« 新しいスカートとトマトソースの油 (泣) | トップページ | 帰りが遅いパパ? »

サッチャー 鉄の女の涙

メリル・ストりーぷが扮するサッチャーが

ぴったりはまっていたという話題の映画

サッチャーといえば鉄の女

何をしたのか

当時のイギリスがどんな状況だったのか

そういえばフォークランド紛争なんてあったけれど

それがどんなもので

イギリスの内政にどんな影響を与えていたのか

そして鉄の女を支える夫のデニス

妻として、母として、国を代表するものとして

葛藤を抱えながら信じる道を進む女性

支えとなる夫、家族

全くレベルは違うにしても

働く女性として

大いに共感できるものがあった。。。

途中に挟まれる記録映像が

臨場感を醸し出す

閉塞感のある現在日本によく似た当時のイギリス

強いリーダーはやっぱりちがうのかしら

議会の在り方も全然違うから

日本ではやはりこんな大改革は難しいのかもしれないですが

日本の政治も考えさせられる映画でございました

久しぶりに

見ごたえのある質の高い映画だったわ

メリル・ストリープ、うまいですね~

にほんブログ村 子育てブログへ

|

« 新しいスカートとトマトソースの油 (泣) | トップページ | 帰りが遅いパパ? »

働く母」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 職務経歴書の書き方 | 2012年10月 9日 (火) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507550/55823327

この記事へのトラックバック一覧です: サッチャー 鉄の女の涙:

« 新しいスカートとトマトソースの油 (泣) | トップページ | 帰りが遅いパパ? »