« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

寒さ、疲れに夫ダウン?

今日、ワタシは遠くの方でセミナー

家から2時間半ほどの山間の場所

で、ほんっとうに寒かったんです

電車では暖房が入っていたくらい

電車の本数も少なく、待ち時間が30分くらい

これがまた寒い

セミナー会場も寒い

風邪引いちゃいそう。。。。

でね、家に帰ってくると、今、夫が風邪でダウンしています

あらラー、ワタシは風邪なんかひいていられませんねえ。。。明日も仕事だしネ。

このパソコンの置いてある部屋なので、これを更新したら撤退します

今日はこれでおしまい。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

家庭科の副教材がない!!

2~3日前からない、ないといって騒いでいたYU

日曜日に汚い机の上を整理しながら、徹底的に大掃除

が、でてこなかった。。。。

もしかして学校にある?今日先生に聞いてきたYU

「ありません」だって。

ただのノートならその辺で買えばよいのですが、副教材のノート

教科書を売っているような書店で取り扱っているのでしょうか

探し方が甘いのかなあ

YUの机の中、本棚、机の下、押入、リビング、パパの書斎、ワタシの部屋。

あと残るはMIの机の周り。

忘れ物が多く、なくし物も多いYUだが教科書関係は初めてだ

ワタシがちゃんと片付けしてやればよかったのだが、もう5年生だしなあ。。。。

いつも言っているの

「YUちゃん、勉強は、机の周りを整理するところからだよ。いつもきれいにしておきなさい」

「はーい」と元気よく返事をするが、机の上はまあ、いろんな物が。。。。

今回は机の中からジュースの空き缶も3本発見!!!

お恥ずかしい限りです。

明日、学校の先生にお手紙を書こうと思います。

教材はどうやって入手したらよいのでしょうってね。恥ずかしいですねええ

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

職場のコミュニケーション

ワタシの職場は現在常時6人で仕事をしています。

職場内は子育て経験のあるスタッフ(ワタシも含め)のほか、独身者、子どものいない人、いろいろだ。

年齢は40代前後の人が多いので、話題には事欠かない

20代の頃、初めて仕事をしたときは、ワタシのほか20代の女性がいない職場だった。

みんな40代以上の子持ちの方で、女性スタッフとは全く話が合わなかったなあ。。。。

現在はそういうことで、職場のコミュニケーションはとてもよいのですが、出張先でのスタッフの方とはやはりいろいろありますね

電話でやりとりをするので、説明不足のこともあったり、お互いの思い違いがあったりすることもある。

まあ、会ってお話をして、「ああ、こういう人なんだなあ」と思う方もいる。

世の中、いろいろな人がいるので、どうしても「合わない人」や「苦手な人」っているものだ。

そういう方とのつきあいを避けこともできないので、大人の対応をして、「いろんな人がいるもんだ」と自分を納得させる。

まあ、自分も他人からそんな風に思われることもあるんだろう。

できるだけ誤解を生まないよう、よくよく話を聞くこと、こちらから丁寧にご説明することが大切なんだろうなあ。

いろいろな場面でいろいろな人に遭遇する。イヤー、仕事って面白いですねえ。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

塾との相性

今日もYUは塾へ出かけていきました。

この塾、まあ、県内のいろいろなところにある小学生向けの進学塾

家から通いやすい、という理由で選び、お姉ちゃんの時もお世話になった

が、お姉ちゃんの時には感じなかった不満がたくさんでてきた。

先日も、冬期講習の説明を求めて電話したのに、「説明会がありますのでそのときでよいですか?」だって。今聞きたいから電話してるのにねえ。

「日程の変更をお願いするかもしれないので、日程を確認したいのですが」(ワタシ)

「変更はあとでもできますよ」

そうなのかもしれないけれど、聞きたいことに答えてくれないのはなぜ?

塾のスタッフが変わったからなのか、いわゆる有名校への進学があり得ない成績のYUだからぞんざいに扱われているのか(なんて被害妄想までしちゃいます)

塾に行っているから合格できるわけではない、そこまで塾には期待していない、というワタシの思惑が通じちゃっているのか。

まあ、とにかく、成績が上がるようでもないし、YUにはちょっと難しい問題も多いので、最近転塾も考えています。

信頼できる塾が見つかるといいんですけどねえ。。。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ニッポンのサラリーマン

今日は久しぶりに残業になっちゃった

で、10時頃の電車に乗る。

月曜日だというのに、結構飲んで帰るお父さん達がたくさんいた。

まあ、月曜日だから、早めに切り上げたのかな。

同じ車両に乗っていた上司と部下と思われるオジサンたち二人。

「だから佐藤はだめなんだよ。その点杉山はいいよ、おまえは地味だけど素直だよな。素直すぎるんだよな。本当に素直すぎだよな。」

「はあ。。。」

「オレに嫌われて上手くやっていけたやつはいないんだよ。」

「はあ。。。」

「佐藤は何もわかってないんだよなあ。あいつはまだ子どもだよ。オレに任せておけばいいんだよ」

何の話かはわからないが「オレ様」が杉山さん(仮名)に自説を説いているらしい。杉山さんは「はあ。。」しか言わない。オレ様の独演場と化している。またこのオレ様、声が大きい。車両中に響くオレ様の太い声。。。。

いろいろあるんだろうなあ。サラリーマンもこの時代、つらいことがいっぱいあるんだろう。

ワタシの職場にはこういうオレ様はいない。オレ様と同じ職場だと、何かとストレスがたまりそうだなあ、、、と思いながら、20分、オレ様の演説を聴かされたワタシでございます。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

私立中高一貫校の魅力

高校1年生のMIが悩んでいる

来年の授業の選択科目をどうしようか、ということらしい。

公立高校の場合、高校2年生で受けなければいけない授業がたくさんあるのだろうが、MIの学校は多くの私立同様、高2からは必修科目のほか、自分の大学受験に合った教科を選択できる、というわけだ。

文系・理系クラスに分かれるのだが、その中でさらに、自分にあった教科を選択する。

私立文系まっしぐら、という場合は、たとえば、英語だけを重点的に履修することも可能だ。

もちろんその場合でも、必修の数学や理科も多少は残るのだが、やはり次の1年、じっくりと大学受験に備えることができる。

ここに来て、「先取り教育」ってこういうものだったのねえと実感している。

ただ、高1の段階で、すでに、大学受験の科目を頭に入れつつ選択しなければならないので、MIのように「どうしようかなあ」なんていうのんびり屋さんは結構悩む

「○○になりたい」「○○大学に行きたい」とすでに決めている子にとっては、高2の1年はきっと勉強にはとってもよい1年になるんじゃないかな。

さてさて、数学の嫌いなMIは文系を選択。あとは、英語漬けにするか、理科も取るか悩んでいる。

この間終わったと思った中学受験だが、目の前にはもう大学受験。

MIさん、そろそろ本気で勉強モードに入らないと、大変だよー。と心の中でエールを送る母であった。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

がんばれ、お父さん

今日は、市の文化ホールでYUたちの金管クラブの発表会があった

で、お母さん達が、大きな楽器の積み込みなどのお手伝いをすることになり、ワタシも朝からお手伝い。

トラックに、ティンパニーやトロンボーンなどを積み込むそばで、ぼーっと突っ立っているオジサンがいる。

アラー、何かしらこの人。ちょっと不審者みたいな感じ。。。。

そして、楽器が何とか積み終わり、トラック学校を出発

先生がお母さん達に「ありがとうございました。では、ホールでお待ちしていますね」

みんなで先生のトラックを見送る。

その中に、さっきのぼーっとしたオジサンが。。。。

そうか、お父さんが、楽器の積み込みを手伝いに来てくれたのね。ようやく気付きました。

だって遠くからぼーっと眺めてるんだもん。変な人じゃなかったのね

お母さん達のパワーに入ってこられなかったお父さんなんだろう。お手伝いの気持ちはあったのか、なかったのか、まあ、こういうところに慣れていないお父さんもいるからね。

お父さん、お疲れさまでした。今度は一声かけてね。せっかく来たんだから、力仕事、手伝って欲しかったよーgawk

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

中学校選択に関する調査 ~ベネッセ教育研究開発センター~

という報告がベネッセの教育研究開発センターのHPに載っていた

中学校選択に関する調査報告書

全国の公立小学校に通う6年生とその保護者を対象とした調査だ(2007年12月)

中学受験を考えている保護者は男女合わせて13.2%。成績が上位であるほど中学受験をする傾向があるようだ

頼りにしている受験の情報源は、やはり学校見学や説明会が9割。それから学校のHPや塾の情報など。学校見学は受験生にとっては必須でしょう

首都圏や関西圏では私立を第1志望にする傾向が強く、そうした中でも中高一貫校を志望する方も多いようだ

気になる教育費だが、受験させる予定のある方の教育費は、月平均5から10万円と答えている方が最も多い、特にこれは、私立の中学校を志望するところで多くなっている。

私立校への希望が高まる中、やはり教育費は大きな負担。パパ一人でゆったりと構えていられるお宅も少なくなっているのでは?

我が家は共働きだけれど、やはり、二人の教育費はとても痛い。

食費を切りつめたり、欲しい物をがまんしたり。。。

もちろん、私立中学がすべてではないのですが、選択したからにはがんばって合格させたいからね。我が家はまだ五年生だけれど、来年は塾代もさらに上がるんだろうなあ。。。。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

お義母さんとワタシ

ワタシはMIが生まれたときから夫の両親と同居している。

が、みなさんの想像するようなトラブルはほとんどなく、今日まで平和にやってきた

実際、お義母さんがいなかったら、今のような、「いつでも残業OKでーす」という働き方はできなかっただろう。

我が家では、平日の子ども達の夕御飯はお義母さんが作ってくれる

だから、夕食が炭水化物主体の料理であっても、ワタシは文句言わない。

お義母さんも、MIがご飯を残しても、「MIちゃんはあまり食べないのよ」くらいしか言わない。

YUの水着はお義母さんが洗ってくれるし、玄関やお庭の掃除もお義母さん

ワタシは特別にあれこれ注文もしないし、文句も言わないし、お義母さんも何も言わない。

お互いの生活には口を出さないのが我が家の同居の秘訣かも

でもね、たまーには「あれれ」ってことはあるんですよ。

だからきっと、お義母さんも、「まあ、ウチの嫁は××で。。。」と思うこともたくさんあるに違いない。

先日は、ワタシが大好きな庭にある紅葉の木を見事にバッサリ処分していた。

「あらー。紅葉、切っちゃったんですね」(ワタシ)

「落ち葉がすごいし、イラガもたくさんでるのよ。ご近所さんにもご迷惑かけるしね」(義母)

そうなんだけど、正直ちょーっとさみしかったなあ。ま、お庭の管理はお義母さんにお願いしているので、なんだかんだ口を挟むトコロじゃないんだけどね。

お義母さんががまんしていることもたっくさんあるに違いない。

ワタシがO型のためか、何も気付かないだけなのかもね。

ほんと、これからはお義母さんの体調も心配だ。決してよい嫁ではないけれど、お義母さん、本当に感謝しています。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

YUは素直で優しい子

今日は、ワタシは休暇だったのだが、学校公開日が設定されていたので、(朝から夕方まで、自由に学校に出入りできます)、参観日ということでYUを見に行った。

1時間目。海浜学校の感想を、一人ずつ発表する授業。

原稿を持ってしゃべるのだが、はきはきした子に混じって、例によってYUは消えそうな声で、つっかえつっかえ、でも、一生懸命発表していた。

消えちゃいそうな子が3人ほどいたのだが、YUはそのうちの一人。個性といえばよいのだが、ちょっと将来が心配です。

1時間目で帰ろうと思っていると、YUが来て、「お母さん、次、音楽だから聞いていって。」だって。

校内音楽会の練習だ。合唱と、合奏。YUは、合奏で、アコーディオンでリードを弾く。音楽では積極的だ。アラジンの王子様のパレードの曲(題名は知りません)。まだまだ練習不足でしたが、がんばるYUがうれしかった。

中抜けして、最後の授業のクラブに行った。手芸クラブでマフラーを編んでいる。

みんな、クラスの仲のよい子同士でおしゃべりしながら編む中、YUはちょっと離れたところで一人で一生懸命、おしゃべりもしないで熱中していた。

好きな物への集中力はすごい。これが勉強だったらなあ、なんて思うのは親だけかな。

YUを見ていると、顧問の先生がやってきて

「YUちゃん、今日、だれもいない階段の下を、一人で一生懸命掃いてくれていました。担任の先生にもよくお伝えしておきますね」

だって。

そうなのだ。YUは目立つことは大嫌いだけれど、人に優しいし、一生懸命だし、人のいやがることもやってくれる。縁の下の力持ち。

勉強勉強っていっている自分がちょっと嫌になった。YUのいいところ、こんなところだったんだなあ。あらためて、ゆっくり、マイペースで人に合わせることは苦手だけれど、自分のやりたいことはしっかりとやるYU。勉強が嫌いでもいいじゃない。

M先生、YUを褒めてくれてありがとうございました。

YUが先生に褒められるのを聞くのは初めてです。ちょっとしたことなのですが、本当にうれしかったなあ。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

Wii Music をやってみる

はい、昨日MIの誕生日プレゼントとして購入したWii Musicです。

ちょっと前に発売されたばかりの新作です

テレビのCMで、おばあちゃんとかがリモコンを振っているのを御覧になった方も多いはず。

なーんだ、誰にでもできる、単純なゲームじゃん

と、バカにしてかかっていたら、結構これが難しいんだなあ

ワタシは、ぬんちゃくづかいがヘタなので、吹奏楽系の楽器にチャレンジ。知っている曲なのに、なかなかリズムが合わなかったりして悔しい!

家族4人で合奏できるのもよい。

無理矢理パパも参加してもらって、4人でドレミの歌なんぞを合奏してみる。

うーん。いい感じ。

家族が会話する機会が少ない今日、こういうゲームはいいかもしれないね。

合奏した曲を自分たちのミュージッククリップにして保存できて、CDジャケットまで作成できてしまうの

MI,YU、ワタシの3人はこんな感じです。

曲は、ポリスのWii 「見つめていたい」

リードのハーモニカを吹くのはワタシ。ドラムがMI。タンバリン(?)がYUね

80年代ヒットソングがたくさんはいっているのも、親世代をねらってのゲームだからかな

なんだかんだいって、結構盛り上がっちゃいました

Wii Music,楽しいです。楽器のできない方も、リズムさえとれれば大丈夫です。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

イオンレイクタウン(越谷市)に行って来ました(*^_^*)

10月にオープンした、日本最大級のショッピングモールです。イオンレイクタウン

テレビなどでも紹介していたようですが、端から端まで1㌔あるとか。

そりゃーオーバーなんじゃないのぉと思って行きましたが、ホントに広かったです。

今日は、YUも勉強はお休みして、MIと3人で出かけました。パパはお留守番です。

大渋滞する、なんて聞いていたので電車で行こうか迷いました。電車の駅は、武蔵野線でレイクタウン駅というのができていて、歩いてすぐなのです。

MIが学校帰りに下見に行っていた(まっすぐ帰ってこーい。)ので、電車もいいかな、と思ったのですが、まあ、朝一番なら大丈夫だろうと思い、車でお出かけ。電車でも車でも30分くらいのトコロです。

まあ、ほんとに広かった。すっごい人でした。渋谷の駅を歩いているみたい。

「MORI」というゾーンと「KAZE」というゾーンを結ぶ通路が人がいっぱいで歩けない。

早めの食事はMORIのなかの「パステル」というパスタの店。食事が終わって外にでると、行列ができていました。

お店はといえば、そうですねえ。。。30代くらいのファミリー層向けのショップが多いように感じました。MIの誕生日のプレゼントを買おうと思ったのですが、MI向けのお店はあまりありませんでした。INGNIとBye Byeくらいかな。さすがに109みたいなお店、というわけにはいきません。

二つのゾーンが、それぞれ、同じような品揃えのような気がしたので、もうちょっと、都内にしかないようなしゃれた店でもあればいいのになァ、というのが私の感想でした。

まあ、近くの人はよいですよね。親子連れがとっても多かったわ。我が家はパパも一緒に買い物に行くことはなくなったので、これからは女3人で出かけることになるのかな。ま、わざわざ30分かけていくことはもうないかもしれません

MIは、気に入った物がなかったので、お誕生日プレゼントはなぜかWii Music。あらら。ゲームでよいのね。

いえいえ、欲しかった鞄はやっぱり新宿で買いたいってさ。とほほ。。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

男と女のスーパーでの買い方の違い。。。?

セミナーの中でも、カウンセラーさんが話題にするネタの一つに、買い物の仕方の違いがある。

ママ達は、夕食の買い物をするときに、どこのスーパーは何が安くて、何が新鮮で、という情報をよく知っているので、無駄な動きはしない。無駄遣いもしない。

また、おうちの冷蔵庫の中に何があるかも考えるし、一つの食材をその日に使い切るか、数日に分けて使うか、プロデュースする。

そう、主婦は家事のプロデューサー。買い物一つにも手を抜かない物だ。

が、パパ達はどうかな?

パパの手料理は食材費が高くなるなんて話を聞いたことがありませんか?

ここで買えば298円なので絶対にあっちでは買わない物を、あそこの店で400円で購入してきたりする。

その場で欲しい物を買うので、「あー。これはいらないのになァ」なんて物が増えたりする。

そんなことを考えると、やっぱり主婦は総合的にいろいろなことを計画しながら日々行っているのだと思う。

だから、よく「私なんか専業主婦で、特別な資格もないし」とおっしゃる方がいるのだが、それこそ強みにすればよい。

フツーの事務には「パソコンの資格」なんていらない。もちろん、パソコンができないと、今時の事務には困るだろうけれど、インターネットでキーボード、打てる方だったら、パソコンなんて、仕事を始めてからやりながら覚えればいいのだ。(キーボードは打てないと困るけどね)。

そんなこんな、今日のパパの買ってきた物をみて、つらつら思いを巡らしてしまいました。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

世間は狭い!!

本日は、県の北部地域で出張セミナーでした。

講師の先生と駅で待ち合わせ(初対面です)、年齢が近いこともあり、楽しく会話しながらセミナー会場へ。無事に仕事を終え、帰りの電車の中で、雑談していると、

なんと、彼女のお知り合いが、ワタシの学生の時の友達であることが判明!!

イヤー、びっくりしましたね

こんなところで、彼女とつながるなんてねえ。

そういえば、先日のYUが受験した模試の会場には、ブログにコメントをいただいているChieちゃんパパさんもいらっしゃったらしい。

ディズニーランドなんかでは、学校が休みの開校記念日に行くと、必ずクラスの誰かに遭遇したものだ。

もっとすごいのは、昔、新婚旅行の時、乗り継ぎのアンカレッジ空港のベンチで座っていたら、後ろに座っていた方が、偶然、夫のお友達だったこともある。

日本中で、世界中で、誰かとつながっているのかもしれません

ブログでお知り合いになったみなさんとも、いつかどこかでお会いすることがあるのかもしれません。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

YUからの手紙

海浜学校3日目が終了し、あすはいよいよYUが帰って来るという日。

YUから1通の手紙が届いていた。

家族に手紙を出す、というものだ。

YUはもともと手紙とか作文とかは苦手です。お友達は、いろいろなお手紙のあとに、絵を描いたり、工夫をしたりしますが、YUはあっさりと用件だけを書く子です。感想文にいたってはあらすじの羅列がずーっと書いてあって、最後に「おもしろかったです」

もっと何か書きなさいと言うと、あらすじの羅列のあとに「私は、すごいな、と思いました」「ちょっとびっくりしました。」がちりばめられている。

なので、今回の手紙も、「手紙出すからね」とは言われていたけれど、全然期待していなかった。

お母さん、お父さん、お姉ちゃん、おばあちゃん、おじいちゃん!!

はじめて「おおぬき」だよ。今日わたしはごきげんで~す。わたしのたべたくないカレーはぜんぶたべられたよ。

貝を帰ってきた時見せてあげるね☆(^o^)

そして、貝のイラストが数点添えてあった。

絵が描いてあるなんて初めてだなあ。

お母さんが一番最初に書いてあるのも、「よしよし」という感じ。宛名にも、わたしの名前が一番最初に書いてあった。

作文は、とっても上手、とはとても言えないかもしれませんが、YUにしては上出来です。いつもの3倍はいろいろ書いてあります。しかもきれいな字で書いてありました。

色鉛筆も使ってあって、海の家にいるらしい雰囲気のでている感じになっていました。

ちょっとウレシイ、YUの成長を感じることのできた1通の手紙でした。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

食事メニューの考え方

働いていても、働いていなくても、家族のご飯を作るお母さん達は、日々のメニューに苦労されていることに違いない。

ワタシは、ちょっと前まではいろいろ冷蔵庫にある物で、適当にご飯を作っていたのですが、最近ゆみぴいさんのブログを見て、ちょっと反省いたしました。

同じアリ物でも、いろいろな調理の仕方があるものだ

マヨネーズを使ってみる、創作ソースを作ってみる、などなど。

もちろんワタシにはとっても作れない物もたくさんあるけれど、自分流にアレンジして、より簡単にしたり、チャレンジしたりして、以前は苦痛だった夕食のメニューも楽しくなってきた。

仕事帰りの電車の中、和風か洋風か中華にするかをざっと考え、家にある物を考えながら、足りない素材を駅前のスーパーでちゃちゃっとそろえて家に帰ります。

もちろん、スーパーを徘徊している間にメニューが変わることもありますが、ここ数ヶ月で、レパートリーも増え、家族からも好評です。

やればできるじゃん。ワタシ。なんて自分を褒めたりしてます。

ただし、ウチには大きなネズミ(パパ)と小さなネズミ(YU)がいるので要注意。

冷や飯を使ってチャーハンにしようなんて考えて帰ってきても、炊飯器の中が空っぽ。チーズを使ってイタリアンなんて考えていると、おつまみにされちゃっていてなくなっている。なんてことがよくよくあるのです。

明日の朝食は今日の残りのレーズンパンを焼こう、なんて思っていて、食パンを買ってこなかったのですが、さっきまであったのに、今はない。大きなネズミが食べちゃったのでした。明日の朝はホットケーキにしよう。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

YUのいない4日間

今日からYUは、千葉県での海浜学校に参加である。

ちょっと雨が心配だが、今頃は、ご飯を食べ終え、他校のみんなと交流会かな

おもえば、MIは一人でお泊まりすることも多かったけれど(おばあちゃんのウチやお友達のウチ)YUは一人でお泊まりしたこと、あったかなあ。

今日は、学校行事なので、一人ではないけれど、親元を離れるのは初めてかも。

昨日は楽しみで眠れなかったんだって。

キャンドルファイヤーでは、司会の大役を仰せつかったようで、張り切っていた。

小学校に入った頃は、引っ込み思案で、お友達もできずに(マイペースなので作らずに?)一人で遊んでいたYUだが、バトンの友達を中心に、ようやく仲良しグループができてきたようだ。

誰とでも仲良くするけれども、特定の仲良しさんのいなかったYUもようやく親しいお友達ができたんだなあ

一方のワタシはちょっと、いえいえ、とっても寂しいです。

YUのいない家は火が消えたみたいです。

パパとMIと3人で囲む食卓は静かでした。

子どもが大人になっていくって、ウレシイのですが、ちょっぴりさみしいものですね

まだまだYUには赤ちゃんでいて欲しかったなあ。

YU、今日から4日間、楽しんできてね。happy01

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (11) | トラックバック (0)

私立中学校の学校説明会に参加して

今日は統一模試だったので、試験会場となっている文教学院大学女子中学校の説明会を聞いてみた。

この学校は、駒込駅から徒歩3分。駅のすぐ近く。学校の前には六義園(りくぎえん)という徳川綱吉ゆかりの公園がある。近隣の住宅街にマンションはなく、いわゆる「豪邸」が並んでいる。イヤー。都会のこんなトコロに、こーんな広い敷地を持つ住宅地がたくさんあるなんて。。。いったいどんなお方が住んでいるのやら

まあ、環境としてはとてもよいですね。落ち着いていてしずかだ。

学校の施設は。。。?

中学棟は見学できなかったのですが、会場となっていた高校棟は地上3階、地下?階。地下にホールがあって、そこでの説明会でした。平成15年に新築されたとかで、まだまだ新しい。トイレは木を意識した作りで、きれいだった。

受験についてですが

4回受験できて、4回受験しても1回受験しても受験料は2万円。しかも、ある程度以上の成績を取った子は学費免除。

受験は、国語と算数の基礎が必須で、ほか、算数応用、理科、社会、英語8題出題される中から、得意な2科を選んで受験。

開校80年ほどの歴史を持ち、「運針」があるトコロなど、お隣の豊島みたい。

体験学習が充実していて、学年ごとに軽井沢や館山に行ったり、上野の博物館などで学習があるらしい。お茶やお花も教えてくれる

もともと「女子教育」を掲げて出発した学校とのこと。生活面もきちんとしていそうだ。

学習面では、6時間目が終わったあとに塾の講師を呼んでの補習があるなど、できる子にも、できない子にも目を配ってくれるとか。

最近は人気がでてきて、志望者が増えているらしい。

部活はバレーボールなど運動系が盛んなのかな。

大学が併設なので、ほぼ全員が推薦をもらっているとのこと。推薦をもらいつつ、他の大学も併願できるので、併設校に行く方は3割程度とのことでした。

YUにいいかもしれないので、要チェックです。候補にくわえてみようかな。

過去問をもらってきたけれど、YUにもできそうな問題がたくさんあった。高校からも入学アリ。高入りの場合、偏差値で10はあがってしまいます。これ以上人気が高まらないで欲しいなあ。来年は志望者が減って欲しいと願うワタシでした。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

私立中学校学校説明会に行こう

今日は、お天気もよいし。前項の文化祭日和。

ということで出かけようと思ったのですが、明日統一模試だったことに気付き、断念。

あさってからは、学校の体験学習で3泊4日で千葉県へ

午前中は旅行の準備をし、午後から勉強だ

もう文化祭シーズンも終わりなので、結局YUが行ったのは、お姉ちゃんの学校ともう一つだけ。(お姉ちゃんの学校は、憧れに終わってしまいそうですけどね)

なので、明日は、学校説明会がついている学校で模試を受ける。

学力は決して高くはない学校、YUにとってどうかなあというところだ。説明会や学校の雰囲気をよーく見てこなくちゃ。

無理して学校に入って、苦しい6年間をすごすより、自分に合った学校で楽しく6年間(女子大付きなら10年間)を過ごし、すきなことをやるのもいいじゃないですか

MIのときは、雙葉 、豊島、白百合、共立、大妻、浦和明の星という、女子校ばっかり選んで説明会を聞きました。

豊島、共立、大妻では、学校側から「勉強がんばってやらせます。6年後をお楽しみに」という意欲が伝わってきた。

残りの学校は「有意義な6年間となるよう、お嬢様をお預かりいたします」的なお話だった。

もちろん、これは4年も前のことで、現在どういう話をしているのかはわからない。でも、説明会ではそれぞれの校風が全然違うのを感じたものだ。もちろん、ワタシの主観だけれどね。

学校説明会は、その学校の校風や、学習に対する姿勢、雰囲気がよくわかるので、文化祭を逃してしまった方は、これから12月頃までの間にリサーチすることをおすすめします。

なかには、子どもと同伴が可能だったり、学校の施設案内がついていたりする学校もあります。予約制だったり、模試に付随していたりするケースもあるので、子どもには調べられないこういう事こそ、親ががんばって調べてあげましょう。

もちろん、6年生のご両親のみなさまは、そろそろ過去問に取り組み、ここ3ヶ月がさらに大変になってくるのですけどね。

小学生のみんな、楽しいこともがまんしてだけれど、その先に、きっと楽しいことが待っているよー。YUも今は大変だけれど、がんばろうね!!

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

○○詐欺にあわない秘訣?

今日の日経新聞夕刊に載っていた

相変わらず「振り込め詐欺」「オレオレ詐欺」の被害がなくならないとのこと

身近にそんな話を聞いたこと、ありますか?

①ワタシの元上司の場合(今から4年ほど前)

勤務中に、家から電話がかかってくる。奥様から。「なんだか、ムスメが交通事故にあったという電話なんだけれど、妻の言うことがよくわからない。ムスメに電話が通じない。電話口で泣いているみたい」

聞いていた部下のワタシ達。「それ、今はやりのオレオレ詐欺じゃないですか?」

お嬢様の電話はずーっと話し中になっていて、確認がとれなかったとのこと。幸い、奥様に「それは詐欺だから」と説得して事なきを得たようだ

②ワタシの場合

おばあちゃんのうちに、「黒猫ヤマト」と名乗る業者から電話。学校で注文した上履きについて、住所が確認できない人が数人いる。どうしても今日中に届けなければならない。名簿を教えてもらえないか」

ね、今こうやって読むと「こんなの詐欺に決まってるじゃん」と思うでしょ?ところが、この電話の最中は、人のよいワタシは困った人を助けなくちゃ、という思いがあった。が、一応、「学校に聞いたらどうですか?」すると業者は

教頭先生に聞いたら、父兄に聞いてくれと言われたので、住所をわかる人だけでよいので教えてください

だって。ワタシ。「今、手元に名簿がないので、こちらからかけ直します。」すると業者は、あとで電話するという。

ワタシはすぐ学校に電話し、そんな事実のないことを確認。その後、業者からの電話にはおばあちゃんが対応し、「嫁は学校に行きました」業者は「ちっ」と舌打ちして電話を切ったそうです

5年後、ダンナが同じ電話を受けました

ダンナ「いま、妻がいないので名簿がどこにあるかわからない。あとでまた電話してください」だって。名簿があったら、ファックスするつもりだったんだって

みんな、だまされているという認識がない。どうしてそんなのにだまされちゃうの?と思うでしょう?でも、ホントに、だまされちゃうんだよ。

で、やっぱり、事なきを得たのは「一呼吸」置いたから

もし「本当に」、なんて思っても、すぐに行動を起こさず、一回冷静になることが何より大事です。本当です。結構だまされちゃうんですよー。自分は大丈夫、と思っていてもね。気を付けましょう!!

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

子育てしながら働く秘訣?

我が家のムスメ達は小五と高一。だいぶ手がかからなくなり、本当に楽になった

とはいえ、小さい頃とは全く別のことで悩まされることは多い

・携帯やパソコンのトラブル

・中学受験、大学受験

・いじめがあったらどうしよう

・非行に走ったらどうしよう

・思春期のイライラによる親とのトラブル

などなど。お子ちゃまが小さい頃には全く考えなかった事ばかり。これからも、その年齢年齢ごとに、違う悩み事が出てくるに違いない。

10年前はどうだったろう。YU1歳。MI6歳。

幼稚園児と乳児を抱えて働くワタシ。残業も多かったなあ。

お義母さんにお願いしたり、夫と調整したり、家事を省いたり。

夜のつきあいに行けるようになったのはYUが幼稚園に入ってから。じーっと耐えていたんだなあ

幼稚園では手作りグッズに悩まされたけれど、がんばって作ったなあ。

家事も、仕事も、100%ではないけれど、できるところをやり、できないところはやらなかった。当たり前のことだけど、これが秘訣かも。

ぼーっとしている時間はなかったので、いつも仕事か、家事か、何かやって動いていた。

小学校の役員もやった。2人で3回、回ってきた。1回は広報。1回は交通部だけれどくじで副部長になってしまい、大変だった。あと1回は学年部

が、やっぱり役員は、今思えばやっておいてよかったなあ。友達ができたし。学校のこともよくわかったし。

そう、あとは、なんでも「嫌だなあ」と思ってやるのではなく、「どうせやるなら自分なりに改善したり、楽しくしたり」というプラス思考だろうか。

できないからやらない、ではなく、できるように工夫する。仕事も、家事も、やっぱりそいう積み重ねこそが、両立の秘訣なんじゃないだろうか

なんて、今、自分を振り返って見ると、セミナーの時に先生がおっしゃることをやってきたような感じがする。

だから、今大変なみなさんも、ぜひぜひ、前向きに、まずはやってみようよ、と声をかけたい。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

学校の準備は前の日に(やっていますか?)

ハイ、その通りです。

YUは朝準備をする子です。

何回言っても、ワタシが遅いときは携帯に電話するように言っても、朝用意をします。。。。

こういうのは一事が万事なので、受験の時に困るだろうと思い、なるべく自分で前の日にやらせるようにしているのですが。。。。

で、昨日は、宴会の時にYUから電話があって「マフラーの毛糸が欲しい」もう8時回っているし、どうしようとお店の人に聞くと9時まで空いている100円ショップがあるとのこと。

まだまだ宴たけなわなのに、毛糸を買いに行くワタシ。

まあ、よかったよ。間に合って。。。。

と思っていたら、今朝のこと

「自分で縫ったぞうきんをもってくる、っていう宿題がある」

なにいいい。マフラーより雑巾だろう!!punch どうして今言うかなあ。。。

手縫いのぞうきんが、しかも自分で縫った雑巾が、5分や10分でできるはずないじゃないですか。

「もう間に合わないから、先生に正直に忘れたって言いなさい」

こういう子が数人いたらしい。

昨日はワタシも帰りが遅かったので、宿題チェックが甘かった。

YU、今、ぞうきん縫っています。coldsweats01

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

YU、マフラーに初挑戦

マフラーなんか編んでいる場合じゃあないのですが、家庭科クラブで編み物をやることになりました

もちろんYUは初めて。不器用なYU、どこまで頑張れるでしょうか

私は編み物は嫌いではなかったので、子供のおクルミやくまちゃんの刺しゅう入りのセーター、縄あみなどを駆使した自分用のセーター、ニットスーツなど、いろいろ編んだものだ

最後に編んだのは、MIが小学校4年生の時のレモンイエローのカーディガン。模様編みやら、かぎ針でお花のモチーフをつけたりした力作だ

が、MIはほとんど着なかった

YUに編んであげたことはないのだが、YUはMIのお古の、私が編んだカーディガンを着てくれていた

かぎ針で鎖網くらいはできるYUだが、今日は本格的に棒針にチャレンジ

が、やっぱり難しいんですねええ。。。

持ち方もうまくいかないし、一目編むと外れちゃったり。

でも、こういうのも経験と慣れだからなあ

下手でもいいから、とりあえず、温かく見守ってやろう

たぶん、こんな感じじゃあ、マフラーが出来上がるのは来年の春でしょうねcoldsweats01

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

MIとYUの勉強の違いは?

今朝は、MIが赤い顔をしていた

今、熱を計ったら37.5度。どうやら風邪を引いたらしい

「お風呂はいらないで、早く寝なさい」

「来週から中間だから、勉強する。大丈夫」

まあ。中学の時には考えられなかったせりふ。仮病で学校のテストを休んだMIが、ずいぶん熱心じゃない。

先日も

「本屋行く」

なめてかかった漢検2級(落ちた)のリベンジで、過去問を購入するとか。

最近のMIは、だいぶ勉強するようになった。中学受験の時のように「やらされている」ではなく、中学校の時のように「仕方ないけどやる」でもなく、自分で取り組んでいる。

目の前に近づいてくる大学入試が、だいぶ具体的なものになりつつあるんだろう。

で、YUですが、今日は帰ってきたのは4時頃とか。

ワタシが帰ってきた7時頃に、あわてて塾の宿題を始める

MIも確かに「やらされている」勉強だったけれども、YUは親がいないところでは勉強しない。全くしない。宿題もやらない。テレビか、ゲームか。

今思えば、MIはそれなりに勉強していたんだなあ。

姉妹を比べることはしないけれど、それぞれやっぱり違うんですね

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

学校裏サイトチェッカー

今日もまた、日経新聞の夕刊に、ネットと子どもの事が書いてありました。

個人情報の流出や中傷など、まだまだプロフや掲示板による犯罪やいじめなどが絶えないようです。

いろいろな対策も考えられているようですが、やはり、教育現場や親の目というのが一番大事、特に家庭での子どもとのコミュニケーションが大切になります。

学校裏サイト、どんなのがあるのかなあなんて思っていたら、こういうサイトがありました

学校裏サイトチェッカー

都道府県別、小中高校別に問題のサイトがないかチェックできるので、もし興味がある方は御覧ください

気になるサイトがあったら、保護者のみなさんや学校関係者などがそのサイトについての申請を行うという物です。

ちなみに、ムスメ達の小学校や高校では、今のところ裏サイトの登録はありませんでした。

が、むかし、2チャンネルの掲示板で、MIの通う中学が結構話題になって荒らされていましたねえ。読んでいると、とても不快になるものです。

また、今回も登録のある学校のサイトなどをのぞいてみましたが、まあ、学校の先生の悪口なんかが多いみたいですね。

みなさんのお子さまの小中高校は大丈夫ですか?

子どもを犯罪やいじめから守るのは、やっぱり親の責任だと思います。

自分の子どもも加害者にも被害者にもなる時代。たまには学校の裏サイトの状況なんかも見てみるのもいいかも

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

YU、塾の試験にとほほ。。。

毎回のことですが、塾のテストの結果が返ってきて、またまたあ~あ、wobbly

今回は理科と国語が全滅状態。

最近仕事で忙しいパパは、かなりannoy状態。

「何やってるンだぁ」みたいなね。

で、YU、「もう受験やめる」。。。。

パパもあわてて、なだめすかせどYUったら、

「パパとは勉強したくない」

「じゃあ、ママに答え合わせをしてもらいなさい」

はあ~。。。???

ということで、ワタシのトコロにテストの問題用紙と解答用紙が渡され、「間違ったところを見てやって」。。。。

ってねえ、急に言われても、結構難しいんだよ、これ。

理科。体の問題と豆電球。体の問題は、まあ、読めばそれなりにわかるが、豆電球はワタシも苦手。直列と並列?忘れたよ。「どれが一番明るいでしょう。」とか、「どこをつなぐと電気がつくでしょう」とかね。ちょっと待ってよーという感じ。

国語はまあ、大人ですから、それなりにはね。ただ、日本語の文法には自信がないよ。

社会はすっかり忘れています。三世一身法。墾田永年私財法。なんだっけ~?

藤原道長は知っているけれど、基経だの良房だの、そんな人いたかなあという感じ。

算数ですか。まあ、何とか、という問題と、「ウッ。ちょっと待ってね」というものと。

中学受験は、親も勉強しないと付いていけません。

YUも「お母さんとなら勉強する」

そうか。ワタシとやると緩い勉強だからなァ。

しばらくはワタシとの勉強が続きそうです。勉強しなくちゃ。。。bearing

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

夫のお手伝いにサプライズ!!?

今日は本当によい天気。

みなさん、いろいろなところにお出かけだったのかしら

ワタシはいつものように、土曜は出勤。

あまりの天気の良さに、お義母さんと

「今日みたいないいお天気の日に布団が干せないのはちょっと残念ですぅ」

なんて言う会話をしながら出かけたワタシ。

本当に、さわやかなよい天気。明日からは下り坂のよう。あ~あ、お布団干してきたかったなあ。。。。

と、帰ってくると夫が

「布団、干しといた」

coldsweats02まあああ。ありがとううううございますううう。

まさにサプライズ。こんな事もあるのねえ

もしかしてお義母さんになんか言われたの、かも、しれないけれど、とにかく布団が干せてよかったわ。

ご飯の用意は相変わらずワタシの分はなかったけれどね。coldsweats01

ありがとうね。パパ。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

体脂肪がUP!!

5月に胃を悪くしてからあまり食べていなかったのが、夏場の暑さにビールやらアイスクリームやらを摂取していて、ふと気になったおなか周り。

体脂肪計にのって、shock

油断していました。

ワタシは見かけは「太っている」とはいえない(決して痩せてはいません。この年齢にして普通かな)と思いますが、結構内臓に付いているのです。脂肪が。

人間ドッグでも、エコーで

「痩せて見えるけれど、中に付いてるねー」

なんて医者に明るく言われてしまうワタシ。

とりあえず、甘い物とお酒を控えようと決意し、なにげなくMIの部屋に行くと踊ってる踊ってる。

なんか最近、ダンス部でジャニーズ(の踊り)が流行っているらしい。

MIが踊っていたのは、やまぴーの「抱いてセニョリータ」

「ちょっと教えてよ」

と無謀にも真似をするワタシ。

YU、爆笑の嵐。「お母さん、変~!やめなよ」

notes抱いて抱いて抱いて

と、曲に合わせて腰を回す。

うーん。我ながらブザマ。やっぱりエアロビの動きとはぜーんぜんちがう。ムズカシイじゃないか。

3分もやっていて、息が上がってしまいました。ふう~

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

仕事と家庭の両立って?

ちょっとブランクのある子育てママの多くがちょこっと不安になるネタの一つに、「仕事と家庭の両立」がある。

両立って言っても一日は24時間。

これまでの24時間にお仕事の時間6時間を足して、30時間になります、というわけではないので、結局、子育てか、家事か、自分の時間か、睡眠時間か、何かをどうにかしなければならないわけです。

ワタシなんぞはずーっと仕事をしているので、特別に「両立」を考えていたわけではありませんし、きっと専業主婦のみなさまからすると「ンまっ。なんてひどい事を」なーんておもわれちゃうようなことをしていたかもしれません。

結局、両立って、「時間の使い方」「家事の効率化」「仕事の効率化」じゃないでしょうかね。

たとえば今日のワタシの一日

比較的余裕のある一日だった。

6時起床。弁当と朝食をつくり、子ども達と夫を起こして、みんなで一緒にご飯。これが家族バラバラだと、用意も面倒になるので、「一緒に」がポイント。

歯を磨きながら、夕べ干しておいた洗濯物を取り込み、掃除機をさっとかけて家族の食器を洗う。身支度しながら洗濯物をたたむ。これらの作業をしながらYUの忘れ物をチェックし、戸締まり等も行い、子どもを送り出して自分も出かける。

仕事場までの電車18分の間に読書をする。たった18分だけれど、速読になれて、1週間で文庫1冊はだいたい読み終える。

ァ、新聞を読む暇はないので、NHKの朝の6時のニュースだけラジオで聞く。新聞は日経新聞を朝刊と夕刊あわせて夜に読む。

仕事は9時から6時。今日は残業なしでまっすぐ急いで帰る。

帰りの電車はぼーっとしながら夕食のメニューを考え、駅前のスーパーで予算500円で豆腐と大葉と鳥挽肉、なす1本を購入。

帰って着替えながらお米を研ぎ、ご飯を炊いている間に夫がまだ帰っていなかったので、先にお風呂にはいる。夫がお風呂に入っている間におかずを作る。メニューは豆腐と鶏挽肉のハンバーグ、ピーマンとなすのみそ炒め、夕べ作ったポテトサラダ、お新香、厚揚げの網焼き、マグロの刺身(夕べの残り)、あら、みそ汁作るの忘れていたわ

ご飯を食べたら食器を洗いつつ、YUの学校の提出物をチェック。

30分ほど一息入れて(ようやく休みだよ)、明日の弁当の準備。ようやく自分の時間ができるのは9時30分から10時の間だ。

帰りが遅くなれば、お総菜を買ってきたり、翌朝の掃除をしなかったり、弁当を買ってしまったり、家事の何かを省略する。

塾のお迎えがあれば行くこともある。

たまには飲み会もある。

学校があって仕事を休まなければならないときもある。そんなときはおうちに持ち帰っての仕事になることだってある。

忙しい日が続くと、寝るのが1時とか2時になってしまう日もある。

子どもが大きくなったけれども家事はなくならない。

だから、夜洗濯をしてしまったり、食器洗い器を使ったり、アイロンをかける時間がなければクリーニングにだしてしまう。布団を干せるのは晴れた日曜だけ。時にはじいちゃんばあちゃんもワタシの戦力です。もちろんお総菜を買ったり、外食をしたりして、家事の時間をお金をかけて省略するようなこともある。

こうやって20年近く、ずーっとやっている。

なんでも自分一人で抱え込まず、助けてくれる人・物・制度は何でも利用し、時にはお金をかけて、両立をしているのです。働くお母さん達は、多かれ少なかれ、みんないろいろな工夫をしているのです。

夫や子供たち、家事のアウトソーシング。いろいろ使って、自分一人で何もかも抱えないようにするのがポイントでしょうかねえ。(うちのパパはお願いすれば手伝ってくれるけれど、MIの方が頼りになります)

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ワーク・ライフ・バランス ~内閣府~

8月に実施された調査の概要が内閣府のHPにでていました

仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)に関する意識調査について

それによれば

「仕事」、「家庭生活」、「地域・個人の生活」の優先度について

「仕事」優先を理想とする人は2%にすぎないが、現実には約半数の方が仕事優先になっているとのことです。これは、男性では60%以上の方が仕事優先になっているということです。

まだまだにっぽんのお父さん達は、きびしいお仕事生活を送っているらしいですね。

なので、パパが帰ってくる夜遅くまで、ママ達は子どもの面倒を見て、家事をして、、、、ということで、なかなか子どもが小学校に入る前くらいまでは、「家庭と仕事の両立」をしながら再就職をするというのは大変なようです。

さて、我が家の場合ですが、うちではもう子どもも大きくなってしまったので、結構「現実は仕事優先」となっています。

もちろん家庭第一なんですけれどね。

勤続20年以上で、自分の企画する仕事が増え、責任も大きくなっているので、残業こそしないようにしていますが、定時に「お先に失礼しま~す」と、一番乗りでは帰れないのが現実です。

今は、パパよりワタシの方が遅い日も多いので、ママの方が仕事人間になっているかもしれません。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »