« 保育市場、広がる民間参入 | トップページ | kanematsu(カネマツ)でブーツ購入 »

役職には付きたくない?

10年ぶりに昔の上司と部下たちと食事会をした

共働きでがんばってきた上司の奥様は

去年定年を待たずに退職され

今は楽しい家庭生活を送っている

受験生もおられるが、やはり家に母親がいるのはパパにとっては安心のようです

奥様は役職ある立場の方

夫の助けもあって子育てしながら先を行く素敵な方というイメージがあったのですが

50を過ぎて「もういいかな~」と退職されたとか

本当のところはわかりませんがやはりいろいろ大変だったのでしょうか

部下だった女性も今は40を過ぎお子さんは二人。

下の子はまだ2歳

日本の最高峰の大学を卒業されている彼女

頭が切れて知識も豊富。仕事ではいろいろ助けてもらいました

役職を目指して頑張るのかと思っていたのですが

「子供が小さいから、やっぱりあと何年かはそういう立場では仕事できないなあ」

女性も育児しながら働くのが当たり前の職場ですが

それなりの立場で働こうという意欲のある方は少ない

意欲があってもあまりに忙しすぎて子育てしながらはちょっと。。。と躊躇する方も多い

女性の声を世の中に生かすためには

地道に仕事をすることがまず大事だとは思うが

できればしっかりとそれなりの立場に立って

意思決定の場に女性がいることが大事だと思う

理想はそうだけれど現実は難しい

無理して仕事をして子育てができないくらいならゆったり自分のペースで仕事と生活を両立させたい、という気持ちもよくわかる

それでも今のままでいいわではなく、もっと能力を発揮してもらえたらいいのになあと感じたところです

「そういう女性が育っていないんだよ」

というお偉いさんの声を聞いたことがあるが

育っていないんじゃなくて育てていないんだと思う

意欲のある女性が意欲を持てなくなる状況もあるのだ

門戸は開いたけれど20年以上ほとんど何も変わっていない

優秀な彼女たちは職場で自分の仕事以上の素晴らしい働きをしているので

ぜひしっかり評価をしてもらいたいものである

にほんブログ村 子育てブログへ

|

« 保育市場、広がる民間参入 | トップページ | kanematsu(カネマツ)でブーツ購入 »

働く母」カテゴリの記事

コメント

子育てと仕事の両立って非常に難しいと思います。私も仕事と娘の進路を決めるための行事をどう折り合いをつけて参加するか苦労しています。女房は私以上に大変で、自分が理想とする仕事に就けないでいるんだと思います。

投稿: Katsuei | 2011年11月20日 (日) 07時38分

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: ビジネスマナーの役職 | 2012年3月31日 (土) 13時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507550/53279352

この記事へのトラックバック一覧です: 役職には付きたくない?:

« 保育市場、広がる民間参入 | トップページ | kanematsu(カネマツ)でブーツ購入 »