« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

漢字検定4級

本日、漢字検定4級を受験してきたYU

会場は川口駅からすぐなのだが、一人で行くのは初めての場所だ

大丈夫かなあ…?

でも地図もあるし…

そろそろ独り立ちしてもらわないとこの先模試の会場にも一人で行ってもらわなくちゃだし

ということで一人で会場に送り出す

電話もかかってこないので「便りのないのは良い知らせ」と帰りを待っていると

検定を終えて

「どうだった?」 

「どうだろうね~」

全く勉強していなかったので

というか、今日の朝からやり始めた、まさに直前漬けだ

次回もあるし、今回受からなくてもびっくりしない

むしろ、テストの結果より一人で会場に行けたことがうれしいワタシである

YUもだいぶしっかりしてきたものである

最近ちょっぴり反抗期

ああいえばこういうようになったYUであるが、これもまたワタシにとってはうれしい成長である

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

肩こり対策 ~マッサージクッション~

新しいクッションを買いました

Dvc00125

これ、左のコード。。。

このクッション、こうやって使います~

Dvc00126

Dvc00124

クッションをペロンとめくると、中からマッサージ玉が・・・

ボタンを押すとこれがグルグルまわって、肩や背中、首筋、ふくらはぎ、自分の好きな場所において

でっかいマッサージチェアの代わりにどうでしょう~

背中コリ対策、いろいろやっていますがこれはなかなかですね~

80点くらいをあげましょうか

改良ができるなら、もみ幅を変えられるといいなあ。。。とはおもいますが

な、7800円だし。

椅子を買ったと思えば邪魔にはならないし価格もリーズナブルだし

しばらくこれを使うことにしよう

義母にもモニターで貸してあげようと思います

評判が良ければ買ってあげてもいいな

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

車を買う?買わない?

調子が悪い車をだましだまし乗り続けていたけれど

今度はミラーから異音が出て止まらなくなった

エンジンに支障があるわけではないのでそのまま乗っているが

うるさいったらない

我が家の車

ドアも鍵が手動でないと閉まらなくなったし

先日はバッテリがあがって交換したし

う~ん

既に12年目に突入

いよいよ買い替えだろうか

でも買い替える資金がないのよね

我が家の所得のうちの相当部分は教育費と住宅ローンだ

このうえ車のローンまで組めるんだろうか・・・・

マニュアル車好きのワタシだが、いよいよマニュアル車は一部の高級スポーツカーだけになってしまっているみたいだし

エコカーのコンパクトなものを買うことになるんだろうか

「やっぱりレクサスじゃない?」

そんなお金ないって!!

我が家は5ナンバーから抜けることはできないまま一生を終えるんだろうか~

軽自動車なら買えるかなあ

「一生に一度くらいちゃんとした車に乗りたいよ」

いつかはクラウン

という古~い言葉にあこがれを抱きつつそんな夢を持つ夫を横目に

預金通帳とローンの残高を眺め

ため息をつくワタシであった

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

携帯サイトのキケンから子どもを守る

昨日の日経新聞夕刊です

警察庁が摘発した青少年保護育成条例違反や児童ポルノなど730事件について調査したところ

被害にあった児童のうち

98.5%が有害サイトへのアクセス制限(フィルタリング)に未加入だったそうです

お子さんの携帯サイト履歴、パソコンのサイト履歴、確認していますか?

特に中学校になって初めてパソコンや携帯を所有された方

「うちの子に限って」

は、うちの子に限ってないかいもしれませんよ

特に最近では非出会い系、普通のサイトと判断されているところからの

犯罪被害があるようです

SNSサイトや

プロフィールサイト

中高生が誰でも利用しているようなサイトからの

なり済ましや甘い言葉に連れられて

知らないうちに犯罪に巻き込まれる

知っていて「お金が欲しい」「遊びたい」という理由から

被害にあう子どもが多いのです。

子どもの携帯については、やっぱり親がきちんと管理すべきだと思います

特に初めて携帯を利用するときにルールを作るとか

その危険性についてちゃんとお話しするとか

低学年になればなるほど必要ですよね

判断力のない中学生、危ないですよ

「個人情報だから…」

といって子どものサイトチェックをしないのはどうでしょうか。

ワタシは、子どもが未成年のうちは(程度もありますが)こどもの携帯やパソコンは親の管理下でしか使ってはいけないと思っています。

子どもを守るのは親のあなたの使命です

今、何が起きているのか

気をつけないと

自分の子供が被害者になったり

加害者になったりすることだってあるのです。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

早起きYU

朝、5時半ころ片づけをしていると

子ども部屋から明かりがもれている

(MIが早起きしたのかな。それともつけっぱなし。。。?)

部屋を開けると

なんと

YUが勉強をしているではないか!!!

・・・

よく見たら宿題でした

昨日早く寝ちゃって宿題をやる暇がなかったのね

帰ってくるのは7時過ぎ

ご飯をたべていろいろやっているとすぐ9時くらいになってしまう

部活で疲れていたんでしょう

それにしてもびっくりした

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

同期の女性

昨日は予定通り行ってきましたよ

カラオケ

同期のAちゃんと一緒です

1990年代がワタシタチのカラオケブームだったので

もう20年近く前になっちゃうんですね~

懐メロですね

アムロとかアユとかglobeとかですよ

今カバー曲の出ているmy little loverとか~

年甲斐もなくspeedとか~

いや、楽しかったです

彼女とは新規採用のころからのお友達で

同じ部門に配属され、それぞれ現役女性としてがんばっています

独身の彼女はワタシとは違う生き方をしているけれど

もう25年目になる大事なお友達

それぞれ家族が介護年齢になり、自分の健康も心配になり、

給料の増えない中でこの先どうやって暮らしていこうか~と・・・

ワタシの老後と彼女の老後

それぞれ過ごし方は違うんだろうな

子どもがいて孫もいるかもしれないワタシ

彼女は・・・?

同じようなお友達と楽しく元気に世界中を飛び回っているのかもしれない

それで、今みたいに年に1回くらい会って飲みながらそれぞれの境遇を語り

今の若い子やワタシのムスメなんかをダシに

「少子化で今は大変だよね~。タシタチの時代は良かったよね」

なんていう話をしているのだろうか。

それとも、そのころは男性も女性も働くのが当たり前になっていて

「昔に比べて今はよくなったね~」

なんて言っているのだろうか

いくつになっても同期との女子のみは楽しい

同期の女子たちがそれぞれ家庭を持ち、辞めてしまった子もいてなかなか会う機会がなくなってしまったのが残念だけれど

女性の生き方は本当にそれぞれだと思う

たまに会っていろいろ本音トークができる女子会

今、増えているみたいですね

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

カラオケ、行ってます?  

今の職場になってから、カラオケに行くようにになった

職場でカラオケに行くなんて何年ぶりかしら

冗談じゃなく10年ぶりくらいではないか

育児休業期間中には子どもを連れてよく行ったものだ

昼間の安い時間にシダックスのキッズルームで誕生会までやった

ママたちのカラオケ大会は、どっちかというとトークがメインで、BGMで誰かが歌っているという感じだった。

しかし職場のカラオケはちゃんとみなさん聞いていらっしゃるのね~(しゃべっている人もいるが)

で、みんなアラフォーだからワタシに聖子ちゃんとかを求めてくるのだが

実はワタシは聖子ちゃん真っ盛りの時期に洋楽に走っていたので

1980年代前後の日本の歌を知らないのだ

いや、メロディーは聞いたことはあるけどね。さびしかわからない

だからこれが辛いんだな。

ワタシのカラオケの持ち歌は、育児休業時代の2000年前後の歌でしょうかね。コナン君のようなポップなアニメソングとか。古い月曜ドラマのテーマソングとか。

それもあまりに久しぶりで忘れちゃって歌えない

そこで今回ちょっと歌でも借りてみようかとツタヤをのぞいたが、シングルなんてレンタルしていないのね。今やネットでダウンロードする時代。

受験生のMIでも誘ってカラオケの練習に行こうかなあ

いやいや、アラフォーカラオケ友達がいるではないか

ということで

久しぶりにAちゃんと一緒にカラオケボックスに、今夜女二人で、でかけてきま~す

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

これまでのキャリアが役に立つとき

キャリアというと、どんなイメージがあるでしょうか

セミナーの時に、よくカウンセラーさんがみなさんに問いかけていました

「キャリアウーマン」

のように、バリバリ働いていることを「キャリア」というわけではありません

これまで積んできた経験のことをいうようです

みなさんがこれまで歩んできた数十年間の跡

仕事のキャリアと、主婦のキャリアと、母のキャリアと、妻のキャリアと

立場の違ういろいろな経験があることでしょう

昨年まで行っていた女性の就業支援の仕事では、ワタシもこれまでの母としての、またワーキングウーマンとしてのキャリアを生かすことができました

また、10年ほど前に行っていた、青少年の育成や、郷土に愛着を深めようなどという仕事の経験が、今の仕事に生きています。

いろいろな文章を考えたり資料を作ったりするのですが、女性として、母として、妻として、やってきたことが、いろいろな方向のベクトルが合わさって別のものができる。

年齢を積み重ねこうしたものをいろいろ組み合わせて応用できるようになった。

ワタシが結婚して出産して子育てしていなかったら、今のキャリアはないだろう

育児休業を2年とったことが「損」と感じたことがなかったわけではないけれど、人生全体を通したらやっぱり得るものが大きかった

だから、今仕事をしていない主婦の方のキャリアも

パートタイマーで単純労働に辟易としている方のキャリアも

いつどこでどんなふうにかたちを変えるかわからない

時には凹むこともあるけれど、そんな経験もいつか自分のプラスになる

そう考え、前向きにがんばっていきたいものである

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

信じる ~谷川俊太郎~

中高生のお子様をお持ちの方なら聞いたことがあるかもしれないこの歌

MIが中学三年の合唱コンクールで歌いました(優勝した)

YUの学校でも、今年歌っていた学年があったようだ

先日、ふとしたことからこの詩を目にする機会があった。

信じる (谷川俊太郎 作)

笑うときには大口あけて おこるときには本気でおこる

自分にうそがつけない私 そんな私を私は信じる

信じることに理由はいらない

地雷をふんで足をなくした 子どもの写真目をそらさずに

黙って涙を流したあなた そんなあなたを私は信じる

信じることでよみがえるいのち

葉末の露がきらめく朝に 何を見つめる小鹿のひとみ

すべてのものが日々新しい そんな世界を私は信じる

信じることは生きるみなもと

もともとはNHK合唱コンクール中学生の部の課題曲だそうです

MIの合唱を聞いたとき、涙が出るような感動でした

今回こうして改めて詩を読んでみると

とても奥の深い歌ですね

信じることでよみがえるいのち

信じることは生きるみなもと

中学生や子どもたちに信じることの大切さを分かってもらいたい

すべての大人が平和な世界を信じる気持を持ってもらいたい

人と人とのつながりが希薄になっているといわれるからこそ

自分自身、信じる気持ちを大切にしたい

そんなことを改めて考えさせられる思いがいたしました

昔は詩なんか読んだこともなかったワタシですが

金子みすずにしても

谷川俊太郎にしても

今読むと、とても深く心に沁み入ります

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

学童保育実施状況

厚生労働省の発表です

放課後児童クラブの実施状況(5月1日現在)

小1の壁

を乗り越えるために必要な学童クラブ

待機児童の話に次ぐ大きなハードルである

発表によれば

放課後児童クラブの数は21年1万8479所 であったのが 22年5月で1万9946所

前年度に比べ、1,467箇所増えたようです

また、登録児童数も6,582人増加で、5月1日現在で81万4439人

放課後児童クラブのある市町村は全国で1580市町村。これは90.3%だ

圧倒的に増えたのが「公立民営」タイプ

自治体が設置し、民間で運営するというタイプ。

学校の余裕教室や学校敷地内の専用施設を使うというケースが増えているようです

実施規模は71人以上というマンモス学童は減り、一番増えたのは36人から45人

あまりに人数が多いと指導員の目も届かないし危ないからね

年間開設日も280日から299日というところが全体の約76%。夏休みもしっかり対応しているようですね

また、クラブの終了時刻も17時なんていうところはぐぐっと減って、一番多いのは18時から19時までだ

ただ、もちろん利用できなかった児童もいる。減っているとはいえ、8000人以上の方が利用できなかったということだ

保育所を増やし、学童保育も増え、今後は3年生までという制限もなくなっていくんだろう

子どもが一番長くいるべき場所は家庭かもしれないが

大きくなって社会に出るまでに

保育所や学童保育で過ごす時間が長くなる子どもも増えていくに違いない

そうした時にやはり、預けられる子どものことをちゃんと考えなければならない。

また、家庭でも子どもとの時間を大切にする工夫をするなど

次のステップ。次の課題、というものが見えてくるだろう

また、働く女性が増えれば、もっと働きたい、自分の能力を生かしたいと思い、賃金格差の是正を求める声も高まってくるだろう

今や小学生にもなると半分近くのお母さんが何らかの形で働いている。

家でゆっくり子育てをしていられるお母さんがうらやましいなあと思うこともあったけれど、今、子どもたちはそこそこ自立しているし、大きな問題行動や事故にあうこともなくがんばっている。

働き方は人それぞれ

働くかどうかも人それぞれ

結婚するかどうかも人それぞれ

子どもを産むかどうかも人それぞれ

どれも他人が強制するような問題ではありませんが、当たり前のように

「出産か退職かという選択をしなければならない」

ではなくなる日も近い未来やってくるかもしれません

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

西川口のおいしい居酒屋 ~みのる~

夕べは久しぶりに地元でママ飲みです

西川口駅東口にある「みのる」

パチンコゴードンの裏手です。地下に入ったところです

お店の楽しいお兄さんとの会話を楽しみながら

Dvc00120

おいしいものをいただきます

ソラマメの黒糖がけ↓

Dvc00111

シシャモのソテー。子持ちシシャモじゃなくて生シシャモですよ~

Dvc00118

親父のオムレツ

中はチーズ納豆

Dvc00121

シェフ。。。。?

Dvc00122

焼酎の利き酒セット

左から、栗の焼酎(名前忘れました)、コメの焼酎(名前忘れました~)、紫イモの焼酎。これは農家の嫁という名前が…

Dvc00123

いや~楽しかったですね

気付いたら0時回ってるじゃないですか!

地元飲みはいいよね~

時間を忘れて楽しめて。

また行こうね。

今度はメンバーを増やして、川口会として盛り上げていきましょう??

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

中間試験が返ってきて

中間テストが終わり

少しずつ結果が返ってきました

YUにもMIにも、テストのときは

「2番じゃダメなんですか。」どころか

「平均点を目指せ!」

といっています(そういうレベルです)

今でこそMIは文系クラスにふさわしく、文系科目はそこそこの点をとってきましたが中学校の頃は

shockうわ~

というような点だったわ

特に数学。下から数えて何番目~という感じでした

逆にYUは今のところ数学は普通にできています

一般的に女子が得意とする国語が

shockうわ~

という感じでしたが、

今回は国語も普通にできていました。

地理もよくできていたようでした。

苦労して入学しただけに、平均点から始めよう、という感じです

その中で、少しずつ得意科目ができて自信につながればいいと思っています。

テストが終わってのびのびしたYU

今日はお友達と池袋へ出かけて行きました

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

マイ・フェア・レディで英語の勉強

昨日、MIがメールしてきた

「学校で使うから映画借りてきて』

『何の映画?」

「オードリー・ヘップバーンのマイフェアレディ」

おお~

ずいぶん古い映画を使うじゃないですか。

聞いてみると、英会話の授業で(選択制授業で10人しかいないんだって!!coldsweats02

マイフェアレディの劇をやるそうな

ただセリフを覚えるだけではなく、なんか、自分で会話を言い換えてしゃべるらしいが。

で、見てみましたね。一緒に

マイフェアレディはなんとなくストーリーは知っていたが見るのは初めて

下品な英語をしゃべるお花の売り子(街頭で紳士にお花を売りつける)イライザが、言語学者ヒギンズ教授のもとへ行ききれいな英語を特訓して…社交界へデビューできるか?

のようなストーリーだが

イギリス英語だから聞きやすいのかと思いきや

アメリカ英語に慣れているワタシなんかには(いや、慣れているといってももちろんしゃべったりはできないが)聞きにくい~

can'tを「カント」とか言ってるし

エイと発音するところはアイと聞こえたりするのはワタシの英語力のなさかどうかはわからないが

また、このセリフ回しがまた早いんだなあ

掛け合い漫才のようだ

もちろん字幕を見たって何を言っているかわからないワタシだが、これを授業でやっているわけね。うわ~大変

映画を見れば英語ができるようになる・・・・

と思った若いころもあったけれど

何十年たってももちろん話せるようにはならなかった

が、確かにヒアリングはよくなるかもね

今はDVDで英語の字幕も出るから、好きな映画一本くらい集中して覚えれば英語力もアップするのかもしれませんね~

ワタシは昔々その昔スターウォーズが好きで、(もちろん最初のエピソード4というやつね)

セリフだけをとりだしたレコードというものを買ったことがある。

ストーリー展開はナレーターが英語でしゃべるというものだ

もちろん、印刷されたセリフもあった。

スターウォーズの最初の例のあの文字が宇宙に消えていくシーン

あれもナレーターが読んでいたわ

あのレコード1枚をしっかり覚えていたら今は違う仕事をしていたかもしれないね

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

待機児童ゼロ特命チーム初会合

多くの働きたいママさんたちや

保育園の関係者の皆様が

このニュースの行方を見守っていることと思います

昨日、例の『待機児童ゼロ作戦』が始動したようです

具体的な方策について、岡崎トミ子少子化担当相は

『認可外保育所や小規模保育など多様な保育サービスをできるようにしたい。特区の創設なども一案としてある』

と話したそうです

数日前にブログでも書いた『幼保一元化」の動きが強まるかもしれません

いつもブログを読んでくださっている保育施設勤務のすとれちあ。さんがおっしゃるように

幼稚園も保育園も基準は違うけれど、保育という意味においては一緒なのかもしれませんね。

こういうのこそどこぞの自治体で『特区』として申請してみたらいいのにね。と思う

待機児童の解消とともに保育士の養成も急務だろう

定員だけ増えて保育士さんが不足する。。。なんていう構図が容易に頭をよぎってしまう。

待機児童がゼロになる=働きたい小さいお子さんのいるママたちが社会に出てくる

これって、すごいパワーだと思います

今、社会での働く女性の声はまだまだ小さい。

パートであっても、正社員であっても、働く女性が会社で当たり前の社会になれば、扶養の枠にとらわれる方も減るかもしれない。内需も拡大するかもしれない。

一方で子どもたちにしわ寄せがいかないよう

やっぱり男性の働き方も見直されるようになるだろう

この特命チームがどこまで実効力を持てるのか。

働くママさんを応援する者としては「これだ」という成果を期待したいところである。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

収入が減っても子どもの支出は増える

消費生活に関するパネル調査

という調査があるのを御存知でしょうか?

これは、同一個人を継続的に追跡し、時系列を把握する調査ということで

全国の24歳から34歳の女性を対象とした第一回1993年の調査から始まり、その後調査のたびに新しい女性を加え、今までの女性にも追跡調査をし

2009年の調査で25歳から50歳女性、2155人が回答したとのことです

夫の収入の変化と家計の対応ですが

夫の収入が減っても妻の労働時間は増えていないという結果が出ているようです

働きに行く人は増えているのでしょうけれど、労働時間が増えているわけではないんですね

パートタイマーの方が相変わらず多いためでしょう

そして、子どものための支出は最優先

夫と妻のための支出は我慢する

こんな構図があるようです

確かに

教育費は削れないです

保育園料金はもちろんですが、大きくなった子どもにも塾代やら服代やら、部活の活動費やら定期代やら学習参考書代やら

とにかく我が家の場合教育費は膨らむ一方です

40代、中高生を持つ親はみんな言っていますねえ

特に専業主婦の方は今まで無料だったのが

中学に入ると塾代が急にかかるようになった…・

なんていうこともあるようですよ

本当になんでこんなにお金がかかるんだろう

若いころから自分のために使える所得はほとんど変わっていないような気がします

給料も上がらないし

借金は増えるし

家のローンはなくならないし

いつになったら楽な生活ができるんだろうか(できないのかもしれない)

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

中間テスト始まる

昨日から中間テストが始まっています

YUはなぜかリビングで猛勉強???

いえいえ、

昨日ワタシが家に帰ってからパソコンを開くと

まあああ

夕方何していたんでしょうね?

勉強とは思えない履歴がたくさん残っていまして。

(悪いサイトじゃないですよ)

今日もあらら・・・パソコン時間の長いこと

息抜きと、勉強時間と、どっちが長いんでしょう

我が家はワタシが返ってくるのが8時とか9時なので、それまでの時間は子どもたちの自発的な時間だ

勉強するか、遊んでいるか。本人次第。ワタシは特に何も言わないことにしている。

でもテストの結果は気になる

昨日帰ってからYUに

『今日はどうだったの』

と聞くと

「まあまあ」

という返事が返ってきた。

今日は

「ダメだった」

という返事

YUが「まあまあ」というときは本人としてはよくできたほうだ

「フツウ」と答えるときは今一つで

「ダメ」というときは本当にダメな時

本当によくできたときは「大丈夫」だ。

わかりやすいでしょう?

結果が伴うかどうかは別ですが。これは自己申告です。

でもYUは真面目なので試験勉強はちゃんとやっているみたいです(息抜きも多いけれど)。

少なくとも

「ちゅうかんテストって何?」

と聞くことはなくなりましたね~。coldsweats01

結果がよかったらパパがどこかに連れて行ってくれることになっているようだ

やっぱり飴と鞭って大事だと思うわ

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

保育園は迷惑施設か

昨日の日経新聞夕刊です

かわいい子どもたちだけれども

集団になればそりゃ~うるさいでしょう

お庭に出れば笑い声。鳴き声。騒ぐ声

これを「子供だからしかたないでしょう」

と言いたいところだが、ず~っと昔から住んでいた家の隣にある日突然保育園ができることになったら、どうでしょうか?

最近は子どもの数も少ない

平穏な一日が送れなくなってしまうじゃないか

と、ご不満の声もあるようです

一方でそうはいっても

子どもに『静かに遊びなさい」とも言えないので

どうやって共存していくか。が問われています

新聞では近所からの苦情があって窓が開けられないという学童保育の話も載っていました

我が家の前は小学校だ

子どもたちが小学校に通っていたときは運動会の練習の騒音も、家の前が不法駐輪で一杯になっても

「しかたないなあ・・・」

と思っていたが、卒業してしまった今。どうでしょうか?

それはもちろん「仕方ないなあ」ですが、お子様のいらっしゃらない方も世の中にいるので理解を得るのに苦労することがあることは容易に想像できる

みんなで助け合おうよ

というのは簡単だが、今の世の中、自分中心に生活が回っている方が多い

たまにならいいけれど毎日騒音があるのは困るわ~

そんな声をなくすためには、やはり日ごろの交流が大事なんでしょうね

あいさつをする

行事に招く

子どもたちと交流していただく

新聞には

「保育園が子どもとの交流や周辺住民が集まる拠点になれば受け入れられやすい」

とあった。

たとえば送迎のママさんたちの車がずら~っと道をふさいでいて困るなんて言う声もあるだろう。

「しかたないじゃない」

と開き直らず「スミマセン」という謙虚な姿勢も大事なのだ

共存の道を探し、お互いに不快にならないよう、施設を作るのも気を使わなければならないということで、特に都心の保育所の新設は難しいんだろうなあ・・・・と感じました

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ポっコリおなか

なんだか最近

ちょっとしか食べないのに

お腹周りだけずいぶん太る

いわゆる「ぽっこりおなか」ってやつだ

別に便秘症でもないし

食べ過ぎているわけでもないのに

おへそ周りは悲しいくらいお肉がついた

ウエストはなくなるし

筋腫が大きくなったのかしら・・・?

MIに見せたら

「ゲっ きもちわる~」 

だってさ

失礼だよね。いくらなんでも~(じゃあ見せるなよ←MIの心の声)

40超えたらお腹は出るんだよannoy

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

一体化する幼稚園と保育園

昨日の日経新聞夕刊です

少子化を背景に、幼稚園では定員割れする施設が出てくる

一方で都心を中心に保育園の待機児童が解消されない状況が続く

そこで最近『幼保一体化」を進める施設もだんだん増えているようです

一体化する施設では

たとえば午前7時半から午後7時半まで開園

1~3歳児は保育士が世話を、4歳から5歳児は午前9時から2時までが幼稚園教諭が、そのほかの時間が保育士が世話をする。。。。

というようなところもあるようですが、これは施設の運営側にとってはなかなかハードルは高いでしょうねえ。。。施設面、人員面、安全面、定員、いろいろ課題がありそうです

幼稚園と保育園の違いについて、改めて新聞で掲載されておりましたので紹介しておきましょう

まず施設数。幼:2009年5月現在で1万4千カ所。 保:2010年4月で2万3000カ所。すでに調査の時点が違っておりますが、これはご存知所管省庁が

幼:文部科学省。学校教育法  保:厚生労働省:児童福祉法

だからで、通う人数は 幼:163万人  保:208万人だとか

大きな違いもみなさんよ~くご存知で、

教育時間が幼稚園では1日4時間  保育園の保育時間は1日8時間

また、幼稚園は土日休み、春夏冬休みあり。。。などなど

働くお母さんたちにとっては幼稚園はなかなかね~。大変ですよね

今はそんなことはないのかもしれないが、ワタシは義母から

『託児所に入れるなんてかわいそうだわ』なんて言われたものだわ

そういうわけで、我が家は働いていたけれど幼稚園に入れ、義母に送迎をお願いしたのだ。(バスが家の前まで来てくれたのですが)

だって、保育園の利用条件

「親の就労などで保育に欠ける子ども」

保育に欠ける子供という表現がまあ昔風ですこと

親が働くのが当たり前になる時代となりつつあるのだから、こういう表現も見直してほしいところだ。

働く身としては、保育園で幼稚園の「教育」をしていただけるのはありがたいことなのだろうか。

一方で、幼稚園では

『そんな長い時間子どもを親から離しておくのはよろしくない』

という意見もあるようですね。

少子化が進み、共稼ぎがどんどん増えているので、

預ける側の親の意見も大事だが、お預かりしていただいている施設の方々の意見も大切だ。

何より、そこが生活の場となる子どもたちにとって

どういう形が一番望ましいのか。

そういうことを考えながら、少しずつ形が出来上がっていくに違いない

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

実家の風景

実家の庭を写真にとってみました

Dvc00105

チョウチョも飛んでいます

Dvc00104

子どものころ遊んだ神社

わき水は枯れていました

101018_114545

田んぼで暗くなるまでタニシやメダカをとり、トンボをとり、シロツメクサで首飾りをつくったり

こんなところで真黒になって遊んでいたんですよね。。

木登りしたり、缶けりしたり、昔の子供でしたね~

蛇もトカゲもカエルも大好きな虫愛でる少女でしたね。ああ、ヒルはきらいだったけどね

101018_114105

車で妻沼まで行ってきました。ああ、合併して熊谷市になったんでしたね~

変な感じ

有名な『聖天寿司」。これは境内裏手の『森川寿司」

Dvc00107 

我が実家の周りは相変わらず畑しかありませんが、ちょっと行くと宅地になり、だいぶ家が増えました。

昔は家の隣に豚のpigウンチがつまれていたりしたっけ…

あんなにたくさんあった桑畑はもうありません

もちろんお蚕さんをやっている家もなくなりました

農家はみんな高齢化して昔風の屋敷林もなくなりました

あと10年もしたらすっかり風景も変わってしまうんでしょうね~

もう熊谷はワタシの知っている熊谷ではありません。さびしいなあ・・・・

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

転んだ父を起こす

ドスンという鈍い音

見ると父が転んでいる

実家は畳なので転んでもまあクッションは効くが、ワタシ一人でどうしようー??

とりあえず上体を起こして座らせる

それから可動式のてすり?を持ってきて、ストーブも持ってきて両手でささえてもらう

後ろからワタシが補助しせーので立ち上がってもらうが

まあ、大変ですよ

重い

母は、いつも一人でどうやって起こしているの?

こうやって一日に何度も転ばれちゃ大変だ

骨折しないだけいいけれど
年をとったときに備え、足の筋力を鍛えておくべきですねー

帰ったら義父母には足を鍛えてもらおうか

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

実家にて父と過ごす

今日は実家に来ています

母が帰るまで父の見守りです

何とかトイレには行ける父ですが椅子に座れば一人で立てないこともある

電話がなっても電話口まで行けずに出られない

危なっかしいです

また家中段差だらけ

手摺りは付いているものの移動は大変です

さっき話した話題を再びするし

頭ははっきりしているけれどちょっとボケギミです
会話はちぐはぐしています
母もたまには出掛けたいんでしょうね

姉は隣に住んでいます
病院への送迎や広大な家庭菜園の手入れは姉夫婦に一任しています

ワタシにできるのは留守番くらいです

今日はこれから名物のおいなりさんを買ってこよう

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

実家にて〜父の介護?〜

先日、父が歩けなくなって介護問題がにわかに現実化
そんな実家ですが、母ったら今日はどうーしても旅行に行くというのでワタシが泊まりに来ています

父は顔色も大分よくなり、てすりにつかまってゆっくりですがトイレまで歩けるくらいになっていました

とりあえずよかったわー

父の下のお世話は今回はしなくていいみたい
娘にお世話してもらうのも父としてどうなんだろう

「今日はせっかく遊びに来ててくれたのにおばあちゃんでかけちゃってるんだよ」
と父。
遊びに来たんじゃないんだよー

「終戦のとき覚えてるか?」

わたしゃ生まれてないよ
おばあちゃんもまだ高校生だよ

と、ちょっとボケギミの父だが

「話ができてうれしいよ」
だって
そんな父の姿にちょっと複雑な気分

昨日は体調がすぐれなかったようだが今日はだいじょうぶなのかな

夜中にころばなければいいけれど

実家ももう20年以上離れているので、勝手がわからない

ワタシもすっかり川口での生活が長くなったということです

家のまわりも大分都会になってきて

自分の生まれ育った懐かしいわが家も遠い存在になってきた

親も年をとり、気づけば自分もあと何年かで50ではないか

何となくしんみりしてしまうなあ

川口のムスメ達は元気かな
(夫もね)

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お誕生日おめでとう!

今日はMIの18回目の誕生日

18歳。ですよ~~~

子どもを産んで18年もたってしまった。

おそろしい・・・

MIは廻旋異常による難産だったの。

陣痛に30時間苦しんだ挙句、緊急帝王切開になっちゃったんですよ

昔なら母子ともに死んでいたかもしれないです

生まれた赤ちゃんは顔中傷だらけだったわ…

小さい頃はよく熱性けいれんを起こして何度もヒヤヒヤしたものです。

気付くと息をしていなくて、真っ青になって口から泡を吹き、ウンチオシッコ垂れ流し状態なんてこともあったっけ。。。

いや~。当時は怖かった。本当にひきつけをする子を持つ親はみんなそうだと思うが、あの数分は恐怖である。

『次にひきつけたら、脳波の検査をしたほうがよい』

なんて、テンカンの疑いもあったMiだが今は熱一つ出さなくなった。

そんなMIは今日、模試にでかけていきました~

お誕生日ケーキは昨日食べました

Dvc00098

近所にある川口市のおいしいケーキ屋さん、サンベールで注文です。

フルーツたっぷりでおいしそうしょう?

実は今日はワタシはこれから夜熊谷に介護お泊りなの。

これからこうやって、実家に泊まる日が増えるのかなあ

母は用事があっておでかけです。

夜が不安です~

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

中学校のクラス懇親会(ランチ)に行ってきた

今日は中学校のクラス懇親会ランチでした

先生もご出席

クラスの半数を超えるお母様たちが集まった

何度か顔を合わせたことのあるお母様もいれば『はじめまして』の方もいらっしゃいます

YUと同じ部活のお母様もいらっしゃいました。

幹事役を引き受けてくださったおかあさまたち。どうもありがとうございます!!

これから6年間お付き合いいただくわけだ。

お子様たちのお顔はほとんどわからないけれど、何かあった時に連絡できる方を作っておきたいのは働く母のセオリーだ

みなさん、これからもよろしくお願いします。

今回いろいろお話をうかがって

みなさん、お子さんに対してとても一生懸命(当たり前なのか?)

ワタシがあっさりしすぎているのかな?

YUがあまり学校のことを話さないものだからそこそこうまくやっているんだろうなあ。くらいの認識しかないワタシですがみなさん、結構お嬢様たちのことやクラスのことを心配されていた

ワタシの場合、やっぱり仕事している時間が長いので、その間子どものことは考えないからなあ。。。心配する時間も人より少ないんだろうなあ

今回ちょっとショックだったのはお弁当

買って持たせている方はいませんでしたね~

我が家ぐらいですね

我が家は、MIのご要望で、水曜日はお弁当を作らない日だ。YUに「どうする?」と聞いたら、

「好きなパンを買うからいいよ」

というので、言葉の通りそうしていたのだが、

月~土までしっかりお弁当を作るというお母様がほとんどでした。。。

そう、ワタシは土曜日くらいゆっくりしたいので土曜日もお弁当は作らない。(MIの学校は土曜が休みなので楽だったなあ)

しかもお弁当といっても、その食材のうち一つは必ず冷食だ。そしてプチトマトで隙間を埋める。夕べの残りが入ることも多い。朝食とランチが同じおかず、なんていうことは当たり前だ。

YUもMIも忙しいワタシに気を使っているのだろうか。

家に帰ってからYUに

「お弁当、もっと回数増やそうか?」

「どっちでもいいよ」

本当は作ってもらいたいのか?

それとも本当にどっちでもいいのか?

そういえば先日YUが

「お弁当だと量が多いから、おにぎりとおかず少しとかがいいなあ」

なんて言っていた。本当におにぎりとウインナーだけにしなくてよかったわ

YUもMIも小さい2段弁当なんだけれど、他の方はどんなお弁当を持たせているんだろう…・

もっとリサーチしてくるべきだったなあ

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

食べてくれる人がいるから作る

昨日は夫が『ご飯いらない』とメールしてきた

とたんにご飯を作る意欲がなくなる

『愛』があるから・・・・

と言いたいところだが、(いや、ないわけじゃないが)

やはり、一人分ってつくるの面倒じゃないですか・・?

先日のNHKのニュースか何かで

高齢者の一人暮らし方がやっぱり質素な食事を続けていて

栄養失調になってしまうケースがあるそうな

お金がないとかじゃなくて、高齢者=質素=ヘルシー

というイメージがあるが、ちゃんと栄養をとらなければならないというものでした

そうよね。

最近めっきり新陳代謝が悪くなり、ちょっと食べるだけでも自分のお肉になってしまうワタシである。

一人分だとついついbeerとツマミ

なんていう夕食になってしまうのだ

やっぱり家族のために作るご飯っていいものなのね

今日の夕食はごちそうにしようかなあ

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

女性の収入が男性を上回る日がくる?

昨日の日経新聞です

単身世帯を対象にした総務省の2009年の調査によると

30歳未満の女性の可処分所得は月21万8100円

男性を2600円上回り、初めて逆転した・・・・

とのことです。

どうですか?若い皆さん。

みなさんの収入は、周りの男子よりいいのかもしれません

「専業主婦願望」が強いといわれている若い女性ですが、みなさんが男子を養っていくのかもしれません

冗談じゃなく映画「大奥」のようになる。。。ことはないでしょうけれど

この原因は、産業構造の変化にあるという。

新興国の経済成長に伴い、製造業の生産拠点がうつり、製造業で働く男性が非正規になったり、ボーナスが削減されたりして収入が減ったようだ

逆に女性は、医療・福祉分野での就業が増え、収入アップ・

大卒の初任給の男女差も縮まっているとか。

あとは、この若い女性たちが出産後に

「やっぱり働くのはねえ。。。」といって辞めてしまわなければいいんだけれどな。

「辞めるには惜しい仕事」と思えるようになり、

起業の側からも

『今更辞められてしまうと困る」というような人材になっていただき

出産後も働く環境が整うこと

これがないと、せっかく給料が増えても辞めてパートになって収入大激減ということになってしまうのです

男性に養ってもらい、自分は子育てに専念しよう

という時代はもはや遠くなりつつあります

新しい自分の姿を描いて、仕事も家庭も選択する、そんな将来を考えてみませんか?

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

朝から不機嫌な人々

働く母の朝

朝5時過ぎに起き、忙しい中で軽く掃除し、朝ご飯とお弁当を作る

子どもたちがご飯を食べているときに

「チリの人、救出されてよかったね」

などとニュースの話題などで会話を盛り上げる

朝、みんなの元気を作るのはやっぱり母のワタシだ

が。。。

なんだか一人でしゃべっている

みんな黙々と食べている

「そろそろナシも終わりだね」

「・・・・」

『次はリンゴ買おうか」

「・・・・」

何なんだ、この反応は

『ごちそうさま」

会話のないまま朝食が終わった

みんなで一緒に食事する意味がないではないか

それでもワタシが元気のもとなのよ~

と、引き続き洗面所を片付けようとすると

MIの髪の毛が洗面所に・・

annoy「もう、いつもいつもいつも言っているのに!!」

いつもはそんなに怒りにならないがこんな日はワタシも頭にくる

「ちゃんと髪の毛片付けなさいって、いつも言っているでしょう」

「・・・」

「ちゃんと返事しなさい」

「してるよ(ウザイ)」

何なんだ、このムスメは~punch

こうして朝のさわやかな気分は怒りモードに変わり、ますます暗い雰囲気の我が家になるのであった。。。

(いつもこんな感じじゃありませんよ!!)

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (11) | トラックバック (0)

”デフレの正体”から考える「女性の就労」

結構売れているこの本

デフレの正体

「景気さえよくなれば大丈夫」という妄想をすて、「現役世代の人口の減少」に問題の根本がある。それではこの「現役世代の人口の減少」をどう補うのか考えよう・・・・

という感じの本で読みやすかったです

その中に

「女性の就労と経営参加を当たり前に」

という一章がありました。

これこそ、ワタシが去年2年間やってきた仕事の目標です

若い女性の就労率が高い県ほど出生率が高い

というデータがあるそうです。

若い女性が「出産退職」してしまうのは本当はとても損失なのです

せめて、出産退職した方が気持ちよく働けるように・・・・・

と、去年まで女性のための就労支援セミナーやカウンセリングを行ってきたのですが

そこで壁となる

「子供が小さいからかわいそう。」または「預け先がない」

「扶養の枠の中で働きたい」

「家事との両立ができない」

などなどなど

この本では、日本の女性の就労を進めるためのハードルとなっているのは

「男性の心の壁」

「女性同士の心の壁(足の引っ張り合い)」

「現実に家事をだれがやるのか」

など述べられております。

でも、ワタシはやっぱり「本人のやる気」が大きいと思いますね

出産後に退職しても暮らしていける方は子育てに専念したいという選択。これが間違っているわけではないとは思います

そして、辞めて数年経つと、正直言ってハードに仕事をするのは「辛い」

体がきつい、子どもの負担、家族の負担、今更仕事してもパートしかない、毎日通勤するのは面倒、などなど。。。

で、みんなが働き始めてふと気付くと一人

あら、これじゃまずいわと思っても急には働けない

まあ、無理に働かなくても暮らせるからのんびり行こう

となっていく方も多いですね。

この章を読むと、一部の方は

「無理に女性を働かせる気なのか!!」と思うかもしれません

そう、戦後長い間、女性は働く必要がなかったのですから

働くという選択肢がなかった時代が長かった。

サラリーマン家庭。働く父と専業主婦と子ども二人というモデル。こういう政策だったわけです

でも、そういう時代は終わりを迎えつつあると思います

こういうことは一朝一夕には状況は変わりません

でも、20年前と今では確実に違います

ワタシが仕事を始めたころと今では女性の働きやすさは本当に夢のようです

さらに上の世代の方の苦労は大変大きなものだったことでしょう

今から20年後は男性も女性も当たり前に働くようになっているのではないでしょうか

劇的に世の中を変えることは無理ですが、人の意識は少しずつ前向きに変わっています

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

イクメンは増えるか

今日の日経新聞夕刊に出ていたのは

「企業もイクメンを支援」

イクメンという言葉はずいぶん普通に聞かれるようになってきたように思う

自分はイクメンです

という若いパパたちもたくさんいるだろう

我が家の(家事をあまりやらない)パパも思えばイクメン・・だったかな?

MIが小さいころ、よくMIのおむつを替えてくれたわ。ウンチパンツだって嫌がらずに洗ってくれたし、ウンチまみれのMIのお尻も洗ってくれたっけ…(そのMIももうすぐ18歳。ああ、こんなネタを書いたら怒られちゃうわね)

ママ友と違って、パパたちはパパ友が少ない

そんなところに目をつけ、たとえばりそな銀行では「パパママ会」を土曜日に開いて、ママ社員の夫に声をかけているとのこと

また、日立製作所では男性研究者がネット上に掲示板「すくすく子育て」を開設。情報を交換しているようだ

ママ友は働く母にとってはとてもありがたい存在だ

それと同じように、パパ友がいれば、パパたちもいろいろ情報交換ができることだろう

新聞では、地域でのつながりの中で、

「子育て拠点が女性向けの内装や企画が多くパパが参加しづらい」

という声もあった。

ワタシは去年まで子育て支援センターに「就職支援セミナー」を開催するため何度も通ったものだが、中にはパパと一緒に参加する方もいてびっくり

そこの子育て支援センターは

「パパもどうぞ」

「パパ参加の日」

があったのだ。

やはりこういうところも、パパの子育ても当たり前、という雰囲気にすると、参加しやすくなるのかもしれない。

ちなみに、パパママセミナーをやったこともあるけれど案の定参加者は少なかった

育児に参加したいパパたちはたくさんいるはず

でもどうやったらいいのか、これでいいのか、と悩むパパたちもいるだろう

ママたちはデパートでも授乳室なんかでおしゃべりできるが、パパは立ち入りできないものね。

イクメンが増えるためにはなにかこう、参加しやすい環境作りっていうのも必要なのかもしれないですね

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

西川口のケーキ屋さん ~プラ・シャルル~

昨日サイクリングロードを走り最後に寄ったのはこの店です

Dvc00095

プラ・シャルルー

住所は蕨かもしれないけれど、西川口駅から徒歩5分ほどのところです

ここはフレンチなので、職場のレディースたちと夜ディナーに来たことがあります

4000円ほどのディナーは大満足でした

ケーキだけを買うこともできます

ケーキは小ぶりで350円から400円程度

フレンチのお店だけあってコックリしたチョコケーキや大ぶりのブドウがのったタルトなどがおいしかったです

すでに売り切れた数ですがショーウィンドウのケーキたち

Dvc00086

近所にあるサンベールも大好きです。西川口も素敵なケーキ屋さんがあるんですよね~

プラ・シャルルはツタヤのちょっと奥。公園の向かい側にあります

ランチもやっているみたいです(行ったことないけどね)

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

芝川サイクリングロード2010

今日は久しぶりに本当によい天気だったので

夫のウォーキング(ジョギング?)に付き合って、ワタシは自転車で芝川サイクリングロードを走ってきました

20キロコース

2時20分頃出て

帰りに買い物にも言ったので帰ってきたのは5時過ぎ

3時間近く炎天下(というほどでもないが)を走り、日に焼けてしまったよ

それでは写真です

まずは出発点。上青木のオートレース場近くに看板が。。。

Dvc00023

埼玉県では「川の再生」に力を入れています。

なんと、県土に占める川の面積割合は日本一。川幅日本一も埼玉県、埼玉は実は川の県なんですね~

坂を登るとサイクリングロードへ。まっすぐ行くと足立のほうにつながっています。今日は橋を左に曲がり、浦和方面へ

Dvc00024

わかりにくいですが、画面中央の小さいタワーは東京スカイツリー。遠くのほうです

MIったら、これのことをマンションだと思っていたとか。。。

Dvc00026

ワタシがいつも行くフィットネスはここにあります。

川面に映っています。逆さジャスコ。あ、自分の影も映っているわ(^_^;)

Dvc00030

コスモスが咲いていました

Dvc00036

外環道をくぐるともうすぐ浦和です

Dvc00037

武蔵野線に遭遇

遠く遠く、右端に見えるのはMIの学校です

Dvc00045_2

コスモスとチョウチョ

Dvc00070

バッタ。もっと立派なトノサマバッタもいたけれど逃げられた~

Dvc00080

MIの学校のホールの裏までやってきました。

中間点を少し過ぎたあたりです。。。

Dvc00082

走る夫。東浦和駅近くです

Dvc00085

この後夫は左へ。ワタシは直進し、西川口のツタヤまで。

マックスバリュで買い物をして、ツタヤで借りていたビデオを返し、ケーキを買って帰路につきました。

疲れたけれど、とてもたのしいひと時でしたheart01

にほんブログ村 子育てブログへ

去年の芝川はこちら

秋の芝川サイクリングロード

| | コメント (4) | トラックバック (0)

中間前に遊びに行く?

来週から中間試験のYU

単元ごとの小テストでは結構がんばっていてクラスでもいい点をとっているようだ(coldsweats02びっくり)

が、中間テストや期末テストは範囲が広いから今までやったことを忘れてしまうのよ

だからこそこの連休はこれまでの復習をして、次に日曜にまとめの復習して、本番へ…

というのがいいところでしょうけれど

昨日のことだ

「あした、遊びに行ってきていい?」

テスト前なんだけどなあ。。。

YUは自分から遊びを企画する子ではないので、誘っていただいたのは本当~にありがたいことだ

最近は休みの日にお友達と都内に出かけるようになってきた

YUもだいぶ中学生らしくなってきたということで、喜ばしいのだが

中間前に行かなくてもいいのにな

と思うのは親のワタシだけ?

と、YUが

「パパには内緒にしてね」

どうやらパパに言うとダメと言われると思ったんだろう。自分でもテストは気にしているのね

「言わなくてもいなかったらわかるじゃない。自分で言いなさいね」

しぶしぶパパに報告

もちろん快諾(とはいえないな)

そして今朝

元気に遊びに行きました

お天気でよかったね~

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

チョコレートの季節

急に涼しくなってきましたね

今日は朝は寒いくらいでした

買い物に行くと、チョコレートの新作がたくさん出てきています

冬になるとチョコがおいしいですよね!!

いろいろな新作がありますが、ワタシは冬になるとこのチョコ命です

Dvc00021

ロッテのラミー

お酒が入っていてちょっと大人の味

期間限定なので夏には売っていないんです

今年もついに出てきました

うれしくて3つ買っちゃいました!!shine

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

川口にLOFT登場 ~そごう川口店~

経営状況の怪しいデパート業界

そごう川口店は10年ほど前に破たんし、川口からデパートがなくなっちゃう危機があったのだが・・・なんとか復活

ここにきてまたデパート再編の波にのまれちゃったら困るなあと思っていたら

上のほうのフロアがいろいろリニューアルしました

7階にあった子ども服売り場がユニクロとABCマート中心のフロアに

(ユニクロは以前そごうの5階当たりにあったけれどいつの間にか撤退していたんだけどね。今度は大丈夫かな)

そして今回8階インテリア・寝具売り場が大改装

目玉はLOFT

LOFTなんて浦和パルコにも池袋西武にもあるからなあと思いましたが

昨日行ってみたらなかなかいい感じです

Dvc00020

生活雑貨売り場として生まれ変わった売り場は広く明るい感じです

Dvc00019

キッチン雑貨などのあるKEYUKAもはいってますます浦和パルコみたい

デパートの寝具売り場というより、専門店の入るフロアになりました。

近所にあるイオンモールや職場の近くにあるパルコ、そしてそごう川口店

ワタシにとっては楽しい店が増えました。

いつも空いている川口そごうですが、LOFTを中心に混んでいました

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

子育ての次は介護だね!

水曜日に歩けなくなり

病院に連れて行き

家族会議を開いて

とりあえずウチ(実家)で母が様子を見ることになった父

みなさんからたくさん励ましのお言葉もいただき

この連休は実家かなあと思っていたが、昨日

「少し筋力が戻ったみたいで、立てるようになったよ」

と、姉から連絡。

母に電話すると

「とりあえず土曜日に病院に行って、ガンの状態が変わらなければこのまま家で過ごすようだけど、ポータブルトイレまでは移動できるから大丈夫だよ」

ポータブルトイレはベッドのわきに置いてある、

ほんの1メートルの移動だけれどこの1メートルが大変だ

杖をついて、自分で歩いているそうである

とりあえず「寝たきり」は免れ、「準寝たきり」という感じだろうか

デイケアも午後だけだったのを午前中から行く日を増やし

ガンの状態を見ながら様子見ということになった

今回のことから、家族を介護している方が本当にたくさんいることを知った

義父母と同居するワタシ

25年目の仕事を辞めて介護に。。。。という選択肢はたぶんない

二人のムスメは私立に行っているし

まだまだおかねの必要な年齢だ

夫一人の給料ではとてもとてもやっていけない

実家の父母には姉がいるけれど、我が家の義父母はワタシと夫の二人でがんばるようだ

いろいろ調べておく必要がありそうだ

若いころから給料は上がったけれど、使えるお金は減っていくような気がする

家を建てる

教育費がかかる

そして介護の費用も・・・

自分の老後は大丈夫なんだろうか

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

MIと夕ご飯 ~西川口駅サイゼリア~

たまった仕事を片付けていたら8時近くになってしまった

そろそろ帰らなくちゃ

早く帰った夫にメールすると

台所にあったものでご飯にしてしまったとのこと

じゃあ、西川口のマックかな

と思いながら、ふと

MIがそろそろ帰ってくる時間だなあと思いメールしてみた

「一緒に帰る?ご飯食べる?」

happy01お腹すいた~」と返信

8時半ころ西川口駅で待ち合わせをしてそのまま駅ビルのサイゼリアへGO

意外と広い店内は、会社帰りと思われるOLやサラリーマンがたくさんいた

おひとりさまディナーというやつだ

ついでに高校生軍団もチラホラ

しかし、ここは使える

ミラノ風ドリア299円。ワイン一杯100円

あら。ワタシの今日のご飯はマックより安くなりました

MIはパスタとサラダ

二人合わせて1400円弱です。

「アタシ、ここで勉強しようかな」とMI

そうねえ・・一人でいるのにはいいかもね

ドリンクバーで2時間ほどいるということは可能だろう

図書館に行け!

と言いたいところだが、ワタシはこういうザワザワしたところで勉強するタイプ

なので、試験前はファミレスに通ったもんだわ

図書館にいると、15分勉強しては15分その辺の面白そうな本を読み、、、、ということになってしまい、集中できないのよね

いやいや、高校生なんだからやっぱり

「図書館に行けば?」

と一応は言ってみた。

「図書館、混んでて入れないんだよ」

そうなのだ

この時期、試験勉強の高校生や浪人生、生涯学習のおじいちゃんたちで図書館はいつも一杯

やっぱりサイゼリアしかないかな

あと、駅前のマックはお勧めだね

西川口駅のマックはカフェなので、カウンターや二人掛けのテーブルがメインなので子連れがいなくて静かなの

そういうことで、ワタシのこれから夜のディナーはマックかサイゼリアにしようと思う

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

義父母の介護は?

昨日は父の介護の話で皆様から温かい励ましのお言葉をいただきました。ありがとうございます。

父の病気もよい状態とは言えないので、いつ何があるかわかりません。

なるべく実家に帰り、父との時間を大切にしたいと思います。

40代。だんだん家族の介護を考える年齢なんですね

さて、父がいきなり寝たきり老人に近い状態になってしまい

家に帰って義父母に報告。義母は、

「おかあさん。無理だよ。人に頼んだほうがいいよ」

義母のお兄さん、お姉さんも寝たきりで相当大変だったようだ

義父母はワタシの実父母より高齢だ

が、ず~っと元気に見える

いまでも朝ウォーキングしている

でもいつ、具合が悪くなるかは分からない

ワタシも夫も仕事はやめられないから、介護サービスを使うことになるんだろうか。。。

義母いわく

「だいじょうぶよ~。アンタたちには迷惑かけないように、ちゃんとピンピンコロリだからね」

「よろしくお願いします」

わけのわからない会話になってしまった

誰もが望むピンピンコロリ

なかなかそうはいかないのが人生だ

実父の具合も良くなることはないだろう

実母と姉の負担を考えて休日は実家に帰るようかなあ・・・

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

背中のコリを治したい

ほぼ一日中パソコンの前に座り

情報検索したり文章を作ったり資料を作成したりするのがワタシの仕事である

去年までは1週間に3回くらい出張していたのでよかったのですが

ここのところ背中がひどくコルようになった

肩甲骨周りから首筋にかけてだ

方はそんなにつらくないのですが

う~ん

マッサージに行ったり

中山式快癒器をつかったり

つぼ押し用の便利グッズをつかったりするけれど

コリはなかなかよくならない

腕を回したり動いたりするけれどよくならない

鉄の板が入ったようなこの背中

なんとか改善する方法はないのかなあ

良いアイディアがあったらおしえてくださいcrying

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

家族会議 ~父の介護~

急に歩けなくなった父

病院の先生がワタシと姉を呼び

「病院へ紹介状出しますか?(入院させますか)」

先生は、母に相談すれば「家に帰ります」と答えるのがわかっていて、ムスメに相談したわけですが

やっぱり、母に相談しないと。。。

「どうする?」

「入院したらもう出てこられないかもしれない。病気が悪化してあるけないわけじゃないんだから(そうなのか?)家に連れて帰ろう…」

と譲らない母

「だって、おばあちゃんにない時に、またおじいちゃん転んでるかもよ」

「おばあちゃん、ひとりでおじいちゃん起こせないじゃない」

「ワタシ仕事やめて介護するのは困る」(姉。ワタシも同じ)

「おばあちゃんががんばるよ」

・・・・・

とりあえず3人がかりで車いすの父をがんばって車に乗せ(20分くらいかかった)、家に帰る。

駐車場からベッドまで1分もかからないとはずのところをさらに30分くらいかけて移動する

これ、おばあちゃん一人で介護するのは無理だよ~

ワタシもそんなにしょっちゅう帰れないし

「せめて介護サービス頼もうよ」

「でも、おじいちゃんデイサービスつまらないって」

夜中、30分おきにトイレに行きたくなる父

おばあちゃんが死んじゃうよ

「じゃあ、ケアマネージャーさんに相談してみようよ」

おばあちゃんの気持ちもすご~く分かる

おじいちゃんもこのまま施設に行くのはかわいそう。。。

介護施設か、病院か。

それにしても困ったなあ

とりあえず、昨日は家に帰ってきたけれど、

帰ってきたら姉からメールが入っていた

「T(ワタシのこと)を送って行ったあと、またおじいちゃんころんだんだよ。もう本当に大変だよ。起こせないし。。。」

入院しかないかもしれません

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

父、歩けなくなる

お昼前に職場に姉からメールが来た

「お父さんが歩けなくなった。入院かも。来られる?」

ちょいと忙しい状況は午前中でなんとか一段落したので

午後からお休みをいただきました。

歩けないって、何。。?

父は、ガンを患っている

もう何年にもなるが、高齢者だからそんなに進行は早くなかった

しかし最近転移が見られ、いつ悪化してもおかしくない状態だ

病院に直行すると、母が待っていた

「昨日まで歩いていたんだけど、今日は足に力が入らなくなっちゃって。。。」

ということなんだそうだ、

で、夜中にトイレに行こうとして転び、そのまま起こすこともできず朝まで転がっていたらしい。

隣に住む姉に助けを求めたのは朝4時。

こんな風に急に歩けなくなってしまうことってあるんですね。

車いすに座れば立ち上がれない。

トイレもいけない

手の力で立ってはいられるが足が出ない。一歩も歩けない

ガンのほうの影響かどうかは分からないが、とりあえず数値は落ち着いているらしい

じゃあ、何が原因なんでしょう?

これは、もしやその先にあるのは

寝た切り生活・・・???

急に深刻な介護問題が降ってまいりました

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再就職の先にある自分の姿

なんとなくファッション誌がよみたくなり

40代の女性が読むという「STORY」を買ってみた

昔はもっと働いていないママさんの雑誌というイメージがあったのですが

40代、働く母のファッション

のような感じのページが多くてびっくり。

子育てが一段落して働く女性が増えたということなんだろう

高~いお店からGAPくらいのお手頃なお店のお洋服がうま~く格好よくコーディネートされておりました。

そこで描かれる女性の姿

子育てが終わり、再就職して、勘を取り戻し、カッコよく働いている…

なんてことは、いきなりはできないんですよね

現実は厳しいですよ

いきなり正社員になったり

いきなり起業して成功したり

何の準備もなく成功をつかみとるなんて言うラッキーママはほとんどいないはず

子育てが終わって40代に働いて輝きたい

というみなさんは

40代になってから動いたんじゃ遅いかもしれません

みんな、少しずつ準備しています

資格をとるもよし

いろいろな本を読むのもよし

パートで実績を上げるもよし

ステップは人それぞれですが、いきなり高いところには登れません

まだまだ主婦の再就職は厚い壁があります

本人の覚悟も必要です

家族の応援も必要です

雑誌に描かれたような素敵な成功を手に入れるために、みんな苦労しています

だからこそ、再就職してどうしたいのか

そういう先の姿や夢があるのだったら早く始めたほうがいい

失敗したらやり直せるし

子どものこと、家族のこと、考えて躊躇していたらいつまでたっても何も始まらないよ

まずは最初の一歩

扉を開けるのは自分自身なんだから!

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

親から離れていくこと

昨日大騒ぎした(そんなことないって)

どうやって出かけるか

結局、お友達をみつけて

西日暮里から行くことにしたそうだ

西日暮里。。。

う~ん

どうやっていくんだろう

千葉でバトンの大会があった時に使った乗り換えの駅が西日暮里だったなあ

とにかく普段は使わない駅だ

何線が通っているのかワタシは知らない

それはそれで不安だけれど

YUいわく

「大丈夫だよ。なんとかするから。友達もいるし」

結局パパの保険は使わずに済みそうです

無事に会場までいけるかなあ

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

YUまたまたピンチ。校外学習に行けるか!!

久しぶりにピンチです

あしたは学校の校外学習

一人で行くのか、

友達同士で行くのか、

親と一緒に行くのかは

YUの情報からは定かではありませんが

我が家の場合、明日はワタシはとっても休めません

ちょっと遠くてひとりで行くのは無理

…と気付いたのは昨日

「だれか友達とお約束しておいでよ」

「みんなもう一緒に行く人が決まっているみたいだし。。。どうやって行ったらいいのか教えて」

とYU

どこまで行くんだろう。。。。どれどれ。。。。

西川口からの場合

池袋で有楽町線に乗るか

東京駅から京葉線に乗るか

の選択です。

東京駅の構内をYUが一人で京葉線を探して歩けるとは思えない~~~

「池袋で地下鉄にのれる?」

しかし、JRから一度改札を出なければならないことを伝えると

「無理」

う~~~~ん

確かに無理かも

有楽町線だけじゃないし。池袋なんて一人で歩いたことのないYUだ

困った!!!!

「誰かと一緒に行くように、今日お友達に話してみなさい」

とはいったものの。。。。

もし誰も捕まえられなかった場合はどうしよう

パパに相談

「ワタシは水曜日は休めないよ。パパ、お願い。明日、朝ちょっと遅れていってくれない?」

「ええええ~~~~????急に言われてもなあ」

とはいうものの、今回はワタシが休めないことを承知のパパ

「じゃあ、今日職場でなんとかしてみるよ」

一応保険はかけた

あとはYU。あなた、自分の交渉次第だよ

これから一人でいろいろ行かなくてはいけないこともある

駅員さんに聞くという手もある

鉄道公安員のお兄さんだっている

口があるんだから、なんとか聞いて、一人で行ってみるということは。。。。。

MIならそうするんだけど・・・

どうなることでしょうか~

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

若いうちの苦労は買ってでもしろ~!!??

昨日は模試だったMI

結果は???

「英語がちょっとミスったなあ」

本番がんばればいいよ・・と、

いろいろ話していると、既に推薦で決まるお友達がたくさん出てきたようだ

しかもいまさら

「推薦枠、余っててさ。早稲田とか上智とか推薦だれも希望を出してなかったから,多分もらえたと思うよ」

だってさ。

。。。。

既に締め切っていていまさらなのですが

親としてはこんなせりふを聞いてしまったら

「じゃあ推薦とればよかったのに…・」

と言いたいところだ

が、一方で

「国立行ってくれるとうれしいなあ」

と期待してきたのも確か

あなたが国立を受けると決めたんだから何も言うまい。

受験競争をくぐり抜けて得るものは大きいはずだ。

推薦で決まって楽~になるのもいいけれど

あえていばらの道を行くのだったらとことん付き合おうではないか

推薦をとらなかったお嬢さんたちはみんな国立狙いなんだって。

MIの学校、中学受験するときは私立文系が多かったけれど、最近は国立組も増えているんでしょうかね。

大丈夫だよ、MI

きっといい結果が出ると信じているよ。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

毛虫 大発生(>_<)

我が家のベランダの鶏頭の花

いっぱい咲いていて、長持ちするので花瓶に挿しておいたら

卵でもついていたんでしょうか

いつの間にかケムケムちゃんが。

最初に発見したのはMI

「洗面所に何かいる~」

お花の下に虫のフンがたくさん落ちていたので予想はしていたのですが、やっぱり~。

流してしまいました。

翌日トイレで

「昨日の虫がまた這っているよ」

今度はトイレのお花から。壁を歩いておりました。

ティッシュでとって流してしまいました

で、夕べのこと。

映画を見ていたらなんだか手がかゆい

見たら

ワタシの手を上ってくる一匹のケムちゃん

・・・・

ティッシュでくるんで捨てました~

なんだか我が家に毛虫が大発生しています

家の中はともかくベランダはすごいことになっているのかも~??

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

私立中学校の参観日

YUの参観日に行ってきました

MIの学校は土曜日が休みのため、参観日は平日なので一回も行ったことがありませんが、YUのほうは土曜日に行事が多くて助かるわ・・

1時間目の数学、2時間目の英語、そして3時間目は進路や学習カリキュラムの説明会

忙しいので2時間目の英語から行きました

YUは相変わらず、下を向いてボソボソしゃべっていましたが、本人は英語が得意だと言っています。

確かに小テストなどは間違いがないし

宿題を見ても上手に訳している

去年の今頃、38とかびっくりするような偏差値をとってきたのがウソのようだ

中学校に入ってから、まじめなYUは真面目に宿題をやり、先生の言われた通り学習しているようだ(本当は親が確認してくださいというところなんですが、いそがしくてね)

自発的に勉強するようになってきた今日のYUの姿は去年の今頃からは想像できないわ~

「中学生になってから伸びる子」なのかしら

なんでもペースの遅いYUだから、自分なりの勉強のペースがつかめてきたのかもしれないですね

また、先生の教え方も上手でした

先生の発音がきれい。生徒たちをしっかりと惹き付け、無駄話する子もいないし。。。

公立中の授業をみたことないので比較のしようがありませんが、なかなか熱心な授業風景でした。

3時間目の進路の説明の中で大学初年度にかかる経費を聞いて。。。

あらららら~

私立文系で120万

医科歯科大だと800万円

はっぴゃくまんえん~~~???

思わず隣にいたさくらさんと顔を見合わせちゃいましたよ~

文系でも120万かあ。大変だ

MI、おねがい。がんばって国立に入ってちょうだいね

きょうは、MIは模試に行っています

大学受験まであと5か月です

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お掃除ロボット「ルンバ」活躍中

我が家にルンバがやってきてはや3か月がとうとしています

今朝の日経新聞プラス1にお掃除ロボの比較が出ていました

ルンバ、FALTIMA、SO-ZAプレミアム の3種

ワタシは比較なんかせず、ルンバしか頭になかったのですが

いろいろあるんですね~

機能的にはやはりルンバが強いようですね。ごみのとり残しが一番少なく使い勝手もいいようです。

値段が高いのが玉にきず?

いえいえ、ワタシはすご~く重宝しています

ブラシの手入れは夫がやってくれます(こういうことはワタシは苦手なので)

毎日、洗面所の髪の毛、キッチンのゴミ、リビングの食べカス

この3か所を1時間ほどで掃除させます

この間、身支度、弁当の用意、朝食準備などができます。

また、週3回スケジュールセットをして子ども部屋の掃除を、仕事に行っている間にしてもらっています。

モノが下にたくさん置いてあるお家には向かないかもしれないけれど、うちみたいに何もない床にはいいですね~

ホント、いいですよ!

働く母、ここ一番のヒット商品ですわ。

使用頻度が高いから早く壊れちゃうかも~・・・・

1年に1度はメンテナンスに出したほうがよいらしいので、維持費もかかりますが、それを承知の上でワタシには本当にありがたい存在です。

ルンバの動画はこちらをご覧くださいませ↓

ルンバは働く母の味方

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

女性社長になりやすい大学は?

別に社長にならなくてもよいのだけれど

ムスメ2人持つ親としては

女性が働きやすい世の中になってほしいと思う

(いまどき結婚退職なんて夢の夢でしょうからね)

で、プレジデント10月18日号に掲載されていた記事の一つにあった

「女の出世」

新卒入社したリクルートで営業職としてバリバリ働き出産退職後は資格をとり独立開業。子育てをしつつ再就職した会社でもあっという間に頭角を現し、あるきかっけから取引先の経営に参画。ついにはその会社のオーナーとなって株式上場を実現

というようなストーリーを実現した女性経営者の紹介があった。

たとえば埼玉県では「出産前は丸の内あたりでバリバリ働いていた。再就職したいけれど子どもが小さいし、もういちど通勤ラッシュを潜り抜けていくのはちょっと・・・・」

と再就職に一歩ためらう方が多い

こうした中で本当にパワーのある方はこの経営者の方のようにメチャクチャ頑張る。

そこまでしなくてもいいのにね。

と思う方もいるでしょうけれど、夢の実現・目標が「社長」ならそこに向かってがんばるのはいいではないか。

女性にして経営者。すご~く苦労されていると思う。

去年まで一緒に仕事をしていた素敵なカウンセラーさんの夢も「社長」だった。

資格をとり、いろいろな方と交流し、世界を広げ、がんばっていた。(自己投資もものすご~くしていたわ。社長になるのも楽じゃないわね)

3人のお子さんがいて専業主婦から出発した彼女もものすごいパワーの持ち主だったわ

彼女はまだ社長ではなかったけれど、少しずつそこに近づいていることだろう。

で、女性社長になりやすいランキング・・・・

一位は??

日本大学 302人

以下、青山学院大学273人、慶応義塾大学269人、日本女子大学250人、早稲田大学220人、同志社大学176人、共立大学169人、立教大学145人、明治大学142人。。。と続く。

実力ある女性がたくさんいるんですね

結婚して、家庭を守る

そういう選択もあるけれど

家庭も仕事も充実させる

どちらも手に入れてしまう女性はやっぱりすごいなあと思う。

さてさて、我が娘たちはどんな人生を歩むのかな・・・?

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

酔っ払った女の子 あなたなら?

今日は、いえ、気付いたら日付変わってましたね

とにかく残業で遅くなった。

帰りの電車で潰れちゃっているわかい女の子がまえに寝ています

このまま放っておく?

桜木町までいっちゃうよー

一緒に乗っていたダンディ上司が

男はなかなか声かけられないよなあ

じゃあ、ここはオバチャンの役目ね

西川口直前で

おねえさん、起きた方がいいわよ

と声をかける
 
彼女は荷物は下に落ち、携帯も落っこちていて、キョトンとしていました 

無事に家まで帰れたかしら
何十年か前の自分をみているようでした

やっぱりこういうとき面倒を見てあげるのはオバチャンの役目ですよね

ワタシも大人になったわあ

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月もお金がかかる (>_<)

今日から10月ですね!!

クールビズも終わりですね

夫の長そでYシャツ、まだ出していない。。。

あしたやろう。。なんてもたもたしていたら

「お母さん、定期代ちょーだい」

そうだったわ

10月は定期券の購入月

MIが2万円

YUが2万5千円(中学生のYUのほうが高いなんて〜(>_<)」

パパが2万5千円

ワタシも2万5千円

しめて・・・・

10まんえん〜〜〜〜

おおおおお。。。。

遠距離通勤ではないので一人10万円というわけではないけれど

8月の洗濯機

9月のパパの携帯

そして今月は定期

なかなか自分のものは買えないな〜

そうそう、先日の飲み会で男性陣とお話していたんだけれど

みなさん1馬力なんですね

よく頑張っていますね

「ゆうままさんところは2馬力だからいいんだよ〜」

と言われたけれど、支出も2馬力だよ(??)

若いころから、自由に使えるお金はそんなに変わらない気がする

貯金ができない

住宅ローンが繰り上げでは返せない

教育費が高い

今月もやりくりが大変そうです

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »