« 素敵なワーママのティータイム ~銀座 ダロワイヨ~ | トップページ | 役職には付きたくない? »

保育市場、広がる民間参入

昨日の日経新聞です

これまで自治体や社会福祉法人が主な担い手であった保育市場に

民間企業の参入が広がっているようです

介護事業大手のヒューマンライフケアでは

調布市に都の認証保育所を開設したとのこと

面積は180平方キロメートル、月曜から土曜の午前7時半から午後9時半まで開園

0歳児から3歳児までの40人を預かるそうです

気になるお値段は

月額4万6200円から8万9250円と、年齢や時間によって異なるそうですが

0歳児を週5日、1日当たり10時間預かると6万円

一時預かりにも対応ということです

この値段、たかい?安い?サービスは大丈夫?

気になるところですが

正社員の方がベビーシッターを雇いながら二重保育を余儀なくされる

などという話を聞けば

決して高くないのでは?

保護者向けに個別相談や学習会もあるようです

また、多くのワーキングママさんたちが

お子さんが病気の時に苦労をなさっていると思いますが

病後児保育(回復期にある子どもの保育)を

JRホールディングすで始めるそうです。

こちらは利用者にご自宅にベビーシッターを派遣するそうです

また、介護と保育事業を手掛ける学研ココホールディングスでは

子育て世帯と高齢者向けの賃貸集合住宅に保育所を併設

子ども・子育て新システムの推進に合わせ、企業の保育事業への参入は増えていくようです

学童保育と学習塾を一緒に。。。なんていう動きも耳にすることがあります

働くお母さん、お父さんの支援をしていこうという動きが広がっているようです

保育代は安くはないでしょう

できれば辞めずにすめば保育代を払うのは少しの間です

子どもが大きくなると教育費がかかります

キャリアを中断しないようにできれば「自己投資」として考えるのもいいかもしれません

パートママにとってはとくに支出はたいへんかもしれませんが

これも次のステップへの「自己投資」かもしれません

実際に預けるときは設立や運営主体ももちろんですが、

保育の内容などについても自分でよく見て、調べて、納得のいく保育園などを選んでほしいものです

にほんブログ村 子育てブログへ

|

« 素敵なワーママのティータイム ~銀座 ダロワイヨ~ | トップページ | 役職には付きたくない? »

気になる日経新聞記事」カテゴリの記事

コメント

この業界に古くからいる者は、
「子どもを金儲けの手段にするな!」と憤ります。
古くからはいませんが、私もそれに賛同する一人なので
この傾向、あまり好ましく思っていません。

でも、ちょっと自分の立場を抜きにして見れば
そもそも保育に関して、サービスにならなかった
今までの方が、おかしいとも思えなくもない。
待機児数の問題からも、多くの業者が参入するのは
渡りに船とも言えますよね。

自分の立場とのズレは、
・保育の質は結果がすぐに出るものではない
⇒「サービス」化すると、どうしても
即席な結果を求めがち(かつそれに応えがち)
⇒子どもの本当の発達はどこ?
って懸念があるから。

↑子どもの人権、将来の日本を考えると、
これは譲れませんが、そこさえ満たされるなら、
むしろ歓迎したいことかもしれませんね。

投稿: すとれちあ。 | 2011年11月18日 (金) 15時37分

値段的に言うと 高いような気がしますよね
でも 預かってくれる所が
少しでも 増えるのは 良い事かな♪

投稿: てっちゃん | 2011年11月18日 (金) 18時43分

そうそう、我が家も娘が病気になってりした時は苦労しました。祖父母が近くに住んでいると、何とかなる事だったりするのでしょうけど、そうは行かないご家庭も多いでしょうからねぇ。

投稿: Katsuei | 2011年11月19日 (土) 07時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507550/53269170

この記事へのトラックバック一覧です: 保育市場、広がる民間参入:

« 素敵なワーママのティータイム ~銀座 ダロワイヨ~ | トップページ | 役職には付きたくない? »