« 意外に軽傷? | トップページ | 世の中を支える女性たち »

女性登用のための新法

10月1日の日経新聞

厚生労働省は30日に

臨時国会に提出する「女性登用新法」に向けた報告書をまとめたそうです

20年以上前に

「男女共同参画法」が施行され

それなりに男女共同社会は進みましたが

一歩進んでの

「女性の登用」を目指すもの

新聞によれば

数値目標の義務づけはしない

法案の対象は301人以上の大企業

現状把握と行動計画の作成を義務付ける

現状については

管理職や新入社員に占める女性の割合など

必須の4項目を調べてもらい

行動計画には

長時間労働の改善策や

出産・育児後の職場復帰の支援策を盛り込み

厚労省に届け出る

ということです

また法案は期間10年程度の時限立法とし

2020年に指導的地位に占める女性の割合30%以上

という目標を掲げるとのこと

育児と家庭の両立支援

それから

働きたい女性への支援

一歩進んで

女性の登用

安倍内閣になってから

急に女性ブームです

ただの掛け声で終わるかどうか

女性自身の意欲や環境整備もあることから

実現に時間はかかるかもしれません

それでもいろいろなことが少しずつ変わりつつある

ムスメタチが30代のころ

安心して仕事も結婚も子育てもできる世の中になっているとよいなあ。。。

にほんブログ村 子育てブログへ

|

« 意外に軽傷? | トップページ | 世の中を支える女性たち »

気になる日経新聞記事」カテゴリの記事

コメント

もう直ぐ消費税が10%になりますよね。増税で消費意欲が減退して不景気にならなきゃいいけどと思ってます。
景気が上向き多くの人出が必要となれば、比較的容易に女性登用が進むんじゃないかと思うんですけどねぇ。

投稿: Katsuei | 2014年10月 3日 (金) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507550/60406314

この記事へのトラックバック一覧です: 女性登用のための新法:

« 意外に軽傷? | トップページ | 世の中を支える女性たち »