« コンビニの利用頻度は? | トップページ | 気疲れすることも多い »

卵子の数は減っていく

先日職場で回覧されていた資料に

「卵子」についてのものがあった

不妊治療を行っているクリニックの資料だ

浅田レディースクリニック

それによれば

女性は生まれるときには「卵胞」を200万個ほど蓄えていて

思春期ごろにはそのうちに170万個から180万個が減っていて

思春期・生殖年齢のころには

約20万~30万個に減少していて

その後は一回の月経に1000個くらいずつ減っていくらしい

つまり、卵子は生まれたときにすでに減り始めていて増えることはない

年を重ねるごとに減っていくということなのだ

こういうことを最近まで知らなかったワタシです。

また、増えない卵子は「年を取る」ので

加齢とともに妊娠しにくくなる理由の一つは

卵子の老化ということがあるようだ

もちろん年をとっても卵子がたくさんある人もいれば

逆に若いのに卵子が減っている人もいるようで

不妊治療はその人に合った形で

時間をかけていろいろやるらしいですね

ブログなどで

高齢出産でも無事に赤ちゃんが産めました!

というような記事をお見かけいたしますが

本当にラッキーだったのかもしれません

なんとなく大丈夫だろうという思いと

大丈夫かなという不安な思いがある

赤ちゃんがほしいけれどなかなかできない女性たちには

不妊治療に踏み切るなら

ご主人とよく相談して

良い医療機関を探すのがよいかもしれませんね

赤ちゃんがほしいカップルに

かわいい赤ちゃんがやってくることを願っています

にほんブログ村 子育てブログへ

|

« コンビニの利用頻度は? | トップページ | 気疲れすることも多い »

健康」カテゴリの記事

コメント

やはり若い方がお子さんを授かりやすいのでしょうね。とは言え、最近は晩婚化が進んでますから、お子さんが欲しいと思った時には、妊娠しにくいと言う状態なんて事もあるのでしょうね。

投稿: Katsuei | 2013年2月 8日 (金) 08時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507550/56704955

この記事へのトラックバック一覧です: 卵子の数は減っていく:

« コンビニの利用頻度は? | トップページ | 気疲れすることも多い »