« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

祝?? ラジオ出演

5月22日にオープンした女性の再就職のための施設の宣伝に、地元のラジオ局に生出演した。

パーソナリティのさわやかな声が、11時の時報とともにスタジオ内に響き渡る。軽快な音楽。そんななかできんちょーするワタシ。

「それでは、『ゆうまま』さん、どうぞshine

と、明るく紹介されるが、ワタシは「どうしよう~」状態だ。

『オープンして、いかがですか?』

のような質問から始まり、トークしながらの約10分間。

これが長~くかんじられました。でも、終わってしまうとあっというまでした。

何を言ったんだか、自分でもよくわからないまま、明るい語り口調の佐藤さんにつられて、ワタシもいつもより1オクターブ高い声で話していたような気がする。

もちろん、シナリオも何もない。

ほんと、終わったあとは汗をかいてしまいました。。。。

やっぱり、人前(とは言わないかもしれませんが)でしゃべるのは苦手です。

書くのは好きなんだけどね!!coldsweats01

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

怒りんぼママ

忙しい朝こそ、心に余裕を持って、にこやかに「いってらっしゃい」と、みんなを送り出したいモノだ。

が、どうしてうちの家族は、次から次へと怒りのネタを提供してくれるのでしょうか。

今日はYU。

朝からぼーっと、ディズニーチャンネルを見ている。脱ぎっぱなしのパジャマが散乱。こうして登校直前になってあわてて学校の用意をするので、昨日みたいなことになるのだ。

「Yu、パジャマを片付けて、早く学校の支度しなさいよ」

「大丈夫」

「今日は持っていくモノ大丈夫だね」

「うん」

ワタシはYUの部屋を片付け、戻ってくるとさっきの状況のままだ。

「YU!!!」

びくっとして、あわててパジャマを持って立ち去るYU。

何気なくおいてあったジュエリーケースを見ると、若い頃に買った思い出のイアリングが壊れているではないか。

「Yu、この箱いじっちゃダメって言ったじゃない」

「知らないよ」

「1個しかないけど、もう一個は?」

「お母さんの部屋にあるよ。」

(知らないのにどうしてそんなことを知っているのだ!!)

「持ってきて」

「壊れた方の部品は?」

「いじってない」

「じゃあどうして、もう一個がお母さんの部屋にあるのがわかったの?」

「壊してないよ。壊れてなかったもん」

annoyannoyannoy

「どうしてウソつくの!!!」(かなりとがった声である)

Yuの目にみるみる涙がたまっていくcrying

あ~あ、またやっちゃったよ・・・・

どうしてこう感情的に怒っちゃうんだろう。

Yuは、今日は朝から怒られて、泣き顔での登校だ。

後味の悪い「いってらっしゃい」をして、ワタシも自己嫌悪。

明日こそは笑顔でみんなを送り出したいなあ。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

急に言われても。。。

今朝、YUが

「お母さん、6Bの鉛筆と硬筆用の下敷きがない」

なにぃ~!!

今日の授業で使うって? 。。。。と、いわれたって、どうしろというんだ。

だから、そういうことは前の日にいいなさい」

「だって、おかあさんいないじゃん」

「じゃあ、メールでも何でもくれればよかったのにぃ。。。」

とにかく、今日は、もう仕方がない。忘れ物ということだ。

もちろん、もっと早くから、先生は予告していたのかもしれない

「今週の書写から硬筆の練習を始めます。みんな、6Bの鉛筆と下敷きを持ってくるんだよ」とかなんとか。

そして、Yuはその話を聞いていて忘れちゃったのか、聞いていなかったのかは定かではないが。とにかくしようがないよねえ。。。。

ワタシも硬筆のことなんかアタマにもなかったよ。

そうだ、来週からプールだわ。同じような過ちをしないように、今から水着をよーくちぇっくして、とれそうだった名札はおばあちゃんに付けてもらって。。。。

とにかく、学校の持ち物。言うまでもありませんが、前の日に用意するのは基本です。

あ~ァ、今年は忘れ物が多いかも。。。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

姉妹げんか ~高校生VS小学生~

YuとMiは5歳離れている。大きなけんかはしない、というか、Miが強すぎて相手にならない。

手を出すことはないのだが、口げんかである。

たとえばこんな風だ・・・

Yuが、泣いている。「どうしたの?」「お姉ちゃんが、お姉ちゃんが、ヒック、ヒック・・sweat02

「お姉ちゃんに何か言われたの?」

「携帯のアラームがうるさいって怒られた。。。(泣いている)crying

「お姉ちゃん、嫌い。お姉ちゃん、怖い。。。(泣いている)」

そこでMiに注意する。

「お姉ちゃん、アラームが鳴ってもあまりおこらないでよ。お姉ちゃんのラジオだってうるさいじゃん」

するとMiが

「だって、Yu、4時半にアラームセットするんだよ。しかも、机の上に置いてあってバイブもうるさいし、本人は起きないし。あたしが止めたんだよ。目が覚めちゃったよ。寝不足なのにannoy

どうやら、怒ったMiが、携帯を止めて、Yuの寝ているベッドの上に投げたらしい(これは推測)。

「Yu、4時半は早すぎるよね。6時でいいんじゃないの?」

「5時半にセットした。4時半じゃない。」

「5時半も早すぎ」

「でも、7時前におきるの、5時半だから。お姉ちゃんが投げた。(泣いている)」

????

なんだかもう支離滅裂。自分でも言っていることがわからなくなっている。。。。

あ~あ、どうしてこう、つまんないことでけんかするのかなあ。Miももう高校生なんだから、そんなにキツク言わなくてもいいのにね。

Yuはこのとおり、言いたいことが不明。したがって、お姉ちゃんの言い分を聞くことになる。あとからYuに確認し(確認しても状況はよくわからない)、なだめてようやく落ち着いた。

Yuも、もうちょっと説明が出来ないと、ワタシとしてはお姉ちゃんの言い分しかわからないので困るのだ。

姉妹げんか、いつまで続くのかなあ。もう少し大人になって、仲良くなるといいんだけどね。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

若い担任!!(家庭訪問)

先日、家庭訪問がありました。

4月の懇談会は忙しくて行けなかったので、先生と初めてご対面。

5時30分からのお約束だが、5時40分頃先生からお電話

「スミマセン、遅れちゃって。今、家の前です」

ピンポン押してくれればいいのに。面白い先生。

と、門のところで出迎える。第一印象

んまぁ、若い先生だこと!!

大学生のアルバイトかと思ったよ。ホント。

ヒロミチお兄さんが若くなったような、優しそうな先生だ。

年配の教師が多い中で、Yuはなぜか若い先生に当たることが多い。

若い先生だからやる気や元気があるか、というとそうでもないこともある。お母さん達のワガママ(?)を押さえられなくて困ったちゃんになってしまう先生もいた。

今年は、教師生活2年目のピチピチ(?)の先生だ。ここまで若い担任に当たるのは初めてだ。

「お母さん達、僕に不安があるかもしれませんが、何でも言ってください」

だって。カワイイですねえ。

大丈夫。今度の先生は去年と違ってハツラツタイプ。今年は、少しはYuのことも目にかけてやってもらえるかもね。

楽しいクラスになりそうな感じで安心しました。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

YU、勉強漬けの日

昨日はパパが朝からYUに付きっきりで特訓だ

よく続くね。二人とも。

で、ワタシも漢字問題の中から、Yuにきいてみる。

「1行。輸入。なんて読むの?」

「いっこう、わにゅう」

・・・・・。小学校五年生です。恥ずかしながら。。

和風ドレッシングを見て「和風って何?」

「?」

当然「洋風」もわからない

「陸上競技って知ってる?」

「?」

・・・・・。

これは、勉強以前の問題でしょうか。「生活体験」が少なすぎるのか、「読書習慣」が身に付いていないためか、とにかくボキャ貧なので、試験どころではない。

もう5年生? まだ5年生?

本人はのんきにテレビドラマ「パズル」を見て笑っている。

パパが、Yuのために良い辞書を買ってくると意気込んでいたけれど、辞書を引く習慣がないからなァ。

それでも、少しずつ、少しずつでもいろいろなことを覚えてくれると良いのだが。

「生活体験」抜きで物事を覚えるのは大変だ。イメージが出来ないからね。

小さいお子さまを持つお母様。まだまだ間に合います。お子さんに、いろいろな体験を積ませてあげましょう。(我が家はもう手遅れかなあ)

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

子どもを預けるって大変だ!!

先日イベントをやったとき。

小さなお子さんのいるママ達のために、託児を設定した。

20人近くのママさん達に利用してもらった。

で、ママさん達、託児は初めてと感じの方も多く、やっぱり、赤ちゃん達は泣いていました。coldsweats01

でも、子どもを預けて働くためには、「ママ、行かないで」コールを振り切ってお別れしなければならないのだ。永遠の別れじゃないから、すぐ会えるんだけど、愛娘(息子)に泣かれれば、そりゃーつらいでしょう。

プロの保育師さん達に引き取られた子ども達は、相変わらず泣いていたけれど、保育師さん達は手慣れたモノ。「大丈夫ですよっ~。行ってらっしゃい」

きっとママ達は後ろ髪を引かれる思いだったかもしれない。

これから、託児を設定したセミナーなども予定している。ママからのお問い合わせで「託児は初めてなんだけれど、大丈夫でしょうか」というのもある。

「大丈夫ですよ。泣いちゃう子もいますが、プロの保育士に任せておいてください。」

そうは言うモノの、幼稚園にはいるときだって、泣く子は泣くよね。うちのMIは全く平気だったが、YUは入園式の時はずーっと抱っこだった。集合写真で親に抱かれていたのはうちのYUともう一人だけだったな。

それだけ、子どもは不安だし、ママが大好きなのだ。

でもね、いつかは必ず慣れる日が来るのです。だから、「どうしよう」と迷っていたら、まずはやってみて欲しいな。それで、お子さんはけろっとしているかもしれないし、逆にママが心配で心配で仕方ないかもしれない。

そういう経験を積んで、どうしようか考えて、働くその日に備えて欲しいな。親も、子も、初めての経験かもしれないけれど、みんなにがんばって欲しいなぁ。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「ただいま」の声を聞ける幸せ

昨日は久しぶりのお休み。

なので、平日の昼間を楽しませてもらった。

とは言っても、お天気が良かったので、午前中は洗濯に布団干し。掃除、など、たまりにたまった家事を。夕方には家庭訪問があるので、小綺麗にしないとね。

で、のんびりと自分だけの昼食を、あるモノで食べて、買い物。平日はすいていていいですね!

ゆっくりと時間が流れていく。catface

夕方、「ただいま!!」という元気な声とともにYUが帰ってきた。

子どもの「ただいま」。平日いないワタシにはこの声を聞くことが出来る日はハッピーだ。

「おかえり!!」

ワタシも負けずに元気に返す。

YUは弾丸のように、今日学校であったことを話し出す。映像学習で美術を担当していること、アドビデオ(学校で作るコマーシャルビデオ)で、いじめっ子役をやったこと、2時間も外にいて暑かったこと、Wちゃんと楽しく遊んだこと、I君の行動に思ったこと、時間がなくて給食がお代わりできなかったこと。宿題は音読と漢字であること。。。。。

YUの話をこうしてじっくり聞いたのも久しぶり。子どもってやっぱりいいな。

仕事をする母親は大変かもしれないけれど、やっぱり子どもがいて良かった。

何気ない子どもとの会話こそ、ワタシの元気の源です!!

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

はじめの一歩

昨日開催したイベントには、定員ほぼいっぱいの女性が集まってくれた。その多くが、30代から40代くらいの子育て期にある女性。1割位の方がお子さま連れで参加し、託児の利用も大盛況だった。

昨年12月に「働く意欲のある女性が働くことを支援する」目標にプロジェクトを立ち上げ、ようやくここまでこぎ着けた、という感じ。

講演会の講師は株式会社キャリア・マムの代表取締役 堤香苗さん。ご自身は、専業主婦から2人のお子さまを育てながら会社を起業したパワフルな方だが、その話は身近な子育て話なども取り入れての親しみやすいモノだった。

「主婦の仕事に、無駄なモノは一つもありません。家事こそ、プロデュース能力、マネージメント能力が必要なのです。あとはコミュニケーション能力を身につけて!」

会場の女性が、堤さんのお話に共感し、勇気をもらっていたようです。

ブランクのある女性が働くためには、いくつもの課題を乗り越えていかなければならない。

まず「何のために働くのか」目的をはっきりさせること。何となく時間があるから、というのでは勤まりません。

それから「何をやりたいか。自分にはどんな仕事がよいのか」

そしてそれにあった仕事はどんなところがあるのかを考え、いよいよ就職活動。。。

ですが、そのまえに「夫の理解」や「子育てとの両立」や、「家事分担」など、身の回りの整理もとても大事。

こうした女性の悩みを、すべて解決することはできないけれど、少しでもみなさんのお役に立てればと、ワタシ達もセミナーや相談会などを通して働きたい女性を応援していくつもりです。

まだまだはじめの一歩ですが、これからもがんばらないとね!!

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

心をなくさず、活躍しよう!

一緒に仕事をしている、カウンセラーさんと一緒に出張のとき。

「毎日忙しくて」

というワタシに、

「忙しい、という漢字は『心をなくす』、と書くでしょう。私もいくつもパートとかをかけ持ちして、とても忙しい時期があったの。忙しい、忙しい、といっていたら、みんなに声をかけてもらえなくなっちゃって。それからは『忙しい』じゃなくて『大活躍しているの』『人気者だからたくさん声がかかってねえ』とかいうようにしているのよ」

なるほどー。

大活躍、ね。そういう言い方もあるんだなあ。

言葉の使い方で、人の受ける印象も、自分の気持ちも変わってくるものだ。

「忙しくて大変」=『大活躍しているところなのよ』

そうね、確かに今のワタシはこれまでになく活躍中かもね。

家族のみんなにもそういって理解を求めてみよう。

「ママは人気者だから、今日も遅くなっちゃうの。みんな、自分のことは自分でやるのよ」

そうは言ってもそろそろ疲れがたまってきた。家にいるときくらいゆっくりしたいなあ。。。

家でも職場でも大活躍のワタシです。

人気者はつらいね!!

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ジョブカードって?

求職者の就職を支援するための「ジョブカード」が4月から本格的に始まったそうだ。

とは言っても、ジョブカードって何? 勉強不足のワタシは初めて耳にした。

以下、厚生労働省のホームページによれば。。。

1 ジョブ・カードとは、その作成過程で自分の職業能力・意識を整理できるキャリア形成支援ツールであり、幅広く求職活動などに活用していただけるものです。本カードにより、求職者と求人企業とのマッチングの促進を図ります。

2  ジョブ・カードは、求職者のうち交付を希望する方が対象となります。 プログラムを修了された方には、ジョブ・カードに入れる『職業能力証明書』(「評価シート」又は「履修証明書」)が交付されます。

3 ジョブ・カードは、ホームページよりダウンロードした様式に必要事項を記入します。その上で,ハローワークやジョブカフェ、民間職業紹介機関等において、登録されたキャリア・コンサルタントによるキャリア・コンサルティング(ご本人の適性等に応じた職業能力開発、職業選択についての相談サービス)を受けることになります。

ジョブ・カードの記載内容については、キャリア・コンサルタントが、修了証書等のご本人の提出資料等を基に確認。キャリア・コンサルティング結果が記載されたことをもって交付となります。

ということで、わかったような、わからないような、ちょっと小難しそうな制度。

フリーターや子育て終了後の主婦など、定職に就きにくかった人を支援するための仕組みとのこと。

企業の現場を活用して実践的な職業訓練を提供するというもの。ビジネスマナーなどの研修などと合わせた現場の実習があるということ。

求職者はキャリアコンサルタントと相談しながら収得した職業能力を「ジョブカード」に詳細に記入。作成に手間はかかるが、一度作れば就職活動に何度でも活用できる。。。。

というモノらしいですが。

本格的に「就職」したい方にはこういう制度がある、ということを知っている方が就職には有利かもしれません。詳しくは、お近くのハローワークまで。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

バターが消えた日

ワタシはバター風味の料理が好きだ。

バター醤油味なんぞも大歓迎。

中華にバターなんていうこともやるし。ひと味くわえたいときにバターを使ったり。

そんなワタシが冷蔵庫に常備しているバターがなくなったので、スーパーに行ったら、バター全然ないじゃないですか。

大型スーパーを3軒回って1個もなし。ストックしていたので気付かなかったが、世の中、バター不足となっていたようですね。仕方ないから、会員制宅配らでぃっしゅぼーやでバターを3個購入。「品切れ」の表示がなかったので来週には届くだろう。

それにしても。。。昨日スーパーに行ったら、我が家の定番君が高くなっていてびっくりだ。

その代表が我が家の朝食「超芳醇」

去年の今頃は、1斤148円で購入していたのに、昨日買おうとしたら220円じゃないですか。ほとんど、1.5倍ですよ。おやつだって、値段は同じでも、ポテチの袋の小さくなったこと。

ガソリンもまたまた値上げだし。宅配の「らでぃっしゅ」でも、値上げのお知らせが入ってきた。

庭っていうほどの庭もないのだが、こうなったら、夫にプランターでプチトマトでもつくってもらおうかしら。

いつまでこういう状況が続くのかな。

年々収支ギャップが広がっていく我が家の家計。特に教育費の負担は増えるばかり。。

次はどこを切りつめようかな。。。weep

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

9年前のプレゼント発見!! 

CDを整理していたら、CDケースの中からMIが小学校1年生の時にくれた母の日のプレゼントがでてきた。

「いつもおしごとやあそんでくれてありがとう。かんしゃのきもちをこめてこれをおくります。」

ワタシと、MIと、赤ちゃんだったYUのイラスト付き。「いつまでもいっしょ」のメモ付き。

そして、お手紙と一緒にでてきたのが

shineおこめあらいけん 10回

notesおそうじけん 1回

bananaお母さんの三つの大さくせん。(おねがいごとを2つきいてあげる) 2回

chickゆうきのこもりけん 30回

restaurantおりょうり 53回

ribbonおかいものけん 20回

houseおふろそうじけん(日よう土よう日よう)5回

goodいろいろするけん(5こまで)たとえばまどふき、ピアノふきなど) 3回

いやー、涙が出ちゃいましたね。意味不明な券もあるけれど(おふろとか)こーんなものをもらっていたことさえ忘れていました。

この券、1度も使うことなく、しまっていたんだなあ。

1年生というと、今から9年前。あっという間の9年だったんだなあ。

今、小さいお子さんをお持ちのママ達、パパ達。これからの10年、きっと、あっという間にすぎてしまいます。忙しいパパもママも、子どもとの時間をぜひ大切にしてくださいね。

もう戻れないんだなあ。。。

ちょっとキュンとするようなプレゼントの発見でした。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ワタシのいない土曜日は?

5月から土曜日出勤となった。

これまで、土日がお休みだったので、慣れるまでは結構大変。自分も大変だが、家族も大変だ。

ワタシのうちでは、家事分担は基本的にワタシが9割以上。夫、子ども達をそれほど頼らず、すべて自分のペースでやってきた。

でも、今回の土曜日出勤を機に、この習慣を改めることにした。

土曜日は、何も用意しないで出勤する。

と、いうことで、出かけるときに家族に

「掃除、洗濯、昼食と夕食の用意、後片づけを、みんなで分担してやるように。誰が何をやっても良いので話し合って決めてね。夕ご飯はママの分も作っておいてね」

と言い残して「行ってきまーす」と出かける。

実際に働くのは、夫と高1のMIです。ご飯の材料だけは、適当に買って冷蔵庫に入れておきます。あとは素材を選んで料理するだけよー(これが難しいらしいけど)。

で、昨日は。。。

お掃除OK。洗濯OK。ただし、たたんでおくように、といわなかったためか、取り込んだ洗濯物はそのままぐしゃぐしゃになっていた。これは次回の課題。

昼食はMI。冷凍ご飯を解凍して、ツナピラフを作った。サラダもスープもない単品料理。

夕食はパパ。買っておいたホッケを焼き、ご飯を炊いて食べた。

野菜がないですねえ。野菜炒めとか、サラダを作るとか、そういう発想はないんでしょうかね。面倒なのね。まあ、だんだんみんなで工夫するようになればいいんだけどね。

ァ、洗い物はしてありましたが、ワタシの分はありませんでした。ご飯。weep

今日はワタシは久しぶりのOFFでございますが、家の仕事はOFFではありません。

ご飯作らなくちゃ。sad

休みたいよお

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

携帯依存症の子供たち

PTA全国協議会の調査

「子どもとメディアに関する意識調査」http://www.nrsquare.com/pta/book_kodomotomedia_h20/

子どもとテレビ、携帯、パソコン、ゲームなどの状況を調査したもの。

携帯電話の所持率は、小学生が約20%。中学生は約43%。

メール送受信について、小学生が一日「1通から5通」。中学生は「11から20通」。メールの相手は小学生は親が多いが、中学生では友人が多い。

チャットで知り合った人の数字も、小学生は昨年は0%だったのが今年は1.8%

中学生で出会い系サイトに返信した者が3.5%

小学生の携帯の使い方は、メール・カメラ・ゲーム

中学生は、メール・カメラ・音楽ダウンロード

「メールの返信が来ないと心配」 小学生18%

「深夜でもかまわずメールのやりとりをする」 小学生11.2%

この傾向は、中学生になるとさらに増える。

と、いうことで、子どもの「携帯依存症」が心配されるという。

携帯は道具であり使う物。だが、小中学生は携帯に使われている子も増えている。

ずーっと携帯を話さず、お風呂にも持っていくという話も聞く

夜中もずーっとメールのやりとりをしている。

内容を見ると「どう?」「そうだね(>_<)」「(*^_^*)」とか、訳のわからない「一言メール」が多かったりする。自分たちが少女だった頃の「長電話」のようなものなのかもしれないけれど。。。

携帯が本当に必要かどうか、よく考えないとね。先生も、ママ達も、そう考えているのだろうけれど、子どもの携帯所持率は増加していくことだろう。だから、「排除」するのではなく、「つかいかた」をよくよく子どもに話さなければならないと思う。

親もみんなが携帯を使う時代。便利な携帯だが、その裏側にあるいろいろな影響も、特に子どもに与える影響を真剣に考えたい。

携帯はおもちゃじゃない。社会につながっている道具なんだから。子どもを守るのは親の役目なんだからね。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

原因不明の胃腸痛

先日は本当につらかった。

朝方、5時頃腹痛に目が覚め、「あれ?」と思ったけれども休めないし、朝食作らなくちゃだし、お弁当も作らなくちゃなので6時に起きて、朝食。

一口食べ、「?」胃が痛い。。。それも、しくしく痛いというレベルではなく、ぎゅーっと締め付けられるような痛さ。立っていられない。

それでも、すぐ治まるだろうと思い、朝食は途中でやめて掃除機をかける。またまたぎゅーっという痛み。

なんだか「やばそー」と思いつつ、家を出る。

途中、電車の中で、痛みはだんだんひどくなる。

駅についてホームからの階段、記憶がない。「いてててて。。。」crying

とにかく早く職場に着きたい(すわりたい)という一心で、体を折り曲げながら歩き、ようやく職場に到着。

このころには、もう、会社に来たことを後悔。はっきり言って、激痛のため仕事にならない。

着いた早々、どこかに医者がないか調べてもらって、近くの診療所に連れて行ってもらう。

もう、一人では歩けないくらい。救急よんじゃおうかな、そんな思いも駆けめぐった。

あまりの痛さに、診療所に着いたときは受付に座り込み、そのまま簡易ベッドに運ばれてしまったよ。

で、すぐに先生が来てくれて問診。しゃべるのも苦しい。どこが痛いのかもよくわからない。

「痛み止め打ちましょうか?」

「お、おねがい、します・」crying

普段注射が大の苦手なワタシだが、このときばかりは、一刻も早く注射して~という気分。

痛みはまるで陣痛のように周期的にやってきた。ァ、ちょっと楽になる、、またぎゅーっと来る、あれ、これって陣痛みたい。。。とにかく早く注射して~!

ようやく注射。10分もすると痛みが引いた。。。。

何だったんでしょうか。これ。

超音波、心電図、血液検査、尿検査、すべて正常でした。

内視鏡はやっていないけれど、貧血もないし、特段目立った異常は見られないとのことだった。

胃腸が痛いなんていうことは滅多にないワタシ。仕事のストレスかしらぁ。。。

ちなみに、今日は、昨日がウソのようにけろっとしています。

こういう事ってあるのね。何が原因だったのかなあ、、、

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

国大セミナー発 子役・子供モデル

国大セミナーといえば少人数での学習塾かと思っていた。埼玉を中心に展開する塾です。

もちろんメイン事業はそうなのだが、「子役・子供モデル養成事業」を強化するということのよう。

これは、国大セミナーが経営する「NWES エンターテインメント・スクール」

知らなかったけれど、さいたま市の会社なのね。首都圏全域に事業を拡大するそうです。

「浦和校」が出来たのは2001年。同様の学校が埼玉県になかったことから開校したところ、この学校の出身者の連ドラ出席などの実績が上がって生徒が増加し、今では近県からも生徒が来るんだって。

子供をモデルにしたい、と思っているお母様達も多いんじゃないかしら。

本格的なモデルではなく、「ちょっと雑誌に」レベルでのご希望も多いんじゃないかな。MIが小さいときも、ワタシのママ友たちは「読者モデル募集」に応募していたみたい。NHKのお母さんと一緒出演募集なんかにも多くの応募があるそうだ。今でも、多くの雑誌で「読者モデル」募集しているしね。

うちの場合、MIが3歳頃「ぷちたんふぁん」という雑誌に載ったことがある。

YUは映画エキストラに2回ほど出演。

本格的なモデルやタレントとはほど遠いが、親にとってはよい思い出だ。本人にとってはどうだったんでしょうか。YUはまた映画にでたいと言うが、MIはノーコメント。嫌だなと思っているみたい。

まあ、うちの場合は、学校に通わせるなんて発想もちろんなくて、ちょっとした親の自己満足にすぎなかったのですが。。

今でもムスメの出ている雑誌やDVDをみては「よしよし」とほほえんでしまうワタシでした。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

同居のメリット

さて、我が家はお義母さまとお義父さまと同居しております。bomb

玄関は一緒。台所は別。一緒に食事をすることは、年末年始の特別行事の時くらいです。

MIが生まれる前は、別に暮らしておりました。MIが生まれ、育休があけるときに、同居を決意。当初は敷地内の別棟に暮らしていました。

YUが生まれ、あまりに部屋が狭いために母屋も壊して2世帯住宅を建設。今から10年ほど前になるでしょうか。

同居の生活。どう思う?

フルタイムで働くワタシにとっては、ほんと~に、ありがたいありがたい話です。もう、感謝しっぱなしです。happy01

義父母と顔を合わせるのは、朝の「行って来ます」の時だけ。帰りはもうみなさんお休みだしね。休みの日はそれぞれ別の生活をしているし。

我が家では、無理に一緒に食事をしたり、出かけたりしないので、本当に用事のあるときしか行動をともにしないのです。(不仲なワケじゃないよ。)。お互い干渉しないと言うのでしょうかね。

で、ワタシは外で働く人。お義母さんはおうちで子どもを見てくれる人。こんな役割ができあがったわけです。ちゃんと月極で保育料(生活費?)もいくらか払います。

で、義母の子育て方針にワタシは「口を挟まない」と決め、お好きなように育ててくださいませ、と。義母はワタシに気を遣って、いろいろ相談してくれたり、報告してくれたり。

また、孫には3割甘い実家の父母とは違い、必要以上にものやお金をくれるわけでもなく、節度ある孫育てをしてくれているようです。

80を越えた大正生まれのおじいちゃんも現役で子どもの送迎などを手伝ってくれるし。

まあ、いない昼間に誰が何をしていようと、ワタシには知るよしもないので、子どもからの話に「ふーん。」と思うことがないわけではありませんが、そこは大人のおつきあい。

こうして10数年が過ぎましたが、子どもが「おばあちゃん・おじいちゃんべったり」にもならず、かといって「じじばばぎらい」にもならず、まあ良い関係が築けているのではないでしょうか。

もちろん、同居の場合は相性もあるだろうし、それぞれの考え方の相違とかあるので、うまくいく場合と、行かない場合があるでしょう。とても「無理」という方もたっくさんいるしね。

けれど、うちの場合は、お義母さんがいなかったら、子どもは一人だったかもしれない。

フルタイムママの場合、保育支援者が何らかの形で確保されていないと、子どもを複数育てるのは大変です。

ずっと仕事を続けたいママ達の場合、状況によっては、お義母さまとの同居という選択肢もあるのかもしれませんヨ。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

漢検2級にチャレンジ!!

6月にMIが受ける漢字検定2級。本屋で申し込みをした。

漢検2級。

程度:小学校、中学校、高校で学習する常用漢字を理解し、文章の中で適切に使えるようにする。人名用漢字も読めるようにする。

と、いうことで、最近漢字力のめっきり衰えたワタシも問題集にチャレンジ。

読み・・・まあ、普通に読めるかな。たまに「?」という字もあるが、雰囲気でクリア。

部首・・・ぶしゅ~?というくらいわからない。繭は「糸」、亜は「二」、勲は「力」とか。知りませんでした(>_<)

4字熟語。正解は3分の一くらいかなあ。知っていても書けないのもあるし。DSの脳トレにでてくるようなものが多かったわ。

対義語、類義語:まあまあ出来てました。

間違った字を直す:これは全問正解!!

書取:これはダメですねえ。書けません。書けません。「静粛にする」の「しゅく」とか、「頻繁」の「ひん」とか、「窮地」の「きゅう」とか、「惨め」とか、「翻る」とか。いつも何気なく読んではいるのに、何も見ないと書けないものですねえ。

漢検2級、大人の脳トレにもいいかもしれない。が、勉強しても覚える字より忘れちゃう字の方が多そうだ。でも、ぼけ防止にもいいのかもしれないね。

まあ、ワタシはともかく、高い検定料を払ったのでMIには是非合格してもらいたいわ。

がんばってね。MI.cherry

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

YU、塾の成果は? part2

昨日はYUは朝からパパの勉強特訓。

どうやら、土曜日のテストが(相変わらず)できなかったらしい。

それでも、本人もパパも「まだがんばる」と続けている。

YUは意外に負けず嫌いで、根拠のない自信があるので、テストが出来ないことにはとてもくやしがるようになった。この気持ちがなければ、とっくに勉強はやめているかもしれない。

それでいて、「やるぞー」というタイプでもないため、テストの直前にパパが持ち物をチェックしたら、筆箱には削っていないちび鉛筆と小さい消しゴムが1個入っていただけ。本人はマンガを読んでいたそうな。至ってのんきなYUに、パパが「ぷっつん」しちゃったわけです。

多分、今回の成績も期待できないだろうなあ。

同じ事を何回やっても、1週間すると忘れてしまうYU。間違って覚えたことはいつまでも間違ったまま覚えているYU。YUの受験対策、とりあえずはこつこつ練習をして、問題になれるしかないんだろうけれど、国語だけは「これをやれば大丈夫」というものがない。

算数、社会が得意のようなので、そこで平均以上を目指し、国語は漢字などで確実に取る。

YUもがんばっているけれど、パパのがんばりも相当です。「パパとYUの受験日記」みたいなドラマが出来そうです。

塾の成果というより「パパの勉強の成果」がいつでてくるのかが、楽しみなワタシです。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

母の日の贈り物

今日は母の日shine

毎日忙しくてすっかり忘れていたけれど、ジャスコに行ったらお花がいっぱい売っていて気がついた。早速、日頃お世話になっているお義母さんにカーネーションのアレンジメントを購入。

うちに帰ってくると、YUからのプレゼント。P1060616_3

手縫いのティッシュケース。学校の手芸クラブで作ったんだって。ワタシにくれるとは思っていなかったので、とってもうれしい。YUがプレゼントをくれるなんて。happy01

ほくほくしていると、MIが夕食を作ってくれるという。これは、実は家庭科の宿題なのだけれど、まあ、母の日にぶつP1060614けてくれたというところがうれしい。

作ってくれたのは、これ、「親子丼」。夕食だから、4つをあわてて作った。初めてだから、味や仕上がりはそれぞれ違っていたけれども、気持ちがうれしいじゃないですか。

今年の母の日は、いつになく良い日となりました。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今時の新入社員像

昨日の日経新聞から。

日経新聞が実施したアンケートによれば、今時の新入社員の自己評価として

flair安定志向が強い  7割強

flair指示がないと仕事がしたくない  5割程度

flair順番を付けられることや競争が嫌い  4割

今年の新入社員の多くは、小学校入学のトシに学校週5日制が始まった「ゆとり世代」なんだって。「ゆとり教育」の結果、競争が嫌いになったのか、指示待ち族になったのかわからないけれどね。

そして、上司や先輩職員は

sweat02半年前と比べて仕事の負荷が増えた人 49%

sweat02働く意欲が低下した  36%

みんな、疲れているんだなあ。新人は少ないしね。人材不足なのでしょうか。私の職場なんかは若い人がいない。ここ数年、新人と働いたことはないわ。自分のする仕事はとっても増えている。支持をすればやってくれるという応援スタッフが欲しいですぅ。

アンケート結果、詳細は日経ネットPLUSからどうぞ

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

我が家の小さな春

我が家は一戸建てで小さな庭があるが、庭のお手入れはお義母さまのお仕事。

で、2階のベランダで、夫がミニガーデンを作っている。

連休中は、アゲハが遊びに来ていたなあ。

そういえば、ワタシの住んでいるところでは、モンシロチョウを見たことがない。キャベツ畑がないのが大きな原因かな。

でも、と、アゲハチョウを見て思う。

夫曰く、「アゲハが来るのはいいんだけれど、幼虫は困るから処分しないとだなあ」

多くの都会のお庭では、同じ様な会話が行われているのだろう。

このアゲハ、どこで育ったんだろう。ミカンの木もないし、サンショウもないし。見つかればきっとつぶされてしまうんだろうな。

うちの前は、去年まで桜の木が5本生えていた。

分譲住宅が出来るので、伐採された。

今年は蝉の声を聞くこともないだろうな。

こうやって、都市化が進むと、自然がだんだん遠いものとなっていく。

子ども達の自然とのふれあいの機会は、ますます失われていく。

「自然とのふれあい」は、「遠足」など特別の日だけに行われるイベントだ。

日常生活の中で蝶を見つけ、トンボを見つける。そんな当たり前の風景はワタシの住む町ではとっても贅沢なことなんだなあ。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

緊急地震速報?

さて、昨日の未明、関東地方で地震がありました。

ちょうど1時45分くらいだったのかな?その前に余震もあったよね。うとうとしていたのですが、一番大きい地震の時は目が覚めた。

我が家の50型のプラズマテレビが倒れたら大変。

「パパ、テレビ押さえてきて」

子どもの様子やら何やらは後回しで、まずはテレビを確認。

まあ、たいしたことのない揺れだったのでひとまず安心して、震度を見ようとニュースを付ける。と。。。NHKアナウンサー

「ただいま、緊急地震速報が発令されました」

もう地震は終わってるじゃん。何、また来るの? と考えるまもなく、突然別の画像になってしまった。地震の速報もでてこない。

朝のニュースで聞いたが、今回の緊急地震速報は、揺れに間に合わなかったそうな。

まあ、寝ているときに来た地震だから、どっちにしても役には立たなかったんだけどね。

役に立つのかたたないのか、なかなか難しいシステムのようですね。coldsweats01

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

認定子ども園。。?

5月6日の日経新聞です。

「認定子ども園」とは、「幼稚園」と「保育所」の機能を併せ持つ施設。

一定の手続きを経て、都道府県が認定するようです。

認定子ども園では、保護者が働いているかどうかにかかわらず、ゼロ歳児から小学校入学前までの子どもを受け入れて、幼児教育と保育を一体で行います。

ウワサはよく聞いていましたが、どのくらい導入が進んでいるのでしょうか?

2006年10月の制度導入時には全国で2000カ所以上の認定子ども園の誕生を目指していたようです。(いつまでに、かは不明)

で、2008年8月時点では認定を受けた施設が105施設。

つまり、ほとんど利用されていない制度、ということです。

制度導入が進まない理由は、文部科学省と厚生労働省のそれぞれの手続きの煩雑さや運営費に対する助成制度の不足などが原因だとかかれています。

「少子化で幼稚園や地方の保育所が小規模化する一方で都市部で保育所の待機児童が解消されない状況などに対応するために」つくられた制度なのですが、残念ながら、ママ達が普通に利用できるようになるまでには、まだまだいくつものハードルを越えていかなければならないようです。

ワタシたちの仕事もそうですが、「こうあるべき」「こうしたい」という思いと、現実の制度との間にギャップがあることがよくあります。

その溝を少しずつ埋めて、少しでもママ達の利用しやすいようなものが早くできるように願っています。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ついてない日 ちょっと悲しい話 part2

昨日は仕事があったので、職場へGO。

で、お昼ご飯はMIに頼む。たらこスパゲッティを作ったらしい。

夕飯はパパにお願い。前日に買った高級和牛(半額)のステーキ。

「パパ、今日よろしくね。」

「はいはい」

「ストーブ、掃除しておいたからしまっておいてね。あと、夕飯よろしく。」

「はいはい」

MIのことは特別に心配はしていなかったので、夕飯時に電話。MIがでる。

「明日ゴミの日だから集めておいてね。あと、お母さんのご飯は、おかずはいいから白いご飯を残しておいてね。それからお父さんが作っているもやし(炒め)もとっておいて」

さて、ごはんと野菜はあるだろうから、メインディッシュだけ買って帰ろうっと。餃子でいいかァ。

「ただいま」

おなかすいた、と、お釜を開ける

「?」

ご飯、全然残ってないじゃん。。。weep 。。。

「ご飯とっておいてくれなかったの?」

「聞いてないよぉ」(夫)

仕方ない、もやし炒めは?

「冷蔵庫の中」(夫)

「ないよ」

「野菜室の中」(夫)

炒めておいてくれたんじゃなかったのね。。。素材がそのまま残っているということね。。。。 crying

仕方ないから冷凍ご飯を解凍してもやしチャーハンにする。みんな、冷たいじゃないかァ。

で、ストーブ。。。。

しっかりと部屋の中に鎮座していました。

片付けておいてくれたんじゃなかったのね。。。cryingweep

疲れが3倍になりました。

がんばれ、働くお母さん!!

ちなみに全回の悲しい話はこちらへ。

http://yamayamayou-0428.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_08d2.html

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

トヨエツに遭遇!!

昨日は一応休暇でしたが、ちょこちょこと営業活動に奔走。

と、通りがかったSKIP シティ http://www.skipcity.jp/index.html というところで、なにやら人だかり。ここは、埼玉県のロケーションスポットとして最近脚光を浴びている(かもしれない)。

2日前にはなかった大がかりなブルーバック(合成用の青い壁)が、広いプロムナード一面に設置されていた。そして、脇には 「エキストラのみなさま→」 との表示。

うん、これはロケだな。そういえば、20世紀少年のロケをゴールデンウィーク中にやるって言っていた。

野次馬なワタシはちょっと車を停めてSKIPシティへ。

わあ、すっごい人。何人募集したのかなあ。やってるやってる。人だかりで中はよく見えないけれど、トヨエツが来ているらしい。

隅っこで様子を見ていると。「カット!」と監督の声。ァ、休憩かな。ふらふらとマワリを探索して、建物の入り口付近で様子をうかがっていると、、、

あら、なんか背の高い素敵な方がワタシの目の前を通過。

そう、トヨエツです!

長い髪の毛はカツラかな?背が高いんですねえ。ナマのトヨエツを見るのは初めて。

やっぱりオーラでていますね。フツーの人と違いました。lovely

何となく得した気分の休日でした。

ちなみに今日も撮影があるみたい。興味のある方はスキップシティへお越しください。scissors

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

イベントを終えて。。

昨日はイベント。バルーンアート、大盛況でした。

忙しすぎて写真を撮ることも出来ず残念ながら作品がお見せできませんが。

最初はドキドキ作っていた風船ですが、そのうちすぐに子ども達の行列。来るわ、来るわ。うれしい悲鳴にスタッフの手がスピードアップ。私もすごい勢いで犬を作っていた。

そのうち、子ども達が

「ウサギちょうだい」「刀ちょうだい」

とリクエスト。教えてもらう暇もないので、人が作っているのを見てその場で練習。試作品を「どうぞー。ちょっと胴長のウサギさんデース」。とかいいながら何とかウサギと刀をマスター。

気がつくと、手が、風船の塗料で真っ黒になっていた。。。

風船を作りながら、ママ達に、チラシを配ってPR。ママ達のためのお仕事の相談やセミナーを無料で行うというチラシです。

で、ママ達の反応は?

本当に、子育て中のママ達は、「いつかは働きたいけれども、すぐには難しい」「子どもが小さいので、なかなか一人では出かけられない」「子供を預かってくれるところがない」などお考えのようでした。

そんなママ達のために、お子さんを預かることも出来て、みなさんの必要な情報などを提供できるようにすることを目的に、スタッフ一同がんばっていきたいと思っています。

「働きたいなあ」と思うママ達の「いつかは」を「○○に」に具体化できるように、ママ達の声を大事にして、ワタシ達もがんばらなくちゃだなあと思いました。

子どもも、ママも、パパも、みんなが元気になれるように、これからますますはりきっていきます。good

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

バルーンアートで楽しいイベント?

ちょっと雲り気味ですが、お天気もまあまあ。イベント日和です。

イベントといっても主催者なので、自分が楽しむわけではありませんが、どうせやるなら楽しく行こう、とスタッフ一同、昨日、準備しました!!

まあ、チラシを配るのですが、テントをはるので、何か出し物も、、、、ということで練習したのがバルーンアート。そう、よくイベントでやっているあれです。ピエロさんが長ーい風船を手品のようにひねり、はい、ワンちゃんのできあがりーdog。というあれです。

風船をひねるのには、初心者のワタシには勇気がいります。

ウン、思いっきり「エイ!」とやると、結構うまくいくものです。が、もちろん、突然割れることも・・・・coldsweats02

特訓の成果があり、何とか作り方を見なくても、出来るようになりました。

ワタシはふつーのワンちゃんしかできませんが、上司はプードルさんやクマさんや、ライオン君まで作っていました。happy01。みんな初心者なのに、、、すごーい!!

あとは、子連れの家族がワタシたちのテントに来るのを待つばかり。

たくさんお客様が来てくれると良いのですが。。。楽しみです。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

だんだんだんだん忙しくなる

4月以降ずっと忙しいのですが、ますます忙しくなります

ゴールデンウィークもイベントがあります。

お天気がよければよいたな。でも、日に焼けちゃうな。

たくさん人が来るかな。

で、我が家のことはどうしようかな。

ご飯、どうしよう。パパ、作ってくれないかな。

MI、作ってくれないかな。

後片づけもやっておいてくれないかな。

部屋もきれいにしておいてくれないかな。

YUは勉強しているかな。

学校の用意は出来ているかな。

。。。。

今年のゴールデンウィーク、家にいる日は少なそうです。weep

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

きょー育なパパたち

日経新聞の夕刊から

興育パパ  デパートなどで子供服やベビーカーなどを熱心に選ぶパパ。ついでに、自分用にベビーカーにコーディネートした抱っこひもなどを購入。格好いい父親である自分が好き。

競育パパ 他の子に負けないように自分の子を鍛える。いやがる子どもをスパルタ式にスイミングに通わせたりする。子どもは上達する。ちょっと強引な星一徹型?

今日育パパ 平日は仕事人間。休日だけ甘やかしパパ。「今日だけ」育児や家事を手伝ってくれる。平日は困ったパパ

狭育パパ 自分の子だけ大事にするパパ。子育てになれていないので、視野が狭くなりがち

まあいろいろ考えますねえ

ワタシの夫はそうだなあ、「競育」アンド「教育」アンド「今日育」ぱぱかな。

いえいえ、ワタシが忙しい今日この頃。パパには本当に感謝してますよ。

ゴールデンウィークもよろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

MIがいない日 静かな日

昨日からMIは高校のオリエンテーションキャンプだ。伊豆に2泊3日。

とはいっても、中高1貫校だから、メンバーは同じ。入学して4年目だから、ほとんどの子が知り合いだ。

心機一転。高校生になったんだから、今までとは違う気持ちでがんばって欲しいな。

そして我が家。

MIの部屋は、いつもいつも音楽ががんがん流れている。YUはうるさくて、宿題をリビングでやる。だから今日は、YUも自分の部屋でお勉強だ。

寝るときはお姉ちゃんと一緒。でも今日も一人。いつもはお姉ちゃんが2段ベッドの上に寝るので、今日はこっそり上で寝るのかな。

お姉ちゃんがいるといじめられるからいや、というYUだが、いなければいないで静かな部屋に一人。やはり寂しいもんだろう。

いつもいる人がいない。いないときに初めて「お姉ちゃんもいいな」って感じるのかな。

MI、YUにちゃんとおみやげを買ってくるんだよ。fuji

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »