« 育児休業 3歳まで延長か? | トップページ | うれしい誕生日♪ »

育児休業延長の課題

今朝の日経新聞です

安倍首相の「育児休業3年まで」の方針に対して

日経新聞がまとめている課題や今後の展開、

すでに取り組み済みの大企業の様子などが掲載されています

育児休業期間中は、現在は、休業前賃金の約50%がもらえますが

この財源は労使の折半

休業期間が延びて給付も広がると育児のゆとりが増え、子供を預けるタイミングを家庭が選択しやすくなる

という利点がある一方で

給付金の支給額が

今の2600億円から3000億円を超えるだろうということで

まずは財源が課題

すでにこうした制度を確立している例として

資生堂が1990年から3歳になるまで最長3年間の休業の延長を認め

日立製作所では

休暇の取得期間の限度を

「小学校1年生が終わるまでの間の通算3年間」

としているようです

ところがたとえばある大手小売りでは

実際に3年取得する例は全体の数%

「復職してからどう働くかに悩み、勤労意欲が高まらないなどの課題がある」

ということもあるようです

キリンビールでは利用者が少ないために

3年まで認めていた延長を2年に短縮

キリンビールによれば

「育児休業だけでなく短時間勤務kと合わせて制度を運用」するほうが実態に合っているということです

そして一番の問題は

受け皿の問題

「待機児童対策」が解決されていないまま休業期間が延びれば

待機児童が増える可能性もあります

女性の労働に力を入れるのは

労働力人口が減っているから

育児と両立できずに仕事をあきらめていた女性を労働市場に呼び戻すこと

そのために休業期間を3年にする

そのような発想だということです

給付金の問題

受け皿の問題

そして働く女性の意識の問題

3年の休業期間が

デメリットにならないように

社会全体がこうした方向に変わらなければ

せっかく制度を作っても

使いにくい

ということになるかもしれません

働きやすい環境は整えることが大切ですが

実効力のあるものにするため

様々な課題を解決していく必要がありそうです

にほんブログ村 子育てブログへ

|

« 育児休業 3歳まで延長か? | トップページ | うれしい誕生日♪ »

気になる日経新聞記事」カテゴリの記事

コメント

さすがに・・3年は取りにくいっすねsweat01

子供出産時に休むのさえ文句言われるし

ホンマ数%しか取れないでしょうねsweat02

投稿: ジョビー・タピア | 2013年4月20日 (土) 06時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507550/57207205

この記事へのトラックバック一覧です: 育児休業延長の課題:

« 育児休業 3歳まで延長か? | トップページ | うれしい誕生日♪ »