« アラフォー独身女の苦悩 | トップページ | クリスマスイブイブの銀座だよ »

映画好き

子ども部屋の本棚を片付けていたら

ワタシが集めた映画のプログラムがたくさんでてきた

30年以上前のものもあってちょっとしたコレクションである

小さい頃

「東映子ども映画祭り」

なんかに連れて行ってもらったことはなく

初めて母親が連れて行ってくれた映画は

「戦争と平和」

たぶん、オードリーヘップバーンが出ていた映画の総集編かしら

小学校の低学年だったような気がする。内容はもちろん覚えていない。

字幕も読めず、長い映画で、眠かった記憶しかない

次に連れて行ってもらったのは

カラーになった「風と共に去りぬ」

こちらも子どものワタシにはよくわからず途中で寝てしまったよ・・・

映画館で映画を見たな〜としっかり覚えている初作品は

「JAWS」

スピルバーグのあの映画です

姉に連れていてもらって、当時のワタシはショッキングな映像に

あとで食べたグラタンのタバスコ、血を思い出して気持ち悪くなったのだった

おもえばワタシの映画生活の始まりは小学生の頃

みんなが百恵ちゃんとかヒデキとかみていたころ

(そう、ちびまるこちゃん世代ですから)

そういう番組には目もくれず

テレビの●曜映画劇場はほとんど見ていたワタシです

中学のころは話題の映画、スターウオーズとかエイリアンとかを見て

高校の頃はバイト代をほとんど映画に費やし

学校の近くにあった「文映」という映画館に

女子高生一人、学校帰りに通ったのであった…

いまだから言えるけれど「スターウォーズ帝国の逆襲」のときは公開初日に見たくて

学校に行くふりをしてトイレで制服を着替え、

有楽町の当時日本でも最大級といわれた映画館まで

見に行ったのだった。(お母さんごめんね〜)

そんなワタシの記念すべきパンフレット第一号は

ロバートレッドフォードとダスティンホフマンの出ていた

「大統領の陰謀」

それから

第二次世界大戦電連合軍の敗退を描いた「遠すぎた橋」

なんだか渋い少女だわ〜

ちょっと個性的だったのかもしれないです

いや、単にロバートレッドフォードが好きだったのかも

パンフレットを眺めていると

女子のくせにファンタジーや恋愛映画はほとんどない

陰謀ものやら戦争映画、それからSFとホラー映画、パニック映画・・・。邦画はない。

子どものころからこんな映画ばっかり見ていたのね。。

我が家に恋愛映画のDVDや漫画がないのはワタシの影響ということなんでしょうね。。。

最近はDVDばかりで映画館に行く回数もめっきり減りましたが

明日は家族で映画館に行く予定です

リアル・スティールを見る予定です

にほんブログ村 子育てブログへ

|

« アラフォー独身女の苦悩 | トップページ | クリスマスイブイブの銀座だよ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

映画のパンフレットって
昔は 映画を見ると 記念に購入したり
しましたよね

大事に取っておけば
先行き お宝探偵団にでも 出られたりして☆

投稿: てっちゃん | 2011年12月23日 (金) 14時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507550/53515378

この記事へのトラックバック一覧です: 映画好き:

« アラフォー独身女の苦悩 | トップページ | クリスマスイブイブの銀座だよ »