« 女性の登用 ~なでしこ銘柄~ | トップページ | とある女性政治家 »

課税対象 個人から世帯へ ~所得税改革~

6日の日経新聞

所得課税を抜本的に見直す構想が浮上しているようです

少子化対策kとして

子どもが多いほど所得税が少なくなるよう

課税対象を

個人単位から世帯全体にする案を検討

また

女性を支援する目的で

配偶者控除の廃止・縮小を目指す

ということです

新聞に載っている例では

夫年収700万、妻年収400万、子供二人の家庭では

現在は夫妻それぞれに課税され、所得税額は29万円

これが

世帯に課税することで

世帯当たりの税額が24万円になる

・・・という構想だということ

家族全員の所得の合計から世帯の課税額を計算すると

このようになるそうです

この方式では

たとえば専業主婦のいる所得の高い世帯と

夫婦共働きでもそれぞれの所得が低い場合は

所得の高い世帯が恩恵を被り

低い世帯では恩恵が限られる可能性があるとか

制度設計にまだまだ課題が多いようです

また合わせて検討される可能性のある

「配偶者控除」の廃止・縮小

103万円の壁

というものをなくそうということですが

働き方を考える上での壁は

130万円の壁

のほうが影響が大きいような気がするので

効果のほどがどれくらいあるのかはわかりません

我が家は6人家族なので

総所得を6人で割ってくれるのかな

高齢者も世帯が同じなら考え方は同じになるのかな

税制改革の動き、気になるところです

にほんブログ村 子育てブログへ

|

« 女性の登用 ~なでしこ銘柄~ | トップページ | とある女性政治家 »

気になる日経新聞記事」カテゴリの記事

コメント

世帯単位課税となると、働いている会社が家族全員の所得を知らないと、所得税を給与から徴収できない訳で、実現性は如何なものかと思います。

投稿: Katsuei | 2014年3月 7日 (金) 08時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507550/59247985

この記事へのトラックバック一覧です: 課税対象 個人から世帯へ ~所得税改革~:

« 女性の登用 ~なでしこ銘柄~ | トップページ | とある女性政治家 »