« YU、国語の問題集を買う | トップページ | 女性専用車両に乗った男性 »

大学受験生の親 ~綱渡りの出願~

中学、高校、そして大学受験がいよいよ始まる

という方も多いでしょう。

「もう決まってしまって安心した~」

「失敗してどうしましょう」

1月までにすでに試験にチャレンジした方もいらっしゃるでしょうね

中学受験は親と子の二人三脚でした

そりゃ~、大変でした。

働く母として塾弁作らなくてはだし、勉強を見てあげなくてはならないし(塾はあてにならなかった)

中高一貫校の我が家は高校受験は知らないのですが

「大学受験」は・・・??

基本的に子どもにお任せでいいや~

と、願書なども目を通さず

センター試験のこともリサーチせず

「センター失敗した」と言われても

「まあがんばれば~」とのんびり構えていたのだが

目標判定がでなかったと塾からの判定結果を見た21日の夜

「これ、まずいじゃない」

と初めてあれこれ調べ始めたワタシだが

今の入試は複雑なのよ。センターだけのもの、センターと併願できるもの、個別試験だけだったり。。

浪人させるほど余力はない

就職難のこの時代

女子の私立文系は非常に厳しい

こうなったら「お母さんもできるところは手伝おう」

(勉強のお手伝いはできないが)

と家族会議を開きどこを出願するか相談に乗るが

出願期間は私立はもうギリギリということを知り

(すでに出願が間に合わないところもあったね。選択肢が減ってよかった??)

入学金の払い込み期限と発表の日がうまくかみあわないと出願しても無駄になってしまったりすることもあると知り

「あら=。現金が足りないわね」

と銀行に走り、定期預金を解約

同じ銀行口座への払い込みが10万円を超えると本人確認が必要だったりして銀行では時間もかかり

出願書類は簡易書留なので郵便局に持っていかなければならなかったり

ちなみに郵便局では受験料の払い込みができなかった。。。

銀行と郵便局の往復が2重の手間である。

国立は返信用封筒に切手を貼ることも先週の木曜日に判明。

そんなこともちゃんと調べておけばよいのだが

なにしろ

「なんとかなるよ」

というタイプのワタシとそんなワタシに似てしまったMI

几帳面で慎重で用意周到なパパにいろいろお願いしておけばよかったわ

「願書は自分で書きなさいよ」

当然だが、書いているうちに調査書(学校で発行される書類)が足りないことも判明

学校によって、どの学科を受けても一つで良かったり、学科ごとに必要だったりしたためだ

「すぐに学校に行ってもらって来~い」

予備校の直前授業もあったりして結構忙しいMiだが調査書がないことには受験できないのであわてて学校へGO

学校によって添付する書類が違ったり

国立の願書は前期、後期、二つ必要で、

「おかあさん、これ、360円分の切手貼るんだって」

国立は切手を貼った返信用封筒が必要だったりして

いや~

やっぱり願書ぐらい目を通しておけばよかったわ

「いや、直前にあわてるのは、しっかり募集要領に目を通さなかった本人が悪いのだ!!」

とは親としてはやはり開き直れないわ。

出願できなかったらとんでもないことになっちゃうし。。

そんなこんなで

センターが決まってからこんなにあわただしいとは想像しなかった。

先週はバタバタしてしまったのでした

直前にあわてるのは本当に危険ですよね。

消印が締め切り当日になってしまったものもありました。

なんだか綱渡りの願書出願になってしまったわ~

私立だけを狙っている場合はこんなことはないのだろうか

とにかくセンター試験のおかげで

翻弄された先週1週間であった

にほんブログ村 子育てブログへ

|

« YU、国語の問題集を買う | トップページ | 女性専用車両に乗った男性 »

働く母」カテゴリの記事

大学受験」カテゴリの記事

コメント

大学受験はまだまだ先の事と思い、しかもセンター試験の仕組みもよく分かってない私。
うんうん。
勉強は本人に任せるしかないけど、
専業主婦の私は、その他の事はある程度
確認しておかなくては!!!!
よーーーく、覚えておきますっ
MIちゃんもここまできたら、
頑張るしかないね。
あわただしい毎日が続くでしょうが、
応援してます!

投稿: のぐのぐ | 2011年1月30日 (日) 11時50分

なんだか複雑なのですね。慌ててしまいましたね。
あとはMIさんが実力を発揮してくれるのを祈るばかりですね。応援してます!

投稿: 雀のお松 | 2011年1月30日 (日) 14時19分

そうでしたか~
大変な時期ですね。私、お手伝いしたいくらいですけれど^^
一般入試でも学校からの必要書類あるんですね。
それは大変だ~汗
私もなかなか腰が上がらないタイプなので状況が目に浮かぶようです。
分かっていてもできないんですよね。
ばたばたのほうが集中力も時間も短縮できるような気がしますけれども、子どもにはおすすめしたくないけれど、こればかりは直せるものではないですよね。。。

投稿: ひなぴ | 2011年1月31日 (月) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507550/50715361

この記事へのトラックバック一覧です: 大学受験生の親 ~綱渡りの出願~:

« YU、国語の問題集を買う | トップページ | 女性専用車両に乗った男性 »