« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

私立女子中高校 ~ミッションスクールのクリスマスミサ~

shineなんだか気になるでしょう?

どんなことやるのかしらって。

今日、昔の写真を整理していたらでてきたんです。

MIが中学1年生の時の写真

そのころ、合唱をやっていたMIは、聖歌隊(?)としてミサに参加することになり 、初めての行事で家族で見に行きました。

P1020345

こんな感じ。

あ、うちはべつにキリスト教とじゃないですよ。MIもね

ここは、チャペルではなく、学校のホール。

「ミナサントイッショニ、イノリマショウ」という神父さん(?)のありがたいお話と一緒に、「サア、ウタイマショウ」

P1020349

賛美歌を歌うMI

もちろん、本当の信者の方もたくさんいらっしゃっておりました。我々のような場違いな家族も数名いたかな。

でもね、お寺に行くと、なんとなく厳かな感じがするでしょう?

あんな感じですよ。

ちょっとステキなミサ、初体験でした。

これが最初で最後。翌年MIはダンス部に転向しちゃったのでね。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

バトンは銀賞

今日のバトン、YUは銀賞でした。

中級を受けた子ども達の中で、銀賞は、YUともう一人だけ

のこりはみんな金賞だったようです。

なんだか、ドキドキして、足が震えちゃったんだって。

そういうこともあるよ、YU。

これが入試じゃなくてよかったよ。

ドキドキしちゃって、覚えたこともわからず、頭が真っ白になる。。。なんて事にならないためには、バトンもそうだけれど、普段の練習・勉強で自信を付けておくことだよ

今回は、ちょっと準備不足だったね

でも、いつもは「ふーん」という態度のYUなのに、今回は悔しかったようだ

なかのよいMちゃんはもちろん、下の学年の子たちも金賞。

今日はワタシは残念ながら仕事で応援に行けなかった。これも銀賞の原因かしら?

「次(6月)も受ける。絶対受けたい。いい?」

うーん。本当はこの辺で受験モードにしたかったのですが、本人がここまで強い意欲を見せたこともないので、よっぽどくやしかったんだなあということで、次回は千葉かどこかになるのですが、おつきあいいたしましょう。

ああ、またビーズ付けなくっちゃデス。

次回はもっとゴージャスな感じにしようっと。

YU,今日はお疲れさまでした!! 

よく頑張ったよ!!

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

厳しい雇用環境

本日の日経新聞夕刊から

今年10月から来年3月までの間に、非正規雇用の方3万人が失業する見通し、とのこと。

特に、派遣労働者の契約解除によるリストラが最多となる模様。。。

突然の契約解除や契約更新の打ち切りが増えているようだ。

学生も、内定取り消しが続出しているらしい

卒業を目前に控え、「・・・」言葉もないことでしょう。

ハローワークでも、求人数が激減してきたとのこと。

景気の悪化に伴い、派遣社員や大学生の就職環境が急速に悪化しているようだ。

労働者人口が足りなくなる、という一方で労働者の雇用調整を行うというニュース。

これから再就職したいというママ達にとっては、ちょっと暗いニュースでしょうか。

パパ達の給料アップも難しいような世の中です。

ママ達ががんばって、自分で納得のできるような再就職先が見つけられることを願っています。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

パラサイトシングルからスクラム家族へ

本日の日経新聞の夕刊です。

パラサイトシングルと呼ばれ、リッチな独身生活を楽しんでいるとされていた方達が、非正規雇用の広がりによって独立できないまま親と暮らすという方が増えているらしいです。

20~34歳で親と同居する方の割合は、総務省統計研修所のまとめによれば、約47%

10年間で3ポイント増えたという。

こうした中、28~35歳の未婚女性を98年と2007年で比較すると、手取り収入は月18.5万円から15.7万円に減少しているとのことです。

が、家にお金を入れている人の割合は上昇し、趣味や娯楽にかける時間が減る一方で家事時間が長くなったという。

みんな、生活が地味になって、親子で生活を支えるという家族の形ができあがっているらしい。

本当に、いろいろなところで生活が苦しくなっている気がする。

リッチな独身者は一部の方になっているのかもしれない。

非正規雇用が増えていることもあり、ママ達の再就職も、すぐに正社員になるのはムズカシイ時代が続くのかもしれません。

また、自分たちの子ども達がちゃんと仕事に就けるように、親も子どものキャリア教育を考えた方がよい時代になっているのかもしれません。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

制服のスカート

\(*`∧´)/今時の女子高校生は、みーんなスカート丈が短い

MIの学校でも、もちろん先生方が目を光らせ、「スカート丈は膝にかかるくらい」と指導している。

中学生はだいたい膝にかかるかちょっと短いくらい

これが、高校に上がると、短くなる傾向がある。(とは言っても、パンツが見えちゃうような丈の子はいませんけどね。)

MIは中学の頃から短かった。何度言っても、家を出るときに折り曲げて、丈を短くしていたなあ。個人面談の時先生に「Mさんはクラスで一番丈が短いです」なんて言われちゃったのだが、その傾向は高校に入った今でも続いている。

MIはワタシより早く家を出るので、ワタシが身支度している間に「行って来ます」と聞こえないような声で出かけていくMI。いちいち、スカート丈は、なんてチェックはしていない。

で、先日、あまりに汚いMIの部屋を掃除しているとね。でてきたんですよぉ

制服の切れ端。

スカートを5㌢ほど切り取った切れ端。

\(*`∧´)/

いやー、やられちゃいましたね。

中学生の頃は思春期真っ盛りで、学校の話なんかするような雰囲気ではなかったが、最近落ち着いてきたので、さりげなく聞いてみる。

「スカートの裾、切ったでしょ」

「うん・・・」

もう~!! 何で切っちゃうんだよー。

と、怒りを抑えて職場に行き、同僚に話してみる。

「アタシも高校の頃、切っていたわよ」。と言う方が多勢。

そうですか。。。そうなんですね。

目くじらたてて怒ることでもないのかしら。

まあ、親の言うことをしーっかりきいているだけのいい子ちゃんも困るのですが、MI、たまに大胆な行動を起こすので、びっくりさせられてしまいます。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

バトンの衣装が完成しました!!

今週末はいよいよバトンのコンテスト

先週渡されたレオタードに、毎日、毎日、少しずつビーズやスパンコールを付け。。。

「かあさんが、夜なべ~をして、ビーズを付けてくれた~note

頭の中で歌いながら、毎晩少しずつつけていってようやく完成したのがこれ

P1070046 いやー、裁縫の苦手なワタシにはかなりの作業です。

みんな、それぞれきれいにビーズやレースを付けてくるのです。

(デザインは、それぞれのママ達にお任せです。差が出るのよね(^_^;))

ワタシはいつも、伸びるビーズのリボンを斜めに付け、周りに小花を散らします。

今回は、クリスマスも近いので、ちょっと雪のモチーフを襟元にあしらってみました。

P1070036 カワイイでしょ?

こういいうのがパパッとできる方がうらやましいわ。

今回は、レオタードを支給してもらって、その上にビーズを付けました。

低学年の子たちは、レオタードも縫ったみたい。よかったわー。そこから始めるんじゃちょっと間に合いませんものね。

さてさて、YUの感想

「派手すぎる」

きらきらするのが嫌いな子なんです。。。coldsweats01

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

第3回埼玉B級グルメ王決定戦

埼玉県内のB級グルメ王を選ぼうというこのイベント

西川口駅西口の商店街で行われました

お昼代わりに行ってみようかというパパの発案。めずらしくMIも一緒に。

11時から15時30分。ということだったが、ワタシのカンではおそらくお昼頃には売り切れちゃうだろうと思い、早く行きたかったのですが、いろいろ忙しくて会場に着いたのは12時30分

まあ、すっごい人です。

ここは西川口?というほど、たくさん人が来ていました。

元々、西川口西口といえば、ちょっと妖しげなネオンがまぶしい街並みでした。

が、風俗反対のみなさまの力により、現在は妖しげなお店はほとんどなくなり、かえって人通りのない商店街となっています。

そこで今回催された、この第3回グルメ王選手権

とにかく人が多くて、せまーい通りにどこが最後尾かわからなくなっているほどの行列。

人混みを見ただけで、「もう今日はイイヤ。やめようか・・・」というくらい

ディズニーランド以上の混雑ぶり。

せっかく来たんだからと、空いていそうな列を捜せども、そんな列はない。

とりあえず、「小川町」の「のらぼう菜練り込みうどん」というのに並んでみた。

並んでいる間にも「○○街の××、完売でございます」。というアナウンスが続く。

この「のらぼううどん」、売り切れちゃったらどうしよう。。。大丈夫かな?

並ぶこと10分ほどで、無事に食べることができました。

何でも、天保の大飢饉の時に食べた「のらぼう」という植物(雑草のように見えますが)を生地に練り込んだうどんだとか。

お味はよかったですよ。

寒空の中、暖まりました。

お値段も1杯200円と良心的。

とてもほかの列に並ぶ元気もなく、雨も降り出してきたので、せっかく出かけましたがこの1杯で終了。

「小川町ののらぼううどん」に一票を投じてまいりました。

スタッフのみなさま、もしまたこんなイベントがあるなら、もう少し、人の流れを考えてくださいね!小さい子のいる家族にはちょおっときつい列でしたよ。

商店街の活性化というねらいもあって、あの場所でやったのでしょうけれど、すこーしばっかし会場が狭くないですかね? 並んでも食べられない人とかもいたかもしれないね。

小さなうどん1杯ではとてもお昼としては足りなかったので、帰りにマックを買って帰りました(^_^;)

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

クリスマスツリーを飾りました

今日は久しぶりの休みです

クリスマスまで後1ヶ月、ということで、ツリーを飾りました

P1070039

10年目のちょっとくたびれたツリーです。

高さ250センチ。玄関の吹き抜け部分に置きました。

MIが手伝ってくれましたー。珍しいこともあるものです。

YUは今日は、バトンの特訓。

帰ってきてから喜んでくれました。

ついでに、これはYUが去年作ったリースです。

バケツ稲でつくった藁に、それぞれが好きな飾りをつけたものです。

去年は猛暑だったので、お米の収穫はいまひとつでしたが、リースをつくることができたので、今年も飾ってみました。

P1070041_2 素朴な感じのする藁が、こんなステキなリースに大変身!

YU、お気に入りの作品です。

さてさて、あとはサンタさんからのプレゼントを待つばかり。

今年もDSのソフトをお願いするYUでした。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

セミナー ~キャンセルの多い日~

ここのところ、寒い日が続いているためか、セミナーの当日キャンセルが多くなった。

みなさま、風邪声で、

「ずびばせん。かぜひいちゃって。。。」

とか、

「子どもが具合悪くて・・・」

とか。

託児付きのセミナーやお子さまと同伴のセミナーもあるので、お子さまの体調の悪い方が急に来られなくなったりするケースが多い。

そンなワタシも、ついに風邪を引いてしまいました。。。

YUの咳風邪がうつってしまったようです。

ワタシとYUは、風邪を引いても熱がでません。その代わり、咳がでて、長引く傾向があります。

熱がでないから、仕事も休まず出かけるのですが、お子さま連れのお客様にうつしたら大変!!

と、いうことで、今日は一日、マスクをして仕事をしました。

鼻もでてくるし、この連休で治して来週は元気になっていかないとね。

お客様のいる仕事なので、体調管理に気を付けないといけませんね。とほほ。。。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

平成20年度 青少年白書

内閣府から発表された青少年白書

今年は、「家庭、地域の変容と子どもへの影響」という特集が組んである。

その中で、父親の子どもに関わる時間についての調査がある。

9歳から14歳までの子どもに、父親が関わった時間

ほとんどない・・・平成12年調査で12.1%、平成18年調査で23.3%。ほぼ4人に1人

母親でも同じ傾向があるとのこと

親の帰宅時間

父親 平成13年には約4割いた19時までに帰宅する人が26.1%に減り、21時以降に帰宅する人が3割以上

母親 18時までに帰宅する人が減り、18時から20時までの間に帰宅する人が増加

家族そろっての夕食を取る人も減っている。

近所づきあいは、ほとんど行き来しない、あまり行き来しない、が、大きく増加

地域力も低下している

ワークライフバランスが声高に言われているところであるが、なんだかその流れに逆行している。

母親も父親も仕事に忙しく、子どもと接する時間が少なくなっている。

ワタシの帰りも、今日は8時30分。昨日は10時。

うーん。。。。なかなか早く帰るのも大変なんだけれど、子どもとの大切な時間、もっと作るようにしなくちゃいけないなあ

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ウレシイ一言 ~塾弁~

昨日はYUの塾は、5時から9時まで

おなかがすくので、朝、塾弁を作り、塾に行くときに持っていくようにさせている。

ところが、すっかり忘れていたのだが、昨日は臨時のバトンの練習があり、塾は7時20分から。

弁当を作ってしまったので、おばあちゃんに

「もしよかったら夕食に食べさせてください」

と、託したが、当然おばあちゃんちでは、あたたかい夕食を用意してくれていたようだ。

おばあちゃん「肉豆腐と温かいご飯があるから、食べて行きなさい。」

で、YUがね。

「お母さんのお弁当食べる。お母さんのお弁当が、一番おいしいんだよ。せっかく作ってくれたんだから、今日はお母さんのお弁当食べていく」

って言ったそうだ。

そういって、おばあちゃんが作ってくれた温かいご飯ではなく、冷え切った塾弁を食べていったYU。

優しい子だなあ。。。。

絶対、温かいできたてご飯の方がおいしいだろうに。

ホロリとしてしまった母でございます。。。confident

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

出張セミナーには、準備が大切

今日は埼玉県と群馬県の県境にあるとある町に出張いたしました。

ワタシのうちからは、電車とタクシーを乗り継いで2時間くらい。バスの通っていないトコロなの。

狭い埼玉県でも時間がかかるものです。

前に日に、持っていく物をしっかりと確認し、講師と打ち合わせをして、会場のスタッフに電話。

「明日はよろしくお願いします」

「こちらこそ。よろしくおねがいします。」

「降りてから会場まで、タクシーなのですが、タクシーはありますよね?」

「大丈夫ですよ」

ということで、鈍行列車にゆられてトコトコ出かけていきました。

降りる人もほとんどいない駅で、タクシー乗り場を探す。。。。

小さな小さなロータリーに、タクシーがたったの1台。

幸い、ワタシのほかに降りたお客さんもいなかったので、無事にそのタクシーに乗れました。

結構危ない橋だった?

タクシーが拾えなかったら、どうしていたんだろう。。。。

持ち物の準備も大事だが、行き帰りの「足」の確保も、しっかりしないといけないです。

教訓です。

気を付けよう、田舎の駅の、足確保

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

深夜の子連れ族

最近、飲み屋で宴会をしていると、小さなお子さま連れでいらっしゃるご家庭が増えたと思いません?

居酒屋は安いし、(食材の生産地はどこだかわからないけれど)メニューは豊富。レストラン代わりにちょうどよい?

昨日の日経新聞の夕刊。

母親が午後9時以降に子どもを連れだした場所

1位 コンビニ

2位 スーパーマーケット

3位 レンタルビデオ店

4位 居酒屋

5位 カラオケボックス

6位 ゲームセンター

7位 パチンコ店

これは、2005年のP&Gパンパース赤ちゃん研究所の調査だそう。4歳までの子供を持つ母親が対象だそうです。

特に、働くお母さんは、急いで帰って保育園から子どもを引き取り、スーパーによって大急ぎで買い物を作って、家に着くのが7時とか8時、という方も多いだろう。

カラオケや居酒屋はともかく、スーパーやコンビニは、働くお母さんにとっては強い味方だもんね

とはいえ、土曜日の夜に近所のショッピングモールなんかにいくと、9時過ぎでも、閉店間際でも、小さなお子さま連れのファミリーがたくさんいる。どこかのテーマパークにいるような錯覚を覚えるほど。

まあ、たまの息抜き、買い物、ということかもしれないが、本当にたくさんいるのだ。

(もちろん、我が家でも、小学生のYUをつれて塾の帰りにスーパーに寄ったりするけどね。)

24時間型の社会。子どもは8時に寝なさい、といわれたワタシだが、YUの寝る時間は11時過ぎだ。

まあ、スーパーはともかく、やっぱり居酒屋に小さな子どもがいるのはいかがかな、と思うなあ。特に理由のない限り、子どもを夜の街に連れて行くのはできるだけ控えたいと、私は思います。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

江戸幕府の絶望 ~社会~

昨日に引き続き、社会を教えるワタシ。

享保・寛政・天保の改革の背景や行った人をざっと説明し、だんだん江戸幕府も力がなくなってきたんだよ、と話していると、

「江戸幕府も絶望しちゃうんだね」

「え?」

「絶望しちゃうんでしょ」

「うーん。まあ、最後はそうなるのかなあ。でも幕府が絶望するってのはどうかな」

「だから、ほかの時みたいに、絶望するんでしょ?」

これは、もしや。。。

「もしかして、滅亡のこと?」

と、いうことで、「絶望」ではなく「滅亡」のことだったようです。

まあ、滅亡ってのも表現としてはどうかとは思いますが、つまり、時代が終わるという意味で使いたかったようです。

ちなみに、照れ隠しに次のページ以降をぱらぱらめくっていたYU

「ァ、この人知ってる。マッサーカーでしょ」

おいおい、それは、マッカーサーだよ

「そうとも言うね」

おまえはクレヨンしんちゃんか。

YUの社会、道のりは遠いです。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

どうして覚えられないのかな? ~社会~

さてさて、YUの社会の勉強を見ているワタシ

「新演習」という教材の「トレーニング」(その単元の復習の基本問題)だけは、100%正解を目指そう

というかんじで、基本の「き」を何度も復習させています。

が、なぜか、必ず、何度やっても覚えないところがあります。

「大名のウチ、関ヶ原の戦いより後に徳川氏に従った大名をなんて言うかな?」

「?」

「ぶーッ 正解は、外様大名でーす」

「あ、そっか。」

その後、2問くらい違う問題をやった後、同じ問題を出す。

「?」

「さっきやったでしょ。外様大名」

「あ、そっか」

その直後、同じ問題を出す。

「??」

「聞いてた?(-_-X))

「忘れちゃったの」

「と・ざ・ま。外様。覚えてね」

「うん」

もう一度同じ問題を出す。

「えーと。。。なんだっけ?」

ふざけてるのかぁ~annoy

いえいえ、本当に覚えれらないんです。

たまにあるのです。何回やってもつながらない言葉。

その後数回やって、ようやく「外様」といえるようになってから

「外様大名って、何?」

{なんだっけ?」

「・・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ」

まあ、こんな感じです。

とほほ。。。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

40歳のハローワーク

という本が、秋田書店から発売されています。

40歳のハローワーク 主婦の私にできる仕事って?

取材を元に漫画化したようなので、まあ、実話に基づいているお話なんでしょう。

40代主婦7人(ブランク10年以上、無資格者)の、それぞれの仕事への就職への道のりを描いた作品。ハッピーエンドで、「よし、私もがんばるぞ」という気持ちになるマンガです。

皆、子どもが中学生や高校生だったり、子どものない夫婦だったり、シチュエーションはそれぞれだが、まあ、ありがちな日常の中からつかみ取るサクセスストーリーです。

もちろん、これはお話だから、現実には、就職活動にはいろいろな困難がもっともっとあるのかもしれない。

夫は理解してくれないかもしれないし、そんなマンガみたいに一発採用、というわけにはいかないのかもしれない。

でもね。ワタシはレディースコミックなんかも読まないので、よくわかりませんが、主婦向けのマンガで、こういう感じの就職ネタが、もしかして増えてきているのかな?

そういう風潮があることがやっぱり世の中の流れ何じゃないかな。

「女性は結婚したら、家にいるべきだ。」ワタシの母親の時代はそうだった。ワタシが就職するときも、「結婚したら辞める」と思っている女性がたくさんいた。

今は、結婚してもできれば辞めない。辞めてしまっても、いつかはもう一度仕事をする。こういうのが、当たり前の世の中になってきたって言うことなのかもしれない。

興味ある方は、いかがですか?

エド・はるみさんも、ご推奨のようです

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

平成20年度版 厚生労働白書

人口減少社会が到来している

そんな中での働き方はどう変わっていくのでしょうか

労働力率が現在と同じ水準で推移すると、労働力人口は、2030年には、2006年に比較すると1,070万人減少することが見込まれているという。

今から25年後の話。

多分ワタシ達はもう引退していて、子ども達が働いている時代。

働き手がいなくなり、高齢者が増える。

子どもの数は減る。

労働者は、どこからやってくる?

外国人労働者が増える?

そこで期待されているのが、高齢者と女性。

仕事と家庭の両立を支援できれば、女性労働者が増えるだろうって。

どんな支援をしてくれるのでしょう?

保育園の充実?

ワークライフバランスの徹底によるパパの協力?

会社での育児休業制度や時間休暇の充実?

辞めなくても復帰できる制度の充実?

パートの待遇改善?

子育て世帯への優遇措置?

さて、今から25年後は、今の連続する先の未来にあります。

行政も、企業も、そして働きたい女性も、みんなが真剣に考えていかなければならない問題です。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

習い事の送迎に困ったら?

今月はYUのバトンの補講が何回もあるので、平日働いているワタシは送迎が出来ません。

そこで登場するのがママ友です。

こんな日のために、日頃からのネットワークを駆使して、というほどのネットワークのないワタシは、「このママとは仲良くしていただこう」というママ友を何人か作っています。

全員と仲良くなる必要もないので、ピンポイントです。

バトンの仲間、クラスの仲間、PTA役員の仲間、それぞれ数人ずつ。

たとえ1人でもとっても頼りになるの。

もちろん、お世話になりっぱなしではいけないので、こちらからできることはお手伝いします。

で、昨日のバトンはMちゃんママにお願いしたのですが、明日もバトンがあるのです。

明日は埼玉県民の日なので、午前中から練習です。

ここで登場したのが我が家の高校生MI。

往復の送迎、バスで、Mちゃんも連れての送迎、1000円でお願いしました。

我が家の目の前のバス停から乗って、終点まで。そこから徒歩5分

そんなにムズカシイ場所じゃないですが、小学生だけで行くのはムズカシイ。

こんな時に頼りになるMI。バトンの時間は図書館で勉強しているんだって。

お姉ちゃんが高校生になってから、塾のお迎えもお姉ちゃん(バイトですけど)。

おじいちゃんが年を取って迎えに行けなくなったので、お姉ちゃんが大活躍です。

本当に助かります。

年が離れた姉妹で、こんな時よかったなあ。。。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

習い事(バトン)と中学受験

今日は、YUは、社会と理科の塾があったのですが、バトントワリングのコンテストが近いので、バトンの補講に行きました。

ワタシは送迎が出来ないので、Mちゃんのママに送迎を依頼。5時から7時まで、ちょっと遠くの公民館での練習。

YUが今度受けるのは、中級の規定演技。

初級から中級はいきなり難しくなるようで、不器用なYUには結構きついかもしれない

そうでなくても、先月は、塾を優先したので、バトンの練習不足は否めない。

先生から、「YU、それじゃあ銅メダルになっちゃうよ」

と注意をいただいてしまったようだ。

バトンのコンテストは、金メダル、銀メダル、銅メダルがあり、これまでYUは、なんとか金メダルをもらってがんばってきた。

ここへ来て、塾の勉強も忙しくなり、練習もおろそかになってしまっている。

金メダルがとれたらしばらくお休みしてもいいかな、と思っていたのですが、金メダルはムズカシイかもしれない。銅メダルで終わりにしてしまうのもちょっとかわいそう。

せめて、銀メダルがとれるといいんだけれど、練習しないと、技がうまくいかないのだ。

手首で回したり、回して投げて、後ろ手に受け取ったりと、とてもワタシには真似のできない演技をする。

なんとかがんばって欲しいんだけどなあ。

そういうわけで、今日は、社会はお休みして、理科も遅刻した。

今月はバトンに力を入れて、塾はほどほどにしないとです。

学校の金管クラブもあるので、そろそろどれかやめないといけないかもしれません。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

パパクオータ制の導入へ

今日も、日経新聞夕刊から

「進むか父親の育児参加」という記事でした

その中で、述べられていたことの一つに、「パパクオータ制の導入」という言葉がありました

聞き慣れないこの言葉。

ノルウェーやスウェーデンなどで取り入れられているようですが、要は、両親が育児休業を取得した場合に期間が延長される、というモノだそうです。

現在、厚生労働省が来年の通常国会提出を目指して、審議会で審議中とのこと。

日本の場合は、両親で育休を取得した場合、通常より2ヶ月多く休めるようにするモノなんだって。「パパ・ママ育休プラス」と名付けられたようです。

また、審議会では、専業主婦を持つ男性の取得制限もなくして、「パパ休暇」を促進することも提言するらしい。

ただ、新聞でも述べているとおり、日本では、育児休業制度を活用していない女性がまだまだたくさんいる。大手の企業はともかく、中小企業や、女性が少ない職場など、制度がない、またはあっても使った人がいない、などの理由で、退職してしまう方がたくさんいるのが現実だ。

なので、この制度、導入されても義務ではないので、結局ご夫婦が利用しなければ「絵に描いた餅」ということで。

景気が悪化する状況で、育児休業どころではないのかもしれないですが、こんな制度が定着するようになれば、仕事を続けられる女性が増えていくのかな。

一度辞めて再就職するより、辞めなくてよければ仕事を続けたかった女性がたくさんいる。

ワタシが長女を産んだ頃より、女性が働きやすい環境は整ってきていると思う。

少しずつ、少しずつ、いろいろな制度が定着していくことを望みます。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

西武ライオンズ優勝セ~ル!

今日はお休みだったので、行って来ましたよー。池袋西武。ついでに川口そごうも

まあ、たくさんの人でにぎわっていました。

ワタシのお目当てはバッグです。

いつもはセールにならないフランチェスコ・ビアジアのバッグが、きっと安くなっているに違いない!!

いつも、持って歩くバッグが重いので、少し小振りで、ボルドーか赤のバッグがないかなあと思っていくと、10%割引で、売っていましたよ。赤も、ボルドーも、イメージのバッグ。

割引価格でもけっこうするので、迷いに迷い、冷静になって、と思って紳士服売り場へGO

夫のパジャマを見て回る。

夫は化繊アレルギーなので、フリースのパジャマとかが着られないの。綿100%のパジャマって、意外にスーパーには売っていない。

かなり高級だったけれど、DAKSの綿100%のパジャマ兼部屋着を2割引で購入。ついでに、ビジネスソックスとかを追加。ネクタイは本人の好みもあるから購入せず。。。。

で、自分のバッグ、どうしようかああ、となやみながら、

「よし、赤にしよう」

と店員さんに告げ、在庫を持ってきてもらうが。。。。在庫の1点にちょっとした傷が。。。。

これでケチがついちゃったので、何も買わずに帰ってきました(>_<)

うーん。今回はご縁がなかったのね。

無駄遣いしなくてよかったんだよね。

夫も喜ぶだろうしね。

で・す・が!

ちょ~残念ですぅ。悔しいですぅ。

いや、無駄遣いしなくてよかったんだよ!!(←自分に言い聞かせています~)

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

家のメンテナンスにもお金がかかる

我が家はこの11月で築10年目を迎えます

で、きょう、その10年目の点検が終わりました

床下の点検、ベランダ周り、外壁の点検、などなど。

まあ、急いでどうこう、というモノはなかったけれども、これから先のメンテナンスにはお金がかかってきます。

床下のシロアリ防止薬、ベランダの防水強化、壁や屋根の補修、などなど

すぐに必要なわけではないけれど、これから、いざ、というときに急にガスの給湯器が壊れたりすることもあるらしい。

新築と同時に購入した白物家電も、何となく心配。冷蔵庫の音が気になります。

50型のプラズマテレビはそろそろ寿命だし、自家用車も10年目。ETCもカーナビもない旧型の車だけど、買い替えることもできないなあ。

結婚したとき購入したテーブルももうすぐ20年目を迎えます。ガタガタしてきています。

あれも、これも、買い替えどきのうえ、家のメンテナンスもお金がかかるようになってくるのね。家を建てた頃は、10年後の我が家がこんなに苦しいなんて想像しなかったよ。

家を建てた頃が、一番、お金に余裕があった気がする。

私立の中高一貫校に入れてから、やっぱり教育費、とっても厳しいです。

下の子の塾代もバカになりません。

経済対策で6万円もらえても、ローンの足しにもなりません。

子ども達が大学を卒業するまで、こうした状況は変わらないのかな。

卒業したと思ったら、すぐに定年で、お金が入らなくなっちゃうのかな。

子どももあてにできないし。

これから先10年、老後の資金がたまるんだろうか。。。。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」ロケセット見学会

ロケセット見学会という催し物が、川口市にあるSKIP シティで行われます

SKIP シティでは、年に数回、大きなロケーションが行われています。

最近では、あの20世紀少年。トヨエツに遭遇したのもこのときでした。

このほか、山田洋次監督の「母べえ」や佐々部清監督の「夕凪の国 桜の街」など。

ワタシは気付かなかったけれども、コードブルーのロケなんかも行われていたみたい

我が家のYUはちょこっとエキストラ体験させていただいたりしている(夕凪の予告編で走っていく子どもの一人はウチのYUです(=´Д`=)ゞ)。

今回は、NHKのドラマということもあり、見学会ということになったようです。

● NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」ロケセット見学会
   ■日 時:11月14日(金)及び11月15日(土)
    ■会 場:SKIPシティB街区(彩の国ビジュアルプラザに隣接する空き地)
  ■内 容:ドラマ「坂の上の雲」で使われる軍艦のロケセットの説明と見学。

SKIPシティの北側に、軍艦が建てられています。興味のある方はいかがでしょうか?

ワタシは残念ながら仕事でいけないの。ざーんねん!外からセットはいつでも見られますけどね。

ロケが始まれば、日本海海戦のシーンとかやるのかな。楽しみです。

ついでに、11/14は映像ミュージアムが無料で見られます。

本格的な撮影体験やブルーバックを背景とした合成体験もできるので、お近くの人はおすすめ。普段は大人500円、子ども250円。ロケの見学に合わせていかがでしょう?

ミュージアムツアーもあるのでおすすめです。

あまりないタイプのミュージアムなので、映画やテレビに興味のある方は是非どうぞ。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

パートタイマーと成果主義

今日の日経新聞の夕刊です。

パートに対し、販売目標などの名で、実質的なノルマを課す企業が増えてきたという記事です。

アイデムの2008年パートタイム白書によれば、パートやバイトに対する評価制度があると答えた企業が49.5%にのぼるそうだ。

そのうち、評価制度を賃金に反映させていると回答した企業が34.6%、賃金には反映させていないと答えた企業が14.9%なんだそう。

正社員同様の働きをしているパートの方も多いので、成果主義的な制度を望む声がある一方で、目標達成できないと解雇されるのではないかと不安を覚えたり、プレシャーで心を痛めたりしてしまう方もいるという。

非正規社員の能力を評価して、それに見合った賃金を払い、処遇を改善すると言うことは、改正パートタイム労働法の趣旨にもあっているので、それ自体が悪いことではない。

が、最近の景気悪化の影響から、処遇改善部分が後回しになってしまうのでは、と日経新聞でも書かれている。

ワタシの職場にも成果主義が取り入れられている。はっきり言って、誰がどう評価かしているのか、自分にどうか返ってきているのか、いないのか、ワタシにとってはよくわからない。

正社員に対しての成果主義的な評価・賃金制度を見直す動きも広がっているようだ。

成果主義、20年以上努めたワタシなんかには、今更どうしろと?みたいなところがあるが、これから働く新進気鋭の若者(そんな人がいるのかな)ややり手のサラリーマンにとってはあった方がいいのかな。

成果を求めるあまり、忘れらていることも、たくさんあるような気がする。

流行で導入したのはいいけれど、問題点も多く、評価する方も困っているんじゃないかしら。運用については、まだまだ課題が多いのかもしれません。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

嫌いな家事は何でしょう?

毎日毎日、家でも職場でも大活躍(?)のワタシ

土曜日をのぞくと夫と子どもの家事協力が今ひとつ悪いため、ほとんどを一人でこなします

そんなワタシの苦手な、嫌いな家事は。。。

「洗濯物を取り込んでたたみ、アイロンをかける」です。

ワタシは帰りが夜7時すぎてしまいます。遅い日は10時過ぎ。洗濯物を朝干しても誰も取り込んでくれないので、いつしか夜に洗濯をするようになりました。

(休みの日は朝洗濯して外に干します)

お風呂から出たあと、残り湯でお洗濯。

1階の義父母が寝ていようと、気にせず、夜遅くでも洗濯機を回します。ちなみにウチの義父母はめちゃくちゃ早起き。8時頃就寝、3時には起きて活動をしています。

一部を乾燥機で乾かし、残りを浴室へ

浴室乾燥機はありませんが、換気扇を付けっぱなしにしておくと、翌朝にはだいたい乾いてしまいます。

これを、朝たたんでしまっていくのですが、これが面倒で面倒で。2~3日山積みになっていることもあります。

アイロンは本当に苦手で、結婚当初、夫に「Yシャツをもっとピチッとしてくれないかなあ」

といわれたときから、Yシャツはクリーニングに出しています。ピチッとできないよ。

洗濯関係の家事を一手に引き受けてくれる自動洗濯乾燥たたみアイロン機デモできてくれたら、どんなにウレシイ事かしら!

せめて、取り込んだ洗濯物をたたむのを黙っていても誰か手伝ってくれないかなあ。。。。

家族の教育に失敗したワタシです。苦痛です。

これからの方は、是非、苦手な家事には家族を巻き込むことをお薦めします。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

再就職までのブランク

結婚や出産をきっかけに辞めてしまった女性が、次に就職するまでの期間を、ワタシ達は「ブランク」と呼んでいる。

次に就職、というのは、「正社員」としてというより、「パートタイマーとして」就職する方が圧倒的に多くなる。

これは、子どもが小さいウチは、フルタイムで働くことがムズカシイ、という理由による。

ブランクの期間は人それぞれ。1年間、という方もいれば、10年という方もいるだろう。

その間、いつかは仕事がしたいなあと思いながらも、なかなかそのきっかけがなかったり、家族の理解が得られなかったり、子どもがまだまだ心配だったりして、仕事という選択肢があとになればなるほどブランクの期間は伸びていく

もちろん、この間、心配事はたくさんある。

ワタシの姉の場合は、10年以上のブランクを経てみごとに40代で医療事務の仕事を射止めた。無資格で。自力でパソコンを勉強し、病院で面接を受け、就職が決まった。

パソコンのスキルは、やはり、不安材料の第1位。

それから、40代ということから、年齢的に雇ってくれるところがあるのかどうか。

無資格、40代、経験ナシ。

でも、と姉は言う。

一番の勝因は、本人の努力とやる気。これが、病院側に伝わったんだろうって。

もちろん、単に、運がよかっただけかもしれないけれど、パソコンもさわったことのなかった姉が、今では動かなくなったパソコンのリカバーもできる。

何が欲しくて、何を目的に、どうがんばるか。

不安を抱えて悩むなら、まずはやってみよう。

「あれもできない」「これは無理」ではなく、「どうしたらできるか」を考える

一人で解決できなければ、いろいろなところからの援助を見つけてみる。

待っていても、チャンスはやってこないかもしれない。自分から見つけてつかんでみよう。

一人でも多くの女性が、チャンスを見つけ、モノにできるよう、応援しています

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

自分にご褒美を

今日はお休みでした。

実は、校内音楽会の振り替えでYUもやすみでした

こんなとき、子どもがいるんだから、おうちで一緒にお勉強でも見てあげればよかったのですが、YUが休みだと気付かなかったワタシはうっかり美容院の予約を入れていたのでした。

前にも書いた、青山のFix Up というお店です。

予定どおり美容院へGO。YUのお昼ご飯はおばあちゃんにお願いして、一人の時を楽しんできました。

たまにはこういう時間も欲しいじゃないですか

特に働くお母さんには、息抜きの時間はとっても大事。

ワタシもですが、みなさん、2足のワラジをはき、家ではお母さん、妻、嫁としての役割があり、家を出れば会社員として働くお母さん達。

YUがお休みでなければ、もっとゆっくり青山散策をしたのですが、急いで帰らなくちゃ、という思いもあったので、とりあえず表参道ヒルズのカフェでランチをし、石けんなどを購入して家路を急ぐ

急いで帰らなくちゃいけないのだけれど、待っている子ども達がいると思うとやっぱり家族っていいなあと思います。

YUちゃん、今日はいっしょに編み物できなくてごめんね。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

「得意」をのばすか、「苦手」を克服するか

今日は、塾で、個人面談がありました

まあ、なんだかんだありますが、まだ今の塾に行っています

2月から通い始め、これまでの定期テストの結果は、算数は微妙に右上がり(ムラがあります)、国語はずーっと低迷、理科と社会がやや上昇中。。。

国語はバトンの日と重なっているため、個別授業にしているのですが、もしかして先生との相性が合わないのかな。そんな気もします。

偏差値で言うと、得意の算数と苦手の国語には平均で20近くの差があります。

YUの場合、絶対的な語彙力不足が国語の点数をめちゃくちゃ引き下げているみたい。

一方で、社会は好きみたいです。理科も、生物科学系は好きなようです。

算数は、パパの猛特訓の成果でしょう。がんばっています。

5年生ですから、まだまだ「苦手」を克服するための勉強もすべきなのかもしれませんが、YUの場合は、得意をのばしてあげた方が、安定した点が取れるような気がしています。

最近、ワタシがYUの理科と社会をみる係になってから、特にそう思います。

だから、「地球」や「力」ができなくても、「植物」や「二酸化炭素」がわかれば、それでよいと思っています。承久の乱や応仁の乱をしっかり覚えるようにがんばっています。

できるところで、確実に点を取る。

難関校ねらいだとすべての部分を克服しなければいけないのかもしれませんが、そうではないYUなので、覚えるべきトコロは100%覚えるよう努力させていこうかと思っています。

少しずつですが、勉強に対する集中力もできてきたようです。(前は、5分と持たなかった)

来年の今頃は、今「チャレンジ校」としてねらっているところの合格可能性がもう少しあがることを期待して、これからも親子共々がんばっていこうと思います!

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ダイソンの掃除機

ワタシは毎朝掃除機をかけてから仕事に行く

時間がないときはダスキンのモップをさっとかけることもあるけれど。

で、我が家が使っているのはダイソンの掃除機

CMで見る、あれです。吸引力の落ちない。。。。とかいう掃除機

値段はそう、結構しましたね。

吸引力。うーん。多分いいんでしょうけれど、ほかの掃除機と比べたことがないのでね。前に使っていたぼろ掃除機よりはずーっといいと思いますが。

その大事な掃除機を壊してくれたのがMI。

掃除のあと、乱暴にガチャガチャと掃除機を放置。

それで、ヘッドの部品がとれてブラシがはずれてしまいました。

例によってこわれたことを申告しないで出かけちゃったものだから、ブラシがないんです。どこにも。

もう~ ヽ( )`ε´( )ノ

いつもいつもこうなんだ。気付くと物が壊れている。

ブラシはどこだー、と、家中捜し、ようやくでてきたところ、どこだと思います?

パジャマの入っている籐のかごの中。こんなトコロから発見されようとは!!

隠したのか?たまたま落ちたのか?気付かなかったのか?真相はわかりません

が、とりあえずブラシを発見したので、元通りに戻し、とりあえずホっ(゚ー゚;

余計な出費をするところだったよ。

ダイソンですか?音は大きいし、重いけれど、まあ、ワタシは満足していますよ。ゴミ捨てもらくだしね。排気は全然臭くないですね。これはとってもよいと思います。

我が家では大活躍の掃除機くんです。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

YU、校内音楽会でアコーディオンを弾く

ということで、前々から楽しみにしていた校内音楽会notes

が、今日はワタシはお仕事の日だったのです。

で、急遽風邪気味のパパ(お休み中)にピンチヒッターを頼む

パパはMIのときもYUの時も、校内音楽会に出席したことはありません

1回くらい行っておいでよ、ということでお願いしました

本当は、ワタシが行きたかったんですけどね。

MIのときも、YUのときも、これまで9年間、欠かさず行っていた校内音楽会だ。

MIはいつもいつも合唱の伴奏だったので、捜すのが楽だった

YUは、いつもその他大勢で、リコーダーだったり、後ろの方で口パクだったり(本当に歌っていなかった)。どこにいるのか探せなかった

今回はなーんとリードのアコーディオンだったので、聞きたかったなあ

ウチの学校は鑑賞の時にビデオ禁止なので、幻のアコーディオンになってしまいました。

パパ、よかったね。YUの活躍が見られて

(あまり関心なさそうな感想でしたけどね)

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »