« テルマエ・ロマエを観た | トップページ | 悠々自適な定年後の姿 »

育児休業取得率~雇用均等基本調査~

雇用均等基本調査の速報が厚生労働省のHPで公表されています

固定的な男女の役割意識を打破するためにポジティブアクションを導入している企業が

大企業を中心にだいぶ増えているようです

5000人以上規模の会社では78.8%ということです

逆に小規模な事業所ではほぼ3割程度

育児休業の取得者の割合ですが

女性はこの10年ほどの間にだいぶ増えて

87.8%

ただ、一番多かった20年調査では90.6%でその後横ばいです

育児に専念したい方もいるでしょうし、それぞれいろいろ事情があるのでしょう

一方男性の取得率

平成23年度調査で2.63%

あらら・・それでも平成8年ごろは0.12%だったので

ほぼゼロ、から数人程度、という感じでしょう

男性の場合は現状の日本企業では育児休業をしっかり取ることは難しいと思いますが

それでもなるべく早く帰る

休日(できれば平日も)は妻の負担を軽くする

育児は[妻の仕事]、というわけではありません

父親としてしっかりかかわりを持ってこその子育てですから

育児休業が取れない男性もそういう意識は持ってもらいたいものです

また、短時間制社員制度がある事業所も平成3年度は20.5%

働き手はどんどん減っています

日本は人口減少社会に入っています

若い世代の収入が増えず結婚する者も減り、子供の数がますます少なくなる時代

共働きで世帯収入が増えると2人目を生みやすいという調査結果もあります

育児中の世帯の支援をもっと真剣に考えたいものです

にほんブログ村 子育てブログへ

|

« テルマエ・ロマエを観た | トップページ | 悠々自適な定年後の姿 »

ママ達の再就職って?」カテゴリの記事

調査・統計・白書など」カテゴリの記事

コメント

思い切れば 休めるんでしょうけど
なかなか 自分の与えられた 仕事を
他の人に任せてまでは 休めないのが
男性の気持ちですね。。。

投稿: てっちゃん | 2012年5月 4日 (金) 09時20分

職業柄、私はいつでも各種休暇はとれるような環境で仕事をしております。
男性の育児休暇をとった方からお話を聞いたことがあります。その方からお聞きすると、男性もしっかりと育児休暇をとった方がいいとのことでした。

我が家では、子供ができた時は、妻はもちろん産前休暇をとりました。(8週間)出産後は産後休暇(8週間)、そして、区切りのいいところまで育児休暇をしっかりととりました。我々の頃は育児休暇は割と少なかったですが、今は、3年間とれるようです。

また、幸い祖父母と同居でしたので、妻が復帰してからもたくさん世話になりました。

やはり、福利厚生がしっかりしていなければ、安心して子育てが出来ませんね。

投稿: ヴィンセント | 2012年5月 4日 (金) 12時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507550/54586010

この記事へのトラックバック一覧です: 育児休業取得率~雇用均等基本調査~:

» 育児中の失業保険 [育児ママの応援サイト]
◇育児休業給付◇雇用保険では、一般被保険者と短時間労働保険者の内、育児で休業をしなくてはならない状況の人に対し、「育児休業給付」という育児援助の制度があります。この制度にはさらに、「育児休業基本給付金」と「育児休業者職場復帰給付金」があり、「育児休業基本給付金」が育児休業中に支給される援助金です。◇育児休業基本給付金を受け取れる人◇以下の条件を満たしている人が「育児休業基本給付金」を受給する資格を持っています。休業前に雇用保険の被保険者であること。満一歳未満の子供の養育が目的..... [続きを読む]

受信: 2012年5月 5日 (土) 10時43分

« テルマエ・ロマエを観た | トップページ | 悠々自適な定年後の姿 »