« 氷河期の就職を親としてどうみるか | トップページ | YUとMI ~偏差値の右側と左側と~ »

「科学」と「学習」の休刊

既に多くのみなさんがご存知のことでしょう

1946年創刊のこの雑誌

「まだかなまだかな~。学研の、オバサン♪」なんて歌もあったように、宅配してくれるオバサン(ママたち)も大変だろう

働く女性が増えて、昼間在宅している家庭が少なくなったことも休刊の理由のようです

この雑誌、ワタシもこどものころ「科学」をとっていました

付録でいろいろつくったなあ。。。不器用なので、うまくいかなかった記憶ばかり

MIもYUもとっていた

となりのオバサンが学研のオバサンだったので・・・・

いまどきは、みんな「しまじろう」の方をとっているのかしら。

小子化やインターネットの普及で子どもたちの嗜好も多様になったことが休刊の原因とか。

そういえば、小学館の「小学6年生」も休刊とかきいたことがある。

こどもたちの手元に届く良質の雑誌がなくなってしまうのは寂しいことである、とワタシは思います。

にほんブログ村 子育てブログへ

|

« 氷河期の就職を親としてどうみるか | トップページ | YUとMI ~偏差値の右側と左側と~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私もちょうど同じ話題をブログに載せたところです。「学研の科学」が大好きだった息子は、がっかりしています。
今は毎月宅配便で届きますよ。
需要はあるはずなので、もう少しうまくマーケティングして欲しかったなと思います。

投稿: ひなママ | 2009年12月 4日 (金) 22時26分

私も子どもの頃、『科学』をとっていました。
とても楽しかったです。
自分の子にはやらせてないですが無くなるとなると、惜しいような気がします。

投稿: クロッカス | 2009年12月 4日 (金) 22時49分

こんばんは。
私も学研の「学習」や「科学」とってましたnote
このニュース聞いたとき、やっぱり寂しかったです。
子どもの頃読んでた雑誌が、どんどんなくなっていってる現実に時代なのかなって思ってしまう自分にも残念に思っていますweep

投稿: sakura-sunsun | 2009年12月 4日 (金) 22時49分

私の通っていた小学校では、発売日に科学と学習を体育館で販売してましたよ。だから各家庭には届けるのではなかったんです。どうしてそうなったのかは知りませんが、それが普通だとその時は思ってました。
私は理科好き、図工好きだったので、付録を作るのはとても楽しみでした。

投稿: katsuei | 2009年12月 5日 (土) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507550/46935117

この記事へのトラックバック一覧です: 「科学」と「学習」の休刊:

« 氷河期の就職を親としてどうみるか | トップページ | YUとMI ~偏差値の右側と左側と~ »