« 夫の楽しいひととき | トップページ | YUの朝活 »

女性の就業状況 ~平成24年度就業構造基本調査~

勤労感謝の日にちなんで発表された

女性と高齢者の就業状況

平成24年度の就業構造基本調査の結果です

shine女性の有業率は

25~39歳、50から64歳の各年齢階級で上昇

とくに30~34歳が4.7ポイント上昇

いわゆるM字カーブの底が

35~39歳に移行しているようです

これは晩婚、晩産化の影響もあるのでしょうか

shine夫婦と子供のいる世帯での妻の有業率も

25~39歳の階級で上昇しています

shine都道府県別育児をしている女性の有業率は

一番高いのが島根県

つづいて山形県、福井県、鳥取県、富山県、石川県。。。。

一番低いのは神奈川県

つづいて兵庫県、埼玉県、千葉県。・。。

都市部ほど専業主婦の方が多いようです

埼玉県の場合は

核家族世帯が多く

夫が都内で働くサラリーマンであることも多く

その夫の通勤時間が長いことも多く

加えて待機児童数も多いこともあり

共働きをするためには

何しろ子供の預け先を確保することから

病気の時にどうするかなどなど

ハードルが高いのが現状です

調査によれば

働く意思がありながら就職活動ができない無職女性は

113万人

働き盛りの30代が多いです

子育てと仕事の両立は

環境が整わなければ難しい

働く世代の人口が減っているので

女性と高齢者の労働が期待される世の中です

今の若いカップルは

家事や育児の分担は当然

という意識になっているともききますが

都市部での待機児童問題は

まだまだしばらく続きそうです

にほんブログ村 子育てブログへ

|

« 夫の楽しいひととき | トップページ | YUの朝活 »

調査・統計・白書など」カテゴリの記事

コメント

女性の有業率、上昇しているんですね。消費税増税を前に雇用情勢は改善されているんですかね。

投稿: Katsuei | 2013年11月26日 (火) 07時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507550/58627279

この記事へのトラックバック一覧です: 女性の就業状況 ~平成24年度就業構造基本調査~:

« 夫の楽しいひととき | トップページ | YUの朝活 »