« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

おやじ化?

昨日も残業でした

前日より少し早い

さっと帰って夫のご飯を作ろうか

と、
ゆうままさん、これからちょっとだけ飲んでいこう

ありがたいお誘い

何がありがたいかってご飯作らなくていいじゃないですか

パパにメールするワタシ

ご飯は調達してね

了解、と快い???返事

こうして働く母はおやじ化していくのであった

パパ、いつも悪いわねー
ごめんね

いつものように帰ってからの家事が大変でした

やっぱり飲んで遅くなるのは金曜日がいいなあ


にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸紅 ベビーシッター費 月最大20万円

びっくりではありませんか

10月から、育児休業後に復職するときに保育所が見つからない社員に対し

ベビーシッター費用として支給されるのは

月最大20万円

平均的なベビーシッター費用は月30万円だとか

30万円なんて払ったら、給料は手取りなくなるね

自社で保育所を運営する代わりにこうした制度で社員の育児を支援するそうです

丸紅は今年度はワークライフバランス推進を目的に育児や介護関連の制度を刷新したそうです

何ともうらやましい話で。。。。

でもきっと、楽な仕事じゃあないんだろうなあ

企業のほうでもそこまで負担してまでも女性が辞めないようにしてもらうというのはいいことですが、

いやいや。やはり仕事しながらの子育ては大変です

ワタシなんぞは本当に楽になりました

我が家は年の離れた姉妹なので、楽になるまで本当に10年かかりました

手がかからなくなるまでなんとか工夫して

ストレスも上手~に逃がして

がんばりましょう

辞めてしまうと同じ条件で働くのは相当きついです

今を乗り切って、10年後を楽しみに!

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夫の家事時間は? 〜日本の一日〜

最近はイクメンが増え、若いパパたちを中心に、育児や家事を手伝ってくれる男性が増えている。

手伝う

本当は自分のこととしてやってもらいたいものだが、まあ、だいぶ進歩したではないか

ブログを読んでくださっているみなさんの中には

てっちゃんのブログ

みたいに、おいしい〜晩御飯を作ってくれるありがた〜いパパさんもいるけれど

我が家はご飯系はあまり得意ではないみたいなので、洗濯とお掃除を主に手伝ってもらっています。

それではここで問題です。

6歳未満の子供をもつ親が、育児、家事に費やす時間はどのくらいでしょう。

答え

妻 7時間27分

夫 60分

なかなか面白いデータだと思いませんか?

これは厚生労働省が今年8月に発表した

日本の一日

という資料に載っていました。

データそのものは平成18年の総務省が発表したものだから、今は夫の家事時間も80分くらいになっているかしら?

このほかにも日本の1日に、たとえば

結婚するのが1939組

離婚するのは694組

生まれるのは2932人(この挿絵がパパが子どもを抱っこしているものになっているのがおもしろいわ)

など。

ちょっと話題作りに覗いてみてはいかがでしょう

ワタシの家事時間が80分くらいかもね〜(もっと多いかhappy02

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

義母に感謝、感謝!!

ふう~

今日からしばらく残業生活です・・・

早く帰る夫はご飯は炊いておいてくれるけれど、おかずは作りません

う~ん

じゃあ納豆でいいかあ

と思って帰ってくると

けんちん汁があるではありませんかhappy02

里芋、大根、豆腐、油揚げ、とり肉の入ったけんちん汁

おばあちゃんの十八番

涼しくなってきたからまたこれがおいしいの

疲れたよ~

というワタシに最高のプレゼントでした

お義母さん、

いつもいつもいつもありがとうございますshine

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ATMに気をつけよう

先日のことだ

ATMでお金をおろそうとデパートの中のキャッシュコーナーへ

で、ちょっと並んで自分の番が来たので画面を見ると・・???

前の方の画面がそのまま残っているではないですか

「お知らせがございます。ごらんになりますか?」

というあの画面

「いいえ」

を押すと、

前の方のカードが出てきました。

あららら。。。忘れて行っちゃったのね。

既にどこかに行ってしまったらしいので、そのまま交番へ

「これは、落し物ですが、現金ではないのであなたにはお礼は行きませんよ」

みたいなことをおまわりさんに言われましたが

当然そんなつもりはまったくないのでカードだけ届けて帰りましたが

中にはいるんでしょうか。

口座の中身の1割をくださいとか。

落とし主が見つからなかったらもらえるとか

期待している人。。。

そういえば自分のことだが、ずいぶんのことだがATMで下ろした「5万円」をそのままにして、カードと通帳だけ持ってその場を去ってしまったことがあった。

すぐ気付いて戻ったけれど現金はなかったわ。

あ~あ・・・

どうしよう・・・・

困った…・

相当落ち込んで家に帰ると銀行から電話があった

「5万円おろされましたか?」

わ~~~shine

ラッキー

銀行に届けられていたのか、そのまま引っ込んだのか定かではないが、戻ってきた現金ちゃん。

よかったわ~

本当に急いでいるときほどATMには気をつけましょうね!

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

女性町長(元)はやっぱりパワフル

先日、お世話になっているとある町の元町長さん(女性)と飲む機会があった。

彼女とは、ワタシがまだ採用4年目の年に出会った。

当時から全然変わらない。パワフルで、エネルギッシュ。年齢を感じない。

初めてお知り合いになったころの彼女の年齢になったワタシだけれど、自分自身はだいぶくたびれている感じがするわ。

彼女はすでにお孫さんもいる。

女性団体からの信頼も厚く、働く女性(これから働きたい女性もね)を応援している。

町長になるくらいだから男性陣も一目置く彼女

パワフルで、さっぱりしていて、温かみがあって、おふくろさ~んという感じだ

彼女は若いころから、政治(政策)には女性(生活者としての)の視点が絶対に必要だとおっしゃっていた。

自分の意見を通すために、自分がモノ言える立場になる。自分の言葉を為政者に言わせる。さらに自分自身が首長になる。

まわり(とくに男性だろうけれど)との軋轢もあっただろう。

お子さんもいるし家庭での苦労も計り知れない

でも持ち前にパワーでハードルを越え、壁を壊し、自分で道を開いてきた方だ。

なかなかあんな風にはできないけれど、やはり同じ働く女性としては見習わなくてはならないところもたくさんある。

「普通の女性の意見を反映させたい。させるべきである。させなければいけない。」

というのはワタシの持論でもある。

考えるのは誰でもできる。

が、そこから先が重要なのだ。

しっかりと主張をし、言うべきとことを言い、変えるべきところを変革することはなかなかできないものだ。

「もう面倒だなあ。。。そろそろやめたいや」

そんなワタシのことを見透かすように彼女は言った

「志を強く持ちなさい。夢は必ずかなうんだよ」

そうですね。

ワタシにできることなんてたいしてないのかもしれないけれど

よく言われるように

「一人が始めなければ何も変わらない」

その一人のすることは大した影響力はないかもしれないけれど、小さな布石になることにも意味があるのかもしれないな。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

YU、桜蔭の文化祭に行く

今日はYUはお友達と別の学校の文化祭に行きました

「どこにいくの?」

というワタシに

「おうらんちゅうがく」

おいおい、それは「桜蘭高校ホスト部」の読み過ぎだよ(漫画です)

「もしかして、桜蔭?」

「あ、そんな名前だったかも」

YUは桜蔭中学なんて縁がないので聞いたことがなかったのだが、私立中学受験をする方なら耳にしたこともあるだろう。

偏差値70、毎年東大に何十人も合格者を出す超難関校である

どうして桜蔭の文化祭に行くことになったのかというと、お友達のお友達が通っているから一緒に行こうと誘われたのである

YUはこれまで家族以外の人と一緒に学校以外の都内のどこかに行ったことはない

地下鉄なんか一人で乗ったことはもちろんないのだが大丈夫だろうか

「大丈夫。Aちゃんと駅で待ち合わせたから」

「迷子にならないように、ちゃんとついていくんだよ

携帯を忘れずに持っていくんだよ

スイカに2000円は入れておきなさい」

ついつい気にしてしまう。

「大丈夫だよ(;一_一)。(うるさいな~)」

だってYU、友達同士でとはいえ、都内にいくなんて。。。大丈夫??

心配し過ぎのワタシですがもちろん何事もなく無事に帰ってきました

「どうだった?」

「う~ん。よくわかんないや」

つまり、面白かったというのとは違うようだ。つまらなかったとも言わなかったけれど、面白くもなかったのだろうか。

ちょっとパンフレットを見せてもらった。

まあ。お金のかかったパンフレット。ページ数が多いから見やすいじゃないですか。

内容は普通の文化祭と同じだけれど目を引いたのは

「サイエンスストリート」

なるものがあり、

化学部、物理部、数学部といった秀才ムスメちゃんたちがいるような部活の展示フロアがあること。いや~。さすが桜蔭は違うなあ

(って、見ているわけではないのでどう違うのかは分からない。これはワタシのイメージです)

YUの大好きな漫画同好会は?

「あったけど、つまらなかった」

どなたかのコメントにあるように本当はなかったのかもしれないですね。オウインファンのみなさん、ごめんね。

う~ん。もしかして漫画も芸術的なのだろうか。。。そんなことはあるまい。

せっかくのYUの冒険だが、どうやらとっても楽しいというものではなかったようだ。

これでまたYUの次の冒険の機会はなくなったな。

自分から誘ってまで遊びに行く子ではない。

次の冒険はいつのことになるのだろうか

友達と都内で遊ぶ、そんなYUの構図はイメージできないわ(^_^;)

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

秋の訪れ

急に涼しくなってまいりました。

我が家のベランダでは夫がお世話をしている鶏頭の花が満開です

Dvc00117

今日は衣替えの準備をしようかな

布団も夏用をしまおうかな

空も秋晴れ。いいお天気です。

ようやく秋が訪れた感じですね

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

イレブンランチ ~銀座 アロッサ~

イレブンランチ族という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

お昼の混雑時を除いて11時ころ開店一番にランチを楽しむ主婦たちのことだそうで。

先日姉と銀座に行って

ランチをどこにしようということになり、やっぱり開店前にいかなくちゃ~ということで、イレブンランチとなりました(正確には11時半ですが)

食通(飲み通)の、職場のshineダンディな上司が教えてくれたお店

ニュージーランド料理のお店です。

Dvc00102

こんな感じ

Dvc00101

すいてる?

いえいえ、開店時間がわからず適当に行ったら開店前だったの。

5分ほど待って開店。一番乗りでした。

しかしこの後すぐ満席に・・・・人気店だったのね。

ランチメニューは一つだけ。

でもこれがねえ。満足いくもの

サラダ、前菜、メインディッシュ、パン、デザート、飲み物付きで、

shine1050円

びっくりの値段です

サラダ(二人分)とパン

Dvc00104

前菜

かぼちゃのオムレツ?ムース?柔らかい卵

Dvc00105

ハンバーグ、マッシュポテト添え

Dvc00106

デザートはマンゴーのシャーベット、アイスティーにしました

Dvc00107

ここはきっと一人でランチするのにはぴったりかも

女性ばっかりでした。

とにかくすぐにいっぱいになっちゃいます。早くいったほうがいいです

11時半開店です。

プランタンの裏、ミキモトカフェの隣、エストネーションの向いのベルビアとかいう建物でした。

ランチは大満足。

ついでにこちらは姉がお勧めの最中屋さん

予約制なので、ワタシは買えなかった。。。頼んでおいてくれればいいのにさ。姉の馬鹿~

Dvc00108

ち~っちゃい最中だけれど、一つ100円だそうで。

お使い物などに最適です。

今度は予約してみよう

こちらは銀座並木通り。よ=く気をつけてみないと見落としちゃうような小さい店でした。

松坂屋のちかく。。。。とでもいえばいいのかな。

銀座も工事しているビルが多くて、びっくりです。

またなにか新しいお店ができるのかなあ

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゼミの恩師に20年ぶりに会う

昨日は久しぶりに赤坂へ

ニューオータニでの講演会を聞きに行きました

講演してくださったのが実はワタシの大学時代のゼミの教授

今や東京大学の教授であらせられるK先生(ワタシは東大生ではありません(^_^;))

昨日は日米の現状や尖閣諸島問題などに触れながら日本外交の姿について講演をされておりました。

講演が終わり、トイレに寄って帰ろうとすると偶然K先生が前を歩いていました

「K先生」

呼びかけるワタシに「?」怪訝そうな先生

「20年ほど前お世話になった、S(旧姓)です」

「ああ。Sさん。覚えていますよ」

そのまま先生と地下鉄で東京駅まで御一緒させていただいた。

「Sさんの代には●●さんや××さんがいたよねえ」

先生、よくぞ覚えていらっしゃいます。

先生って、教え子のことは忘れないんだろうか

「今はどんなお仕事をされているんですか」

「お子さんがおいででしたよね」

昔と変わらない口調でお話しされている。

先生、20年前と変わらないわ。髪にちょっと白いものが混じったけれど。

ほんの10分ほどの間でしたが、いろいろお話させていただきました。

学生時代はよくわからずにいろいろ勉強していたものですが、今だったら先生の講義やお話が仕事に役に立つことも多いだろうなあ。

20年前に何を学んだか、あんなにたくさん専門書を読んだけれど、その内容はほとんど覚えていない。

ただ、毎週のように新しい文献を読み(英語本もあった。読めなかった・・)、コメントを提出し、みんなでそれをディスカッションしていた。これがまた辛かったわあ。。。あんなことは今はできない。

あの時購入した本は今、夫の書斎に飾ってある。丸山 眞男や京極純一まであるよ。線が引いてあるけれどこんなものまで読んだんだろうか。記憶がない。

今だって勉強しようと思えばいくらだって時間は作れるはずだけれど、こういう本にはもはや手が出ない。

とても懐かしいひと時でした。

学生時代にもっとちゃんと意識を高く持って勉強しておけばよかったなあ

(と、多くの大人が思っているのだろう)

これから学生時代を迎える自分のムスメタチには、たくさん勉強してほしいなあ。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

少子化危機の「見える化」

ちょっと前、9月10日の毎日新聞

「くらしの明日」シリーズから

第一生命経済研究所主任研究員の松田茂樹さんの主張

少子化政策がなぜ進まないか

それを

「少子化の影響を説明していないから」と分析している

子どもが少なくなっているという現状からさらに進んで、それが10年後、20年後にどう影響を与えるか

漠然とした不安を訴えるのではなく

具体的に、なぜ少子化政策が必要なのかを説明していないというのだ。

たとえば今から何十年かすると3人に一人が高齢者になる。。。。

とはいうけれど、それがどういうことなのかシミュレーションをするなど、ワタシタチ国民に目に見える形では説明していないということだ

確かにそうかもしれないなあ

これだけ少子化について問われているのに

高齢者対策や年金対策ほど議論にならないのが不思議。

みんな

「なんとかなるから大丈夫だよ」

くらいにしか感じていない様な気がするわ。

なんとかならなかったときにがんばらなければいけないのが我が子たち

子ども手当にしても何の政策にしても将来に莫大な借金を残している限り解決にはつながらない

ワタシタチ一人ひとりが少子化対策の必要性を自分のこととして考えられるように分かりやすい説明をぜひ行ってもらいたいものである。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

衣替えはいつにしよう

今日は久しぶりに予定のない休日です

雨も降っていて出かけるのも面倒なので

こんな時は衣替え。。。。

といきたいところですが

天気予報では今後は猛暑はないと言っていますが

どうなんでしょう。。。?

さすがに真夏の服はしまってもいいのかもしれませんが

まだまだ衣替えという気分にならないわ

昨日まで暑かったし。。。

昔は「暑さ寒さも彼岸まで」で、今頃夏物を片付けていたものだ

中学や高校も10月から冬服シーズンとなる(しばらくは併用期間です)

夫もクールビズが終わってしまうので10月からネクタイ着用だ

あと1週間で秋の気候になるのかしら。。。?

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

こどもが草食系男子だったら?

今日の日経新聞夕刊です

20代から30代の息子を持つ親が

自分の息子は「草食系」ではないか…とやきもきするケースが増えているらしい

親が一生懸命お見合いを設定したり、アドバイスしても

子どもが乗り気でない。消極的であることから結婚には至らない。。

草食系男子といわれる方たちは婚活なんかするんだろうか

急にしようと思っても女性と話すことは難しいかも?

2005年の国勢調査によると30~34歳の男性のうち47%は独身だということだ!

二人に一人。う~ん。わかるなあ

うちの職場も男性陣は多いけれど独身もと~っても多い

草食系かどうかはわからないがそれぞれの生活を楽しんじゃっているようですね

ちなみに生涯未婚率(50歳の時の未婚率)も増えているそうだ

そんな息子たちを見て親のほうが心配している

ムスメを持つ親たちはあきらめているのかな。

40過ぎて独身のムスメは家にいてもらったほうが老後のためにはいいのかもしれない

息子は???

家にいてもらっても家事さえできなくて役に立たないこともあるのかな?

それにしても独身男性のことはみんな心配するけれど独身女性はそんな話題は少ない気がする。

女性はしたたかでたくましい。

独身男性の未来は暗いけれど独身女性には明るい未来が待っているのか?

我がムスメたちはどうなんでしょうね・・・

MIは結婚できそうだけど(肉食系)、YUは。。。。

まあ、結婚していてもしていなくても20年後に孫がいたらワタシとしてはうれしいなあ(たぶん孫の面倒は見ないけれどね)

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

男を出世させる妻?

職場の回覧で回っていたPresident 10月4日号

「イマドキ妻」を2つの軸を使い4つのタイプに分けて分析

その二つの軸とは、縦軸に「共働き」「夫頼み」

横軸に「夫を放任」「夫を管理」

この軸からできる4つのタイプを

①共働きで夫を管理する「プロデューサー型」

②共働きで夫を放任する「同類婚型」

③夫頼みで夫を管理する「昭和妻型」

④夫頼みで夫を放任する「ゲゲゲの女房型」

まあ、よく考えますわね。おもしろいわぁ

分析

①夫の才能を妻が見出し、成功に向けてバックアップ。夫の仕事にも積極的に口出し。例として菅首相の夫人菅伸子さん。クリントンのヒラリー夫人など

②高収入同士のカップル。性別役割分業の意識が薄い。稼ぐ妻が夫の留学費用をねん出することもある。夫の出世と子育てのためにキャリアを捨てられる人は「セレブ妻」となる

③家計は妻が管理。夫には小遣いだけ渡す。収入減でも生活レベルを落とさず自らが働くこともない。夫を「長男扱い」し、夫婦間は没交渉。出世意欲は減退する

④夫のために尽くせる妻。内助の功に徹し、仕事の邪魔はしない。生活費は一定額を妻に渡し、残りは夫が管理するが、実際はつくし切れず「昭和妻」に移行するパターンもあるとか。

ひゃ〜〜〜

いかがでしょう??

ぴったり当てはまります?

う〜ん。なかなかぴったりとはいきませんわ。

ちなみに、出世コースの秘訣は「夫を放任」だそうで。

もちろん、世代によって、考え方によって変わる

正直ワタシなんかは自分の仕事で精一杯なので夫の出世に関心が高いとはお世辞にも言えないワ。夫が出世すればうれしいし、お祝いもしてあげよう。けれど、しなければしなくてもそれはあなたの実力じゃ〜ん。。。と思ったりする。

冷たい?

いや、これこそもしや「同類婚」型なんだろうか。

じゃあ、ワタシも夫の出世のためにキャリアを捨て子育てに専念すれば「セレブ妻」になれたのかしら。

セレブというには庶民すぎる給料だなあ

出世してもしなくても定年まであと10年。辞めてしまえばみなオジサンではないか。

定年後の夫とどのように暮らすか、を考えるほうがずっと大事かもしれない。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

働きやすい会社2010 ~子育て1位は東芝~

昨日の日経新聞です

企業の人事・労務制度の充実度を点数化し、ビジネスパーソンが重視する度合いに応じて傾斜配分してランキングをしたものということですが

総合第一位は・・・ソニー

社員の意欲を向上させる制度の項目でトップ、働く側に配慮した職場作りで2位

ソニーの社員一人当たりの研修費は36万8988円。いまどき社員教育にお金をかけるところは減っている?

本当は今だからこそがんばって社員を育てないと、この先海外との競争には勝てないと言われている。そこまで余力がない企業もたくさんあるだろうけれど、人は宝だからなあ。。。。

日立では今後2年半の間に2000人の意欲ある若手社員に海外業務研修や留学の機会を提供するそうだ。

「若者の内向き化」が心配されているけれど、外に出ていろいろ経験してくれば後に大きな糧になるに違いない

で、女性に気になる

「子育てに配慮した職場づくり」NO1

東芝でした

東芝では今年4月から1時間単位で取得できる年休制度の利用要件を緩和して使い勝手を向上させたとか。

時間休という制度が広がれば、女性にとっては本当に助かる。

ちょっと朝、子どもを医者に連れていく。

帰ってからすぐに歯医者に連れていく。

参観日の時間だけ休む

学校の行事は午後から、とか2時ころから、とかが多いので、時間単位の休暇は本当にうれしいのだ

若いママさんたちが辞めずに仕事を続けていければ20年後はきっと今とはずいぶん違う社会になっているに違いない。

若いパパさんも普通に育児休業をとれるようになっているかもしれない。

社会が子育てにやさしくなる時代

口で言うのは簡単だけれどもなかなか世の中の意識がそうなってこない

子を持って初めてわかる社会の目

でも壁を突破して、道を作るのもワタシたち女性のパワーだ

子どもが大きくなってきたワタシだけれど、小さいお子様のいるママさんたちを応援しています。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

文化祭 YUの中学校編

先週はMIの文化祭

MI編 埼玉の私立女子中高一貫校

今週はYUの学校へ。

MIの学校は浦和なんだけれどホントに田んぼの裏にあるので、自然豊か。空が広いでしょう?

YUのほうは東京23区

マンションやビルの間にあるので環境は全然違います。

中学生たちはこれまでの学習を展示してありました

Dvc00013_2

これは生徒がうちわに「書」を書いたものを展示してあります

YUは希望の「希」

YUの書いた俳句や新聞も貼っていありました

MIの学校ではこうした展示に夏休み中にクラスの生徒たちが集まって何日もかけて作り上げていましたがこの展示は準備期間は直前だけだったようです

中学生はあまり負担をかけずやらせているのかな?高校生たちは気合いの入った展示でした。

文化部の展示や模擬店もたくさんありました

お昼はコンビニのようにお弁当がたくさん売られていました

YUの学校はカフェテリアがないのであたたかい食べ物がなかったのがちょっと残念。

でも生徒たちは楽しそうにしていました

構内でYUにあえるかな~と思いましたが、MIの学校の2倍以上の生徒数。とっても見つけられませんでした・・

YUは文化祭では授業がないということもよくわかっていなかったみたい(^_^;)

相変わらずですが、昨日一日でまたちょっと中学生らしくなったかな

YUは今日も文化祭に出かけて行きました

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

洗濯しちゃった・・・・パパの携帯

今日も張り切ってエアロビを終えるとパパから電話

「ズボンのポケットに携帯入れておいたんだけど、洗濯しちゃったよ」

ガガガ~ン・・・

そう。ティッシュで何度も失敗しているが

ワタシは洗濯もののポケットを確認しない

だから各自自己責任でポケットの管理をしてね~

ということだったのだが

今日はパパの着替えをいつもの調子で洗濯機にポイといれておいたのだ・・・

「あした仕事なんだけど。連絡先の電話もわからなくなっちゃったよ・・・crying。電話さえできなくなったよ・・・annoy

スミマセン。パパ

大急ぎでドコモショップへ行ってパパの携帯を更新

でもデータは破壊

お預かりサービスも保険にもはいっていないうえ、バックアップもしていなかった・・・・

電話は使えるようになったけれど

データは消えました…・

YUの写真もきえました・・・・

お金も消えました。今の携帯は高い。高いんですよ!!!

先月の洗濯機に今月は携帯だよ

トホホです。

ホントにトホホです

パパ、あした仕事がんばってね。

申し訳ない!!

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

銀座三越に行ってみた

先週の水曜日のことだ

ちょうどお休みをいただいたので、行ってきましたよ

話題の銀座三越へ

例によって6つ離れた熊谷に住む姉といっしょにGO!

平日だというのに混んでいましたね

混雑していたので高級感はあまり感じなかった

ごちゃごちゃしていて疲れた

というのが感想です

デパ地下はさらに混んでいた。疲れた。。。ジュース一杯飲んだだけで何も買わずに帰ってきました。デパ地下大好きの姉も何も買わなかった

ファッションフロアですが、ショップのラインアップが池袋の西武に入っているものと同じような感じだったなあ

三越の店員さんが集めたセレクトショップ的なフロアには、デパートではあまり見かけないお洋服が多かったけれど、桁が6ケタとか、薄~いブラウス一枚が5万円とか。

う~~~ん。。。

ワタシには縁のないお洋服ってことね。

ちょっと気になっていた雑誌に載っていた服なんかもあったけれどサイズがなかった。。。

三越もいいけれど、周辺のナントカ通りの路面店に結局同じようなセレクトショップがあったりして、こっちのほうがゆっくり見られてよかったなあ

そういうことで今回の結論

銀座はやっぱり路面店が楽しいや。

そうした意味では、まあ、デパートにセレクト商品が並んでいるフロアがあるっていう試みはおもしろいかな

でも銀座は街をブラブラするのが好きなワタシなので

デパートは池袋西武でいいや~(ワタシはセゾンカードなの)

いえ、三越がつまらないって言ってるわけじゃないんです。

もっとすいてから、ゆっくり来てみようかなって。

やっぱりオープン直後のデパートは疲れたわ

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

去年の今頃は ~小学校の運動会~

今日は、小学校の運動会だったようです。

Dvc00109

YUの小学校です。

万国旗が翻っていますね~。場所取りのお父さんたちがシートを持って走っていました。

去年の今頃は大変だったなあ

YUは金管クラブにも所属していたので

運動会シーズンは金管クラブが大活躍。

トランペットみたいに大勢で吹く楽器ではなくYUはチューバだった

3人しかいないチューバのそれもパートリーダーだったのだ

辞めるにやめられず、結局最後の埼玉県の発表会まで続けちゃったんだったな

今日も学校から金管のパレードの曲が流れてきました

いろいろあったけれど、合格をいただき

「小学校より今のほうがずっと楽しい」

というYUだ。

苦労した甲斐があったというものだ

中学受験のみなさん

あと4カ月

泣いても笑ってもあと4カ月

そろそろ過去問に入る時期でしょうか?

模試の結果はいかがでしょうか?

良い結果を目指してあと4カ月、がんばってください

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2学期が始まって…

2学期は始まって早々に文化祭があるから忙しい

そんな中でもいつもどおり部活があったり

授業はしっかりあるし

宿題はもちろん一杯でる

読まなければならない課題図書もある

10月には英検だ

YUはますます忙しくなっていく

が。。。

前ほどアップアップしていない

それどころか

「ウチ、今日は12時まで起きていようかな」

「なんで?」

「読みたい本があるし」

「ちょっと英語もやらなくちゃだし」

おおおおおお~~~

これはYUの言葉

びっくりです

正直、私立に入ってから

「勉強しろ~」

とはほとんどいったことがない

「宿題やった?」

だけである。

まあ、宿題をする時間しかないからなのだが

言われなくても子ども部屋を除くと宿題をしている

(お絵かきのこともある)

勉強する習慣がついてきたのかな

部活はとってもきついみたいだが

「辞めたい」

と言ったことはない

YUがこんなにがんばり屋さんだったなんて

そして

「今度、Aちゃんと別の中学校の文化祭に行ってきていい?」

おおおお~~~~

YUが荒川を渡り、母以外の人間と都内でどこかに行ってみようだなんて

いまどきの子どもには当たり前のことがYUはできなかった

慎重だし、臆病だし、引っ込み思案だし

基本的な性格は変わっていないけれどちょっとだけ別の世界をのぞいてみようという冒険心もついてきたようだ

母としてはとてもうれしい

「ウチには夢があるんだ」

「なに?」

「内緒」

夢がある。

子どもにとって夢は大事だ

本当に大事だ

この夢がなんなのだかはわからないが、この夢を育て

いつかYUの世界を自分自身で築いていけることを願っている。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高3の母たち

先日、MIの公園デビュー(古)仲間とshine銀座で食事会

海老専家Dvc00100

という中華料理屋さん

食べ放題、飲み放題コースというのもあったが単品で頼みましたが

お腹いっぱい食べてお酒も3杯飲んでひとり3000円。

安いし旨いしいい店だった。

東銀座から3分ほどのところです。みなさんもいかがです?

で、高校3年生の母たちの話題は当然

「大学受験」

どうするどうする~~?

なんと、すでにAO入試で決まっちゃったというお嬢さんもいるではないか

いいなあ。。。うらやましいなあ。。。

指定校推薦を狙う子、受験する子、いろいろです。

はあ~

お金かかるなあ

入試、塾、学費

一人っ子の彼女はこれでおしまいだけど、残り3人は下の子がいる。

来年高校受験という子もいる。

そうそう。センター試験の払い込み用紙が来ましたよ

成績開示を希望する3教科受験者用 18800円

センター試験は1月15、16日

どうするよ

MI、数学まずいよ。

「塾でセンター対策は11月からでいい」

なんて言われたようだが、今からやったほうがいいんじゃないか?

数学で全く点が取れないと困るでしょ!!

ああ、小学校からの算数嫌いがここにきてまた響いている

こまったものである

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

小4の壁

小1の壁

という言葉は聞いたことのある方も多いかもしれない

保育園に通っていた子どもたちが小学生になるときに「学童保育」に入れない可能性がある。。。ということで

小学生1年生は午前中に帰ってきてしまう。

親が返ってくるまでの間、子どもは一人でお留守番????

これが小1の壁だ

そして昨日の日経新聞にも出ていたが

多くの学童保育が小学校3年生までしかあずからない

我が川口市もそうだった

だからうちでも小4からは学童保育はつかっていない

我が家は義父母がいるからそれでも子どもだけが家にいるということはなかったが

いきなり子どもだけが一人で家にいる

「小4なんだからもう大丈夫でしょ?」

そう思うあなた。それは昔の良き時代の話です

今や子どもたちだけで遊んでいても心配な時代です

たぶん、大丈夫なんだろうし、だんだん慣れていって大人になっていくのだが

急に一人にしてしまうのも正直心配なのが母親の心の内ではないか

じゃあどうしてるんでしょうか?

多くの方が「仕方ない」と学童を辞め

代わりに習い事(塾やピアノ、スイミング、スポーツ)にいったり

友達同士の家を行き来したり

ときには一人でいたり

我が家は義父母がいたけれど塾を週2日、バトンを週1日、そのほか友達と遊んでもらうが週1日。。。という感じでしたでしょうか。

たしかに高学年になるところだしず~っとどこかに預けておくという年齢でもないような気もいたします

また、子ども自身も学童にずっといたいという子は少なくなったりして

(自由にお友達同士で遊びたい。という子もいますからね)

YUの時には高学年になるほど学童に通う子供は少なくなっていましたね

それでもいきなり一人っきりはどう??

という心配なお母さんのために

いい方法があるかというと、まあこれといった決定打はないわけで

みなさん自分で何とかしているのが実情でしょう

それは仕方ないとして

「小4なんだからもう一人でいられるでしょう」とか

「中学生になったんだから風邪引いたくらいなら一人で寝ていればいいじゃない」

とか、気軽に言われちゃうんですが

一人で何とかできる子もいれば、危ない子もいるし、世の中がやさしくないし、こわい事件もあるのでやっぱり誰か頼りにできる大人がどこかにいればそれはそれで安心だ

「大きくなったんだから自分で何とかしなさい」

だけでは済まないこともあるんだということを、周りのみなさんに知ってもらっておいて、いざというときに休めるようにしておくのが働きやすい環境づくりとしては一番最初にやることのかもしれませんね

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

中華鍋っていいですね

どこのお宅にでもありそうな中華鍋

Dvc00098_2

実はこのなべ、結婚した時に中学校のお友達から結婚祝いでもらったものだ

だから20年以上使っている。。。。

かというとそうではなく、

使い始めたのはここ1年ほど前からかしら

結婚した当時は料理のレパートリーもほとんどなかったので

(料理の本を見て2時間かけて夕食を作っていたよ(^_^;)」

「なんだか大きくて邪魔だなあ。」

と、料理本にあった酢豚か何かをつくるときに数回使いお蔵入りしていたのでした

それが最近急に復活。

いいじゃないこれ~

大きくて強い火力でも焦げ付かないし、ちょっと鍋を振ってもこぼれないし

さっさとできるし。

炒め物が多いワタシにぴったりのお品でした

そんなワタシを見抜いて送ってくれたFちゃん。今まで日の目を見なくてごめんね~

中華鍋で作った餃子(買ってきた生餃子ね)と茄子とピーマンの鍋シギ

Dvc00099

ついでに冷ややっこと、義母からもらった奈良漬と買ってきた牛角キムチです~

もちろん2時間もかけませんよ。特に平日は30分以内でできる料理しか作らない。

ワタシもだいぶ料理がうまくなったもんだ手際が良くなったもんだ(自画自賛shine

誰?餃子の焦げ目が薄いわなんて言っているのは!

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

義母のつぶやき

「YUは最近、毎日プールがあるんだねえ」(義母)

「ああ、なんだかもうすぐ全員参加の大会があるみたいですよ」(ワタシ)

そう答えつつも、毎日プールがあるなんて知らなかった…・

「水着のタオルがねえ、乾かないんだよね」(義母)

しまった!!そういうことか。。。

そう。YUは帰ってくるとおばあちゃんに

「水着洗って~。あしたもプールなの」

とか言っているんだろう。

ワタシにはプールがあることを一言も言わないものだから、毎日義母がYUの水着を干しているなんて知らなかったのだ

「乾いてないと困るから。気になって夜確認するんだけどね。ゴムのところがなかなか乾かないのよ」(義母)

巻くタイプのタオルだ。ゴムが入っていてそこが乾かないの

「スミマセン~」

「乾燥機もあるし、MIのタオルもあるから乾かなくても大丈夫です~」

(そういう問題じゃないだろう)

と思いつつ笑顔で返す。

YUに言って母が洗うようにしたほうがいいんだろうか。

「いいのよ。YUママは忙しいからね。ワタシが洗うから」

「スミマセン~~~。ありがとうございますcoldsweats01

素直にお願いするワタシ。

この嫁は~~~

と怒っているとは思わないが、とにかくプールがあることさえ知らないのはちょっとねえ。母としていかがでしょうか。

来週からまた仕事が忙しくなりそうだし。。

やっぱり義母にお願いしよう

おばあちゃん、いつもいつもいつもありがとうございます

「お願いします」

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

あなたならどうする?〜潰れたパン〜

ワタシの職場では週に一回パンの注文をする

前日に頼むと翌日配送してくれるという訳だ

このパン屋さん障害のある方がパンを作っているの

まあ少しでも売上に貢献してあげようという気持ちももちろんある

先日注文したパン
一人ずつ袋に入れてあるし、配送のとき中身の確認はしないのよね

で、いざ食べようと袋から出したら

クリームパンが真っ二つsad裁断したかのような切り口

まあ食べられないこともないのでそのまま食べちゃったんですが

注文してくれた臨時職員の方が

お店に言ったほうが

というのです

障害者の方がわからずにこういうミスを続けちゃったらかえって信用落ちちゃうかもしれないということで
クレームではなく好意で連絡してあげました

「それは言ってもらって助かりました」

お店の方はそういってわざわざ同じぱんを届けてくれた

そんなつもりで言ったのではなかったのだがありがたく頂戴いたしました

ご丁寧な対応にかえって恐縮してしまったワタシです
来週もまたパンを頼むつもりです

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

働く母として ~村木元厚生労働局長~

今回の事件で

検察側のずさんなストーリー展開が指摘されています

権力を行使する、司法を預かる立場の方たち

しっかりやってくれないと・・・・

それにしても村木元局長

女性のキャリアトップ

夫とお嬢さんがいて

働く女性としてがんばっていただけに

突然降ってわいた災難に

胸中察するに余りあります。

二度目の育児休業をもらったようなもの

そんなセリフをおっしゃっていましたが

キャリア官僚として失った大切な時間

積み上げてきたものが崩れてしまった無念さ

支えてくれた家族たちへの思い

いろいろ考えたことでしょう

村木元局長が

「家にいる間は毎日料理していました」

と笑顔でインタビューに答えていた姿が印象的でした。

村木さんくらいの方になるとそれこそ家にいる時間なんかなかったのではないか

どうやって子育てしてきたのかなあ

夫の協力?ベビーシッター?

学校行事なんかに行くこともあったんだろうか

ゆっくり家庭を顧みる

これって多くのパパたちにも言えることだろうし

ワタシ自身にも必要なことかもしれません

こどもはどんどん大きくなっていく

小さい頃は二度と戻ってこない

我が家のムスメ。今は大事な思春期だ

大事な時期

ムスメからのサインを見逃していないだろうか

最近ちょっと反抗期のYU

逆に落ち着いてきたMI

ムスメたちとの時間を大切にしたい

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

豪雨!!!

10分ほど前MIから電話

「雨がすごくて帰れない」

今朝行くときに

「お母さん、雨、ふるかな?」

「降らないよ」

と力いっぱい送り出したのだが

豪雨!!

パパが迎えに行ってくれたが途中で

「道路が冠水しちゃって迎えに行けないよ」

MIに電話すると

「駅がすごくて動けない」

なんてこった~

無事に帰ってくるのを祈ろう

あしたは文化祭の代休なのが不幸中の幸いだ

びしょぬれの制服は一日あれば乾くだろうからね

それにしても

キッチンの流しがボコボコいっている。。。水が逆流してきたらどうしよう??

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

文化祭で、母、大失敗!!

昨日のブログの通り、文化祭に行ってきた

ワタシとYU。

そしてダンス部の撮影部隊としてパパ

でね。。。。

失敗しちゃいましたよ

実はMIの部活にはMIと顔、そして姿かたちがと~っても似ているお嬢様がいるの

で、・・・

そうです。ビデオ撮影はしたものの。。。

とってきたビデオを見て

「これ。。。。MI。。。じゃないかも。。。?」

が~ん

そうです。パパ、MIとよく似た彼女を中心に撮影してしまったのでした

でもワタシ自身も違う子を追っていたということが判明!!

彼女の後ろにいたのがMI

幸いビデオには、彼女を中心に、周辺で踊るMIが映っていた・・・・・

が!!

最後のダンスを見に行ったのに~

なんてことでしょうか

がっかりです!!!!

高校生にもなると服装やら髪形やらはムスメ任せなので、本番までどんな服でどんな髪型なのか知らなかったのよね~

それでも踊り位置くらい確認していけばいいのに

バカバカバカ

MIからメール

「わかんなかったの~???(;一_一)」

ごめん!!

ごめん!!

大失敗です

YUだけがMIを認識していたようです。

YU。あんたは偉いよ

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

MI最後の文化祭 IN 埼玉の私立女子中高一貫校

高3のMIは今年で最後の文化祭

で、行ってきました。

この猛暑の中~

Dvc00086

普段女子校には入れないので、男子生徒たちも秘密の花園へ…・

Dvc00065

入口付近にあるチャペル。夕方には素敵なベルが鳴り響きます。。。

Dvc00066

これは生徒たちが「マリア山」と呼んでいる場所です。左奥には小さな噴水があります。白い像がマリア様。

今年のテーマは歴史かなあ。こんなの作るの大変だっただろうね

Dvc00069

YUが楽しみにしているのは漫画研究会…しおりやカードを売っています

Dvc00070

引退した高3・ダンス部

ほんのわずかの出演ですがかっこいい!!

Dvc00073

もう来年からは来ることないんだなあ

そう思うとさびしいものですね

来週はYUの文化祭

来年からはYUの文化祭が中心になるんですね~

MI、6年間お疲れ様でした

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

文化祭のシーズン

珍しくMIが自分から

「今日はダンス部は10時半からだから」

今日はMIの学校の文化祭

受験したい小学生たちがたくさんくるかしら

MIも最後の文化祭だから母に来てもらうとうれしいのかしら。。。?

それともワタシがワクワクしていた?

6年も毎年行っているので新鮮味もないけれど

逆に最後だと思うとね。気合いが入りますかね。。?

それにしてもこの暑さ。

熱中症になりそうです

それでは行ってまいります

ちなみにYUの文化祭は来週です

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

数学が得意になれば。。

Yuがリビングで英語の勉強をしていた。

私立中学の英語のスピードは速い

宿題に追われ、単語を覚えるのが大変そうだ

そんなYuが珍しくテストを見せてくれた

数学のテストだ。夏休みの復習である。

(珍しく。。。そう。ワタシが忙しいためについついテストの確認は後回しになるの)

85点満点で82点

「ここができれば満点だったんだよ~」

学校では数学の授業を2つのグループに分け20人程度の少人数でやっている。

そんな中でだが、先生がテストを返す時に

「今回はYuさんが一番でした」

と言ったそうだ。

Yuのいうことはいつも断片的なので、クラス全体でどうだったかとかそういう情報はよくわからないのだが

テストのレベルがどのくらいだったかもよくわからないが

本人が「一番だった」ということにとても自信を持っている

そして

「これができれば満点だったのに。くやしい~~~」

だって。

勉強嫌いのYuのセリフとは思えないではないか

こういう姿を見ていると、いまさらだが

「ほめて育てる」

「ほめて伸ばす」

「成功体験を積ませる」

の意味がよくわかる。

小さなことでいいから、本人が「やった!!」と思える成功体験

もう中学生になってしまったYuだが

どんよりしていたYuが、自分に自信をつけて

いろいろなことにチャレンジできるようになってほしいな

そしてワタシ自身

「どうせYuなんて…」

という態度がどこかにあったのかもしれないので

Yuのことをもっとよく見て、話を聞いてあげようと思う

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

デニーズで夕食

デニーズで夕食
今日は夫が飲み会
こんな日はゆっくり自分の時間にしちゃうのがゆうまま流

仕事帰りにさんざんウィンドウショッピングをして足が棒のようになっちゃった
で、夕食はデニーズよ
和食にしてみました
beerはお家に帰ってからにしようっと

ちなみに池袋西武をウロウロしてきましたー
欲しいチュニックがあったけれど
6万円
思わず衝動買いしそうになったけれど
冷静になってこらえました
あぶないところだったわ

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

定年まであと★年

ああ、つかれた~

昨日はなんだかぐったりしたので早~く帰りグ~タラしていました

思えばワタシもあとン年でアラフィです。

これ以上働いていても自分の行く末がなんとなく見えてくるこの頃です

そしてわが夫はすでに50となり

定年まであと10年、というところです

あ~あ。もう仕事なんか面倒だ。

人生あと30年くらいしかないんだったら、辞めて好きなことをしてみようか。

しばらくはゆったり暮らせたらいいなあ・・・・

なんて考えてみたけれど

ここで困るのは子どもたち

Yuはまだ13歳

あと10年は教育費がかかる

家のローンもまだ残っている

収入がなくてもゆったりすごせばいいや~

というわけにはいかないのである。

仕事に疲れることってありますよね。

特に何かあったわけではないのですが

なんとなく調子の出ない今日この頃

夏バテかな

あ~。買いものに行っていないからかも

休みでもとって銀座あたりに繰り出してみようか。

元気が出るかもしれないな

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (11) | トラックバック (0)

通学途中に壊れた自転車

先日のことだ。

Miが7時半ころ家を出て、ワタシはその5分後くらいに家を出る。

で、出発してからしばらく行くと

「あらめずらしい。Miと同じ学校の制服だわ。どうしたんだろ。駅に行かないのかしら。」

向こうのほうからMiの学校の制服を着た生徒が自転車を押して歩いてくる。

「ん???」

「なんか、似ている」

そうです。

ワタシは目が悪いからすぐにはわからなかったのだが、まさしく我がムスメでした。

「どうしたの!!?」

怪我でもしたのかと思ってあわてて近寄る。

「いや、自転車が急に動かなくなっちゃったの」

どうもチェーンが外れたらしい。。。ペダルがうごかないのだ。

「遅刻しちゃう」

幸いワタシも自転車だったので

「じゃあ、お母さんの自転車で行きなさい」

そうだよね。こういうときはやっぱり子どもを優先してしまうのが母というものだ。

Miの壊れた自転車はワタシが引き取り、暑い中家まで押して帰った。。。(;一_一)

ワタシのほうも遅刻するかとおもったよ!!

にほんブログ村 子育てブログへ

ps 自転車は義父が直してくれました。ありがとう、おじいちゃん!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

アンドロメダ

今日はちょっと古い映画を見てしまいました

DVDを借りてきまして…

アンドロメダ

1971年の映画だそうです。きゃ=。古い

(マイケルクライトン原作)

これ、なかなか怖い映画です(ホラーじゃないよ)

ネタばれ ↓

人工衛星がアメリカのとある小さな町に落下。そこの住人はアル中の老人と生まれたばかりの赤ちゃんを残して全員死んでしまう。救助に向かった軍隊も死んでしまう。

原因を究明しようと、防護服を着た人が人工衛星を持ち帰り、厳重に隔離された地下実験室へ。科学者たちが集まり調査した結果新しい生命体であることが判明。

この生命体に「アンドロメダ病原菌」と名付ける。

この病原菌、熱にも寒さにも強く、放射線を浴びて大きくなる。病原菌だから考えや知能はなく、空気感染し哺乳動物が死んでいく。。。

みたいな感じです。

ほら、ちょっと前に宇宙探査船「はやぶさ」が帰還しましたが、ああいうものになにか未知の何かがついている可能性もゼロじゃない。そんな風に考えると、この映画は急にリアルな感じになります。

ここ数日、耐性菌のニュースも話題になっているし。。。

ただ、エンディングがちょっとあっけなかったわ〜

「え。これでおしまい。。。?」みたいな・・・

それでも40年も前に作られたこの映画、見ごたえ抜群です

今のようなデジタル処理をした「特撮」もなく、素朴です

身近な感じがします。

久しぶりにストーリー展開が面白い映画でした

最近のSF映画に飽きてしまったみなさんにお勧めです

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

待機児童、過去最多

昨日の日経新聞夕刊です。

保育所関連状況とりまとめ

厚生労働省の発表です

待機児童の増加が止まらないとのこと。

定員枠は毎年のように増やしているが、

厚生労働省の発表によれば待機児童の数は4月1日時点で26275人。

この数字は過去最多だった2003年と同水準とのことです

保育園の定員は確かに増えているようです。

この3年で定員は5万人分広がったとのこと。

たとえば埼玉県の場合は

保育サービス受け入れ枠の拡大について

これは6月の新聞発表ですが、

平成22年4月1日現在の待機児童数は1310人。前年より199人下回った。また、入所申込件数は昨年度より2160人多い85220人

22年度当初3000人分の受け入れ枠拡大を目指していたところを3800人分に拡大することにした

ということです。

最近では長引く不況から働きたいと願うお母さんたちがいると新聞にも書いてありますが、

小さな子どもがいても働いたっていいじゃない。

という社会の状況になってきているのかもしれません。

仕事か家庭かを選択して辞めてしまうと正社員に戻るのはとても難しい。

保育園が充実すること

それから会社の支援があること

何よりパパのサポートがあること

小さい子供のいるお母さんたちが働くのは保育園があればいいというものだけではありません。

保育所の増設は需要を掘り起こす

こういう意見もあるようですが、働きたい女性が働けるように支援をしていくのは社会で子育てをするために当然のことでしょう。

ただ、保育の質が下がらないように願いたいものですね。

保育園の主役は何と言っても子どもたちですからね。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夕食はさっぱり和風(手抜き)で

毎日毎日暑いですね。

暑くても疲れていてもご飯を作る。

これはワーキングマザーの家に帰ってからの一仕事~

我が家は子どもたちの夕食は義母が作ってくれるので夫と二人分だけですが

猛暑続いて夏バテ気味

そんなときの(夏バテ防止にはなっていないかもしれないが)

本日は手抜きでさっとできる夕食です

Dvc00064

shine冷ややっこ。

パックから出してそのままお皿へGo! ショウガをすりおろして乗せました。

shineナスの揚げ浸し。

ナスを素揚げしてそのままめんつゆの入った入れ物にGo!。しょうがのすり下ろしと大葉を乗せました。

shineアジのたたき

買ってきたアジをそのままお皿へGo! 大葉を添えました。一緒についてきたごまだれで食べました

shineタジン鍋でつくったもやし豚

もやしとピーマンをタジン鍋に山のように盛り付け、上にバラ肉を乗せます。お水とお酒を適当に入れてガスに火をつけてまつこと10分。小皿に取り分けてポン酢で食べました

shineついでにキムチと塩辛

以上、ほとんど切って盛り付けるだけだけれどなんとなく豪華な和風料理でした

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

夫婦に子供二人という図

ずっと日本がモデルにしてきたこの構図

崩れてきてずいぶん経つというのに、社会保障のモデルやなにやら、まだまだこの概念にとらわれているようです

昨日は前の職場の女性4人で大いに盛り上がったけれど

夫婦に子ども二人。。。はワタシ一人。

夫婦に子ども三人がひとり。御立派!

夫婦のみが一人

独身一人。

4人いてモデルとなるのは半分でしょう?

たとえば現在の職場。

夫婦に子ども二人というのが4人

夫婦のみが2人

独身が1人

ちなみにみんなアラフォーとアラフィー。っ若者がいないcoldsweats02

モデルとなるケースはここでも半分強。

今、こんな感じで独身男女。または子どもを持たない(持てない)ご夫婦が確実に増えているような気がします。

初婚40歳超えなんて普通にたくさんいるし。

初産40歳超えなんていう女性もたくさんいる。

ワタシが結婚したのは26歳。

「まだ結婚しないの?」

「子供は?」

みたいな今はありえない干渉発言がたくさんあった。が、ああいう風潮が結婚に踏み切らせるきっかけになった人もいたのかもしれない。

いろいろな生き方があるのでそれぞれの選択は否定はしないけれど、

なんだかさみしいものである。

結婚したかったけれどいい御縁がなかった人やタイミングが悪かったという人もたくさんいる。

子どもが欲しかったけれどできなかったという方もいる

一生独身で一人で生きていこうとがんばっている女性(男性)もいる

結婚という形ではないパートナーもいる

結婚したからって成功するわけでもない。こどもが苦痛な人もいる。

そしてその先にある高齢社会はどうなるの?

近所のママたちとのおしゃべりの中ではなかなかしない会話、世界が広がっていく。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

剣道の袴

happy01お母さん、これ洗って」

昨日のことだがにこにこしながら持ってきたYUの洗濯ものはこれ

Dvc00062

おおお〜

ついにもらってきたか

剣道着 (し、白なのね〜)

防具はまだ買っていないのだが、これを着て練習するんだね

これって、どうやって洗うんだろう。適当に洗濯機に入れてじゃぶじゃぶやってみたけれど

アイロンが必要なんだろうか?(面倒だなあ・・・結局かけなかったけれど、ホントはどうするの?)

どうせ汗まみれになっちゃうんだからこのままでいいよね?・・・??

よくわかりません。

しかし、すごく重くて着てみると暑い。

「お母さんも来てみてよ」

という強い勧めで、YUに着せてもらいました。

おお〜〜

仇打ちに行く母上(??)のようではありませんか!

こんなものを着て練習しているなんて、YU、偉いよ

部活を続けていけるか心配だったけれど、うれしそうに道着を着て見せてくれるYUの笑顔に、子供の成長を素直に喜ぶ母であった。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

中学受験 夏休みの成果は?

中学受験を目指している皆様

夏休みはいかがでしたか?

思うような成果が出ていない…そう感じる方もいらっしゃるんでしょうね

今日、YUの受験に使った資料やらテストやらを夫が片付けていました

ちょうど9月にうけたEゼミのアタックテストの結果

今通っている学校への合格可能性は「40%」だった。

40%。どうですか?

夏休み、あんなにやって40%?

結果を見て正直がっかりしたことを覚えています。

なんとかなりそうな感じもする一方で、確率は半分以下。なんといっても合宿まで行って勉強させてこれかあ…という感想でしたね

YUはテストによって得意分野と不得意分野がクッキリ出てしまう子だったので、

偏差値にとてもムラがあって、親も本人も一喜一憂したものでした。

国語なんか最後まで偏差値50を超えることはなく

一方で算数は60を超えることもあり「もしかして算数が得意?」と錯覚したり。

そして結局、秋から冬にかけても成績がぐぐ~っと伸びることも、ガク~っと下がることもなく、現状維持のままいった感じです。

長女は秋から冬にかけて偏差値は下がる一方でしたね。

中学受験は親子の二人三脚だから、親の負担も大変だと思います。

でも、子どもを信じ、自分を信じ、みなさんがお子さんをサポートしながらがんばることを願っています。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

高校生クイズ選手権 ~浦和高校~

昨日テレビでやっていたクイズ番組

高校生たちの熱いバトルを見てしまいました。

「公立の星」として決勝戦に残った我が埼玉県代表の浦和高校

おしくも開成高校に敗れてしまった…

残念!

ここはわが夫の母校

珍しく夫も観戦

「最近は浦校もダメなんだよなあ。。大宮高校に人気では負けてるよ」

なんて言っているが、どうしてどうして、がんばってるじゃない

元気のない若者が多いといわれる中

こうやって高校生たちが1年に一度の何かに向かってがんばる姿は爽やかだ

それにしても問題、難しすぎですよね~

ワタシがわかったのは唯一

ふたご座の星座の二人は誰?でした

これはYUと中学受験のために一生懸命覚えたからでして…

みんな頭良さすぎ!

一生懸命になる何かがあるというのはとてもいいことだ。

勉強でも、スポーツでも。

我が家の高3のお嬢さん

最後の文化祭はあまり力を入れていないけれど

ダンス部の発表でちょこっと出演するとか。

最後の文化祭になる。YUをつれて観に行ってこよう

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

袖が破れちゃった。あなたならどうする?

毎日暑いですね~

先日、麻のブラウスを着ていた日のこと

う~ん疲れた。

デスクワークに肩が凝り腕を大きく上げて伸びをしたその瞬間

ビリcoldsweats02

な、何この音?まさか袖が・・・?

と音のした左腕あたりを見たが特に変化はない

(ほつれちゃったかしら)

気になりながらも仕事を続け、打ち合わせをしながらもう一度なんとなく左腕を見ると。。

はい。破れてました。

しかも、麻だからきれいにビリ~っと裂け目が。

みなさん、気付いていて(気を利かせて)何も言わないんだろうか

それともそんな人の腕なんか見てないんだろうか

もうそれからは気になっちゃって。

腕をぴったり体に着けて、裂け目が見えないように仕事をしていましたcoldsweats01

家に帰って夫に報告

「太ったんだろう」

gawk

そう?

確かに二の腕はプルプルだけど

そんな袖が通らないほどぴちぴちのモノを着ていたわけじゃないのよ

この服は今年で5年目。ボロボロの裂け目を縫うわけにもいかず。

もう処分かなあ

トホホですね

何がって、太ったのがトホホです。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

無資格、子育て中、ブランク有

先日埼玉県女性キャリアセンターで開かれたセミナー

「働きたい女性と企業で働く女性&人事担当者との何でもトーク交流会」

の様子がHPにアップされていました。

子育て中のママさんたちが再就職するにあたり、一番気にするのは

「資格」

「資格がないので、まずは資格をとってから就職を考えたい」

悪くないですよ。そういう向上心を持つことはやっぱり社会とつながっていたいというみなさんの「やる気」の一つ

でも、資格ありきでは就職はできません

特に今の世の中、実践、経験、がモノをいいます

「じゃあ、ブランクあり、子育て中のワタシは?」

それはまずは何をやりたいか。それから意気込み。そして自分の強み。

人には必ずその人の強みというものがあります。

何かあるはずです

主婦の経験だって強みです。

時間の使い方がうまい。人とのコミュニケーションが上手。ものを整理するのが得意。

いろいろあるんじゃないでしょうか。

このセミナーでは、自信のないみなさんが一歩を踏み出せるよう、企業で働く女性たちの生の声をお届けしています

が、中には

「こんな大変なんだ…」

と、かえって意気消沈してしまう方がいるかもしれません。

でも、「働いてお金をもらう」

というのは黙って何もしないでいてお金が入ってくる。というのとは違うのです。

その「ちょっと大変そう」

を乗り越えて、がんばってみましょう。

2年、3年続けるうちに、あらら。あなたはすっかりベテラン職員さんです。

パートなら正社員への登用のチャンスが巡ってくるかもしれません

こうしたセミナーは結構市町村などでもやっているんじゃないかな

埼玉県女性キャリアセンターの場合は、30代から40代の子育て中の女性のための就職支援を中心にセミナーなどをしているので、お近くの方はぜひ利用してみてはいかがですか?

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新学期は大荷物

今日から授業があったYUなので、いつものように重た~い勉強道具を抱えて出かけて行った。

しかも

先日家に持って帰ってきた竹刀と体操服をもっていかなければならない

もっと前にもっていく機会もあったのに。。。

こういうときに世のお母さんたちは子どもを送っていってあげるんだろうか

ワタシだって送っていってあげたかったけれど

出かける直前に

「お母さん。荷物重くて。どうしよう」

はないだろう。こっちだってすぐに仕事に行かなければならないんだ

「夕べのうちにいってくれればパパに頼んだけど。もう時間がないからバスで行きなさい」

そしてYUはバッグ2につの大荷物に竹刀を背負ってバスに乗り、

駅から混んでいる電車に乗り

田端で山手線に乗り継いで

学校まで出かけて行ったのだった。

ちょっとかわいそうだったけど。

YU。また一つ勉強になったねえ…

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三井物産、在宅で入力業務

火曜日の日経新聞です。

三井物産グループが、インターネット経由で作業できる「クラウド型」のシステムを開発して

主婦などが自宅で手軽に作業できる入力業務を始めるそうだ

3年後には1000人の在宅勤務者との契約を目指すという。

こういう働き方が進むと、

企業にとっては事務経費の削減につながり、

働き方の多様化にもつながると、日経新聞。

在宅の契約者は現在100人ほどで、一般の主婦や学生も多いらしい。

当初は個人事業主として業務委託するそうだが、契約社員などの雇用形態も検討するとか。

家に居ながらできる在宅ワークは主婦のみなさんにとって魅力的だ

が、一方で時間管理や納期管理など、自己責任の部分も多いので

お子さんが小さいと、それなりに大変だという声も聞く。

もちろんベテランさんになればいい感じで自分のペースで仕事をしながら収入も得られるだろう

三井物産あたりで契約をいただければ信用もありそうだから悪質業者の心配もないかもしれない。

我が家が初めてパソコンを買ったのは富士通のノートパソコン。当時60万くらいでした。今から15年ほど昔だ。Windows95だった

電話回線を利用したNIFTYの「パソコン通信」だった。

パソコンを使っての在宅ワークなんて一部の特定の方の仕事だった気がする

ほんの10年ちょっとでこんな風になるなんて

これから先10年はもっともっと世の中変わっていくんだろうか

少子化だし、高齢化だし、今と同じようには働いていないかもしれない。

男性も女性も、働き方がどんどん変わっていくんでしょうか。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今日から新学期

長かった夏休みも終わりました

今日から新学期です

YUはなんとか宿題を終えました

最後まで残っていた感想文に苦戦していた模様。。

今年の夏はず=っと学校に行っていた

ダラダラ過ごしたわけではないが、2学期からの勉強は大丈夫だろうか。

「お母さん、ウチ、理科がやばいかも」

やばいって言われても困るのだが。

一方MIといえば

夏休み中はよく勉強していたように見えるが

勉強道具の隙間からプレステポータブルが覗いていたわ。(^_^;)

ま、息抜きも必要だからいいんだけれどね

こちらはいよいよ佳境に入ってまいります

センター模試でどのくらい取れるんだろう

大学入試はもはや子どもまかせだ。

自分で情報をとって自分でどうしたいか考え、聞かれたときだけアドバイスする…

実際は、よくわからないというのが本音だが

それぞれの夏休み。

皆様いかがお過ごしでした?

そうそう、今日から二人がガッツリとお弁当復活しました

YUは午前だけだったり午後だけだったりだったのでお弁当は作ったり作らなかったりでした。

MIもお金渡しちゃったり、作ったり、

夏休みはワタシもお弁当夏休みでした。

今日から弁当生活復活。

う~~~

辛いです

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »