« 家族でお出かけ | トップページ | ベリーダンス、やってみる? »

小1の壁 学童保育

何かで読んだのですが

女性が再就職するきっかけは3回ある

①子どもが1歳になるとき。

②子どもが幼稚園に入るとき。

③子どもが小学校に入るとき

で、意外にみなさんその時になってからハッと思うのはこの小学校に入るとき

保育園の問題はいろいろなところで話題になるのですが、学童保育については意外にその実態が知られていなかったりする

そもそも学童保育は自治体によって設置状況や基準もまちまち

YUが行っていた学童は学校の中にあったが、さいたま市のお友達は、学校から近いところにあるとはいえ、別の敷地にある児童館に出かけていくと言っていたな

そして、一番の大きな問題は

開設時間だろう

昨日の日経新聞夕刊に掲載されていた厚生労働省調べのグラフによれば

午後6時に終わってしまう学童保育は48.1%

6時から7時に終了する学童保育は42.8%

6時に終了では、ご近所で短時間パート社員として働いている方には良いだろうが、ちょっと遠くまで通われているお母さんにはきついだろうな

しかもここにきて保育園増設の動きがある。が、一方で学童が増えるなんていう話は聞いていない。

数年後、学童難民が増えることが予想されるとか。。。。

上司は言う「もう大きいんだから一人で大丈夫!!」

だが、保育園から出たばかりの6歳児に一人で留守番させるのは今の時代心配でしょう

が、これこそ乗り切らなければならない壁である

ここで辞めてしまっては今までのみなさんの苦労は水の泡。

「なんとか」してみようよ

友達と協力し合う、実母、または義母に慣れるまで応援を頼む、ファミリーサポートセンターにお願いしてみる。いよいよの場合はベビーシッター。。?

「この子のためにワタシが”犠牲”にならなくちゃ」

なんていう考えは間違っても起さないようにね。

何が大切か何をすればよいのか、どう助けてもらうのか

無料の相談機関もあります。

がんばれ、全国の働くお母さん。

にほんブログ村 子育てブログへ

|

« 家族でお出かけ | トップページ | ベリーダンス、やってみる? »

保育・学童保育」カテゴリの記事

コメント

確かに幼児を預かるところは当たり前にあっても学童を預かるところは限られてしまいますよね。
でも私は、ここで立ち止まるいい機会なのかな、という思いがあります。
『犠牲』と思えば重荷ですけど 低学年で学校生活の基礎を築く時期に子どものために時間を作るという選択もありなのかな、って。
私は不器用なので、家庭と仕事の両立はむりだと考えて今まで仕事はせずにここまで来ました。
頑張らなきゃ、と自分を追い詰めることなく じっくり考えて相談できるところは有効に活用して自分の人生を考えて行ってほしいと思いました。

投稿: クロッカス | 2010年4月20日 (火) 11時28分

乳幼児保育の問題は、未解決とは言え、
俎上に乗っていますが、学童保育の方はまだまだ…、
ですね。
これが、子どもや親に障がいがあったり、
障がいとは言わなくても、親が情報弱者だったりすると、
その緊急性は増します(しかも、そうした親の多くは
貧困家庭で、就労の必要性も高い傾向がありますね)

1月8日のゆうままさんの記事に、
「空き教室は乳幼児保育よりも学童保育の方が
適しているのでは?」と当時コメントしましたが、
子育ての問題は、どこかだけを手厚くしても
(いや、どこも手厚くなってないけど)
子どもは成長していくんだから、すぐ片手落ちに
なっちゃいますよね。

投稿: すとれちあ。 | 2010年4月20日 (火) 12時43分

こんにちは

実は…ただ今考えているところです( ・∀・ )ゞ

ウチの地区では既に学童保育の定員をオーバーしており、4時間パートだとなかなか難しい…と聞きました。

今、通っている幼稚園が学区外の為知り合いにも預けにくくなる状態で。。

トモエの入学は来年…
どうやら結論を出す日が近くなりつつあります。

やってみたい事もあって結論がまだ出ませんが、これからのブログで答えが出てくるかもしれません(;^ω^)

…それにしてもシャリ箱…気になってます。。


投稿: ミカオ | 2010年4月20日 (火) 14時27分

学童保育の すばらしいことは
夏休みとか 冬休みも
一日 見てもらえるのが いいですよね
家の子供達も 昨年まで お世話になっていましたが
ほんと 頼れる所が あって 良かったです
働くお母さんの為にも
学童保育の増設
国にお願いしたいですね。。。

投稿: てっちゃん | 2010年4月20日 (火) 16時07分

まさにうちのちびすけが行っている学童保育は、
9時から18時までです。
ただ、学校がお休みの日の土曜日・春夏冬休みは、通常9時からなのが8時から開けてくれます。

だけど、結構野放しといった印象で、
上級生によく下級生がいじめられるって話を聞きます。(うちのお姉ちゃんもそうだった)
学童保育の数を増やすのはもちろん大切だけど、
ひとつひとつの質の向上も必要かなって思ってます。

投稿: ちゃっとこ | 2010年4月20日 (火) 16時42分

はじめまして。

我が家もこの春から長男が小学生になりました。
毎日学童からの帰宅時間を調整し、なんとか小1の壁をすり抜けてる。。。といった感じです。

基本長男は行きも帰りも一人。
まだお友達もできないらしく、朝もトボトボ歩いて出発します。

いままではどっぶり保育園の世界にはまってきましたが、今後は学校やPTAそして学童保育について勉強していきたいな~。。。と思っています。

また遊びにきますね。

投稿: うるとらのママ | 2010年4月20日 (火) 21時15分

私が勤務する学童保育はお休みの日は8時開所。
閉所は18時30分。
1年生から6年生まで預かります。
異なる学年の保育は正直難しいです。
高学年と低学年とでは遊びの質も違うわけですしね。
預かり児童数が多ければ、年齢にばらつきがあったとしても、それなりに指導員を増やせるので保育の質も上がります。しかし、少人数で年齢にばらつきがある場合、指導員の人数にも限りがあります。
放課後子どもプランと学童保育。
二つが必要なのかしら?どちらかに絞り、国の予算を傾ける方が良いような気がします。。。

投稿: 雀のお松 | 2010年4月20日 (火) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507550/48131007

この記事へのトラックバック一覧です: 小1の壁 学童保育:

« 家族でお出かけ | トップページ | ベリーダンス、やってみる? »