« 子ども部屋の大掃除 | トップページ | 家庭内アルバイトの行方 »

平成21年度予算 財務省原案を見てみよう

平成21年度予算 財務省原案

土曜日に発表された原案。ネットで検索するも、なかなか素人には見るのがムズカシイです。桁も大きすぎるので、庶民の生活にどこまで還元されるのか、わかりにくいなあ。

まずは、一般会計の歳入歳出予算。前年度(つまり今年)から大きく増えた予算は

fullmoon厚生労働省 25兆867億円。前年度比2兆9644億円増~!

単位が大きすぎて何に使うんだろう、、、庶民の財布とは違います。

内容は、日経新聞夕刊によれば、介護報酬の引き上げや出産・子育て支援だって。第2子以降の幼児がいる世帯には幼児一人当たり3万6千円が支給されるらしい。我が家は幼児ではないので対象外ですねえ。。。

moon1次に目立つのは総務省 17兆7318億円~! 前年度比9800億円増

内容は、地方交付税の交付金や地デジ対策だって。地デジ対策もいまさらやめられないんですねえ。テレビやDVDを買い替えなきゃいけないので、お金がかかるなあ。

ふむふむ。で、財源は~?

「特別会計」などを利用するほか、国の借金、国債の新規発行額が前年度予算額の1.3倍とのこと。

国も地方も、それぞれのご家庭も、世界中が苦しんでいます。

我が家も借金が苦しいけれど、我がムスメ達の将来の働きにみんなが期待しているわけデスよー。

そう考えていくと消費税が上がるのは困るけれど、子ども達の負担が大きくなっていくのもどうなんでしょう。無駄をなくす、という発想もいいけれど、あまりに借金が多すぎるから、返すお金の充てを、そろそろ考えることも必要なんじゃないかな。

子どものいるみなさん、我が子がニートにならず、働いてお給料をもらい、将来のワタシ達をささえていくよう、しっかり教育いたしましょう。

雇用環境の悪化が激しいので、子どもどころじゃないご家庭も多いことでしょう。

自分の生活費だけを捻出するのに精一杯で、ご結婚もできない方達も多いのでしょう。

なんだかこの先10年。どうなっちゃうんでしょうね?

にほんブログ村 子育てブログへ

|

« 子ども部屋の大掃除 | トップページ | 家庭内アルバイトの行方 »

ママ達の再就職って?」カテゴリの記事

コメント

確かに、将来がとっても不安です。
でも、なんとかしないといけませんもんね!
また経済が良くなるといいな~~。

応援ρ(′▽`o)ノ゙ ポチッポチッとなっ♪

投稿: ユウママ | 2008年12月22日 (月) 15時13分

大掃除お疲れ様でした(*^_^*)♪
うちはまだちょこっとしかしてません☆大きな声では言えませんね^^;
すごい捨てっぷりがいいですね!!私も見習わなくっちゃ☆捨てられないんですよねえ、なかなか。おばあちゃんっこだからかな~もったいながりなんですよね。

いつもありがとう~

投稿: ゆみぴい | 2008年12月22日 (月) 16時53分

あし@からきました^^
今度の予算編成をみると、実感を持ちにくい対策が多いような気がしてしまいますね。
たしかに財政出動は大事なんだけど、その財源は?その結果どこにどのような効果が期待できて、どこに負担がかかるのかの説明が僕らにあまりなされてないような・・・

日々の生活や仕事で手一杯な状況ではあるけれど、この先の10年がどのように変化していくのかを自分たちなりに見通せるように勉強していかないといけませんね(汗

投稿: 佐藤 | 2008年12月22日 (月) 18時58分

今日は旦那の実家でクリスマスパーティだったよぉ~!!
賑やかで☆色々プレゼントもらって喜んでたにゃん☆(≧▽≦)
11時過ぎに帰って来たところ~!!!

急いでランクリ応援☆(≧▽≦)

明日はあいらの実家でクリスマスパーティ☆
子供達いっぱいプレゼントもらいすぎ!!!!
喜んでいたよぉ~☆(≧▽≦)

飲みすぎちゃった~!!!☆フラフラでPC触っています☆

投稿: あいら | 2008年12月22日 (月) 23時54分

ゆうままさん、おはようございます(^O^)/

大掃除順調ですね。
子供部屋はうちの難所です。
ゴミ袋を片手に私もやらないと。

少子化対策の幼児対象とありましたが
何歳まで対象になるんでしょう(^_^;)
就学前なのかな。
でも、目先の対策のような
もっと先を見据えた対策をしてほしいものです。

投稿: アンティーク | 2008年12月23日 (火) 05時49分

景気が良くなれば、自然と税収も増えて消費税引き上げなんて考えなくても良くなるんですけどねぇ・・・地デジは、ある意味消費拡大に繋がると思いますけど、ともしたらテレビを見る事すらできない人がでる可能性もありますよね。

投稿: Katsuei | 2008年12月23日 (火) 07時37分

昨日は日帰り札幌行きでした。

戻りの、夜9時前の千歳は閑散。だからか、ショッピングセンターのシャッターは皆、閉まってました。ホント、人がいない!
(土産はかろうじてゲットしたけど)

ところが、羽田についてみれば、周りのオフィス街は電気煌々とついてるし、山手線は寿司詰めラッシュ。それが深夜11-12時。さすが不夜城TOKIO。不況はどこにある?

東京にいると、地方や繁華街に縁のない生活など、見えないことも多いのかな…と感じた夜でした。

投稿: みーこ | 2008年12月23日 (火) 08時27分

こんにちは!ニックスと言います^^

確かに国と地方の借金は、すでに限界域にまで来ていますね~。。。政治家も国民も皆でよく考えて、将来を作って行かないと、国の財政破綻なんて事も現実にありえると思います・・・結局、地道にこつこつと頑張るしかないでしょうね。消費税アップもしょうがないと思います。国あっての個人ですから。。。
応援ポチです!

投稿: ニックス | 2008年12月23日 (火) 16時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507550/43494779

この記事へのトラックバック一覧です: 平成21年度予算 財務省原案を見てみよう:

« 子ども部屋の大掃除 | トップページ | 家庭内アルバイトの行方 »