« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

参考書はブックオフへ

受験が終わり、すっかりユルユルモードになったMI

参考書やプリントなどに交じって洗濯物やらお菓子の箱やら

部屋がすごい状態になっていたので掃除をさせたら

廃棄したいという参考書が・・・

「雑誌の日」に捨ててもよいのだが

せっかくだからブックオフに引き取りに来てもらうことにしました

1冊10円ほどにしかならないかもしれませんが

ゴミになるよりいいですよね

(Miも自分で購入した参考書の一部はブックオフで買ってきたものです)

(古~い過去問はアマゾンで購入しました)

こうやって参考書も来年の誰かの役に立ちますように!!

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Yahoo知恵袋 京大問題流出

今日はMIの新しい携帯を一緒に見に行きました

いまどきはスマートフォンなんだろう

まあ、いろいろ売っていましたね

ネットなしには世の中が回らなくなった現在

京都大学の試験中に

試験問題がYahoo知恵袋に流出したとの朝のニュースにビックリ

なんでもありの世の中だなあ

問題を流出させてどうするンでしょうか

誰かがなにか見返りを求めて?

受験生が合格したくて?

単なるイタズラ?

真面目に勉強してきて受験した生徒さんたちの

怒りが聞こえてくるようでうです

ほかの大学でも気付かないだけでそういうことが起きていたりするのでしょうか

MIの学校は大丈夫だったんでしょうか

気軽に使えるネットです

エジプトや中東諸国の混乱もネットが原因だそうです

日本人はおとなしいので暴動のようなことは起こらないだろうとは思いますが

こういうモラルを疑うようなことが起きているんですね

コピペでレポートを出す学生さんもいるようだし

何かの報告書をコピペしてしまう方もいるようだし

ワタシのブログもコピペされていたことがあるし

ネットの情報は正しいとは限らないけれど

ネットの威力はすごい

ちょっと距離を置いて付き合うこともときには必要なのかもしれませんね

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

4月から後輩ができる

決して運動が得意なわけじゃないのに

なぜか剣道部のYU

夏の暑い体育館でもがんばり

冬の寒=い体育館でも裸足で

ちょっとシモヤケになりつつもがんばっている

もちろん

攻撃的ではない、おとなしい子なので

自分から打ち込んだりすることができるのかは不安だが

やはり精神的には大分強くなった気がする

運動部に入れてよかったん~

と思っていたら

いよいよ朝練。。。??

先週は少し早く行っていた

そうすると親のワタシも早く起きて

弁当と朝ご飯を早めに作らなければならない

ここのところ残業続きだし~

大変ですワcoldsweats01

4月からは2年生

後輩ができる

2年生としての自覚を持つように自主練習を始めたんだろうか

1年はあっという間だった

去年の今頃はまだ幼い小学生だったのに

ここ一年で身長もお姉ちゃんと同じくらいになった

こどもはどんどん大きくなっていく

自分はどんどん年をとっていく

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

大学受験会場に付き添う親

受験終了しました

は〜〜〜〜

後期は受けないということで

前期落ちたら私大に決定です

昨日、帰ってきたMIに

「どうだった?」

「きいてよ〜。なんかね、みんな、お母さんと一緒に来ているんだよ。」

(なんだ、試験のできの話じゃないのか??)

「へえ〜〜??」

「ほとんど親と一緒に来てさ、親が帰りを待ってるの。ウチだけ親いないじゃん?いいのかなって、一瞬心配しちゃったよ」

「中学受験みたいだったよ」

そおなんだ〜

「私立じゃそんな人いなかったよ」

何なんでしょうか

みなさん、子どもが受験する大学を一目見たかったのかしら。。?

まあ、わたしもオープンキャンパスは興味本位で見に行きましたが

それにしても受験会場に親が一緒に行くのか〜

中学受験じゃないですよ

まあ、人の価値観はそれぞれですが

18歳といえば成人年齢という国もある中で

とっても違和感を感じたワタシですが

いまどきは珍しいことではないのかしら

掲示板なんかで

「大学受験に親はついていったほうがよいのでしょうか」

という相談を見かけることがあったのだが

本当についていく方がいるのね。。。

「しかもなんかみんな、受験生が小学生みたいだった」

親子連れ、ということもあって、幼く見えたようだ

(ワタシもかつては田舎から出てきたイモ女子高生だったわ)

「地方から来るから心配なんじゃないの?」

「だって私立だってそうだし。ホテルに一人で泊まってるんじゃないの?」

子どもが少ない今

親が子供にかける期待は大きいのだろう

そして心配なんでしょう

みんな熱心なんですね= いまどき就職も親がかかわるという話もあるしね

とにかく昨日のテストのでき(は、悪かったようだ)よりも

そんなことに目がいくMiである

ま、不合格でも

私立のほうがチャラチャラした我がムスメには合っているのかもしれません

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日は国立試験日

今日は国立試験日です

この日のために一年間

(正確に言うと夏ごろから)

必死になってがんばってきました

幸い

私立は希望以上のところから合格をもらうことができたので

国立がダメだった場合も

学費的には辛いですが(年間40万円以上変わります)

楽しく将来に向かって

がんばることができるでしょう

気付けばもうすぐ卒業式

学校に行く日もあと3日です

高校生活最後の砦

悔いのないように

がんばってほしいです!!

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ロイヤルホストで晩御飯

ちょっと残業が続くと

すぐに夕ご飯を作るのが

面倒になってしまうワタシです

今日は夫にも

「ごはんは調達してね」

と連絡しておいたので

こんな日はちょっと豪華に(?)

Dvc00033

ロイヤルホスト

大粒ホタテと海老のグリル(のような名前だったかな??)

パン

飲み物は水です

割引クーポン使って1500円ほどです

やっぱり豪華だよね??

マックなら400円で済んだのにね

wineでもつけちゃえばよかったな

あしたも早起きしてお弁当作らなくちゃ~

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待機児童は増え続ける?

昨日の日経新聞夕刊です

そろそろ認可保育園の

4月1日入園を申し込んだ方への内定通知が出ているようですが

都市部では今年もまたまた選に漏れてしまった方がたくさんいるようです

ワタシの知り合いにもいます

彼女は認可外の保育園にとりあえず預けるみたい

「需要を掘り起こす」

なんていう言葉を使っていることがありますが

掘り起こすなんて失礼な言い方だなあと思います

働くのが当然

という社会になりつつあるのだから

それに対応した社会の制度を早く整えるべきでしょう

待機児童もそうですが

社会保障制度や子ども手当なども含め

共働き世帯もがんばれるよ、と思うような制度に早くなってほしいですね

待機児童の状況ですが

新聞によれば

たとえば世田谷区では今年春の申込者数は前年比14%増で4400人。内定は約2500人。外れてしまった方は認可外保育所や家庭保育室や、別な預け先を探すことになります

埼玉県では先日予算の発表を行いましたが

「保育所待機児童対策の推進」

として

保育所の待機児童解消のための保育所や認定こども園、企業内保育所の整備、家庭的保育(保育ママ)などに対する助成(過去最大の4,500人の受入枠の拡大)

という予算を 5,184百万円 計上しています

保育園の不足や

保育士の不足

それからこの延長として

学童保育も今後不足していくのかもしれませんが

子どもの数は減っているのに

待機児童が増えている現状に心配するママさんたちも多いことでしょう

子ども手当がどうこうといっている場合ではありません

もっと真剣に

子どもを持って働く男女を応援してほしいものです

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ムスメの進学 ~親のホンネ~

大学選びは偏差値じゃないよ。

やりたいこと、将来の夢を考えて

好きな大学を選びなさい

なんて、タテマエを言う一方で

私立最難関の学校から届いていた合格通知を目にすると

社会的な知名度

イメージ

女子の就職としてどうか

将来の進路としてどちらが選択肢が広いか

などを考えてしまうのが親というものだ

もちろん、前に合格をもらっていた大学も

ワタシなんかも高校生の時チャレンジしたが不合格だったところで

子どもがリベンジしてくれたことになるし

この学校もその専門では最高に良い評価。

しかも二次試験まであったこともあり

最初の合格の喜びはこっちの方が大きかったかもしれない

が。。。

4年先を考える。

今の状況で

選択肢が広がる学校のほうがよいのでは。。。?

そこでいろいろできることもあるのだし

そんなことを考えつつ

万一国立が受かったら

また「どうしよう…」

ということになるのだが

しかし、実は国立が一番危ないのだ

センター試験の

数学となぜか国語が悪かったので

五分五分といったところでしょうか

私立になる確率の方が高いのである。

私立の締め切りは

一つは木曜日

もうひとつは月曜日

明日中に結論を出さなくちゃですが

親としては

あとから合格した方がいいのではないかなあと思ったり…・

ついつい我が長女に

期待してしまうのである

本人?

「学校の雰囲気は小ぢんまりした最初の学校がいい。女子も多いし」

(もう6年も女子校じゃないか)

「附属の人もいる後の学校はなんか不安」

(地方から来る人たちは個性的だよ)

「だけど勉強する内容は後のほうが面白そう」

(いろいろ調べたんだね)

「大教室の授業ってどうなんだろう」

(ゼミもあるから少人数の授業もあるよ)

「外国語の履修はどうなんだろう」

(法学部のわりに外国語が充実しているみたい)

などなど・・・

前の学校にひかれつつ

今の学校への魅力もあり

うれしい悩みはまだまだ続きますが

これで国立のための集中力は

またしても途切れてしまったので

ホント、

国立はどうなることか…

国立試験、金曜日です

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

まさかの合格をもらったとき

国立までに時間があるから

最後に不合格でいいから超難関といわれる大学法学部を受けて気を引き締めよう

そう思って申し込んだのは1月末

締め切り当日だ

先日試験を受け・・・

昨日発表です

coldsweats02・・・・・・

「合格です」

ひゃ~・・・coldsweats02

第一志望でがんばってきた方がたくさんいる中で

こんなふうに「ラッキー」という感じに合格してしまったMIである

本人もびっくりで動揺していた

試験科目は英語と社会と論文。

科目的にはMIにはとっても有利だ

2000人以上が受験する中で

過去問をすることもなく

論文対策などは秋ごろちょっと手をつけてその後は全くしないまま

英語と世界史のみに強力に力を注いできだMIである

英語はやっぱり私立大学入試の鍵なんだなあ

数学ができれば国立の違う大学も狙えただろうにね

「英語、やさしかったよ。時間余った」

長文英語読解練習を何度も重ねてきた成果でしょうか。余裕の発言だ

「世界史は結構とれていたと思うよ」

「論文は難しかった。変な問題。支離滅裂なこと書いてきた」

とはいうが、もともと論文は得意なMI

普通に文章が通じていれば平均点はとれたのでは?

または全く視点のちがう突拍子もない意見に試験官が思わずいい点をつけたのか??

この学校、高校の進路指導の時は一応希望してみたものの

模試の結果はいつでもC判定以下

全く自身のないMIに

パパが先日の家族会議で、

「申し込むだけ申し込んでおけば」と受験を強く勧めたものです

模試の結果では、よくてもC判定だったのですが

本番って本当に分かりませんね

現役生の勢いとはこういうことなんだなあ…・

私立の入学金は今週中に入れなければなりません

もうひとつの学校の専攻は別学科

どっちに進もうかずっと悩んでいたものだ

結局決めかねて両方の路線を申し込み受験して

両方受かってしまった

「どうしよう・・・・」

MI、18歳の冬。人生の選択です

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

アラフォー主婦力で再就職

YUの仲良しさん、Mちゃんママがついに再就職です

40代前半のハツラツママさんです

子どもが生まれてからこれまで

メール便の配達を一時期やったり

ちょこちょこアルバイトはしていましたが

今回は月10日間のパートさんです

「どうやって仕事見つけたの?」

「日曜に入ってくる広告見て、え~いって応募してみたら面接してくれたのよ」

「すごいじゃん」

「近所の主婦が欲しかったみたいなの」

仕事は住宅展示場のお留守番だ

お客さんは30代くらいの子連れのファミリーが多いから

そこそこ人生経験のある

そして主婦経験のある

子連れファミリーの心理がよくわかり

井戸端会議で鳴らしたコミュニケーション能力が最も必要とされる

つまり

長年培った主婦力が評価されたということだ

求人を探して何度も面接してダメなケースもあるので

彼女の場合は本当ラッキーだけれど

実はもう5年以上前からこうしてチラシを根気よく探していた彼女をワタシは知っている

もちろん最初は本気度は低かったかもしれないが

「条件がいいのがあれば」

と虎視眈々と狙っていたのだ

だからやっぱりこういうのは

急に探そうと思ってもいいものはないのかもしれないね

よかったね。Mちゃんママ

あなたもついに

ようこそ、こちらの世界へ!!

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

PTA活動に参加するということ

4月からお子さんが小学生という方も多いでしょう

PTA活動。やっていないという地域もあるようですが

今や働く母でも

PTAの参加は必須。ではないでしょうか

Miのころはそれでも

それほど忙しくない専業主婦の方を中心にPTAが回っていましたが

ワタシはやりましたよ

Miの時は交通部(旗振り、見守りなど)と広報部

YUの時は学年部(イベント)

そして昨日は

交通部の時のママたちと飲み会でした

今でも続いています

年に2~3回集まって

地元で午前様でタクシー帰りの

不良主婦たちですが

子どもたちもそれぞれ中学生以上になり

近況報告です

気の合う仲間同士でとっても楽しいです

小学校の情報収集が必要なくなった今

子供の将来や

自分の仕事のこと

日本の政治に至るまで

話が発展いたしました

ママ飲みは楽しいなあ

働いていると

PTAとの両立を心配される方も多いですが

できる範囲でやればいいのです

「平日に集まることになっていて、無理」

なんていうケースもありますが、

それでもたとえば家に持ち帰ってできることなんかもあるかもしれないし

分業できることがあったりしませんか?

なかなかママたちの同意を得ることが難しい場合もあるかもしれませんが

いまどき働いていない方は少ないという地域もあるので

工夫できることがないか考えてみることもできるかもしれません

土曜日や夜などに集まることにできるよう

部長を引き受けて時間配分など自分で好きなようにされていたつわものママもいました

また、PTA活動そのものに疑問を投げかけ

そのあり方を変えてしまったというケースも聞きます

部長さんはホント大変そうでしたねえ

なぜか全員一致するまで会議が終わらず意思決定に無駄に時間がかかったり

文句ばっかり言って解決策を提案しないママがいたり

「大人の判断」ができない困ったちゃんママがいたり

会社の中での動きとは大分違う不思議な世界も垣間見ることができます

まあ、会社にも空気を読めない方はいますけどね…

何といっても学校の情報は入ってくるし

(先生の情報や困ったチャンママのうわさ話などに非公式な場では花が咲くものです)

地域の情報も入ってくるし

こうやっていまだに集まって飲み会をやったり

平日に休みが合えばショッピングに出かけたり

温泉に行ったり

楽しい仲間が見つかるかもしれません

職場の付き合いもいいけれど

こういう会もワタシは大好き

すっかり気分転換できました

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合格の落とし穴 ~モチベーションの持続~

ありがたいことに

難関といわれる私立大学の

これまた難関といわれる学科から

奇跡的ともいえる合格をいただいたMiである

この後国立試験を控えているのだが

・・・・・・

そう、希望大学が合格したことと

間があいてしまったことで

かなりモチベーションが下がっています

センター試験終了後の

危機意識はどこへ行ってしまったのやら。。。

センター試験が厳しい結果だったことに変わりはないので

国立は相当厳しいのですが

緩いです

すっかりリラックスしすぎ

まだ終わってないんだよ

喝!!punchpunch

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

黒出目金、赤くなる

我が家の水槽には

金魚と熱帯魚が同居している

朱文金のジョニーが死んでしまってから

水槽の主は

黒出目金のシャルロット

この子、買ってきたときは親指ほどの小さな真黒な金魚だったのに

こんな風になってしまいました

Dvc00030

まんなかの下の方に小さな熱帯魚、シルバーチップです

このほか、カージナルテトラやグッピーも同居しています

出目金が鈍いので弱肉強食の世界はあまりありませんが

夜ぼ~っとしているシルバーチップはたまに数が減っています。。。coldsweats02

それにしても真っ黒だったシャルロット

最近赤い出目金に変身しつつあります

カワイクナイ…

水槽の中にはピンポンパールが2匹いるのですが

シャルロットとピンポンパールは

まるでディズニーのアリエルにでてくる

アースラとその手下のウツボみたいです

ピンポンパールもふわふわしているくせに

水槽の中ではその存在がナンバーツーとなっています・・・

金魚はコワイサカナですね~

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

専業主婦の社会保険料問題

専業主婦の皆さんのうち

夫がサラリーマンの方は

いわゆる3号被保険者として

自分で保険料を納めなくてもよいことになっておりますが

離婚したり

夫がサラリーマンをやめたりすれば

自分が国民年金に加入しなければなりません。。。。。

ということを知らなかった方が多かったようで

最大100万人の方が変更の手続きをしていなくて未納だとか

未納だと年金がもらえなくなってしまいます

これは説明をしなかった社会保険担当者がわるいなどとして

直近2年分の保険料の支払いをすれば

資格が継続していたものとみなして年金がもらえるようになったらしい。。。

従来は直近2年分の保険料を支払っても、支払い前の保険料は未納なので

もらえる金額が減額されたり、

支給要件(年数)が足りなくて年金がもらえなかったりしたようで

対応が変わることにより

正直に年金を払っていた方の気分的に損した気分だったり

制度が変わる前の方は減額されたままだったり

得をした方と損をした方が出ているようです

「正直者は損をする」

と朝日新聞などで話題になっておりました

相撲の八百長や

国会問題にまぎれて

あまり大きな話題になっていなかったようですが

総務省が

厚生労働省のこの対応に待ったをかけているようですね

すでに受け取った方もいるようだし

もらえなかった方はもらえないままのようだし

そもそも財源が足りなくなる年金

みんなで負担できるところは負担して

損得のない形になるのはいつのことなのでしょうか

社会保障改革、検討が進んでいるようですが

こうした実体的な問題を解決するのも大変そうなのに

制度がうまく作れるのでしょうか。。。。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

実は危険かもしれないSNSやゲームサイト

子どもが携帯電話を持つケースが

低年齢化しているような気がします

最近では

SNSやゲームサイト、自己紹介サイト(プロフ)などで

「モバイルコンテンツ審査・運用監視機構」が「健全」と認定したサイトを通じての被害もあるようです。

非出会い系サイトを通じて性犯罪などにあった18歳未満の児童は全国で1239人で、

これは、統計を始めた09年の1.5倍

プロフィールサイト、利用してないですか??

結構実名入り、写真入りでサイトを公開している中高生が多いです

ツィッターだって危ないかもしれません

悪い大人に騙される、そういう危険性があることを

親が十分に理解していないケースがあるので

犯罪に巻き込まれてしまったりするんでしょうね

まずは親の理解

それから子どもとのルール作り

昨日の日経新聞夕刊では

携帯電話事業者がフィルタリングについて

しっかり説明していないケースもあるようです

便利な携帯電話

今や世の中のツールとして

なくてはならない存在になりつつあります

子どもを守るのは親ですから

きちんと親子で話し合って

危ない世界から子どもを守らなくてはなりませんね

「うちの子に限って…」

と思っているのは親だけです

我が家でもMiの携帯に(中学生のころね)

「29歳、サラリーマン男性です」

なんていうメールが届いていたことがありましたshock

ルールを破ったMIへのペナルティは携帯没収でした

女子は携帯は友達同士の連絡に欠かせないので

MIの携帯はワタシと共有にして使っていた。

部活の連絡が入ってきて面倒だった

YUはすでに携帯所有者

たま~に使用状況をチェックしております

もちろん現在高校生のMは携帯を持っています

利用料金に上限を設けていますので

ゲームや音楽のダウンロードはやっていません

代わりにパソコンを自由自在に操ります

こっちもフィルタリングしています

大学生になると

パソコンは必須。。。??

最近のネット状況はどんどん変化しているから

Ipadみたいなものになっていくのかな

フェイスブックが日本でも流行るようになるのかもしれませんね

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

マイアミバーガー

マイアミバーガー
今日はお昼休み買い物です

昼食難民にならないうちに

マックです

マイアミバーガーセット

ランチタイムで640円

結構なるボリュームだわ

レタスたっぷり
タコスの食感がよいです

チリソース味

マイアミってこんな感じなのかしら???

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

インドのビジネスマン ~不思議の国日本~

上司のお知り合いのインドから来たビジネスマンと一緒に会食する機会があった

日本語ぺらぺら

日本人より日本語上手かも…

インドは今すごい勢いで伸びている

まだまだ地方と都市との格差は大きいようだが

中国と違って思想や制度が国家統制されていない

インドの方は親日的、、、らしい

インドって言うと

ガンジス川とタージマハール、たくさん人がいてカレーを手で食べている

なんていうイメージがあるが

実際は新興国の中でもかなり有望な国で

これからビジネスチャンスがあふれているようだ

そんなインドの女性について聞いてみた

「ビジネスシーンでは男女の差はありませんね。実力の世界です」

世界中をターゲットに駆け回っているその方は続けた

「日本ほど女性の活用が遅れている国はみたことがないね」

(もちろんインドでも地方ではまだまだ女性の活躍の場はあまりないようですが)

「なんで日本人は声を大きくして政治や経済を変えていこうと思わないんだろう」

たしかに、昔はデモやストライキがあったなあ・・・・

今はだれも行動を起こさない。

なるようにしかならないね

とあきらめムードである

そんな日本は外国から見ても不思議な国なんだろうな

中国のGDPに抜かれたと騒がれているけれど

アジア諸国からも追い抜かれる日がくるかもしれない

ほそぼそと、自分たちの中だけでやっていけばいいや

今はそう思う方も多い

数年後、自分たちだけではどうにもならない状況がやってくるかもしれない

それは人口減少が原因であったり

経済対策がうまくいかないからであったり

外国との競争ができないからであったり

これまでの「みんなで平等に」という教育が「一緒に落ちて行こうね」というのを容認する社会を作り出したのかもしれない

なんとかしなくちゃ

と思っている国会も今一つぱっとしない

どころか、なんかどうなっちゃってるの・・・?

不思議の国、日本、

国会のゴタゴタをニュースで耳にして

インドのビジネスマンとお話を思いだし

将来の日本の姿をいろいろ考えてしまいました

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

編み物の宿題??

「お母さん、これ、教えて」

とYUがもってきたのは

かぎ針での編み方の書いてあるプリントだ

編み物か~

ワタシは棒針は得意だ

ベビードレスや赤ちゃん用カーデガン

熊ちゃんの刺繍の入ったセーター

自分用のセーター、ニットスカート、ひざかけ

作った作品はたくさんある

が、かぎ針網は嫌い

チマチマしていてあまり進まないので

器用な方や根気のある人にはいいのかもしれないが

どう~も苦手

セーターの襟ぐりなんかにたま~にコマ網を入れたりする時も

なかなかすすまず「ふ~」となってしまう

「長網ってどうやるの?」

棒針に慣れているので、

なんでも適当に編んで目数を調整したりしちゃうので

ゲージもしっかり測ったことないくらい

「う~ん。こんな感じかな」

適当に教えるワタシ

本当にこんなのだっけ???

家庭科の授業でよ~く聞いてきてみてね

お母さんはあまりあてになりません

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

午前三時のホームベーカリー

今朝のことです

というか午前三時

ふっと目が覚めてのどが渇いたので水を飲みに行くと

ホームべーカリーが動いています

なんとなく嫌な予感がしてあけてみると・・・

やっちゃいましたよ

水が入っていませんでした

粉がグルグル回っていました

朝ご飯は6時

よし。今からなら早炊き、いや、早焼きで間に合うか・・

あわてて材料をぶち込み

(スキムミルクを入れ忘れたが)

オニオンブレッドにしようとご丁寧に玉ねぎまでセットして

えいっとスイッチオン

間に合いましたよ~

仕上がり予定時刻

午前5時50分

危なかった

「おかあさん、しっかりしてよ」

家族から非難されるところでした。

そんなわけで今朝はちょっと朝寝坊しちゃったよ・・・

YUのお弁当が

トホホなお弁当になってしまいました

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

一汁三菜

連休中のように子どもたちがいるときは

カレーとか

ハンバーグとか

シチューとか

洋風になる我が食卓

今日は夫と二人だから

和食で一汁三菜にこだわってみよう

マイタケの天ぷらと

ちくわの磯辺揚げ。。。カレー味(磯辺揚げじゃないか)

これに買ってきたマグロ円と

カリカリガーリックとコゲコゲベーコンとブロッコリーのソテー

みそ汁はネギと白菜。半熟卵入り

ついでに消費期限の切れた昨日買ったコロッケ(お弁当に入れるのを忘れた)

あら一汁四菜になりました

安上がりの食材です。

マグロも298円だったし。

Dvc00032

天ぷらの盛り付けがいまひとつですが

以上、30分で作る適当な晩御飯でした

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

そろそろ本気で働こうというとき

先日、知り合いのママが

「そろそろ働こうかなあと思うんだけど。。。まずはハローワークに行くのかなあ」

彼女のお子さんは小学校6年生

いまどきは小学校に入学と同時に働くというママたちが多い中で

スタートは遅いかもしれない

けれども彼女のタイミングが

ちょうど今だということだ

「ハローワークもいいけれど、川口にはハローワーク川口マザーズコーナーがあるからマザーズを利用するのもいいかもよ」

と勧めておいた

「もちろん、新聞広告や貼り紙もあるけどね」

新聞をとっていないという彼女。

スーパーの貼り紙はあるけれど、接客には自信がないようだ

「口コミもいいよ」

そう、女性の就職の強い味方の一つは口コミだ。メール便配達などで口コミで仕事をゲットした友人もいる。

「できれば週3日。家の近くで働ければ…」

彼女も多くのママたちと同じようにそういった。

確かにいきなり週5日。まして事務職などという仕事にはなかなかありつけないものだ

家族と過ごす土日に仕事をしたくない、という女性も多い

みんなが同じような希望をするから

条件のいい求人はなかなかものにできないのだ

ときには、すこし条件を広げてみることも必要だ

近所の小さな事業所では履歴書はもらうかもしれないが「職務経歴書」は必要ないかもしれない

「職務経歴書って何?」

なんてことになって初めてあわてることのないように

やはり本気で働きたいあなたは

まずは情報収集からでしょう

それから実際に動いてみる。

眺めているだけでは就職はできません!!

これからお金がどんどんかかる小中学生ママたち

少しでも条件のいい仕事を見つけられるようにがんばりましょう

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

中学受験リベンジの巻

今回の大学受験

センターはちょっと失敗でしたが

その後なんとかがんばっています

中学受験のころ

今の学校は最後の最後に合格通知をいただいたところです

1月受験で掲示板に受験番号がなかったあの時

2月1日にも受験番号がなかったあの瞬間。。。

この2つの学校にかけていたから

「あ~あ」

となったことを覚えています。。

「ない・・・」

「なんで・・・」

当然受かると思っていたあの時。

脱力です

その後何とか盛り返し

押さえの学校と、今の学校からの合格をいただきました

小学生の受験は大学受験とは違いますが、

まだ12歳の子供に辛い思いをさせるのは。。。

と、どの保護者の方も考えておられることでしょう

実際、3回同じ難関学校にチャレンジして合格できなかったお友達もいました(公立校に行きました)

「見るたびに番号がなかったあの恐怖。センターの失敗でよみがえっちゃってさ」

とMI

考えてみるとセンターで今一つの成績だったからその後の

「火事場の馬鹿力」

が出せたのかもしれない

安穏としていたら

私大は不合格で、

本番でもガッカリ。。。

今頃

「どうしよう・・・」

という結果になっていたかもしれない

受験って本当に何があるかわからないなあ

模試は模試、本番は本番

センターが悪くても挽回できることだってある

高校3年生の冬、プチ人生劇場を体験する我がムスメでございます

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

迷惑メール、DM、メールいろいろ

ワタシの携帯アドレスは

携帯を買ったころから変わっていない

もう10年以上になるでしょうか

当初は簡単なアドレスしか設定できなかったこともありとても単純なアドレスだ

なので、何もしないでおくと迷惑メールがたくさん来る

面倒なので迷惑メイル設定を「強」にしている

なので、ほとんどのPCからのメールが届かない

DMメールも届かないし、割引クーポンも受信設定しないともらえない

が、

ワタシはこのDMメールが嫌いだ

PCには一日何通もDMメールが入ってくる

ネット通販を使うことがないわけでもないので

たまに登録をすると

まあDMメール多いこと

不思議なことに

「配信の廃止」

をお願いするためには面倒な手続きが必要だったり

配信の廃止の手続きのためのメールが戻ってきてしまうことがある

解除できないようにしているんでしょうか???

なので、

「サーバーから削除する」

ような設定にしてしまうようにしている

ポイントもあれこれあると使わないワタシ

似たようなサイトがたくさんあり

似たような広告がたくさんあって

ポイントもたまりゃしない

本当に必要なサイトだけを登録するようにしているのだが

何かの拍子にいきなりDMがきたりするから不思議である

とにかくあまりのメールの多さに閉口しています

アドレスをいくつかとって、DMはそれ専用にすればよいのでしょうかね

あんなにたくさんのメールにちゃんと目を通す方も多いのだろうか

不思議だなあ・・・・

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

私立合格通知と国立受験票

センター試験判定はがっかりだったけれど

先日の合格発表に続き

センター利用の私大も合格をいただきましたshine

おお~

がんばった。がんばった。

とりあえずマークミスはなかったようですね。

そしてついに国立受験票が送付されてまいりました。

前期、後期、2通です

緊張が高まる中

私大の合格通知と入学手続き案内も送付されてきました。

合格通知を手にするとぐ~っと安堵感がでてきました

4月には健康診断や入学式

これまで埼玉の田舎女子高生でしたが

都心の華やか女子大生への道も開かれました。

素朴な郊外の大学生になる可能性もありますが

「このままこの私大でいいんじゃないか」

という気にもなります

私大の第一希望だったものだからなおさらです

いやいや

国立目指してがんばってきたこの1年

(たった1年かい。そうです。)

せっかくがんばってきたんだから

最後までやり遂げてほしいです

「国立」か「私立」か

なんて選べる状況になっちゃったら

うれしい悩みです

捕らぬ狸の…

親ばかの心境です

「そういうことは受かってから考えろ」

ハイ、ごもっともでございます

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

義理チョコ、友チョコ、女子チョコ

受験が忙しくあっという間の今日は12日

世の中、スーパ^やデパートでチョコがたくさん売っていたのは

知っていたのですが

気付けば月曜日がバレンタインデーですね

YUは友チョコ作りをするみたいですが

義理チョコ・・・・どうしましょ

基本的に義理チョコは廃止方向にあります

若い女子が多かったりすると義理チョコをあげていたりするところもあるようですが

去年は女子しかいない職場だったので

女子チョコというわけではないがみんなでお金を出し合って

おやつ代わりの普通チョコをたくさん買った記憶が…

今年は職場に女子はワタシと

こういうイベントに参加を促せない偉い女性が一人と

アルバイトさんが二人

何も打ち合わせなどしていないので

勝手に義理チョコを配るか

何も配らないか…・

明日YUが作るとかいう友チョコを

たくさん作ってもらって(手伝って)

一緒に配っちゃおかな

いまどき義理チョコ、やっているんでしょうか???

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ミッションスクールの宗教の授業

先日、大学の入試を終えてきたMIが

「宗教の授業が役に立ったよ~」

だということです。。。。

ミッションスクールのMIの学校には

朝、校長先生からありがたい聖書のお話があり

宗教の授業がある。

宗教の授業?何やるの??

聖書を使っての授業かな

まあ、道徳みたいなものなんだろうか。

ちょっと違うか。よくわからないが

とにかく

大学入試で出た問題が

宗教の授業でやったことだったとか

トリビアのような問題であった。

誰も知らないよ。そんなの。という問題だったようです

世界史選択のMI

宗教の授業が、ところどころ役に立っているようです

「心の成長」に役立ったかどうかはともかく

この問題がとけたことで合格に結び付くのだったら

ありがたいイエス様に

「どうもありがとうございます」と

無宗教のワタシもお祈りを捧げてみようかなと思ったところです

どこで何が役に立つかわからないから

ちゃんと授業を受けておいてよかったですね~

(ちなみに宗教の授業の成績はいつもとてもよかったです)

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とりあえず私立合格!!

正直、数日前までどうなることやらと思い

今からでも申し込める大学に申し込んでおこうかと考えたりしましたが

とりあえず1勝しました。

びっくりです。

びっくりなんて言っちゃムスメに悪いが

センター判定が悪かったことから自信を失いかけていたムスメ(とワタシ)

昨日、携帯にメールが

「合格したよheart01

きゃ~!!!!

もう、本当に飛び上がりたい気分でした。

先日受験した私立の第一希望の学校です。

(センターではありません)

模試ではいい結果だったけれど、本番はどうだろう

また失敗しちゃったらかわいそうだなあ

なんとかどこかに受かってくれないかなあ…

そう思っていたので本当によかった!!

現役生はまだまだ最後までいける

そう言われた言葉が脳裏をよぎりました。

同じ学校でいくつか違う学科の試験も受けているので

まだ結果の出ていないものもありますが

これで後がず~っとず~っと楽になりました

明日はセンターの私立の発表ですが、そちらは使わなくてすみました

残った私立も気軽に受験できそうです

(受験しなくてもいいくらいですが、間があいてしまうので受けておこうということにしたようです)

本命は国立です

まだ日にちがありますが

これを弾みに最後まで気を抜かないで頑張ってほしいです

皆様にも感謝申し上げます。

いろいろ支えていただきましてどうもありがとうございました。

そしてMI,

本当によかったね。

4月から女子大生になれそうです

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (15) | トラックバック (0)

赤ちゃんを連れての職業相談

埼玉県女性キャリアセンターはパワースポットです」

就職を決められたある方がそう言われたそうです

多くの女性が再就職をしようと訪れるこの施設

す~っと就職できるラッキーな方は少ない

何度も相談に通い、セミナーを受け、職業訓練までやり

何回も書類選考が通らず、何度も面接を受け、何回も就職が決まらず、

それでもがんばり、就職し、離職し、再相談。・・・

元気がなくなった時は女性キャリアセンターへ

そしてパワーをもらって次にチャレンジする

最後は決める!!

そんな女性がたくさんいる

「いつかは就職したい」

という気持ちが

「早く就職したい」

に代わっていく

このときにやはり、小さなお子様がいると

職業相談が受けられなかったりセミナーに参加できなかったりという場合もある

女性キャリアセンターは

託児は1歳を超えてからですが

職業相談は生後数カ月の赤ちゃんでも一緒にいてOKです

また、県内各地の子育て支援センターで

子どもと一緒に参加できるセミナーを開催しています

こういう中で気持ちを高めていき

情報を上手に得ていきましょう

はじめの一歩はまず電話から

「いつかでいいや」

と思っているとチャンスの女神はすぐに通り過ぎてしまいます

保育園の問題や病気の時の問題などいろいろありますが

トータルに相談してみてはいかがでしょうか

自分だけでは解決できない問題も

なんとかするためのヒントがきっとあるはず

そうやって何人もの女性が就職しています

はじめはパートから

契約社員へ

そして正社員へ

女性の働き方はいろいろです

男性とは違う就職口もたくさんあります

働き手が少なくなる今後

女性の力は大いに社会で必要とされているのです

がんばれ!働きたいママたち

(女性キャリアセンターのみなさん、いろいろありがとうございました by ゆうまま)

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

親は子どもが心配だ

私立大学の受験が始まっています

仕事中でもふと時計を見たときに

「そういえば今ごろどうしているだろう…」

なんて、頭をかすめることがないわけではない

しっかり者のMIだけれど

たまにうっかりミスもするし

しっかりしていると思っていても

意外に動揺したりすることもある

子どもがいくつになっても母親ってこうやって心配するのかな

自分の親はワタシが大学受験の時に心配したんだろうか

どこの大学をうけるかなんて相談したこともなかった

共通一次を失敗して

「国立はやめる。私立にする」

と言った時も、とくに何も言われなかったけど

たぶん心配したんだろうなあ…

それとも受験についてよくわからなかったのかな

ネットなんかなかったし、情報誌もなかったし。

子ども任せだった気がするなあ

今の親(ワタシ)の方がたぶん過保護だから。。。

心配し過ぎなのかしら

情報があふれているからついつい一喜一憂してしまうんですよね〜

本人の前ではど〜んと構えているワタシだが

本当はドキドキしているんだ

MI、もう少しだよ

とにかくあと1カ月

見守っているからね

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

子育ての費用はどう変わる? ~私立中高一貫の場合~

昨日の日経新聞で読んだのだが

リクルートの育児通販誌

「赤すぐ」

の2010年調査によれば

食費や医療費など2歳未満の子供一人当たりの育児費用は

月平均 9,706円

ということだそうです

2年前より15%減ったとのこと

収入が減ったのか

デフレで価格が安くなったのか

両方の要因があるのか

節約志向のあおりで2人目以降の平均額は大きく減っているみたいです

24%減少の7,435円ですって。

いかがでしょう??

我が家の場合

医療費や食費は細かく覚えていないので

経常的に出て行ったお金を思いだしてみました

MIが幼稚園に入る前::::::おばあちゃんのうちに「こもり代」として3万円

幼稚園に入ってから::::::3万円プラス幼稚園の費用30000円(バス代含む)。習い事10000円(ピアノと水泳)

YUが生まれてから::::::おばあちゃんのうちへの生活費を50000円にアップ。これに幼稚園と習い事

YUが幼稚園に入るころ::::::50000円プラスYUの幼稚園30000円、二人の習い事20000円、

MIが小学校5年生のころ:::::上記プラス塾代月40000円くらい。MIの習い事は辞める

MIが小6の時:::::は塾代がかかったが、YUが小学校に入ったのでおばあちゃんのうちの生活費が30000円にダウン。全体で変わらず

MI中学校、YU小学校。:::::おばあちゃんのうちに30000円、MIの中学校44000円、YUの習い事10000円(ピアノ、バトン、造形教室。ずっとやっていたのはバトンのみ)。MIは中学の時は塾へは行きませんでした。

MI高校生、YU小5::::この時期は辛かった。生活費30000円、MIの高校44000円、YUの塾60000円、MIの塾60000円、習い事はやめた。塾がなければ助かったのに…

現在::::::今もきつい。生活費30000、MIの高校34000円(高校無償化分の補助金が出るようになった~)、YUの中学校60000円くらい??MIの塾60000円。教育費だけで20万円近く出ているのです。

共稼ぎの我が家ですが、パパ一人だったらとてもこんな生活はできないです

大学に入ったらどうなるかな

私立と国立でやっぱり変わるんでしょうね~

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

パパを家事メンにできるか・・・

最近わが夫がワタシより早く帰ってくる

ダラダラ残るのはもってのほかなので

早く帰ってワークライフバランスをとろうということなのだろうか

それは心掛けは良いのだが

困るのは

ご飯を作るわけでもなく、

ゴミを集めてくれるわけでもなく

まあ、自分の時間を大切にしているというわけ

もう何年もそうやって来てしまった我が家に

新しい風を入れる方法があるかなあ

もともと

男子厨房に入るべからず

の夫。

手伝わないけれど文句も言わないので

よしとしていたが

最近夫の同世代の方たちも

妻が働いていなくでも

料理をやったり

洗いものだけはお手伝いしてくれたりしている方が

ワタシの周りに増えている

どの程度だかはわからないが

せめて

「いつも大変だね~」

とか

「ちょっと手伝おうか」

の一言くらい欲しいものだなあ

そんな風に考えていくと

「なんでワタシばっかり」

となってしまうので、

こういうストレスを解消するために

買物に走ってしまうワタシであった。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

はやぶさ、そうまでして君は ~元気が出る本~

Dvc00025

久しぶりに感動しました

元気が出ました。

「いい話」で感動!!

小惑星イトカワまでいったはやぶさのプロジェクトリーダー

川口淳一郎さんの書いた

奇跡のプロジェクトを描いたものです

「2番じゃダメなんですが」

という言葉がひとときおもしろおかしくブームになり、

日本の科学技術予算は先細っています

「1番はNASAだから日本は2番でいいや」

という考えでは、このプロジェクトは成功しなかったのでしょう

アメリカを超え、日本が宇宙のプロジェクトで一番になる

何が何でも成功させる

ハイリスクだからこそ得られるハイリターン

この本は決して難しい科学書ではありませんでした

川口さんのはやぶさへの温かい思いが込められていました

モノヅクリに元気のない日本ですが

日本はまだまだがんばっていたんじゃないか

そのサクセスストーリーの裏にあった危機と努力をどうやって乗り越えてきたのか

読んでいて元気の出る1冊です

川口さんの、はやぶさへの思いは

科学に対するそれではなく(いや、もちろん、科学ありきなのでしょうが、それ以上のものを感じました)

宇宙を旅して帰ってきた我が子の最期を見届け

新たなバトンをつなぐこと

一人の、そしてチームの熱い思いがここまでのことを成し遂げるんだなあ。。。

99%の成功ではだめで、「地球に帰ってくる」ことで100%となる

「がんばったんだからいいじゃないか」

ではなくて結果を出す

ほとんど奇跡ともいえる大逆転

受験生のMIにぜひ読ませたい一冊でした

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ネクタイいろいろ

先日、職場の同僚Kさんが

素敵なネクタイをしていたので

ついついはずしていただいちゃって写真に撮ってしまいました

Dvc00059

イタリア製

Dvc00064

知らないメーカー

先日はクロアチア産のネクタイをしていらっしゃいました

今日は蛍光ピンクのネクタイでした

オシャレなKさんのネクタイ。いつも楽しませていただいております

男性のネクタイはいろいろありますが

こんなパッチワークのネクタイもあるんですね~

Kさん、わざわざスミマセンでした~

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

蓮舫議員のコラム

先日、朝日新聞で読んだ蓮舫議員のコラム

芸能活動を始めたころに起きた天安門事件に大きな衝撃を受けたとの記事

バブル最盛期の日本のすぐ隣で

同世代の若者が自由や豊かさを求めて起こした事件

この事件の中心にいた若者の心情をリアルに受け止められなかったことがショックだったとか

当時の若者の誰が隣の国の事件をブラウン管の外の現実のものとして受け止めたでしょうか

こういう意識の強さ、感受性の強さ、そして意思の強さを感じます

事業仕分けですっかり有名になった蓮舫議員

今や民主党はガタガタでテレビに露出する回数もだいぶ減りましたね

その蓮舫議員は43歳

「私たちは坂の上の雲を追いかけなくてもいいのかもしれない」

ワタシタチの前の女性は確かに「ガラスの天井」を突き抜けるために

猛烈に働き、男性以上に無理をして、時には「打ち上げ花火」になって広告塔になり、女性の社会進出の扉を開いてくれました

でもワタシタチは同じことをする必要はないのです

ワタシもこの意見には賛成です

無理せずに、けれども「チャレンジしたい」という気持ちを実現できるように

ワタシタチは若い女性やこれから再就職したいという女性たちに対して

新しいいばらの道を切り開くのではなく

先輩たちが作ってきてくれた道を

広げたり、舗装したり、快適な道の駅を作ってみたり、横道や抜け道、近道を探したり

分岐点をたくさん作ってみたりするのがいいのでしょうね

時には休憩することも必要だし

スタートに戻ることもあるかもしれません

それでも10年後、20年後はきっといまより変わっている。よくなっている

そう信じて

自分にできることを積み重ねていきたいものである。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大河ドラマ「江」の感想

大河ドラマ、みなさんご覧になっているのかしら

ワタシは何年か前

「風林火山」はみていたなあ

あのガクトが出てた時のシリーズね。

それからしばらく見ていなかったし、去年の竜馬も福山クンの髪形が嫌という変な理由で見なかったのだが

今回、

ノダメとキヨラの掛け合い漫才(?)のような姉妹がおもしろかったので、初回から見ております

ドラマはテンポがよく面白いです

が、

大河ドラマとしては軽い・・・

なんかノダメのノリですね~

ありえないだろう~というシチュエーションに漫画チックなものを感じます

そう、漫画が原作のドラマを見ているみたいです

大河ドラマとしての風格をかろうじて明智光秀とかが支えているような

時任三郎の浅井長政は年齢的に無理がないかい??

家康もフケてるなあ

時折流れるピアノのBGMは優しい雰囲気で・・・なんか違和感があるわ

妙にポップな曲が流れてきたり~

と、いろいろ文句を書いておりますが

現代ドラマ風です

現代版大河ドラマと割り切って楽しめば面白いかも

いわゆる「大河ドラマ」としては{???}という感じを受けました

まだまだイントロダクションだから軽いのか?

これから変わっていくのかな?

なんだかんだ言っておりますが来週も見る予定

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

冬のシクラメン

Dvc00027

日曜日の昼下がり

シクラメンが満開になりました

お正月、実家のそばの農家の庭先で

980円で購入したもの(安い!!)

おととし買ったシクラメン。

枯れてしまったので新たに買ってきました

お部屋の中で

きれいな花をたくさん咲かせます

次から次へとつぼみも出てきます

しばらく楽しめそうです

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

雛人形出しました&山岡鉄舟の書?

Dvc00023

なんだかんだいっておりましたが

やはり雛人形を出しました。

お雛様とお内裏様だけの小さなものですが

今年も子どもたちを見守ってやってください!!

で、

雛人形と一緒にしまってあったこれ

このたび10年ぶりに初めて日の目を見ました

Dvc00024

なんて書いてあるのかは読めません〜

「一」のあとは???

10年ほど前、新築祝いに実家の父が

父の母(父?)が実家からもらったものとかで

(すでにルーツはわかりません)

「K(姉)のうちは和室がないからこれはT(ワタシ)にやる」

と持たせてくれたものです

父いわく、この作品は

幕末の明治前期の剣客、山岡鉄舟の書とか

子どものころから

「うちには山岡鉄舟の書があるんだよ。二人がお嫁に行くとき、どっちかに持たせるから」

と何度も聞かされてはいたものの

実は見るのは初めてだった。

当時、新築の家に

古ぼけたこの書を飾るのをなんとなくためらって

ず〜っとお蔵入りしていたのだが(蔵なぞないが)

せっかくだからと和室にもって行って飾ってみたら

あ〜ら不思議

ホンモノみたい。

カンテイしたことはないですが

これは我が家では

「山岡鉄舟の書」

ということにして家宝(?)にしておこうと思います

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

受験用に作ったお弁当なのに

今日はMIが私立の大学入試でした

朝早く(といってもいつも早いのだが)起きてご飯を作り

すぐに食べられてちょっとつまめるようにと

明太子のおにぎりとゆで卵を持たせました

一方、学校の授業があるYUにもおにぎりを作ります

YUは明太子が嫌いなので

中身のないただの塩握り

すぐ部活なのでお腹にたまっちゃうからおにぎりのみにして卵はいらないというので、

本当におにぎりのみ、の超~手抜き弁当ですが

先に家を出るYuに

「お姉ちゃんのお弁当は海苔が巻いてあるおにぎり。明太子入っているから間違えないようにね」

「わかった~。いってきま~すhappy01

何が「わかった」のか

YUはお姉ちゃんにつったお弁当を持っていってしまったのです

明太子おにぎりとゆで卵

お姉ちゃんに残された

素おにぎり。おかずなし。

「あ・・・」

お姉ちゃんは怒ると思ったら

「YU,明太子たべられないんだよね~。オバカだね~」だってcoldsweats01

この余裕と優しさ?

今日の試験はきっとうまくいったに違いない

(と信じたい)

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

来年の子ども手当は・・・?

子ども手当が揺れていますね

大きく揺れています

民主党政権、いよいよ危ない???

子ども手当はその象徴でありますが

ねじれ国会の中

とても国会を乗り切れそうにないように見えます

実際に事務を執行する自治体では、

「子ども手当の地方負担はしない」

と明言するところが増えています

我が埼玉県では「子ども手当に関するお金は負担するけど、事務は国でやってください」と宣言したりしています

子ども手当は、もともと、その財源を「国が負担する」といっていたものですが、扶養控除の廃止分が地方としては税収アップになるのだから地方も負担してね

というような理屈で

よくわからないまま「国と地方と事業主が負担」という構図になっているようです

このまま法案が通らないと、子ども手当は来年度執行できなくなる

所得税は既に増税になっているから

実質的な増税になる

「児童手当」がもらえていた方は復活するのでしょうか

この場合所得制限があるからもらえなくなる人もいます

支給を担当する市町村窓口も大混乱だろうなあ・・・・

内閣支持率はまた下がるんでしょうかねえ

子ども手当というよりも、

この国は大丈夫なんだろうか。。

エジプトのような暴動が起きない平和な日本でよかったよ

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

おばあちゃんのお汁粉

我が家は義父母(夫の両親)と同居している

まあ、2世帯住宅なので

ご飯もお風呂も別なのだが

今日は帰ってくると

「お汁粉、作っておいたわよ」

とおばあちゃんが声をかけてくれた

もちろん小豆からちゃんとつくる缶詰じゃないお汁粉だ

おもちも焼いてあるのが2つも入っていた

ご飯が食べられないくらいのボリュームだったけれど

こういう「おばあちゃんの味」はやっぱりおいしいし、心が温まる

「甘過ぎて失敗しちゃったよ」

なんておばあちゃんは言っていたけれど

あま~いおばあちゃんのお汁粉は寒い冬には最高だ

ワタシは作れないので

年に一回は、ぜひ、孫と、息子と、

ついでに嫁のために

これからもよろしくお願いします!!notes

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

私立中高一貫校生の大学受験

いよいよ、私立受験始まっています

中学受験のみなさん、いよいよ終盤ですね

最後まで頑張ってくださいrock

そんな中学受験を乗り越え

楽しい中高生活をのんびり送ってしまったMIである

私立中高一貫校の中には

とても勉強の面倒見の良い学校もあるらしいが

Miの学校は

「女性として、どうやって生きていくのがよいのか6年間の間に考えよう」

のような理念の下

自分の力で考え、行動し、何とかするように、という校風だ

だから高2まではなんとなくチャラチャラ過ごしていた高校生たちが

秋ごろから急に猛勉強を始める

「中高一貫校で高いお金を払っているんだから塾なんか行かなくてもいいわ~」

なんていう学校もあるのかもしれないが

とんでもない

それぞれ塾に行き(行かなくてもよい子は行かないが)

それはもう教育費の負担は相当なものである

で、このたびいよいよ本番だ

男の子たちは

「浪人してもいいや~」

ということもあるのかもしれないが

やはり女子は浪人はしたくないという子が多いので

国立医学部狙いの子以外は

推薦で4分の一ほどが決まっていたみたい。

(推薦もまあびっくり。難関といわれるようなところだよ。。。)

残った子たち

みんな闘志を燃やしている

センター判定がよくなかった子も

センターで足切りにあった子も

みんな頑張っているようだ

がんばるムスメの姿を見るのはある意味辛いが

今こそ踏ん張りどころである。

この学校でよかったなあとワタシは思う

ゆる~く楽し~く過ごし

最後は自分たちの判断で

チャレンジしている

いや~

いまどきの女子、たくましいものである

(昔もたくましかったよ)

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

恵方巻>豆まき??

今日は所要があって早く職場を出たのだが

帰ってきたのは8時30分過ぎ

この時間だからご飯はなにかチンして

ホウトウ入りのきのこ汁でもつくって一緒に食べようか

と、スーパーのお惣菜売り場に行くと

がが~ん

なんと、お惣菜売り場一面、いや、3面に

ひろいグリーンシティのイオンのお惣菜売り場の3面が

恵方巻で占められていた

ひゃ~。。である

寒い夜、恵方巻じゃなくてあったかいおかずが食べたかった

コロッケもとんかつも天ぷらも何もない

恵方巻、のみ。

いくらなんでもこれはやり過ぎでは~~~?

いや、既に遅い時間だから

売れ残っているのだろうか

ぶりの照り焼きでも作るか~と鮮魚売り場を見たけれど

なんか魚もウナギしか置いていないの

何でしょうか。

今や恵方巻は

バレンタインデーのように

関東地方の豆まきを駆逐したのだろうか

そんなわけでワタシ(と夫)の夕食は

麻婆丼とホウトウ入りキノコ汁になったのであった…

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

働く母の忙しいランチ〜TuLLYS〜COFFEE〜

働く母の忙しいランチ〜TuLLYS〜COFFEE〜
時間を節約して昼休みに用事を済ませる

忙しいワーキングマザーの鉄則です

で、

昼食難民になっちゃいました

どこも混んでいてー〓

仕方ないから

外のテーブルでランチ

タリーズカフェです

今日は暖かいから

外も気持ちいいです〓


にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

こどもの成長と季節の行事 ~節分~

今日は節分ですね

・・・ということに気づかないほど行事に疎くなった

今年は子どもが受験ということもあるが

やはり中学生以上になると

お面をかぶって、いや、かぶらなくても

「鬼は外」もないだろう

恵方巻とやらもあるが我が家ではやっぱり節分は豆まきだ

夜に豆をまくのもなんだしなあ・・・

節分はともかく

節分の次にやってくるひな祭り

雛人形はいつまでだそう

子どもたちは雛人形には見向きもしなくなった

お雛様とお内裏様しかないとはいえ、

出すのもしまうのも正直面倒だけれど

やっぱり雛人形は飾ることにしようかな

クリスマスやバレンタインデーはすっかり日常化したけれど

ワタシとしてはやはり

こうした日本の伝統文化を

できるだけ大切にして

家でもできるところはやっていきたいなあと思うのである

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

アイダホバーガー争奪戦

今日はノー残業デーだったのに

突然仕事が舞い込んで

西川口の駅に着いたら8時過ぎ

「ごはん、食べた?」

先に帰った夫に聞くと、自分で調達したとのこと

こんな時は面倒だからマックだな

今話題のアイダホバーガーにしようかね

。。と、高カロリーを承知で買ってきて食べようとしたら

子どもたちが

「私も~」

Dvc00019_4

いくつになっても

中学生も高校生も、大人も大好きなマックです

(パパはマックが嫌いです)

ポテトはほとんどYUに食べられました

マックはたまに食べるとおいしいのです

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

職場のマナー ~電話編~

ワタシの職場には男性が多い

たぶん、みなさん将来を期待されている方ばかり・・・

電話の応対もきびきびしていて

スピード感を持って的確に仕事を進めている

そんな皆さんを見ていていつも気になるのだが

電話の受話器を置くときに

ガチャ~ン

と力を込める方が多いのはなぜだろう…?

いやいや~。人によるのでしょう

もちろんみなさんよい方なのです。

どうも気になります

親切な対応をした後に・・・

「もっと丁寧に受話器を置けばいいのになあ…」

そう思いながらも

「みなさん、受話器はもっと丁寧に置きましょうよ」

というような立場でもないので黙って見ているが

これが年下の女性だったら言うだろうな。

もちろん子どもにはしっかり教えておくことだな

「もっとそっと受話器を置きましょうよ。相手の方が聞いていたらびっくりするわよ」

忙しいからなのかもしれないけれど

電話は顔が見えないだけに

最後まで気を抜かないでいたいものである。

見えない相手に向かって

深々とおじぎをしてしまうなんてこともあるでしょう??

ついつい気付かない日常の動作

ワタシ自身も気を付けようと思います

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

私立受験、減少? ~私立併願の費用~

「YU、遅れちゃうよ。早く起きなさい」

「今日学校休みだよ~。入試」

そうだ。忘れていたわけじゃないけど、ついつい習慣でね・・・・・

ま、早起きは3文の得。あれ、また寝ちゃったわ。。。

ということで、

今日からいよいよ都内私立中学校の受験ですね

去年の今日を思い出します

雪の降る中、じっと待つ・・・

会場で待っているのが辛かった…

本当にあんなドキドキして待っていたことはない

心臓に悪かった

合格掲示板に番号を見たあの瞬間、忘れられないなあ

昨年2月1日「合格」時の記事はこちら

先日新聞に

「私立中学の受験生は去年より減っている」

とあった。

併願校を少なくしているらしい

これは大学受験についても一部言えるのでは?

今回は長女の大学受験

出願をするにあたり、日々倍率や出願者数を見ていたが

学部によってだが

減ったところが多いような感じがした

去年より大幅に増えている・・・という学科はあまりなかった

(これはMIが受験する大学だが)

確かに私立大学1校3万5千円の受験料は高い。高すぎ!!

しかも合格した場合の入学金は30万近い金額だ

国立の発表の前に申し込みだけはしなければならないので

国立大学に受かった場合は

私立大学の受験料、入学料は掛け捨てになる

「じゃあ、私立は受けなくていいんじゃない」

とするほど自信がないのでやっぱり私立を受ける

「じゃあ国立はやめて私立だけにすればいいじゃない」

せっかく国立を目指して勉強してセンター試験まで受けたのにそんなこともできず

やっぱりここは節約に節約を重ね

食費もぐ~っと抑え

コツコツ入学金を払うしかないようですね・・・weep

大学入試を考える保護者の皆様

特に国立狙いの皆様

私立併願の費用は高いです

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »