« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

共働きの子どもの習い事

6/27の日経新聞夕刊

最近は、保育所や学童からまっすぐ家に帰らないで、民間の送迎サービスを利用して習い事に行く子供が増えている。

ただ、保育先から直接通わせると、「子どもの安全責任を誰が取るのか曖昧になる」「待機時もいる中で習い事に行くのはどうか」などという批判もでているようだ。

また、滞在型学習塾を利用し、塾から習い事に通うというサービスもあるらしい

もちろん、学童などに預け、民間サービスを利用して習い事に通う。お金はとってもかかる。収入は多くても子どもの塾通いで負担は大きい。

というような記事でした

確かに、ワタシの周りでも共働きで習い事に通っているウチが増えている。

まあ、だいたいは、自分の休みの土日に集中して通うケースが多いが、小学校にはいると、習い事の日は学童をやすむ、という子もいた。

確かに、我が家でも現在YUの習い事=塾の送迎は大変。

YUが塾に行き始めて、民間の送迎サービスがないかいくつか探したが、やっぱり高いんですよねえ。それで、今は、MIに1回500円のアルバイトということで送迎を頼んでいる。

YUは2年生の頃から金曜日はバトンの日だ。3年生までは、金曜日はお友達のお母さんに送迎をお願いしていた。

最近は世の中が物騒なので、送迎が出来ないと、習い事は通えない。送迎にはお金がかかることも多い。

共働きの子どもの習い事には工夫が必要です

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

小さなカタツムリ

今日、映画から帰ってきたときに庭で見つけたカタツムリ

小指の先くらいしかない、ミニサイズ。

そういえば、実家にいるときはカタツムリと言えば直径3センチくらいはある大きいモノばっかりだった。農業をしている家が多かったので、カタツムリは「害虫」だった。もちろん、モンシロチョウやアゲハチョウの幼虫も見つければ「エイ」と踏みつぶされていたなあ(カワイソ)。

結婚してから見かけるカタツムリはみんなミニサイズ。

だから、うちの子ども達は、大きなカタツムリを見たことがない。

よく見つければ、もしかしてどこかの公園とか、畑とか、植物の多いところにいるのかな。

カタツムリの種類は全然わかりませんが、大きさがこんなに違うんだから、きっと種類が違うんでしょうね

大きなカタツムリは見かけないけれど、大きなナメクジには遭遇することがある。おうちのベランダの片隅とかね。ナメクジはやっぱりかわいくないですね!!(駆除)

ァ、映画、面白かったデス。マ、ワタシの中では1作目がTOPなので、それなりに楽しんできました。同窓会みたいだったなあ。。。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

インディ・ジョーンズ

今から久しぶりに家族4人で行くことにしました!movie

インディ・ジョーンズ。と言っているけれど、ワタシの中では「インディアナ・ジョーンズ」だ。

年齢がばれるが、確か高3の、大学受験間際の12月に、一人で見に行った「失われたアーク」

そのあと姉と一緒に行った「魔宮の伝説」

「最後の聖戦」は、仕事帰りにやっぱり一人で見に行ったなあ。

「失われたアーク」はとっても面白かった

ハムナプトラを初めて見たとき、面白いんだけど、「これはインディアナ・ジョーンズとどこかにているなあ?」と思ってしまった(トーンが似ていたので)。

昔の映画はCGがなかった分、面白い映画は見ていて引き込まれたなあ。

去年、ダイ・ハード4をみて、これはCGを使っていないと聞いた。CG映画は見栄えはするが、役者の体当たりの演技ってやっぱりいいよね。

CG映画も好きだけれど、ワイヤーやら何やら使わない映画も味があるよね

今日見る「インディ・ジョーンズ」は、きっとCGたくさんつかっているんだろうな。

ワタシは昔から、映画は基本的に一人で見に行くタイプです。

でも、家族みんなで見に行くのも終わったあとのランチもあるし楽しみだ。

家族4人で映画にお出かけ、なんて、いつまで続くかなあ。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はお仕事の日

ワタシは日月が休暇です

だから今日はお仕事です

おうちにいる夫、MI、YUにいろいろお仕事を頼んできました

パパへ:部屋中の掃除機をかける。昼ご飯を作る。キャベツと豚肉があるので、焼きそばかお好み焼きを作ってください。あ、焼きそばの麺がないから、焼きそばの場合は買い物に行って材料をそろえてね。

MIへ:自分の部屋を掃除してください。それから夕ご飯を作ってね。スモークサーモンがあるから、これでサーモンちらし寿司を作ってください。ご飯は2合。すし酢は、お砂糖大さじ1と塩小さじ半分くらいを酢にとかして(適当)、炊きあがったご飯にすぐに混ぜて、ちょっと冷ます。スモークサーモンと、刻んだ大葉とシラスとゴマを混ぜてできあがりー!あと、サラダか何かをYUに作らせてね。あとパジャマを洗濯しておいて!!

YUへ:自分の部屋を掃除して、ピアノを磨いてね。それから、夕飯のお手伝いをすること。

掃除とご飯だけよ。たのんだの。5月からこういう生活が続いているけれど、ワタシがいないとどうしてもみんな手を抜くので掃除は期待できないな。

でも、ご飯だけでも作ってくれるから助かるなあ

一品料理に偏っちゃうので、もう少しレパートリーを増やしてくれるといいんだけれどね。

いや、文句いっちゃいけません

みんな、どうもありがとう

みんなのおかげでお仕事に行くことが出来るワタシです

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちょっとリラックス

とにかく昨日はなんだか気分的にどーっと疲れていた

それで、いつもひどい肩こりが一層ひどく感じられ、背中から肩にかけて堅い板が入っているみたいだった。

うーん。もう絶えられないよー。

と、まっすぐ家に帰らず、ついつい近所のショッピングモールに足を運び「ラフィネ」というリフレクソロジーのお店へ。

閉店間際だったので、最短のボディ20分コース

背中や肩を押してもらうたびに

「う~cute

「そこそこcatface

「もっとつよく~rock

「あと2㌢左]

などとは声に出しては言えないけれど、心の中で叫びつつ、至福の時をすごしたのでした。

20分2千百円。

ちょっと贅沢なひとときでした。

3時間くらいやって欲しかった~crown

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

男女共同参画白書 ~就業~

6/13 内閣府発表

男女共同参画白書から

第2章 就業分野における男女共同参画

女性の就業状況の変化について、次のように分析しています。

M字カーブについて

女性が現在も出産で退職するためにM字カーブは続いているが、M字のカーブが浅くなっている。ただ、これは、出産で退職する方が減ったというより、晩婚・晩産化による影響→子育て年齢の上昇を反映したものと分析

M字カーブ:女性の就業率を年代別に線で結ぶと、子育て期の30代頃に落ち込むのでMの形になる、ということから付いた名称。

増加する非正規雇用者

雇用者のうち、非正規雇用者の割合が増加。特に女性は、60年で31.9%だった非正規雇用者の割合が19年には53.4%に増加

勤続年数の長期化

昭和60年には勤続年数1~2年がおおかったが、平成19年には5~9年が最も多くなっている。10年以上の勤続者の割合も上昇傾向にある。

ちなみにワタシは今年で勤続23年目。長いです。

それから、オットの家事の手伝いについては次のように書いてありました。

女性に係る家事・育児及び介護の負担
共働き世帯  夫の家事・育児・介護時間39分、妻は4時間15分
夫有業、妻無業の場合 家事等 夫39分、妻6時間21分

有業主婦も、専業主婦もみんな偉いよ。

世の中の夫様が、妻の手伝いをしてくれるようになった。。。とはいえ、「手伝い」ではなく「自分の仕事」として家事をやってくれるようにならないと、この時間の差は埋まらないんだろうなあ。

夫の協力、企業の環境整備、行政の支援、等々。

こういうモノなくして女性の就業環境は改善されないのです。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

マタニティマークは知られていない

ちょっと前の、東京新聞の記事から

マタニティマーク。最近、目にすることが多くなった。。。? いえ、あまり見かけませんね

厚生労働省が、平成18年に、妊婦に優しい環境作りを目指して募集し、選考されたマークがこれ。

「kourousyou.jpg」

「マタニティマーク」気恥ずかしくて付けていなかったが、いざ付けてみると、周囲の反応は。。。知らない人が多くて、効果が今ひとつ。ということみたい。

このマークの趣旨は

妊娠初期のマタニティとわからない時期に、通勤時間などに、みなさんに配慮してもらえるように、ということらしいが、実際に効果があったという声は少ないみたい。

7年度に、このマーク付きのグッズ(バッチなど)を配布した自治体は、全国の28%なんだって。

普及はまだまだのようですね。

たくさんの妊婦さんが、仕事をしながら働いているのです。

みなさんが、普通に「妊婦さんも働いているんだ」と気遣ってあげられる世の中になってほしいものです。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今時の小学生

塾から帰ってきたYUとの会話

「塾のWくん、モテモテなんだよ」

「ふーん。どうして?」

「キスしたことあるんだって」

「だれと?」

「女の子と」

そ、そ、そうなんだぁ。そんな話を、普通に恥ずかしげもなく、日常の会話になっていたのね。幼稚園の時の思い出、、、じゃなさそう。今時の小学生って、こういうモノなのだろうか。

「うちの学校でも、ウワサあるんだよ。キスしてるって」

ああ、そうなの。ふーん。。。

テレビやら、アニメやら、マンガやら、コマーシャルでも、キスなんて日常になりつつあるのね。

いいのやら悪いのやら、何とも判断しがたいけれど、オバサンにはちょっとショックだったわぁ。

今時の小学生って、こういう会話を普通にしているんだなあ。

アメリカでは女子高生が集団妊娠、なんて言うニュースもあったけれど、何でも低年齢化しているので、女の子の親はそれなりに心配をしておいた方が良いかもしれませんね。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お向かいさんのいる生活

ワタシのうちは築10年の1戸建。

長い間、家の前の南側は、山桜がきれいな駐車場だった。

春は、その桜が満開になって、家にいながらお花見が出来た。

が、去年の今頃かな。ある日桜が伐採され、いよいよ駐車場がなくなってしまうことが判明。

もしマンションが出来たら(結構広い敷地なので)、我が家は陽が差さなくなってしまう、、と、人の土地ながら、ずいぶん心配したモノだが、出来たのは分譲住宅3棟だ。

うちの敷地からも4メートルの私道をはさんで家が建ったので、日当たりもそんなに悪くはならなかった。

で、きのう、いよいよ、新しい住人がお引っ越し。

1年生と幼稚園生の姉妹を持つ若いご夫婦で、ちゃんとお引っ越しの御挨拶に来てくれました。

ちょうど、うちの10年前のよう。新しい家にわくわくして、楽しみにしていたんだろうなあ。

お向かいさんが出来たので、これからは、カーテンはしっかり閉めておかないと、家の中が丸見えです。

普通の人(?)で良かったわ。

我が家は女の子二人なので、お向かいさんも女の子で良かったわ。

慣れるまでは、なんだか不思議な光景です。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

雨の休日

朝から雨がいっぱい降っていますrain

平日に家事をためているワタシは休日は家事の日。

もちろん、毎日掃除や洗濯はしているのですが、普段出来ない布団を干したり、シーツを洗ったり、ソファのカバーを洗濯したり。。。を、今日やろうと思っていたのですが。。。

仕方ないので、朝早いうちから洗濯機を回し、シーツを洗って干してはみたものの、乾かないですねえ。

乾燥機頼みにしようかな。

先日、大阪からお友達が来たので、公園デビュー友達5人が集まって飲み会をした。

そんな中、お洗濯の話になった。

シーツを、毎日洗う人、1週間に1回しか洗わない人、たまに洗う人、お風呂マットはコロコロしかしない人、などなど。洗濯一つにしても、その人の環境や考え方でいろいろあるモノです。

きれい好きのお母様達にとって、ワタシのような家事は日曜日にまとめて、というのは「信じられなーい」と言うことになってしまうのかしら。

よそのお宅、話をしなければ事情はわかりません。

専業主婦のお宅などはやっぱりいつもいつもきれいなのかしら。

ちょっと気になる他人のお宅事情でした。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オットとデート

昨日はどうにも疲れてしまったので、こんな日は早く帰ろうとささっと帰る。

降りたホームで前を歩く見たような後ろ姿。

うーん。これは我が夫。

帰る電車が一緒だったらしい。

運命的なモノを感じ

(本当は、帰ってから二人分のご飯を作るのが面倒だったので)

「ご飯、食べてこうよ」

(ただし、費用は家計費から。)

と、いうことで、久しぶりに久しぶりに、夫と外食。

久しぶりに楽しい会話が弾んだ、、、、と書きたいところだが、YUの話、MIの話、お互いの仕事の話、、まあ、いつもの食卓の延長です。

とりあえず、片づけがないのでほんっと楽な夕食でした。

ワタシのお財布から数千円が飛んでいったけれどね。coldsweats01

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

塾で学級崩壊?

昨日の塾で、YUが泣いて帰ってきた。

そのあと、塾の先生から電話があった。

なんだか、「道管」を「みちかん」と読んで、言葉尻をとらえられてからかわれたみたい。

よくよく聞いてみると、クラスがとってもうるさいらしい。

先生の話がよく聞こえなくて、ぼーっとしている間に、いつの間にか次の話題に移っているらしい。

うるさい、とは、まあ、程度にもよるのだろうが、たとえば、一時わーっと盛り上がる、と言うところから、ずーっと誰かしゃべっていてうるさい、、、というケースもあるのかも。

先生は「大学生かな」と思わせるような若い先生。アルバイトかも。

YUはもともと集中力のない子だから、うるさいなあと思いながら別のことを考えているんだろうなあ。

でも、塾は、たかーい月謝を払っているんだから、ちゃんと子どもの進度をフォローして欲しいな。うるさくて話が聞こえない、と言うのでは困ります。。。

・・・というようなことを、塾長さんに申し上げて参りました。

うるさい親、と思われたかしら。

でも、やっぱり泣いて帰ってくるなんて、よっぽどいやなことがあったんだろう

若い先生が、男の子達を押さえられない、、、、なんていうこともあるかもしれない。

少し様子を見ようと思うけれど、最近は塾でも学級崩壊なんてことがあるんだろうか。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

出張セミナーの日

昨日は出張セミナーの日でした

セミナーに参加したい、小さなお子さまを持つ方が、電車に乗って会場に来るのは本当に大変そう。

そこで、県内数カ所での出張セミナーを実施している。

昨日開催したのは、いつものセミナー会場から電車で40分ほどの所にある小さなまち。

6月に広報を始めたばかりで、人数が集まらなかったらどうしようと心配したが、担当のSさんのおかげでたくさんのママさん達が集まってくれた。

よかったー。

みなさん、1歳から3歳くらいのお子さん連れだったので、やっぱり、電車に乗ってわざわざ出かけるのは大変だけれど、近くでセミナーがあれば参加したい、という意向のようでした。

広報にはいろいろ課題が残ったけれど。

みんな、どういうところでセミナー情報を手に入れているんだろう。

テレビや雑誌などの広告料の高いところには出せないので、とりあえずワタシ達は広報誌や新聞発表、それから手作りチラシでみなさんのところにPRをしています。

チラシをスーパーや子育て支援公共機関、公民館など、出来るだけママさん達が行きそうな場所におくようにしています

フリーペーパーなども使います。

でも、意外に気付かれないモノなんですね

5月にオープンした施設ですが、「知らなかった」という方もいらっしゃいました。

できるだけ多くの方にご利用いただきたいので、これからも「出張セミナー」企画中です。

みなさんの目にとまるような広報をがんばります。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

夏の家族旅行 part2

毎年続けてきた伊豆海水浴4泊5日コースの旅行(移動なし、滞在型)は、今年は難しくなってしまった。

そこで、今年はお盆の週に設定することになってしまった。

で、今検討しているのが西伊豆2泊コースか、上高地2泊コース。

伊豆は、今までのように浜辺での海水浴、というわけではなく、いままでよりちょっとだけ豪華な和風旅館でリゾート気分を楽しもう、というプラン。

上高地は、いったことがないのだけれど、たまには海ではないところに行ってみようか、と言うノリでのプランだ。

上高地帝国ホテルに宿泊してみようとしてパンフレットを見てみたら、なーんとこの時期一人5万円近くするんだって!! とんでもないので、ぐーっとレベルを落とそうとしたけれど、上高地って、けっこうするのね。旅館が少ないから?

伊豆はまあ、旅館はそれなりの値段だけれど、連泊、早取り、ということで、高いといえば高いが、まあ仕方ないだろう、この時期だし。

さて、山にしようか、海にしようか、悩んでます。

きっと、家族で行く「海」は今年で最後になりそうだから、海にしようかな。

でも、いつも伊豆だから、せっかくだから違うところにしようかな。

悩んでいるときが一番楽しいけれど、時期が時期だから、行き帰りの時間はとってもかかるかも?

最後の家族旅行になっちゃうのかな。それはちょっと寂しいです。

(夫抜きで、ムスメ達との旅行、というケースは増えてくるかもしれませんねcoldsweats01

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

節約も限界

、という記事が、昨日の日経新聞の夕刊に載っていました。

ガソリン価格や食料費の値上げにくわえ、給食費や教育費も値上げの波が押し寄せつつある。

30代から40代の、子育て世代にとっては、「塾代」「習い事代」が、結構かかっているのではないでしょうか。

お子さまの小さい方は幼稚園や保育園代、習い事代が多いのでは?小中学校に入れば教育費はかからなくなる。。。。と、思っていた我が家は、今が一番苦しいです。

まあ、私立中高一貫校に入れたときからなんとなく予想すべきだったのでしょうが、ここまで、いろいろなモノが値上がりするとは思わなかった。公立にいっていればお金はかからなかった? いえいえ、きっと、塾に通っていただろうから、それなりにかかったんだろうなあ。

うちは女の子だから食費はそんなに必要ないが、男の子3人の家庭は大変そう。

毎日一升ちかくのコメを消費しているって話も聞く。

食費が少ない我が家でも、最近はパパのビールを発泡酒にしたりする。

お菓子はプライベートブランドのポテチやらクッキーやらを買ってくる。

少しずつ、少しずつ、貯金も切り崩している。

新聞(日本総研調査)によれば、世帯主が四五歳から五四歳の四人家族で、月額4,795円の負担増になっているんだって。

いつまで続く、この値上げ合戦。

家計の見直し、早いほうがいいかもしれませんね

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

寝坊しちゃった!!

6月から、ワタシは月曜日が休みです。

でも、夫と子ども達はふつーに仕事や学校があります。

なので、休みでもフツーに6時には起きて、ご飯やお弁当を作らなければならないのです。

が、が、やってしまいマシたぁshock

「あれ、お母さん、お弁当は?」

と、MIが来たのが7時。

キャーっっっ

どーしよう。寝坊しちゃったよ。20年ぶりの危機的な寝坊です。

YUは8時に学校に行くので、とりあえず良いとして、MIが出発するのが7時15分。夫は7時40分。お弁当~wobbly

もちろんあわただしい朝は慣れているし、いざとなったらお金を渡して食堂に行ってもらう、というのも手ですが、昨日の残りの牛肉(細切れ)があったので、牛丼弁当。おかずは冷食のオムレツとミニトマト(娘の嫌いな)。あとはサクランボで彩りよく。。。

「だけ?」みたいなお弁当になってしまいましたが、なんとか間に合ったー。(十分に冷ますことは出来ませんでしたが)

MIの朝食?

勝手にあるもので食べていました。

起こしてくれればよかったのにぃ。。。。

もちろんYUと夫にはそれなりの朝食を作りましたけどね。

いやー、ついつい自分が休みだったから、油断しちゃったのかしら。

とりあえずみんなが間に合ってよかったわ。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

東京宝塚劇場 月組公演!

「ME AND MY GIRL」という演目です

席は、なんと、前から4列目の34番。

SS席(ちょっと高い席)があたったのでお友達と見に行きました

宝塚はこれまでもベルバラやエリザベートやら、いろいろ見に行きました

めちゃくちゃファンではありませんが、たまに見ると、あの雰囲気はとってもステキです。

ワタシは特に、最後のレビューがすき。

前の座席で見るラインダンスは圧巻です。

みんな足がピットあがり、地響きがするくらい。

衣装もきらびやかできれい。

昨日の演目では羽を背負って階段を下りてくるのがありませんでした。

こういう演出もあるのねーと感心。

もちろん生オーケストラもよくみえました。

ひとときの夢の世界。また行きたいなあ

こうやって、だんだんはまっていくのでしょうかねえ。。。。coldsweats01

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏の家族旅行

夏休みには、家族で旅行。。。という方も多いのではないかしら。

子どもが小学生未満だと、ちょっと高級旅館に泊まっても(泊まれないけれど)、子ども料金はただだったり、施設使用料のみだったりして良かったのだが、小学生にはいると、小学生料金、中学生は大人料金だ。

しかも子どもが小学校に上がると、平日の旅行は難しい。

土日、夏休み、冬休み、春休みなどのオンシーズンにでかけることになってしまうのだ。

高校生、小学生という我が家では、旅行に行くと、大人3人、小学生1人、休前日料金という扱いになって大変だ。

それで、去年までは、伊豆の『休暇村南伊豆』に3泊していました。ワタシも主人も『お盆休み』というのがないので、それぞれの休暇を調整し、7月下旬とか、8月下旬でお休みを取っていました。海が目の前にひろがる国民休暇村。リーズナブルだし、移動しないから宿泊料のみで、助かっていた。

が、今年は予約が取れなかった。

しかたがないから、どこかさがそうか、、、と思いきや、今年は、MIもYUも塾があって、それぞれずれた期間。ワタシもそんなに続けて休暇は取りにくい。

みんなの予定を合わせたら、今年の旅行は夏一番のピークの時期。お盆の時期になってしまいそうです。

しかも、お盆シーズンだけに、すでに予約は取りにくい状況。

MIは家族旅行なんかもう行きたくない、と言っているし。。。

子どもが大きくなってくると、旅行に行くのも難しくなってくるのね。

ちょっと寂しい夏休みになってしまうかもしれません。。。weep

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

20年後のワタシ

いろいろなご事情で退職された女性がたくさんいる中で、一番多いのは、出産がきっかけの方かもしれない。

育児休業制度がない、あっても使った人がいない、取りにくい、会社の理解がない、夫の理解がない、保育園がない。。。。

もちろん生まれてくる子どもはかわいいんだけれど、心のどこかで、

「辞めなかったらどうだったろう」

なんて考えることがあるかもしれない。

そして、

「この子が大きくなったら働こう」と漠然と考えたりする。

さて、そうはいっても同じ仕事に戻るのは、なかなか難しいようだ。

じゃあ、何をする?

どこに目標を置く?

10年先、20年先、30年先の自分がどうなっているかをイメージしたことはありますか?

ワタシはきっと今の職場のまま辞めずに働き、退職し、、、、その後どうしようか・。。

辞めて生き甲斐のない親父様と同じになってしまう。。。ということはないと思うけれど、「辞めたあとにやりたいこと、これです!!」と自信を持って言えるモノもそうそうないなあ。お金もないし。

10年後も同じような仕事をしているんだろうなあと想像できる。転職はないだろう。

10年後は子どもも成人している。

20年後はおばあちゃんになっているかも。

20年後の自分をイメージして、今から出来ることをやっておく。

何となく生きていても、それなりのストーリーを描いて生きていても、20年なんてあっという間にたってしまうんだろうな。だったら、今から出来ることはやっておいた方がいいんだろうなあ。。。

。。。。ということを、つらつらと感じる日々を送っております。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

だ・か・ら、急に言われても!!

昨日は久しぶりに早く帰ったのです。陽のあるうちに、家に着いたのは久しぶり。

YUは塾に行っていていなかったので、自分の分だけご飯を作り(ダンナとMIはおばあちゃんのうちでごちそうになっていたので)、8時40分に、自転車で、YUを塾まで迎えに行く。

なかなかでてこないYU.

ようやく終わったのは9時10分頃。20分くらい、近くのドラッグストアで時間をつぶしていた。

「おつかれさま~。じゃあ、帰ろうかぁ」

「明日、手芸クラブなんだけど、青いフェルトがないんだ」

「なぜ今言うか~!!!!」annoy

せっかく早く帰ったんだから、早く教えてくれれば。。。。

メールしろって言っているのになァ。

とはいえ、フェルトがないと困るだろう。

仕方ないので、9時30分に家に着いたあと、フェルトが売っていそうな大型ショッピングモールに車で急行。

10時閉店だったので、ぎりぎりせえふ!!

よかったよかった。

お願いだから、前回のクラブの時にわかっていたことなんだから、早く言ってよぉ。weep

結局、いつもと同じような時間になってしまったのでした。

なかなか自分の時間は作れないモノです。。。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

子どもの数、理想は?

日経新聞夕刊(6/10)から

日経新聞の調査によれば、子どもの数、理想は2.38人。実際は1.62人、ということだそうです

実際は理想を下回ると答えた専業主婦にその理由を聞いたところ

「経済的に余裕がない」

がトップ。

「育児負担が重い」

と感じている方も多いよう。帰りの遅いパパは子育ての協力をしてくれない。育児はすべてママの仕事。。。。

ワタシがMIを産んだときからずーっと同じことが問題になっている。育児はすべてママの仕事。。。

それでも最近は、パパが協力的なご家庭も増えたように思う。

10年前とは比べモノにならないのではないかしら。

夫の育児への関わりについて「不満足」「やや不満足」と答えた女性は、専業主婦で20.3%。正社員女性は18.1%

正社員女性は、親や有料育児サービスの助けを得られるが、専業主婦は夫やママ友が頼り。

こんなママ達の姿が浮かんでいるようです。

この調査によれば、専業主婦の20人に1人は、育児に「誰の助けも借りていない」と回答したようです。

お義母さんのお助けがなければワタシもこんなふうに仕事をしていなかっただろうな。

女性が働くのって、ほんとうに、条件がそろっていないと難しいということです。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ゴーヤの一本漬け???じゃないって!

ずいぶん前のことだが、ゴーヤチャンプルーでも食べたいなと思い、立派なゴーヤを購入。

その後、忙しさに紛れ、ずーっっっっと存在を忘れていました。

先日、「あれ、ゴーヤ、買ってあったかな?」と思いつつ、確認を忘れたワタシ。

こんな時は、我が家の冷蔵庫で、たいてい、存在を忘れられた野菜達はミイラ化しているのですが、ゴーヤくんは違いました。

昨日、たまたま、野菜室の隅からぬか漬けのような野菜が。。。。

いやーっっ

久しぶりにやってしまいました

どろどろになったゴーヤです。

保存袋に入れず、スーパーの袋に入れっぱなしだったので、気付かなかったのです。

まるでなすのように紫に変色してしまったゴーヤ君。ごめんね。

食料品値上げの今日この頃、大変もったいない128円でございました。shock

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

YU、塾の成果は? part3

ひさしぶりに、Yuの勉強をのぞいてみた

「Yuちゃんが今日読んだ本のページ数は、全体の3分の1より16ページ少なかった。次の日に、残りの8分の3ページを読んだら、残りが150ページだった。この本は全部で何ページ?」

「わかんないから教えて」と、YU.

「どうやって考えるの?」

「なんか、こうして。。。」と、線分図をかきはじめるYU.

「全部の3分の1より16ページ少ないから、ここまで。ここからここまでを8等分して、今日読んだところが8分の3だから、あ、240ページ。」

と、いうようにぶつぶつ言いながら、すらすらと線分図を書きながら、あらら、なんか一人で解いてしまったよ。

お勉強の好きなお子さんには、きっとパパッと、出来る問題なのかもしれない。

が、YUがこの4ヶ月で、ここまで応用問題が出来るようになっているなんて、びっくりです。

パパのスパルタ式猛特訓が成果をだしつつあるんだなあ。

YUが線分図を書けるなんて。。。crying(うれし泣きです)

あと1年以上あるから、もしかしてお姉ちゃんの学校に行けるかな?なんて、まだまだですが、淡い期待を抱きつつ

「Yu、すごーい・すごいすごい!!」shine

と、ほめまくると

「お母さんの教え方がいいんだよ。」(何も教えてないって。)

子どもの伸びる力ってあなどれません。ちょっと感動しました。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

エコライフデー

今日は、ワタシの住んでいる地域の「エコライフデー」

エコライフDAYとは、年に1日、各地域ごとに定めた日に参加者に地球温暖化防止と環境のことを考えた生活をしていただき、その成果を減らせた二酸化炭素量等の形でまとめ、発表する取り組みです。

と、いうことで、YUがもらってきたチェックシートを一緒にやってみよう。

どんな項目があるのかな。

まず、「食」の項目restaurant

・ご飯やおかずを残さず食べた

・近くの産地でとれたものを食べた

・旬のものを食べた

次が「電気・ガス」の項目flair

・冷蔵庫の扉をすぐ閉めた

・見ていないときは、テレビを消した

・テレビゲームをしなかった

・電化製品を使わないときは、主電源を切るかプラグを抜いた

・お風呂はさめないうちに、みんなで続けて入った。

次が「資源」の項目

・レジ袋をもらわなかった

・環境ラベル(エコマークなど)のついた学用品を使った。

・市のゴミ出しルールに従って分けた

・ぬれた手や汚れを拭くとき、ペーパータオルを使わなかった

次は「水」aquarius

・水を流しっぱなしにしなかった。

・シャンプーやハンドソープなどを使いすぎなかった

最後が「車」car

・車に乗らないで、歩きか自転車、バス、電車で出かけた

さてさて、これで、やっていることに○を付けたところの数字を足すと、自分がどのくらいに酸化炭素を減らせるかが計算できるというモノです。

これは埼玉版です。http://www.kannet-sai.org/ecolife/index.html#2

興味のある方、是非参加してみてね

ちなみに我が家は・・・・

電気付けっぱなし、車に乗らない、、、あたりが怪しいかなあ。あと、お風呂は帰る時間がまちまちだから続けて入れない日も多いかも。

ワタシがいないと家中明かりや電気がついている状況を改善しよう!!

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

児童引き渡し訓練

うちの学校には「児童引き渡し訓練」というものがある。多分、ほかの学校でもあるんだろう。

これは、大規模地震がきたときに、連絡網を回し、自分の子どもを学校まで引取に行く、と言う訓練だ。

平日にやるので、だいたいおじいちゃんにお願いしていたが、今年は休暇を取って、ワタシがYUを引き取りにいった。

(電話連絡訓練には間に合わなかったので、本当のところ、訓練にはなっていない)

こういうときのYUのうれしそうな顔を見ると、「休んで良かったなあ」と思う。こっちをちらちら見て手を振るYU。ますます訓練から遠のいていく。が、マ、いいか。

現実に昼間、学校がある時間に地震があったらどうなるのだろうか。

まず、ワタシもパパもすぐには帰れないだろうな。

連絡網は、うちをとばして次の人へ。でも、昼間いる人は少ないだろうから、そもそも連絡網に意味があるのだろうか。地震があったら、とにかく学校に迎えに行く。迎えが来るまでは子どもは学校においておく。こんなふうにしてもらえないモノだろうか。

実際には、YUはおじいちゃんが迎えに行くことになるのだろう。

MIはどうするんだろう。とりあえず学校に足止めかな。県内だから、いざとなったら3時間も歩けばきっと家に帰れるだろう。でも、道を知らないだろうから、線路沿いに歩いてくることになるのかな。道が分断されていたりしたらどうしよう。やっぱり学校にとどめておいて欲しいなあ。

MIは県内の学校にしておいて良かったなあ。

YUは都内の中学に入れようかと思っているけれど、こういう心配を始めると、やっぱり県内にいた方が安心だなあ。

都内まで通っているお子さんもたくさんいる。通学途中で何かあった場合のことを、よくよく子どもと話し合っておかないとなんですね。

大地震、いつか関東地方に来るのでしょうか?

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

出生率は上昇?

厚生労働省の発表によると、一人の女性が生涯に産むと推定される子どもの数=合計特殊出生率は2007年度は1.34人。

2年連続で上昇したそうだ。

ただし、出生数は3000人ほど減少。

この傾向はしばらく続きそう

増えたのは、団塊ジュニア=30代半ばの第3子なんだそう。

第1子も、第2子も減っている。

第1子をうむママの平均年齢は29.4歳。これは過去最高だそうだ。

第3子が増えたのは、2007年度は生活に余裕がでたことと分析しているようだが、2008年は、生活の余裕がなくなっている感じがするので、来年の発表では出生率はまたまた落ちてしまうかもしれない。

子どもがいるとどうしたってお金がかかる。子どもの預け先がないと働けない。働けないから子供は産めない。。。こんな構図も浮かんでいるようである。

こういう状況になっても、未だ、少子化にかけられている財源は少ない。

もう20年も少子化、少子化、といっているけれども、この傾向は改善されているようには思えない。

高齢者が多くなって、子どもはますます少なくなる。

ワタシ達の子どもがワタシ達くらいになったとき、つまり、ワタシ達がおばあちゃんになったとき、どんな社会になっているのかなあ。

やっぱり、自分のことは自分で何とかなければならない世の中になるのだろうか。

無駄遣いは辞めて、貯金しようかな。。。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

旗振り当番

本日のタイトルを見てピンflairと来る方は、小学生のお母様ではないでしょうか

昨日はワタシは旗振り当番でした

いわゆる、「緑のオバサン」というやつで、交差点などで、小学生の登(下)校を旗を振りながら見守る当番です

ワタシの学校では、通学学区ごとにこの当番が決められていて、ワタシの場合は、だいたい1ヶ月に1回,当番が回ってきます。

前の方が終わって、そのまま旗が回されてくるので、ワタシが翌日旗当番だと知るのは、前日の夜になります。

朝、旗当番をやってから出勤すると、職場に着くのはぎりぎりです。まあ、時間前なので、許してもらっています。

さて、その当番の時、私は出来るだけ、子供達に

「おはよう」

「いってらっしゃい」

を言っていますが、子ども達から「おはようございます」返ってくるのは10人に一人くらい。

目を見て、にこやかに「おはよう」といっても、目を伏せてしまう子、目をそらせる子がたくさんいる。

旗当番は二人でやるのだが、ペアのお母さんは「おはよう」と言わない方もいる。

あいさつしているほうが「変な人」で、しないのが「普通の人」

おうちではあいさつしているかもしれない。学校でも元気よく先生に「おはようございます」と言っているのかもしれない。

が、知らない人であるとはいえ、旗当番は「おかあさんたち」であって、不審者じゃないんだけどな。

MIのときから現在まで、旗振り当番は9年目だ。

年々あいさつをする子が減っている。

子どもに声をかけるママ達も減っている。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

悪天候だけれども

昨日は、初めてのセミナーだった。

が、あいにくのお天気。rain

お子様連れの予約も8件あった。

なので、朝からキャンセルのお電話がくるかもしれない、と覚悟していたのですが、ふたを開けてみると。。。

なんと、キャンセルの方はほとんどおらず、お子様連れの方たちはそれぞれ、カッパを着せたり、ベビーカーに雨よけをしたりして、参加されていた。

ベビーカーを必要とするくらいの年齢のお子様を連れてのお出かけは、大変だ。特に雨の日はつらい。

雨の中、おむつを持って、ミルクを持って、大きなマザーズバックを抱え、傘を差し、カッパを着て、駅の階段を上り下りして、駅から徒歩5分とはいえ、ぬれながら歩き。。。。その歩みは、2才くらいの子だと、5分ではつかないだろう。あちこちさまよいながらゆっくりゆっくり歩いてきたんだろう。荷物があるからだっこもできないし。びしょびしょになってのご到着。本当に、皆さまのご苦労は計り知れない。

それにもかかわらず、セミナーに出席していただいた。本当にありがとうございました。
終了後は皆様、和気あいあいとした感じで、にこやかに談笑されていた。

「参加してよかったな。」と感じていただいたに違いない。

皆さんの満足そうな表情を見て、これまで、忙しかったけれど、そんな大変な思いもどこへやら。本当によかったわー。とりあえず、一安心でした。scissors

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

YU、一人でバスに乗れるかな?

YUは駅前の塾に、自転車で通っている。うちからは自転車で10分くらい。

ワタシの住んでいるところは、ちょーっと危ない感じのするところなので帰りは、MI,パパ、ワタシの3人でローテーションを組んでお迎えに行く。

ところが、最近、お天気が悪い。雨の日は自転車で行けないので、大正生まれのお義父さんに車で送っていってもらっている。

おじいちゃんはカワイイ孫のため、喜んでいってくれるが、お義母さんは心配そう。ワタシも、パパも、おじいちゃんの運転は心配。

なので、バスに乗って、一人で駅まで行けるように練習することにした。はりきるYUは

だいじょうぶだよ!!

とはいうものの、Yuは一人でバスに乗ったことがないので、まずは行き先の確認。最寄りのバス停からは、行き先の違うバスがやってくる。

○○東口行きに乗るんだよ。今のは違うよ。・・・・これも違うね。・・・・、あ、あれだ

一緒にバスに乗って、バスカードの説明。

バスカードは、こっち向きに、ここに入れる。ここからでてくるから忘れずにとって。。。。あとは終点で降りるんだよ。終点というのは、最後まで行くということだよ

2番目の信号で

ここを右に曲がるのが○○東口行き。まっすぐいっちゃったら、間違ったバスに乗ったということだから、とにかく次で降りて歩いて戻っておいで(500メートルくらい歩くかな)

念のため確認

こまったら、電話するか、お母さんにメールすること。家の電話と、おばあちゃんのうちの電話、わかる?(おばあちゃんの方は自信がないようだった)

バスの降り方

アナウンスがあるでしょ?次はどこどこ。これをよく聞いていて、このピンポンを押すの。YUは終点まで行くからおさなくても大丈夫。間違ったときはすぐに押して、次で降りるんだよ。

バスカードで精算

このままここに入れると、大人の料金を取られちゃうの。YUはこどもだから、運転手さんに「子どもです」と言ってからここに入れるんだよ。そう。そしたらここからでてくるカードを忘れずにとってね。

いやー、1回練習したくらいではとてもじゃないけど、一人では行かせられません。また来週もバスの練習かな。でも、YUと二人で出かけることも少なくなったので、ちょっと楽しいひとときでもありました。

6年生になるまでには、一人でバスに乗れるようになるかなあ。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最近のお弁当事情

朝のNHKニュース。幼稚園のお弁当事情。

最近は、お子さまの要望に合わせて、好きなモノしか入れないお母様が増えているらしい。

紹介されていたお弁当は、たとえば、フルーツとご飯と他のおかずが3分の1くらいずつはいったモノ、おにぎりとグラタンとスパゲティ弁当、チャーハンのみ弁当、などなど。

まあ、好きなモノを入れてあげれば、お弁当を残してくることもないだろうから、無理に嫌いなモノばっかりを入れる必要もないんだろうなあとは思いますが。

で、最近の傾向としては、野菜が入っていないお弁当が多いらしい。

お弁当の赤、緑、黄は、本来は栄養を考えてのもの、たとえばトマト、ほうれん草、卵、みたいなモノだったと思うが、トマトがなければかにかま、ほうれん草がなければきれいなピックなど、というように、彩りのための赤、緑、黄、というふうに理解されている方も多いよう。

もちろん、みんながみんな、そういうお弁当ではないだろうし、毎日毎日冷食のみ、というわけでもないと思うけどね。

ワタシも、忙しいなりに、幼稚園弁当、中学生弁当を作り続け、現在も高校生のムスメに毎朝お弁当を作る。隙間を埋めるために、冷食が一品入ることも多い。

MIはプチトマトもブロッコリーも嫌いだ。小さい頃は食べていたけれど、最近は残してくるようになった。「食べなさい」といっても一かけ口にして残してくる。仕方がないからプチトマトもブロッコリーも入れない。代わりに入れるのが、汁が出ないようにするのは大変だが、筑前煮や肉じゃがなどの煮物。または、別容器にサラダを持たせる日もある。

なので、MIのお弁当は、茶色っぽい。それこそバランでも使って彩りを付けないと、親父っぽいお弁当になってしまう。しかも、ご飯は残してくるし。

YUは、今のところ、毎週水曜日だけ塾に弁当を持っていく。Yuはプチトマトもブロッコリーも煮物も大好きなうえに白いご飯が大好きなので、残さず何でも食べてきてくれる。

それでも、これからも、毎日毎日お弁当生活は続く。夏休みも部活や金管クラブでMiもYUもお弁当だからね。もう、日課になってしまっているが、夜遅く帰ってきた日は、翌日の弁当の用意をするが大変なこともある。

きれいなおいしそうなお弁当を毎日作っているお母さん達のブログを見るたびに、すごいなあと感心しています。簡単に作れそうなレシピや詰め方の工夫など、参考させていただいております

お弁当づくり、これからもがんばりろうっと!!happy02

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

相談の先にある課題

先日、ある方とお話をしていて

「女性のための相談やセミナーはとっても良いことなんだけれど、結局保育園がないと働けないのよね。せっかく意欲が高まってもはしごを外されたことになっちゃうこともあるかも」

そうなのです。

ワタシ達はお仕事の相談やセミナーをやりますが、保育園は作れないのです。就職の職業紹介もやっていません。

「女性が働くために出来ること」のほんの一部分を担っているだけなのです。

で、せっかくお仕事をやろうと思っても、確かに、保育園は定員いっぱいで入れない、という話をよく聞きます。仕事を探そうにも、小さな子供を預かってくれるところがないため、面接にも行けない、というお話も伺います。

結局、そういうところをすべて解決することは出来ないのですが、「じゃあ、やらない方が良かったの?」というと、毎日お電話はたくさんかかってきます。セミナーは、日によってはすでに定員になってしまって、お断りしている状況です。。。。

今日の日経新聞によれば

「出生率2年連続上昇。出生数は微減」ということや、社会保障給付費に占める少子化対策費の割合は4%にすぎないこと、高齢者世代への配分が手厚いこともあり、少ない財源をどう配分するかが焦点となっていること、などがかかれていました。

保育園の設置や、そのほかの対策など、どこに重点を置くにしろ、すぐにすべてのみなさんが保育園を利用できる状況に改善されるためには時間もかかりそう。

これから先、事業を行う上での課題はたくさんありそうです。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »