« 実施されなかった後期試験 | トップページ | お手柄 YU »

放射線の量って?

原発の事故で

野菜や牛乳、また飲料水への放射線の量が

気になるところです

どの発表でも

「ただちに人体には影響はない」

ただちにって。。。

じゃあそのうち影響が出てくるの?

という心配をするのは

一般人たるワタシの関心事項である

文部科学省のHPで発表している

放射能水準調査結果

1時間ごとの都道府県での放射能の測定値ということです

ワタシはこのことについて専門家でも何でもないので

詳しいことはよくわかりませんが

たとえばさいたま市の状況を見ると

過去の平均値の範囲が

0.031~0.060、マイクロシーベルト。毎時

本日0時から1時の間では0.120マイクロシーベルト

これだけ比べると、平常時の4倍ということになりますcoldsweats02

これを年あたりの量に直すと

0.120×24時間×365日で

1,051マイクロシーベルト

で、自然界からの放射線(自然放射線)は

年間、世界平均では

宇宙から0.39ミリシーベルト

大地から(地面が放射性物質を含んでいるということでしょうか)0.48ミリシーベルト

食物から0.29ミリシーベルト

大気中のラドンなどから1.26ミリシーベルト

合計すると2.4ミリシーベルト=2,400マイクロシーベルト

ということで

さいたま市で現在の放射線を一年間浴び続ける量の2倍です

自然界の世界平均より

現在の放射線の量のほうが少ないのかな???

不思議に思い調べていくと

自然放射線の量は場所によって大きく異なり

たとえばブラジルのガスパリというところでは10ミリシーベルト=10000マイクロシーベルトcoldsweats02

日本の10倍近い数字です

日本では1000マイクロシーベルト前後が平均のようです

詳しくは自然放射線をご覧ください

だから安全だ

と、政府は言っているのでしょうね

これが安全かどうかワタシには分かりませんが

こんな風にちゃんと数字を示してくれないと

素人の私達にはよくわかりません

単位も違うし、

影響もよくわからない

いたずらに心配する必要はないといいながらも

マスコミや口コミでうわさが広がればそれに振り回されます

「普段の4倍」だけれど「世界平均の2分の1」

の意味を教えてほしいところです

少なくとも、日本は世界に比べると放射線が少ない地域なんでしょうね

水への影響も気になります

雨が川に降り注ぎ、飲み水に混ざったらしいですが

「気にする方は控えてほしい」

というあいまいな説明じゃなくて

素人にもわかるような説明が

ほしいところだなあ・・・・

にほんブログ村 子育てブログへ

|

« 実施されなかった後期試験 | トップページ | お手柄 YU »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

震災前の値の何倍もの値になっている事は事実のようですが、問題になるようなレベルでない事は確かなようです。でも、どのレベルが危険なのかは、こう言った基準を事前に調べておかなければならないと思います。これがはっきりしていないから、右往左往しているんでしょうね。

投稿: Katsuei | 2011年3月26日 (土) 08時34分

おはようございます
いつもどうもありがとうございます。

この手の数値は
専門家うや医者ですら、それぞれ解釈がことなり
判断も違憲も違いますから
数値が統一されてるわけではないので
なんともいえないでしょうね・・・

投稿: スーパーサイドバック | 2011年3月26日 (土) 08時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507550/51207701

この記事へのトラックバック一覧です: 放射線の量って?:

« 実施されなかった後期試験 | トップページ | お手柄 YU »