中学を卒業する頃には高校1年生の学力がついているのではないだろうか。とにかくMIの場合、授業のペースは速い、宿題は多い。それでもMIの学校は、それほど勉強に対して細かくはないようだ。友達の行っている私立中学は、進級テストや、高校にはいるための進学テストもあったようだ。

親としては、何となく安心できるかもしれません。でも、学校任せにしておく訳にもいかないので、高校生になるMI,この春、塾の春期講習に行かせるつもりです。

勉強はともかくやはり高校受験がない、ということは、子ども達にとってはとても魅力的なことでしょう。でも、一方で、自分でやる勉強量は少ないような気がします。公立の進学校に進む子ども達の方が、もしかすると勉強量はずっと多いのかもしれません。学校側も大学進学の成績を気にする学校はより熱心なのかもしれませんね。

ただし、中学受験。やはり大変ですね。高校受験も大変かもしれませんが、たかが小学生。YUは塾の宿題どころが、学校の宿題で一日が終わってしまう。塾の宿題、いつやるんだろう。予習、復習、宿題を完璧にこなせば、ハードルの高い学校も合格するかもしれませんが、とてもとてもそんなレベルにはいたりません。

昨日も塾から帰るとすぐに学校の宿題をやり、ご飯を食べ、お風呂を出ると10時。もう疲れてしまい、目の下にクマができている。

かわいそうだから「お休みなさい」と寝かせました。。。

まだ4年生。そうはいってもあと2年。どうなることでしょうか。。。coldsweats01

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YU3歳の時 ~歯医者顛末記~

我が家のムスメ達は、小さな頃から虫歯が絶えなかった。これは、きっと、私が虫歯体質(?)のせいもあると思いたいが、やはり、母(つまりワタシ)の「歯磨き」努力がたりなかったせいかもしれない。

でも、ムスメ達が小さい頃は今以上に忙しかったのだ。忙しい働く母だった。

そんなもんで、家に帰ると小さなムスメ達はもう眠っていた。同居のおばあちゃんには、「歯磨き」は頼めなかった。

で、ムスメの起きている夜、朝、土日に一生懸命歯磨きをするのですが、やはり、虫歯ムスメになってしまったのです。

それで、MIもYUも1歳の頃から歯医者に通っていた。検診もかねて。MIは歯が生えるのが早くて、1歳の頃には虫歯があった。それで、家の近くにあった小児歯科に連れて行き、泣いてもわめいても治療した。そこの歯医者さんでは、子どもが動かないように固定して治療していた(かわいそう)。今もそうなんだろうか。

YUのときは、引っ越して、その歯医者さんにわざわざ通うのは大変になったので、近くの歯医者さんを捜すことにした。

が、これが大変でした。YUは本当に大大大の医者嫌い。歯医者に行く前は麻酔がかかったようにぼーっとして、放心状態。歯医者のドアを開けた瞬間、ぎゃーっと泣く始末。

それで、3軒ほど歯医者さんを回り、「いすに座っていられるようになったら来てください」と断られてしまうのだった。どの歯医者さんも、「小児歯科」だったのに。確かに、泣いて暴れるYUは治療できない。MIのお医者さんみたいに、固定してしまえば別だろうけど、きっとそんな子としたら「ゲーっ」と戻して大変なことになっていたに違いない。

そうして、YUは治療も出来ず、3歳になってしまった。歯磨きは相変わらず。親が見ても、「ァ、虫歯」のような奥歯。もうすぐ幼稚園なのに、どうしよう。

そこでYUを説得しての歯医者再チャレンジが始まった。ワタシは土日しか休みがないので、土曜日の午前中しか行けないのがネックだった。

「ねえ、YU。幼稚園に入る前に、歯医者さんに行って、歯をきれいにしてもらおうよ」

「やだ」

「虫歯になると、歯がなくなっちゃうよ。黒くなっちゃうよ」

「やだ」

「じゃあ、何か買ってあげるから」

「やだ」

こんな会話を何日も続け、ようやく本人も行く気になる。じょうずにできたら、シルバニアのウサギさんを買ってあげる約束だ。

1軒目。よーく説得して、大丈夫。歯医者のドアを泣かずに通る。そして呼ばれた瞬間crying。とても歯医者どころじゃない。

2軒目。もちろん翌週だ。大丈夫。今度は治療台に座る。何という進歩!!よかったー。ウサギを2こ買ってあげよう。と、待合室に戻るワタシ。と、、、扉が開いて脱走してきたYU。crying

3軒目。もう一度チャレンジ。今度は調べた。小児歯科専門の、女の先生でないとだめそうだ。インターネットで捜し、車で30分の隣の市の歯医者へ行くことにした。事前に電話をして様子をうかがってみる。

「先生、うちのムスメ、カクカクシカジカで、どの歯医者さんにも見てもらえないんですが、やっぱり無理でしょうか。」

「まあ、とりあえず、つれてきてみてください。」

当日、YUはもう、放心状態だ。心配なので、夫に運転していってもらう。

さて、どうしたでしょう。。。。

最初の1時間、泣いていました。

次の30分、静かでした。

そして歯医者のあの音。キーーーーーん。。。。

そうです、最初の1時間、女性の先生が、YUをじっくり、説得してくれたのです。次の30分は、泣き疲れて治療の部屋で眠ってしまったとのこと。そしていよいよチャレンジできたのです。先生、ありがとうございます。その日の午前中は、なんとYUだけのために、あけておいてくれたのでした。2時間かけて、ようやく1本の歯が治療できたのです。crying(うれし泣き)。こうして、週1回、貴重な休みである土曜日に、夫とともにYUをつれて約3ヶ月。YUの虫歯はすべてキレイになりました。。。。。

おかげで、今、我が家にはシルバニアのうさぎさんやリスさんがたくさんいるのです。

いまはどうかって?。そりゃあ、もう4年生だもの。さすがに歯医者に行って、脱走したり、大泣きすることはなくなりました。。。はぁ~good

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家事分担を考えよう

house今まで働いていないママたちがお仕事を始めるとき、または、これまでは午前中だったお仕事をフルタイムに変更するときなど、ひとつ考えなければいけないのは、「家庭との両立」というものでしょう。

それでは、現実に、家事・育児の分担状況はどのようになっているのでしょうか。

「kajibuntan.doc」をダウンロード

これは、平成19年度の労働経済白書から拾ったもの。それぞれのカテゴリーについての説明は次のとおり。

夫婦平等・夫担当:家事・育児を行っているのがもっぱら夫であるか主に夫である場合。又は、妻と夫がほぼ同等に分担しているか、主に妻が行っているが夫もかなり手伝っている場合

親族依存:夫婦以外の親族が、家事・育児をもっぱら行っているか主に行っている場合、または夫婦のどちらかと多の親族が同等に家事・育児をしているか、親族kがかなり手伝っている場合。

妻担当:家事・育児を行っているのが、もっぱら妻であるか、主に妻が行って多のhと画少し手伝っている場合。

さて、皆さんのおうちではどれですか?

まあ、御覧になってのとおり、共稼ぎ世帯では、ママのお手伝い要員が多いが、それでも妻担当という方も6割以上いるのにびっくり。逆に片稼ぎ世帯でも、夫婦平等・夫担当という方も1割程度いらっしゃるのです。

更なる分析によれば、パパが忙しい方ほど、当然、「妻担当」の割合が増えます。また、ママが正規社員の場合は「妻担当」の方の割合はさらに減って4割弱。非正規・派遣では7割程度。自営の方にいたっては9割近くが「妻担当」。また、親と同居している方は「親族依存」が4割近く。同居なしの方は「妻担当」が8割。

たぶん、若いご夫婦では、パパの育児・家事参加が進んでいらっしゃるのではと推測しますが、それでもママの負担が大きいのは事実。これから働くママたち、しっかりと応援団を見つけておきましょう。

ワタシの場合ですか?

子供の夕食は夫のお義母様に全面的に依存しています。いつ帰れるかわからないので。

MIに関しては難しい年頃なので妻負担です

YUに関してはパパにもがんばってもらっています。夫婦平等にしたいと思っています

平日の夕食以外の食事を含む炊事・洗濯・買い物は妻負担でしょうか

掃除は「妻負担」寄りの『夫婦平等』かな

多くの働くママさんと一緒で、仕事中は忙しいですが、家に帰ってからも戦争のようです。2足、3足のワラジを履いている気分ですが、毎日充実していて楽しんでます。(もちろん、いろんなトコロで息抜きはしてますよぉ)bleah

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

働く母と幼稚園

ワタシはフルタイム正社員ですが、二人の娘は幼稚園にいれました。

幼稚園。。。保育園と違うところ。一番の違いは園にいる時間だろう。園までの通園方法も違う。バスがあるのは幼稚園のいいところ。娘達の幼稚園は、車で15分くらいの所にあった。バスコースだから、園バスがうちの前に来るのが9時00分くらい。帰ってくるのが3時30分頃だった。お迎えはおばあちゃん(夫の母)。家の前だからお願いできた。まあ、おばちゃんにとっても、結構長い時間園にいたので楽だったと思う。

火曜日以外は給食だったので、これも楽だった。でも、お弁当の日は苦痛だった。カワイイきれいなお弁当に泣かされた。

幼稚園の園舎は建て替えたばかりなのでキレイだった。人気があったので、入園前日には夜から夫が並んだっけ。月謝はいくらくらいだったか忘れてしまったが、中学の授業料より安かった気がする。

保育参観は当然平日。なるべく仕事を休んで行くようにした。参観日前のママ達との昼食会にも参加したりして、これは結構楽しかった。

大変だったのは手作りグッズ。指定の形のお弁当入れ(巾着ではありません)、絵本のはいる大きめバッグ。最初の試練はこれでした。買ってしまってもよいし、頼みのおばあちゃんに「お願いしマース」とたのんでも良かったのだが、一応、作ったよ。ミシンが少しだけ得意になった。少しだけ、です。

一番大変だったのは、幼稚園には行事がたくさんあったこと。その中でも一番のビッグイベントは「お遊戯会」。市民会館の大ホールでおじいちゃん、おばあちゃんもみんな呼んでの、イベントだ。当然、おそろいの衣装を作る。集まって作る。そんなに集まっていられないワタシだったが、1回は行くようにした。これがまた、カワイイデザインで、凝った服なのよ。一人じゃ作れないよ。小道具も必要だし。ウサギの耳とか、テントウムシの触覚とか、小人のくつとかね。最後の仕上げは自分でするのだが、例によって、裁縫嫌いのワタシ。接着芯みたいな固い布(紙みたいな、なんて言うのかな、忘れたけど、)を使ったときなんかは、両面テープとホチキスで縫って(?)しまったのでした。こんなのが6年もあったのだ。MIに3年。YUに3年。とにかくお遊戯会に向けての練習もすごいし、親の気合いもすごかったなあ。衣装係のお母様達に助けられ、何とか幼稚園生活を過ごしたのでした。。。

そういえば、今もバトンの衣装に泣いている。あ~あ、もっと楽な習い事をさせるんだった。。。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食パン1斤200円時代

土曜日の日経新聞を見ていたら、来月、またまた、小麦粉が値上げされるらしいです。

小麦粉の値上げ=小麦粉製品の値上げ。

パスタ、カップ麺、お菓子類、そして食パン

我が家ではちょっと前まで、「超○醇」を1斤148円で購入していました。それが、いつの間にか値上がりし、今は安いときで168円、通常で178円です。

新聞によれば、大手製パンメーカーさんが「食パンは1斤200円もあり得る」というようなことをおっしゃっているようです。ここ半年ほどで50円の値上げweep

我が家は朝パン食です。ホットケーキやシリアルの日もあるので、だいたい、食パンは1週間に6枚入りのを4斤。1週間で200円、1ヶ月で800円の値上がりかァ。たかが800円、されど800円。

この分だと我が家で人気のミスター○ーナツも、また一回り小さくなってしまうのかな。ケーキなんかも値上がりするのだろう。最近、外食するとスパゲティが妙に高く感じるが、さらに値上がりするのかな。

日本の食糧事情を考えると、この先どうなるのやら。。。我が家の狭いベランダで、プチトマトでも作ってみようか、などと考える今日この頃でございます。

せめて給料が上がってくれたらなあ。gawk

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

働く母 女の子お弁当って。。 

お弁当。本当に大変。毎日毎日。同じものというわけにもいかないし。。。

うちは女の子なので、量はそれほど必要ない。よく聞くじゃない? 男の子のお弁当はとにかくご飯がどーんとあって、おかずはお肉とかがどーんとあって。。朝からトンカツを揚げるとか。そういうお弁当は必要ない。

この春から高校生の長女。中学3年間はお弁当、がんばって毎日作りました。量は必要ないけれど、入れるものに悩みました。

まず、お弁当の傾向ですが。

白いご飯を入れると残してくる。が、オムライスやチャーハン、カツ丼のようなご飯メインのご飯だと全部食べてくる。

ブロッコリー・プチトマトというお弁当の3種の神器ともいうべき緑と赤の素材が使えない。

野菜を出来るだけ食べさせたいが、煮物ばかりで茶色くしたくない。

そこで、ある週のメニューを思い出してみました。

月曜日。白いご飯(3分の2くらい残す)。赤いミニトマト(残してくる)。お総菜の残りのコロッケ、卵焼き、水菜ともやしとベーコンの炒め物

火曜日。お総菜のヒレカツをカツ丼にする。別の容器にキュウリとレタスのサラダを付ける。ゆで卵付き

水曜日。残った冷や飯でオムライスを作る。トップバリュのミートボールを温めて入れる。ミニトマトを入れる(残してくる)。冷凍のミニグラタンとキャンディチーズをいれる。

木曜日。夕べの残りの天ぷらを天丼にする。もやしとコーンとハム、卵を炒めて入れる。冷凍のミニグラタンを入れる。ゆでたブロッコリーを入れる(残してくる)

金曜日。残った冷や飯でチャーハンを作る。冷凍のハンバーグ、にんじん、タマネギをトマトケチャップ・ソース・ワインと一緒に煮込み、冷凍のたらこスパゲティを入れる。ゆで卵半分。

土曜日。部活。「今日はお弁当やすませてー」と、パンを買うようにお金を渡す。300円。

あらら、自分で作ったものだけの日って、無いのねえ。毎日、どこかに、冷凍食品かお総菜かお弁当用品が。。。朝から唐揚げ、とかはほとんどあり得ないなあ(気が向いて、朝から揚げ物をするという日がないわけではありませんが)。それに、こうして書いてみると、野菜が少ないねえ。サラダを別に持たせないといけないかしら。。。

でも、これを10分足らずの間にぱっと作るので、やはり1品は、チンするだけ、ゆでるだけ、すでに出来ているものの再利用、になってしまうのです。。。coldsweats01

他のお母様達はどんなお弁当を作っているのかしら。彩りよい、手の込んだ、きれいなおいしいお弁当?あるときMIに聞いてみる。

「こんな、冷食ばっかり使っている人、少ないのかな」

「そんなことないよ。冷食だけってコもいるよ」

「そうかあ。」

「あと、おかずの取りかえっこも、よくやってるよ」

shockそ、それは聞いていなかったよ。。。

幼稚園の時にはなかったな。恐怖の「お弁当のおかずの交換」。女の子たちはみなさんの家庭の味を楽しんでいるのでございます。。。。

あまり変なものを入れないようにしなくちゃ。。。プレッシャーが強まるワタシでした。riceball

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもと見る映画って?

sunワタシは映画が好きである。好き、といっても、アート系の映画はつらいので、誰もが見て楽しいような、いわゆる興業型の映画が好き。

それで、学生時代は月2回、結婚前も月1回は映画館に通っていた。

が、結婚後、それがぷっつり切れた。子どもが生まれて、ますます行けなくなった。crying

さて、みなさんは、子どもと一緒に初めてみた(あるいは、これから見る)映画、何ですか?。ポケモン?動物の森?ドラえもん?

わたしは、MIが幼稚園年少さんのころ、どう~しても、家の小さい画面ではなく、大きな迫力のある画面で、大音量での映画を見たくなっていた。そんなときに、やっていたのが『インディペンデンスデイ』ウィル・スミスが主役の、アメリカ万歳、的な宇宙人が攻めてくる映画。あれをCMでみていて、ワタシの眠っていた『映画が見たい』魂が、復活してしまった。

『ああいう映画は、やっぱり、映画館で見なくちゃ。大音量、大画面で。ビデオで見たんじゃつまんない。絶対みたい。MIをおいて、一人でも行く』

と、夫に言ったところ、

「じゃあ、みんなで行こうか」

ということになり、MIはいきなり字幕付きの映画デビュー。

どーん、バーン。ががが!という大音量と、突然現れる宇宙人のアップに、MIはおびえていた。が、私は大満足だった。その後、調子に乗って、ツイスターという竜巻の映画まで連れて行った。ハリーポッターやSTAR WARSなども。MIは私の影響で洋画が好きになってしまった。今では、SAWだのスゥイニートッドなど、ちょっと危ない映画が好きになってしまった。私のせい?(もちろん、MIとはその後、おきまりのポケモンや、ドラえもんにも行ってます。)

そしてすぐにYUがうまれ、またまた映画館から遠ざかる日々。そしてまた、大音量、大画面が私を呼んでいた。

育休中のある日、公園ママと『映画みたいねえ』『そうだねえ、でもYUがいるし』『平日だし、すいているから映画館には入れるんじゃないの?』『でもベビーカーどうしようか』『大丈夫よ。行こうよ』というような会話。そして映画館へ。普通は乳児はもちろん入れないみたいだけれど、潰れる間際の映画館にとっては、私は良いお客だった。

そして見た映画。ブルースウィルスとミラ・ジョボビッチが出ている宇宙人が攻めてくるやつ。(そんなのばっかり見ているのね)。YUはなにも言わず、泣きもせず、目をぱちくりさせていた。その後YUといった映画は、やっぱりポケモン。動物の森、クレヨンしんちゃん。ハリーポッターやナイトミュージアム、パイレーツオブカリビアン。でも、YUは映画館での映画が好きではない。もしかしてトラウマ?ごめんね、YU。みなさんも、映画館に赤ちゃんを連れて行く時は、見る映画を選びましょう(赤ちゃんは連れて行かない方がいいデス)。confident

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人材派遣の登録者

今朝の日経新聞から。派遣労働者の現状について

派遣労働者として求職している人は一人あたり3社前後の人材会社に掛け持ち登録し、首都圏では5社前後に登録する人もいるという。結婚や出産などで退社した女性が登録することが多い。

総務省のまとめによると、2007年に人材会社と契約している派遣労働者は133万人で、女性がこのうち80万人(60%)。年齢別では25歳から34歳が52万人

派遣労働者にしめる男性の比率が増えている。2002年には19%だった男性派遣労働者の比率が、2007年度には40%になった。

45歳以上の派遣労働者も2007年には23%に拡大したそう。子育て後の女性を派遣スタッフとして雇用する人材会社が増えたことを反映した。

厚生労働省の2005年度の調査では、派遣労働者の平均年収は292万円。全労働者の平均437万円より32%少ない。これについては「職務が短時間や短期の人材も含まれるため」と日本人材派遣協会が説明しているそうだ。

ワタシの周りには、人材派遣会社に登録しているママ友は少ない。派遣は「若い子」しか登録できない、と思っているママもいる。「若い子」どころか、男性も結構いるんですね。派遣登録への一歩を踏み出せないママもいるけれど、一方で、45歳以上の登録者も増えているようですね。これからは、小学生や中学生のママ達が、派遣社員として活躍する日が来るのかもしれません。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ママ友、いますか?

働く母は、学校に来ることが少ない。フルタイム、電車通勤だったりすると、近所のスーパーや道ですれ違うママが、同じクラスのママかどうかわからない。授業参観では、仲の良いまま同士、参観後の談話に花が咲くが、何となく入りづらい。

そういう経験、ありません?

別に、だからどうしたということもないし、他人との関わりは煩わしい、というママも多いので、無理して友達を作る必要はないだろう。ワタシもどっちかというと、忙しいので、ママたちのペースに合わせられないので、基本的には一匹狼型。人は人、ワタシはワタシ。でも、ママ友がいると助かるという場面もたくさんある。

それでは、ママ友の輪はどうやって作ればよいのでしょうか。

MIの時。パターン1

同じ幼稚園の子もいなくて、みんなはじめて見る顔。MIは外向的な子だったので、どんどん友達を作り、遊びに行ったり、つれてきたりした。ワタシは夜、「今日、○○ちゃんのうちに行った」とかいう報告を聞いて、その子のママに電話する。

「今日はMIが遊んでもらって、どうもありがとうございました。御迷惑じゃありませんでした。。。?もし良かったら、ワタシは家にいませんが、おばあちゃんがいるので、うちにもお出かけ下さいね」

とかなんとか。そうして、その子のママを参観日で見つけて御挨拶。この間はどうも~、みたいな。それから何となく、電話したり道で会えば話をしたり。。

パターン2 いずれ引き受けなければならない役員なので、積極的にやって、学校のことを知る。そんな目的もあって役員をやる。ここで一緒にご飯を食べたり、飲み会に行ったりして親しくなる。これはよかったね。役員活動は色々面倒だったけれど、ある意味、仕事以外の世界が広がるというか。ワタシにとってはまあ、プラスの活動でした。ママ友も増えました。

パターン3 参観日や運動会など学校行事の時に、やっぱり何となく輪に入っていないようなママと世間話をする。女の子のママだったりすると意気投合し、次回から話しやすくなる。

まあ、大体こんなパターンだったかな。MIのときは結構まめに学校に行き、ママ友を作ったが、YUの時は、面倒になってしまったので、お姉ちゃんの時の知り合いママでYUの同級生でもあるママを中心にお友達してもらっている。

ちなみに中学のお母様方は「ちょっとワタシとは違うかな」、という感じがした。何回か一緒に食事とかもしたが、「中学はもういいだろう」という結論に達し、特に親しいつきあいはしないことにした。私立中学だから地元の方でもないので、近所で会うこともない。。わざわざ出かけていって会うこともない。学校のことはMIに直接聞くが、思春期特有の反抗期。いつでも会話がスムーズなわけでもないので、本当は、だれかママ友と悩みを分かち合いたいところだ。これについては、15年来の公園仲間がいるので、そちらで対応している。

さて、ママ友を作ると働く母にとってのメリットは?

①電話やメールで学校についてのわからないことが相談できる。特にYUは、先生が言ったことを正確に伝えられない子だった。そこで毎日のように、連絡帳に書いてある内容を、もう一度ママ友に確認していた。「今日の宿題何だった?」「あのお手紙はどんな意味なの?」「明日持っていくものなんだけどさぁ」等々。

②何かの時にいろいろ頼める。ちょっと預かって欲しい、一緒に昼食を食べさせてもらえる、一緒に映画に連れて行ってもらえる、、、本当にありがとうhappy02。ただし、これはもちろん、頼りっぱなしではいけないので、こちらでも一日預かったり、遊びに連れて行ったり、まあ、持ちつ持たれつです。 

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

N研か Wアカか Eゼミか

小学校4年生も終わりになると、そろそろ受験の話が聞こえてくる。

私立受験に対応する塾は、だいたい、2月が新年度始まりだ。

この間の参観日、たまたま同じ塾に行っている子のママとお話しをする。

「やっぱり塾はN研がいいのかしらねえ」

N研。今や受験最大手といっていいのかな? うちはN研ではないが、噂は聞こえてくる。テストがあって、その結果に基づいて席順が決まるらしい。上位校を目指す子供はNかSがよい。なんて。

そういえば、MIの受験の時、Nのバッグを背負った子が駅からぞろぞろたーっくさんいて、圧倒されたなあ。塾の先生方もNの先生はひときわ目立つ。受験校の校門の前にずらーっと並んで威圧感たっぷり(に感じたヨ)。それで、MIの中学でも、N研出身者が一番多いようだ。たまにサピやWがあって、Eゼミは少数だ。

それでも、我が家では塾に送っていく人間がいないので、自分で行けるところが絶対条件だ。なので、NもSもWも車でないと行けないので、消去法で。。。(そもそも入塾試験、突破できないだろうなぁ)

それで、塾はどうかって? そりゃあもう、月謝は高いし、宿題は多いし、時間は長いし、大変ですよ。YUなんかはたぶん、N研ではとっても相手にされないと思うので、うちは今のところがYUにぴったり。最適だと思っています。が、最終的には塾任せには出来ないんだよね。

shine最後のフォローはやはり家庭で。

これは、お姉ちゃんの時の我が家の教訓です。皆さんも参考にして下さい。はい。scissors

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PTA役員 その3 働く母の場合

PTA役員、働くママも必ず引き受けなければならない。

お姉ちゃんの時は何の因果か2回もやってしまったよ。

YUの時は今年受けました。学年部

学年部の仕事は、PTAの交流会、運動会のPTA競技企画、それからバザーの手伝い。まあ、イベントやさんです。集まりも月1回でイベント終了後はしばらくお休み。季節労働者のようでした。

部長さんが大変熱心な方で、色々やっていただいてしまいました。ワタシも今回は初めて学校の近くに勤務していたので、ほぼ全回出席しました。が、一番大事な交流イベントの当日のみ、自分の仕事の一大イベントが重なってしまって、申し訳ない、ということになってしまいました。それでも、まあ、みなさん何らかのお仕事をしているため遅れてきたり、お休みしたり、それぞれの事情で、全部出席していたのは半分くらいの方だったでしょうか?

お姉ちゃんの時より、ずっと、働いている人が増えているような気がします。役員決めは年々大変になっていくし、PTA競技への参加者を決めるための懇談会には、クラスの半数以下の人しか出席してくれなくて、決めるのが大変でしたーcrying

なにが大変かというと、普段学校に行かないワタシは顔と名前の一致するママが少ない、ということです。何か決めるときに味方になってくれるママはお姉ちゃんの時からの知り合い数名くらい。下の子の代のママ達は、知っている人は知っているけれど、全くつきあいのない人も多くて、、coldsweats01 上の子のときは学校との連絡も密にしていましたが、下の子では、あっさりしてしまいました。おかげで、現在、小学校の様子はよく分からないのです。

役員同士のつきあいも、あっさりしましたねえ。MIの時は、2回ともその後のつきあいが続き、今でも飲み会なんかやってます。お友達作りにはとても良かったな。

でも、ワタシの周りにはそういうママ達が多いのです。1人目は友達作りも一生懸命やったけど、下の子はまあ、いいやって。

みなさんはどうなんでしょうねえ?

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

託児付きのセミナー。。。?

いつかは働きたいママたちのためのセミナーを開催しようという企画がある。

数年間のブランクを埋めるための講座や、パソコンにさわってみよう等々、これから2足のワラジを履いていくかもしれないママたちに必要と思われる内容で。

ワタシのような小学生以上のお子ちゃまを持つママは、午前中に来て午後にはおうちに帰って子供の帰りを待つ。まあ、幼稚園生のママたちも大丈夫だろう。問題は、幼稚園未満の、ちいさ~い、まだまだ心配なお子ちゃまたちを持つママ。そんなママたちのために、託児サービスをつけようというもの。flair

まあ、どこでもそのくらいの配慮はしているが、さて、と、自分に置き換えて考えてみる。

MIが1歳の頃、近所のデパートではベビーレストランとかが流行りだし、お買い物中のママたちのための一時預かりというサービスをやっていた。1時間数百円だったな。ポケベルを渡され、「あまりに泣くようでしたらお迎えに来て下さい」というものだった。

子供を連れたままゆっくり買い物をするのは大変だから、このサービスにすぐに飛びつき、利用する。MIは保育園児ではなかったので、全くの他人に預けたことはなかった。ワタシ自身は、他人に預けることに全く抵抗はなかったけど。

預けるときに、大泣きはしなかったものの、ぐずっていた。そして身軽に買い物をするワタシ、、、のはずだった。5分もしないうちにポケベルが。。。bell 買い物は出来なかったヨ。

次の時には、眠っているMIをそーっと預け、身軽に買い物をするワタシ、、、のはずだった。30分もしないうちにポケベルが。。。。bell買い物は出来なかったヨ。

こんな経験から、はたして、保育園に行っているわけでもない赤ちゃん。ママを離れて大丈夫なのかしら。

「そうやってきている人もたくさんいるのよ」

と、実際にセミナーを主催している先生がいう。

そうやって、子供が泣いても誰かに預けてセミナーに参加するママもいるだろう。

でも、泣かれてまで参加したくないというママも多いような気がする。

参加していたけれど、赤ちゃんは途中で大泣きしてしまい、帰るときには泣き寝入りしているかもしれない。

それとも、はじめてなのにお友達が出来て、にこにこ、楽しい一日になるかもしれない。

まあ、やってみないとわからないのですが。例えばこのセミナー、パパと一緒に参加し、パパは子供と遊んでいて、その間にママがセミナーに参加する、そんな形でもなればもっといいのかもしれないね。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PTA役員 その2 働く母の場合

さて、PTA役員2度目は交通部。これは、主に、子どもの通学班に関すること、(旗振り当番や見守り関係)、交通安全母の会の集金、月に1回の廃品回収、それからバザーの開催だ。

集まる回数は広報部に比べれば楽勝の月1回。仕事も広報のような締め切りもなく、決まった仕事なので、楽勝。。。のはずだったが、くじ引きでくじ運の良いワタシは副部長になってしまったんだねえ。

交通部は通学班単位に区があり、その区をいくつかまとめたブロックが作られ、ブロック長をとりまとめるのが副部長だった。そして、交通部は、廃品回収関係でのママ達からの問い合わせや苦情が多かった。この廃品回収は、市のゴミ収集とは別のルールで、別の方法で行うものである。それぞれの区ごとにやり方が違っていた。

ワタシに聞かれても困るなあというような問い合わせ。ゴミを出すときのルール、ゴミの置き場を変更できないか、等々。いきなり知らないママから苦情の電話がかかってくることもあった。「うーん。とりあえず、部長に相談して、回答します。」区ごとのルールが分からないのでとりあえずそのように回答し、部長に電話をしてその回答をまたママに電話する。気を遣う仕事だったなあ。いろいろ苦情を言う方も多いんだなあと思った。

それから通学班ね。これは、新年度になるときに班長が変わる。ワタシの区では二つの班があり、一つは2人しかいない。また、もう一つの班では越境して歩いてくる子どもがいる。そこで提案した。

2人しかいない班を無くして、ワタシの班に合体しよう。越境して歩いてくる子どもさんは、一番近いところを歩く班の方に入れてもらおう。

当たり前の発想だと思った。2人の通学班なんて、1人が休んだら通学班の意味がないではないか。また、近くに別の班があるのに、わざわざそれを飛び越えて、こちらの班に来るのも、そこまでの距離は一人で来なければならないのだ。別の班が、あとから新たに出来たときに、その子のことは誰も考えなかったらしい。

でも、何人かからは反対された。そんなこと勝手にしていいのかって。だって、自分たちで決める事じゃないの。誰が決めるの。学校が決めるんじゃないのよ。交通部が決めるのよ、通学班。まあ、結局2人の子はこちらの班に入り、越境の子は別の班に移っていった。効率性、合理性、のような仕事のルールとは違う動きをしているんだなあと勉強になった1年でした。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

PTA役員 広報部 働く母の場合

私の役員歴

幼稚園の時。仕事をしている人は免除してくれたので、「お手伝い要員」として、お遊戯会の当日手伝い、など、休日一日限りの応援のみですんだ。

小学生はそうはいかない。

小学生になると、みなさん、パート社員や派遣社員となり、本当の専業主婦がぐーっと少なくなる。そこで、フルタイム、パートタイムに関係なく、役員は子ども1人に月1回以上やらなくては行けない。ワタシはMIの時2回、YUで1回(今回です)やった。

なぜかやらなくて良いママがいるのが不思議だったが、文句を言ってもいいこともないので、自分の役割だけこなしたよ。

さて、働く母が役員になる場合、まず、出来ればあまり集まりのない、または負担の少ないものがよい。それから、職場の理解を得ておくことが必要だ。それに、長く勤めていると、今年は役員を引き受け時だな。と思うような仕事が分かるものだ。そういうときに、前の年から何となく予告しておく。

「そろそろ役員を引き受けなくてはなので、来年あたり、やろうかと思って。平日に集まりがあるから、何回かお休みをいただくことになりますが、よろしくお願いします」

上司と、同僚と、隣の係の人にも宣言しておく。

さて、ワタシですが、1回目。なんと、くじで、うちの学校では一番大変といわれるshine広報になってしまった。これは、毎週集まりがある、年4回発行する、それからPTAの広報コンクールで賞を取る(前年度金賞を受賞していた)という使命があった。

いやー、こまったよ。毎週は休めない。いくら何でも、毎週はないだろう。と思って、初会合。部長決めはすぐ終わった。広報3年目の方が引き続き部長をやってくださった。副部長も広報2年目の方だった。この部長さん、広報誌に萌えていた燃えていた。しかも、とある会社に勤続15年以上のベテラン正社員さんだった。

と、いうことで、「働いているから休みます」は許されない広報部だった。しかも、な座かこのときの広報部は、専業主婦が1人くらいしかいなかった。

そうは言っても、部長さん本人も毎週出るわけにもいかないようだったので、「部会制」を取ることとし、企画案と最終構成だけは出来るだけ全員で、あとはページごとに担当部会で受け持つことになった。

さて、みんな働く主婦の私たち。うーん。いつ集まろうか。そうだねえ。夜しかないかなあ。

誰ともなくそんなことになり、我がグループは仕事を終えて7時頃集まり、すかいらーくなどのファミレスに集い、夕食も取りながら広報誌を作ったのでした。

大変だったけど、それなりに楽しかったよ。ママ友達も出来たし。学校の情報を全然知らないワタシには学校の勉強になりました。

時には取材をしたり、(これはどうしても抜けられなくて参加できなかった。)先生とのやりとりがあったり。仕事も忙しかったけれど、アフターファイブもとても忙しかった。当時YUはまだ3歳。昼間の部会には当然連れて行きましたよ。夜の方はおばあちゃんにお願いしてました。

そんな中でも欠席率の高いワタシだったので、別のところで頑張りました。ハイ。パソコンで原稿を作る。イラストを描く。校正をする。等々。部長さんも熱心な方で、夜10時頃うちに来て校正を依頼されたりもしましたねえ。

そうして苦労して作った広報誌。見事金賞をいただきました。

打ち上げ、楽しかったですねーbeer 今となってはよい思い出です。

さて、次回は2回目の役員についてお話ししましょう。

TO BE CONTINUED

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事の前にへんし~ん!

出勤前の大切なお仕事の一つに、変身がある。

朝、起きて、布団の中で「あ~、今日も仕事かぁ」gawkと、どんよりした気分になる。はつらつと、「よし、やるぞぉ」とでも言えればよいのだけれど、(お仕事したくても出来ないみなさんには申し訳ないけど)これから始まる一日を考えるとう~っとなる。

そんな気分を切り替える一番の手段は「へんし~ん」だ。 ぼさぼさ髪をなおし、メイクをして、着替えて、お仕事モードにするのだ。この切り替えがなかったらワタシは仕事の気分にはなれないのです。

このメークも、若い頃に比べて、顔が厚くなった。顔の皮が厚くなったのではなく、メークが濃くなった、ということです。一時期、子どもが小さい頃は、あまり自分にかまう時間もなかった。パパッと化粧をし、ササっと出かけていた。が、40も近くなろうとしていたある日、何かの拍子に凹面鏡を見てしまって、・・・がーん・・・・coldsweats02。この鏡に映った、老けたおばさんは誰?もうちょっと、身だしなみに気を遣おうではないか。最近は、おばあちゃんになってもキレイに、というではないか。

と、いうことで、年を重ねるたびに使用するグッズが増えた。このあいだなんか、自分へのご褒美、ということで、新聞広告にどーんと出ていたおシャネルの高級クリームを買ってみた。(効果はよく分からない。何を使っても、モトがモトだから変化がないのかもしれない。でも、悔しいから、人には「いいよぉ」と言ってみる。)

たまには、MIの雑誌なんかも参考にする。とは言っても、若いコのメークをおばさんがすると、(似合う人もいるのかもしれないけれど)ちょっと、いえ、かなりひくgawk。 ムスメに「きも」だの「いたいからやめれば」だの言われて、けんかになる。(親に向かってなんてこというんだ)。若いコの雑誌って、1ページび~っしり、写真と細かい字で埋め尽くされている。見ているだけでくらくらするヨ。

まあ、どんなに化粧しても「あなた誰?」といわれるほどの変身は出来ないので、まあ、そこそこに普通に、身だしなみを整えるわけですが、この気分の切り替えがやっぱり大事。身支度を整えたワタシは「母」から「ワーキングウーマン」に変身するのでした。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

働く30代ママ ~M字曲線の向こう側~

paper平成18年度の国民生活白書では、総務省の「就業構造基本調査」のデータに基づいたM字曲線が載っている。

「Mji.doc」をダウンロード

M字曲線。国民生活白書の説明は次のとおり。

年齢層別に見た我が国の女性の労働力率は、20代半ばと50代前後という二つのピークを持ついわゆる「M字カーブ」を描くことが知られている。これは、出産・育児を機にいったん離職・非労働力化し、その後育児が終わってから再び働き出す女性が多いことを反映しており、我が国における継続就業の難しさを示している。

ファイルを御覧いただくと、1987年には30~34歳の女性の労働力率が57.1%なのに対し、2002年の調査では、65.6%になっている。この15年間で、同年代での労働力率は8.5ポイントアップしている。これについて、皆さんはどう考えます?flair

国民生活白書の更なる細かい分析によれば、結局は、女性が結婚や出産を機に退職せず継続して就職する人が増えたというより、晩婚化や晩産化による独身者・子供のいない女性の割合が増えたために、M字の底があがったということらしい。

そして身近な例を考える。確かに、晩婚化・晩産化が進んでいる。今時の働く女性は、30代で結婚し、30代後半になって第1子を産む、という例を見聞きする。ワタシが第1子を産む頃は35歳はマルコウなんていわれて、高齢出産につき危険が伴う、といわれたものだけれど。

ワタシのまわりでは、40歳を過ぎて結婚した友人が2人いるし、40を過ぎて第1子を産んだ友達も3人ほど知っている。みんな、結婚してもやめず、出産してもやめず、それぞれ働いている。子供を産む・産まない、それぞれの選択肢だ(産みたいけれど残念ながら授からない。。。という人もいる)。ふと思い出す。私が結婚した頃、職場のある人から、「子供は最低3人は産まなきゃ駄目だ」、くらいのことをいわれたこともあるっけ。(余計なお世話だ。このオヤジ、と思った。これは今でいうならセクハラかbearing

だから、確かに、M字曲線、表面上はあがっているのだけれど、30代の子育て期にある女性が、辞めずに働き続けられるようになった、と喜んでいられる状況ではないのかもしれない。何にしても、保育園が不足しているようだし。子育てにお金もかかるし。

それでも、10年前より、ずーっと働きやすくなっていると思う。けれども、若いママたち、それぞれ10年前にはなかった悩みも多いんだよね。これから先15年後、このM字曲線、形を変える日が来るのでしょうか。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パート、契約社員の正社員化

今朝の毎日新聞で見つけました。

「LOFT」では、パートや契約社員約2350人を16日から正社員にするということ。勤務時間の長短に関わりなく正社員に登用する。(短時間でも正社員ということデスね)。この措置で、総人件費が1割程度増加する見通し。パート社員らの意欲の向上や職場の人材定着を狙ったもの。

最近、こうした動きを新聞で多く見かけるようになった。ロフトの例では、短時間で正社員にというところが特徴だそうだ。確かに、現在の正社員と同じ働き方での正社員化では、賃金が上がったとしても、短時間労働の必要のある小さい子のいるママたちにはデメリットもある。だから、勤務形態も選べるようにいなると、働きやすくなるのかもしれない。

昨日、パートで病院事務に従事している姉と電話で話をした。姉は、現在の病院に再就職して5年目。もちろん医療事務ははじめてなので、最初はパソコンにとまどっていた。5年目の現在、パート頭となり、病院からは正社員への打診がある。

ワタシ「なんで正社員にならないの?」

姉「正社員になると、時間が長くなっちゃうんだよ。パートだと、昼休みに一度家に帰ることが出来て、3時までに帰ってくればいいんだけど、正社員は昼休みに帰れないんだよねえ。仕事は同じなんだけどねえ」

昨日も月末月初の繁忙期のために病院へ勤務していた姉である。実家の隣に住んでいるとはいえ、高齢の病弱の両親にはあれこれ頼めない。よって、時間外がない、時間に自由がきく、家から近い、ということは仕事をする上での最大の条件だそう。そうはいっても、ベテランになったため、年々、仕事の責任が重くなり、仕事量も増えている。給料は変わらない。かといって、正社員にはなりたくない。小さい病院だから、パートでも何でもやらなければならないのに、正社員になったら今以上に負担が重くなる。。。。

そんな話をしながら

姉「もっといいところに転職したいなあ」

この春姪っ子は中学生になる。そろそろ条件の良い正社員への道を模索している姉である。が、もうすぐ齢50を迎えるので、なかなか転職は厳しそうだね。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の時間は作るもの!

ハイ、今日も家族の冷たい視線を後目に、行って来ました。エアロビ。これがないとダメなんです。もう6年目だし、生活の一部です。

子どもが生まれて15年。それはそれは長く感じる年月でした。ここまで来るのに。本当に10年前の私はかわいそうだったなあ。飲み会にも行かず、ショッピングにも行かず(ウソ)、いえ、夜の外出は自粛していました。夫の両親の目もあるし(同居で~す)ね。

我が家では、母親が夜に外出するなんて、とんでもなーい、という風潮がありました。もちろん、残業は仕方がないので、黙認でしたが、自分のための用事で外出するのは大変でした。3ヶ月くらい前から予告し、近くなってから予告し、当日を迎える。当日なぜか子どもの具合が悪くなったりする。小さいときは特に。どうしてでしょう。このタイミングの悪さ!!せっかく予定を作っても行けない日々が続きました。

それが、小学校のPTAの行事、つまり、役員を引き受けた頃から、夜のつきあいが多くなりました。つきあい、といっても、最初は学校広報誌の打ち合わせから。働く母が多かったので、夜に打ち合わせをすることが多かったのです。それから飲み会が始まり、そのうちにエアロビが始まり、そして宝塚やコンサートなどが入るようになりました。少しずつ、少~しずつです。

今、お子さんが小さくて外出が難しい方も、子どもはいつかは大きくなります。もう少しの辛抱です。それから、思い切って「え~い!」と外へ出てしまうのもいいと思います。待っていても、誰もママの時間のことなんか考えてくれないのです。ママは家にいて当たり前。子どもの面倒を見て当たり前。夫の面倒を見て当たり前。家事をして当たり前。みんなそう思っているのです。だからこそ、自分の時間は自分で作る。そうして、息抜きの時間を作って、自分も夫も子どももみんなニコニコ。これが明るい家族の秘訣、、、ということになっています。私の場合は。です。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国語が苦手なYUですが

YUは国語が苦手。感性で生きているタイプなので、考えること、表現すること、読むこと、そういうものが苦手。小さいときから伝えたいことが上手く伝わらない子だった。言葉で表現できないので、絵に描いて持ってきたものだ(描いた絵はなんだかよく分かった)。ちょっと考えさせていると

「頭が痛い~!」

と、頭を抱えてしまう子だった。本当に頭痛がしてしまうようだった。

先日、塾の国語の先生から

「もっとおうちで勉強させてください。文章を読ませてください」

と、言われてしまった。それで、今日は、午前中からパパの猛特訓が始まっている。本人のモチベーションはめちゃくちゃ低いだろう。困ったものだ。

中学受験。元々出来る子はいいけれど、YUみたいな子には試練だ。MIだって最後の追い込み時はワタシも仕事を休んだ。大変だったよ。

MIの時の中学受験の国語の問題を思い出す。お姉ちゃんは国語だけが大得意だったので、あえて記述式の多い学校を選び、国語で勝負させた。MIは本当に本好きだったし、低学年の頃から物語を創作し、小学校の頃の夢は「作家」だった。まあ、結果が出たから良かったけれど、国語は基本だ。特に女の子は国語が得意なので、国語が出来るのが当たり前で、算数で勝負できればもっと良い。YUみたいに、国語は苦手、算数は嫌いじゃないけど得意というところまではいかない。理科、社会のような暗記物も好きではない。こんな状況での受験。果たしてどうなる?

MIのときだが、受験校の過去問をみてクラクラしてしまったものだ。こんな量の問題をやるの?読むだけで終わっちゃうよ。。。こういうのも、きっと塾などで鍛えて、速読が出来るようになる子が合格するのだろう。とにかく、中学受験はある意味「ワザ」だと思う。あと、本人のやる気と、親の努力ね。何度も言うけれど。

とりあえず、続けることからかなあ。息切れしないように、時には飴も与えつつ、本人の「やる気」を継続させることが大事。パパ、あまり無理強いすると「もうやめた」になっちゃうから、そこそこにね。YU、がんばれ。あと2年だ。先は長いよ。pen

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当にあった怖い話?

4年生のYUはお化けの話が大好きだ。でも、テレビや映画は絶対に見ない。見たいけれど見ない。この年齢の女の子達は、お化け話が大好き。遊びに来ると、わざわざ部屋を暗くして、「地獄少女」だの「学校の怪談」だののアニメを鑑賞し、インターネットのホラーサイトをきゃーきゃー言いながら見ている。(実際は、指の間からそーっと、しかもミュートにして、のぞいている程度だが)coldsweats01

ワタシのパソコンは一応フィルタリングしてあるので、そんなにすごい映像は見られないけれど、小学生達には雰囲気が怖いのだろう。そんな夜は、普段一緒に寝ないYUが布団に潜り込んでくる。まあ、ワタシもそうだったなあ。怖いけど見たい、見たいけど怖い。

そんなYUに本当にあった話。ear

YU3歳くらいのころ。夜、寝かしつけをしていると、天井の1点を見つめ、ニコニコしている。

「どうしたの?」

「おばちゃん、笑ってるね」

「おばちゃん」て、だれ?? でも、笑っているんじゃ、怖い顔しているわけではなさそうだ。誰だか知らない「おばちゃん」に、ほほえむYU ワタシはどうしたらよいの?

「そうか、笑ってるねえ」

とりあえずそういって、

「もう遅いから寝ようね」

小さいYUには何か見えていたのかも。別に熱もない、普通の日常のある日の風景だ。これはそのとき限りのことだけど。そんなことがあったのも覚えていないYU。今日はワタシとMIでみていた「怖い映像」特集を扉のかげから耳をふさいだままのぞいている。そんな怖いならあっち行ってなさーい。

ちなみにMIとワタシは怖い映像大好きだけれど、批判が多い。

「ありえなーい」「これは合成」「作り物にしか見えないよ」

とかいいながら、実は結構おびえていたりする。うん、子ども達がお化け好きなのはワタシの影響なのね。反省。m(_ _)m

 

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食品値上げに苦しむ

最近、本当に食品が高くなったと思いません?

今朝の日経新聞を読んで、、、

イオンが今日からトップバリュ商品の一部を値上げするそうだ。マヨネーズ、キャノーラ油、など。さっき、マックスバリュに行って来たけれど、トップバリュ商品を買わなかったから気付かなかった。値上げ幅は20円から30円くらい。3月以降に出荷価格が上がる主な家庭用の食品として、アサヒビール、ロッテアイスクリーム、マルハ練り製品、日新パスタ、ヱスビー香辛料、旭化成ラップ、など。ドトールコーヒーや宅配ピザ、モスバーガーなどもあがるようだ。値上げ幅は10%前後だろうか。

どうりで、さっき、マックスバリュに行ったときに、マルハの魚肉ソーセージが安売りしてたなあ。きっと、近く、値上がりするのだろう。

どの商品も、20円から30円程度の値上げなんだろうけれど、これが積み重なるから、1回の買い物で、200円や300円は今まで以上に支払っているのだ。じりじりと我が家の家計を脅かしている。

ただでさえ、ここのところ出費が多くて。教育費、かかるんです。テレビも調子が悪くて、そのうち壊れそう。家の補修にもかかりそう。車のタイヤも替えないと。自分のエアロビ、いよいよ切りつめなくてはならないかなあ。despair 

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

公園ママ 15年後。。。

ワタシには公園デビュー(とは今は言わないのかな)したときの友達がいる。みんな、それぞれ別の小中学校に進み、別の場所に住んでいる。初めてのママ友だ。今でも時々集まって飲み会をするbeer

専業主婦が一人。派遣主婦が一人。起業した子が一人。そしてワタシ。みんなそれぞれ生き方が違って面白い。

今回、派遣主婦のお友達が、ついに扶養をはずれてフルタイムになるそうだ。身分は派遣。自分の保険証を持ったのは結婚して以来初めてだと言っていた。彼女は子ども一人。この春から高校生になるお嬢さん。これから自分の人生、ゼロから出発しようと思う、なんて言っていた。彼女が派遣に登録したのは、お嬢さんが小学生に入ったときだった。はじめは近くの銀行系の仕事。今は都内で。県内と都内では、時給が200円違うそう。8時間勤務だと1600円、20日勤めると32000円月収が変わる。

それでも子どもが大きくなったから、こういう働き方に出来るんだって。家から1時間コース。ちょっと遠いけれど、時間外はない。時給はよい。子どもにも手がかからなくなる。これからも、予備校だ、受験だとお金がかかる。ようやく少し良い稼ぎ手になったわ、と彼女は笑っていた。

専業主婦のお友達は、お兄ちゃんが高校生。弟は今度6年生。お兄ちゃんは高校入試を終え、これからお金がかかる一方(野球少年だ。甲子園を目指している)。弟も野球少年。土日は練習、試合と、ある意味年中無休状態。とても仕事なんか出来ないわ。でもお金もっと欲しいのよねぇ、と彼女は言っていた。

起業家のお友達はデザイナー。やっぱりこの春高校生になるお嬢さん、小学校6年生になるご子息がいる。子ども達も夫もおいて、一人で海外へも(仕事で)出かけていく、手に職のあるキャリアウーマンだ。ただ、一人で全部やらなければならないので、めちゃくちゃ忙しいらしい。忙しいけれどテニスをやり、旅行に行き、充実していそう。

そしてワタシ。高校生になるムスメと小5になるムスメ。今日も飲み会で家にいなかった。帰ったら夫もいなかった。勉強していたのか、Wiiでもやっていたのか、まあ、たまに両親ともいないと羽が思い切り伸びるようだ、両親元気で留守がいい、そんな二人だ。

みんなそれぞれ毎日忙しく、忙しく動いている。会話もあわただしい。まあ、良くしゃべるしゃべる、しゃべる。子どもの話、受験の話、健康の話(これが増えた)。15年来のつきあいだ。これからもずっとこうやって、たまに飲み会して、そのうち旅行にでも行けるようになるといいな。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもの安全 小学校に思う

昨日だか、ワタシの住む県の小学校の女子を29日1時に殺す、という書き込みがネット上の掲示板だかにあったそうだ。昨日、友達と話をしていて、そのことを知った。その友達の小学校では、学校からお手紙が来て29日は親が通学班に付き添って帰ったそうだ。

が、私の住む市ではそんなお手紙はなかった(YUが忘れただけ?)なので、今日初めてそのことを知った。もちろん、多分、いたずらだと思うので、そんな大騒ぎしなくてもいいのだろうけれど、市によって対応が違うんだなあと思った。

29日は、YUが友達と遊ぶ約束をしていたっけ。大丈夫だったのかなと思い、

「今日、遊んだの?」

と、聞くと

「遊ばなかった」

理由を聞くと、先生が、今日は危ないので遊んではいけないと言ったとのことだった。YUは素直なので、それにしたがったということだ。ただ、理解力不足なのか、何で危ないのかは本人はよく分かっていなかった。きっと小さい子ならもっと分からないだろう。1時の予告なのに、1時をすぎて帰るときにそういうことを言うのも何なのかなあ、と思った。

働いていると、こういう連絡はなかなか入ってこない。噂かもしれないし、本当かもしれないし、自分で情報を得ないと本当のところは分からないものです。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »