« すき焼き→トリメシ | トップページ | 保育所「指定制」を検討 »

過去問と、首都圏模試と、アタックテスト

いよいよ11月も終わろうとしています

すでに多くの受験生が過去問にとりくまれていることでしょう。

また、12月で模試も最終回。大詰めですね

YUの場合は算数はおおむね良好。国語は改善の見込みが薄く、理科と社会は問題によって浮き沈みが激しいです。

が、これは模試、塾のテストの場合です。

過去問をやらせると、合格点最低点の前後にいます。点数のバラツキはそうそうありません。

また、苦手な国語も悲惨というほどでもないため、過去問との相性は良いようです。

模試やアタックテストは、難関校の子も受験するため、問題のレベルがやはり違います。YUにとっては、四谷模試なんか、おそらくとんでもない世界にあります。

受験校の過去問対策は、やはり親が目を通しておくべきでしょう。アタックテストができなくても、過去問ができればよいのです。受験校の問題傾向と、こどもの相性は大事です。

やはり、ここから大事なのは過去問対策でしょう。

YUの第1志望。クセのある理科も、よく読めば問題そのものは基本問題。社会はYU得意の歴史分野から写真・資料などを多く出題しているので、傾向はつかみやすい。理科や社会のどの問題も、物語形式というか、会話形式というか、小学生の女の子が実験をしたり日記を書いたりするシーンをつかいながら問題をだしているので、初めて見るとちょっととまどう。

が、問題そのものは基本中の基本です。

たまに「なんでこんな問題を・・・?出題者の趣味かな」なんてのもありますが、基礎をしっかりできていればできないこともありません。

あとは数をこなして慣れることでしょうか。

本番はまた雰囲気が全然ちがうので、1月の埼玉校は、模試のつもりで、練習に使いたいとおもいます。(受験料は高くつくけれど)

にほんブログ村 子育てブログへ

|

« すき焼き→トリメシ | トップページ | 保育所「指定制」を検討 »

中学受験」カテゴリの記事

コメント

難問校向けの模試で良い点が取れなくても、志望校の過去問である程度取れているなら、十分に希望が持てますよね。
しかし、中学受験は過熱してますから、合格ラインギリギリでは、非常に厳しいと考えたなければならないようです。
気を緩めずに勉強を積み重ねて夢を実現して下さいね。応援しています。

投稿: katsuei | 2009年11月24日 (火) 06時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 過去問と、首都圏模試と、アタックテスト:

« すき焼き→トリメシ | トップページ | 保育所「指定制」を検討 »