« 義母が作ってくれるタケノコご飯 | トップページ | 飲み会の目的は? »

いも恋 ~川越のお菓子~

出張で川越に行きました

川越をしっかり見たことがなかったので

往きはバスでしたが、

帰りは蔵造りの街並みをみながら

歩いて駅を目指します

時の鐘の近くに

おいしそうなおまんじゅう屋がありました

つい数日前に

新聞で見たお菓子が売っていました

菓匠「右門」の

いも恋

Id_402202131

おまんじゅうの中に

ふかした芋の輪切り(2センチくらい)のものが

あんこと一緒に入っていて

温めてあるものはその場で食べられます

日持ちするものは

家で電子レンジで温めていただきます

1個180円

Id_402202741

ワタシは時の鐘近くで購入しましたが

市内の何か所かで売っているようです

中のお芋がホクホクで

ちょっとボリューミィですが

おいしいです

川越はその昔

江戸時代にはサツマイモの一大産地

「クリ(9里)より(4里)うまい13里」

(江戸から川越まで13里ほど)

というキャッチコピーのもと、江戸時代から人気だったそうです

埼玉のお菓子

なかなかおいしいです

おすすめ!です

にほんブログ村 子育てブログへ

|

« 義母が作ってくれるタケノコご飯 | トップページ | 飲み会の目的は? »

おいしい店」カテゴリの記事

埼玉県の観光・物産」カテゴリの記事

コメント

川越は隣の市なのにゆっくり行ったことがありません^^;

投稿: キッツ | 2014年4月16日 (水) 03時57分

ご当地の和菓子って、都内ではなかなか目にしないですからねぇ。もし川越に行く機会があったら、私も買ってみようかな?

投稿: Katsuei | 2014年4月17日 (木) 07時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いも恋 ~川越のお菓子~:

« 義母が作ってくれるタケノコご飯 | トップページ | 飲み会の目的は? »