« 宝塚、オーシャンズ11を観てきたよ | トップページ | 部活で悩む »

変わる?英語教育

日曜日の日経新聞から

自民党の日本経済再生本部でまとめている中起案提言の素案で

グローバル人材養成のため英語を母国語とする外国人教員を

今後3年以内に現在の倍の1万人にして

10年以内にすべての小中高校に派遣する。。。

これは、外国人の青年を日本に招いて

英語教員の助手などとして地方自治体に派遣する

外国青年招致事業ということです

外国人教師を増やしたところで

すぐに英語がしゃべれるようになるわけではありませんが

英語教育もどんどんかわっているようです

さて、オーストラリアに行ってきたYUですが

もちろんこれで会話ができるようになったわけでも

英語が特別好きになったわけでもありません

異文化体験という意義はあったし、

頼れる人のいないところで自力で何とかする

そんな力はついたような気がします

が、もともと英語が好きだったお友達などは

オーストラリアをきっかけに

ますます英語に力が入っているもよう

こうした体験は、子どものやる気と意欲で大きな差が生まれるのでしょうね~

小学校の英語も嫌いだったYuですが

英語をやってみたい、興味がある

というお子さんにとっては

これから英語を勉強する環境が

いろいろ整って

受験英語ではない使える英語が身につく日が来る??

英語を使わなければならない環境にない日本では

なかなか実践につながる英語は身につかないと思いますが

高校で学習指導要領の改訂では

授業を英語で行う、なんていうのもあるようで(本当にできるのか?)

英語教育の現場もどんどん変わっていくのでしょうね

先生も大変でしょう

子どもも大変だなあ。。。

企業のグローバル化で英語の公用語が進んでいるところもあるようですが

実際のところどんな感じなんでしょうね?

にほんブログ村 子育てブログへ

|

« 宝塚、オーシャンズ11を観てきたよ | トップページ | 部活で悩む »

気になる日経新聞記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507550/57216129

この記事へのトラックバック一覧です: 変わる?英語教育:

« 宝塚、オーシャンズ11を観てきたよ | トップページ | 部活で悩む »