« 昼ごはん抜きで仕事 | トップページ | 弁当の行方 »

働く女性の産み時は?

女性の積極活用と

「若いうちに出産を」

どうでしょうか

水曜日、日経新聞夕刊での問題提起です

どっちを優先すればよいでしょうか?

最終的には個人の判断にゆだねられるので

どっちがよい

とは言えないとは思うのですが

現在こういう仕事に携わるワタシの感想からいえば

「子供の産み時は限られる」

ということを

しっかり認識したうえで

どうしたらよいか

早めに考えておくことだと思います

もちろん仕事のタイミングもあるので

難しい状況にあるかもしれませんが

年令と妊娠について

こんな表があります

出典は日本生殖医学会

若くたって

100%妊娠するわけではないのですが

やはり年齢を重ねると

妊娠する確率は減ってくるというデータです

そういう事実を知っていると知らないのでは

人生設計に差が出てくるかもしれません

最終的に判断するのは

自分とか

パートナーとか

会社の状況とか

すでに子供がいれば第一子の状況とか

いろいろあるでしょう

また、不妊治療には高額の費用が掛かるということもあるので

いよいよ不妊治療となったときの貯金も必要ですし

治療しても授からない人もいるので

個人個人によって課題は違うでしょうし

なかなか解決が難しいと思います

いろいろな情報を集め

よく考えて

最良の選択ができるように

準備しておくことが大事なのだと思います

にほんブログ村 子育てブログへ

|

« 昼ごはん抜きで仕事 | トップページ | 弁当の行方 »

気になる日経新聞記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507550/58614368

この記事へのトラックバック一覧です: 働く女性の産み時は?:

« 昼ごはん抜きで仕事 | トップページ | 弁当の行方 »