« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

ぐずる子供を連れて一人飲み?

昨日も遅くなったので

ワインでも飲みながらご飯を食べよう

と、案内された席の近くに

1歳か2歳くらいの小さな子を連れたお母さんが

ビールとワインを飲みながら

食事中

9時をすぎておりましたが

お母さまの荷物から察するに

保育園帰りかしら?

子どもはご機嫌斜めで

ぐずっている

だんだん鳴き声が大きくなり

お母さんは一応周りのお客様に配慮をしつつ

子供をあやすがもちろん鳴き声は大きくなる一方

これは眠いんだろうなあ。。。

早くあやして寝かせてあげればいいのになあ。。。

ベテラン母としてはそうは思うものの

世話焼きおばさんのように声をかけたらよいのかどうしたものか。。。

ちょっと様子をうかがっていると

いよいよどうしようもなくなったらしく

抱っこひもを取り出してなんとか寝かしつけ

そのまま食事を続行・・・

子どもを連れての帰宅途中で

お酒を飲みながら食事をする

うん、最近はそんなお母さんもふえているのかしら

金曜日だし、少しは自分にご褒美

家に帰ってこれから御飯を作るのも大変だ

子どもにもここで食べさせていっちゃおう

別に誰にも迷惑かけていないし

(いや、だいぶ迷惑かけていたと思うけど)

大変な中でたまにはそんな日を作ってもいいと思う

が、遅い時間に子供が眠れないのは

子どもにとってどうなのかな

いろいろな働き方があるので

もちろん否定するものではありません

こういうときにお母さんがゆっくり本当に一人で

ご飯を食べられるような場所があるといいんですけれどね

ご本人も落ち着かなかったでしょうし

子どもも眠いのに眠れず

周りのお客さんもトホホだったでしょう

こういうシーンがこれから増えるのかもしれません

女性の活躍を掲げるのはよいですが

いろいろなところで物議を醸しだしそうなケースが

これからはどんどん増えるのかも。。。

ワタシ自身はムカシの人間ですから

子どもが幼稚園に入るころまでは

夜出かけることはほとんどなかったわ

その反動なのか

今は週何回も夜家にいない状態

子どもが大きくなったとはいえ

こんな状態はちょっとまずいかな

ということで

せめてもの母としての役割として

弁当と朝御飯だけはしっかり作り続けようと

とりあえず心に誓ったところです

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

平日の夜、家族で夕ご飯を食べる

最近の我が家では

なんだかワタシが妙に忙しくなり

先週あたりから

夕ご飯が悲惨なことになっている

長女は自分で何とかしている(らしい)し

夫は自己調達

次女は、。。。。

マックとかファミマ弁当とか。

高校生の女子の夕ご飯としては

あまりに悲惨。。。

最近急に塾で自習しているようで

帰りも遅くなりがちな次女があまりにも不憫である

そんな状況から先週は2回ほど

帰りの時間を調整して次女と夕ご飯をサイゼリアで食べた

が、そんなことが続くと

どんどんお金が無くなる

昨日は久しぶりに8時前に家に着いたので

御飯を作ったわ

家に帰ると長女が帰っていたので

手伝ってもらって

(というか、長女、みんなの分作ってよ!!)

家にあるもので

ひき肉入り肉じゃがと、卵入りマカロニサラダと、イワシ缶で

適当な夕ご飯を作る

そうこうしているうちに

パパが帰ってきて

YUも帰ってきたので

久しぶりに平日の夜、家族4人で晩御飯

・・もう大学生と高校生ですが

やはり家族で囲む食卓はいいですね

ついでに作った焼き芋も大好評

これはピピットコンロのダッチオーブンで15分ほど火を通せば出来上がり

こちらはデザートに。。。

お片付けは、、

結局ワタシの仕事です

何だ、結局みんな手伝ってくれないんだなあ・・・

なんて偉いのかしら、自分!!

朝早くから夜遅くまで

一人で何でのこなすスーパーウーマンなのである(泣)

トホホである

本当はエアロビに行きたかったんだけどね

まあ、たまには家族のために時間を使うのもいいですね

と、考えることにしよう

それでも自分の仕事のために家族が犠牲になっている

なんていうことは露とも思わず

もっとみんな手伝ってね

と主張するワタシでございます

よくよく考えるとだいぶ自分勝手な母なのかも?

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

姉、56歳の転職

ワタシの姉は

義理の兄が転勤族だったこともあり

43歳まで専業主婦で過ごしてきたのですが

44歳の時

独学でパソコンをマスターし

何の資格もないまま

とある病院の事務の面接をしたところ

ラッキーにも合格し

以来病院事務として

12年間働き続け

パート頭のような存在になっていた

40代、無資格にしての再就職

本人のやる気と努力が実った形

そして今回

勤めていた病院の都合により

ついに退職ということになったけれど

すぐに別の薬局でのパートが見つかったそうだ

「年金もらえるまでは働かないと~」

だそうでございます

資格がなければ就職ができないとか考えている女性も多いですが

即戦力がほしいところでは

資格よりも経験

そして意外に主婦は人気なのだ

女性は仕事をしながらなんだってできるからね

しかもPTAや地域活動でならしたコミュニケーション能力は

バカになりません

ブランクがあるからとか

何も資格がないからとか

いろいろ理由をつけて何もしないのは

すでにスタートで遅れている

情報を集め

当たって砕けろで一歩を踏み出す勇気があれば

再就職だって夢じゃない

姉の場合

50代半ばにして仕事がすぐ見つかったのも

姉の経験が大きくものをいったのでしょう

少子高齢化が進む中で

働き手が少なくなれば

女性の力がますます必要になるようになるでしょう

追い風が吹いている今こそ

自信を持って

就職活動に臨んでもらいたいものです

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

部活と受験は両立できるのか

あっという間に3月が来る

YUもいよいよ高3で

受験がちかづいてくる

そんな中で困ったのが

部活

剣道部は

体育会なので

練習も火曜日以外ほとんど毎日で

日曜日は試合

というような生活が

高2の秋くらいで終わってくれれば安心だったのですが

6月頃までこの生活が続くよう

それほど強いわけでもなく

試合に出場しても

賞をもらうほどでもないが

人数が少ないので

練習はきついようだ

「部活終わったらそのまま塾に行けばいいじゃない」

と言いたいところだが

汗まみれのまま塾に行くのは

さすがにはばかられるというけれど

こんな生活をしている間に

ほかの子たちはどんどん進んで行ってしまうのではないかしら

最近はYUも

受験生としての自覚が出てきたようで

周りのお友達も受験モードになり

ちょっとあせっているYUである

部活を辞めたら

全力投球で

受験に間に合うのかしら

親としては塾のコマを一つ増やしたいところだが

いっぱいいっぱいのYUをみると

なかなか悩ましいものである

体育会の部活の子はやめた後の頑張りで挽回できる

という噂もあるが

本当かしら

とにかく発射台がとっても低いYUである

前途多難。。。。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

3月4月は金欠の月

もう新しい年度がやってきます

今年度一年は本当に早かった

もう3月・・・

そして4月

3月、4月は

諭吉さんが飛んでいく

車の保険代、

生命保険の一括払い分

学費二人分

定期4人分

ほかにもあったかな

毎月自転車操業状態で

貯金はどんどん減っていく

頭痛いなあ

共働きだから余裕でしょ

と言われますが

支出がバカにならないので

本当にきつい

早く長女に就職してほしいわ

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

女性は「ないから管理職」?

ちょっと前ですが

17日火曜日日経新聞夕刊

女性の力で経済を活性化しようというウーマノミクスが社会でだいぶ浸透してきた中で

管理職になる女性はそう多くなく

実際管理職になる女性は

「結婚していないから」「子どもがいないから」

と「ないから管理職」

私生活と引き換えに昇進昇格するケースが多い

そんなところに焦点を当てた記事

新聞で紹介されていた

労働政策研究・研修機構の調査によれば

従業員規模300人以上の会社で

女性で管理職になる方のうち

既婚・子供ありと答えた方は30.6%

未婚が42.3%

既婚・子供なしが15.3%

一方で男性管理職の場合

既婚・お度もありが78.6%

既婚・子供ありが9.1%

未婚は8.6%

それでも既婚・子供ありの女性で管理職になっている人も3割いるんですね

おそらく上手にやりくりして

お金を使って家事を省略したり

手抜きをしたり

メリハリをつけてやりくりするとか

家庭も仕事も完璧に両立することは難しいので

どこかで折り合いをつける必要もあるでしょう

完璧にはこなせないこともたくさんありますが

それでも負担が自分ばかりに来ると

ついつい不満もいいたくなるというものです

また、同じように仕事をしても同じようには評価されないと感じることも多いかと思います

女性の活躍は目覚ましいものがありますが

まだまだ改善すべきところはいろいろあるでしょう

結婚か仕事か

子どもか仕事か

人生の岐路がたくさんある女性にとって

その選択は男性以上に悩ましいのではないでしょうか

何が本当にほしいのか

最後に決めるのは自分

その目標に向かっての手段がどんな形がよいのか決めるのも自分

後悔しないように

ライフプランは早い段階で

先のことをよく考えてつくることをお勧めします

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

結婚式 ~花嫁の母のキモチ~

昨日は職場の結婚式でした

久しぶりの結婚式で

きれいな花嫁さんを見て

自分のムスメの結婚式を想像する

バージンロードを歩く夫はどんなだろう

いやがりそうだから神前式にするかしら

ちいさいころからのプロフィール映像なんか見たら

泣いてしまいそう

盛り上がる結婚式の出し物に

ムスメって会社ではこんなふうなのねと初めて知り

改めてムスメの夫となる男性のことを考え

相手の家族の上手くやっていけるかしらと心配する

結婚式終盤

花嫁からの両親への手紙

まあこれもお約束ごとということで

どうでもいいじゃん

と、自分が花嫁のころはあまり深く考えなかったが

昨日などは

まるで自分にもらった手紙の気分になり

目頭が熱くなる

そして花束贈呈。。。。

またまたウルウル。。。

あらら

もうワタシはすっかり花嫁の母気分

どうしましょう

こんなの初めてですわ

ムスメが結婚するかもしれない年齢となり

にわかに結婚式が

「花嫁の母」「花嫁の父」として現実味を帯びたものとなった

その日を迎える日が来るのかどうかさえ定かではない昨今の結婚事情ですが

ムスメが嫁いで行ったら

きっとさびしくなるんだろうな

しかし我がムスメは結婚できるのだろうか

そもそもその気もなさそうだ

さらに孫の顔を見る日は

相当先なのか

はたまたそんな日は来ないのか

複雑な母心

いろいろな意味で

これまでとは違う感動のあった結婚式でございました

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

肩、回復

ちょうど2週間ほど前から

肩に激痛で

夜も眠れないほどで

先週木曜日に

医者に行ったところ

肩に石灰がたまっている

と言われ、

いわゆる50肩とは違う病気ですということで

「注射で治る人もいます。だいたい3割の方は1週間でよくなります」

とにかくなんでもいいから

注射して~とお願い

幸い3割の人に入ることができたようで

今はすっかり良くなりました

石灰ができやすい体質なんでしょうか

加齢なんでしょうか

乳がん検診でも

石灰化で引っかかるワタシ

肩は再発することもあるようなのですが

だんだんいろいろガタがきた体ですが

引き続き

ラジオ体操とエアロビと筋トレで

体力づくりを続けていこう

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

講演会で失敗

先日、とある大学の生涯学習講座で

講師を務めることになりました

2時間コース

・・・

最近こういう場でお話をさせていただく機会が続きました

で、パワーポイントでいろいろ資料を作りますが

最後に入れ込んだ資料

締め切り間際に急いで資料を作りこんだ

というのは言い訳に過ぎず

2か所ほど恥ずかしい誤植

ついでに生涯学習講座ということで

受講者の方は高年の人生の大ベテランさんが多くて

講師のワタシよりよっぽどいろいろご存知の方も。。。

スミマセン

プロの講師じゃないので

と、いいたいところですが

資料については

お話を聞いてくださっている皆様に

失礼なことをしてしまいました

トホホな講師でございます

今度こういう機会をいただいたら

しっかり校正したあとで資料を送付させていただこう

そしてなにより、

忙しいと言い訳せず

しっかり準備して

勉強して臨まないとですよね

自分自身がいい勉強になりましたわ

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

やっぱりサイゼリヤ

お一人ディナーはやはりここで
落ち着くのよね
西川口駅のサイゼリヤ
今日はワインとピクルスと
ミラノ風ドリア
今日もエアロビ行けなかった


1424347758683.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

職場の女子会

今の職場に来て初めて

職場での夜の女子会が行われました

よくよく考えてみたら

女子会の中で最高年齢のワタシ

一番若い職員は

うちのムスメと1つ違い

あらら

自分はいつまでも若いつもりで過ごしていましたが

いつの間にか職場でもお母さんになっていたのね

職場の中では

独身女子、既婚女子いろいろいますが

なんとなく

ワーママ女子の話で盛り上がってしまった。。。

話題についていけない人もいたよね

ごめんね

ママたちはパワフルだし

いろいろな経験も豊富だから

話題が多くなっちゃうのよね

そんな中で

ベテランワーママも中堅ワーママもこれからワーママになる人も

それぞれいろいろな工夫をして

家庭と仕事の両立をしていることがうかがえました

家庭の事情を抱える中で

完璧な家事なんてありえないですから

手を抜けるところは抜き

それでも仕事には一生懸命な皆様の姿を見て

うちのムスメもちゃんと就職して

こんなふうに次の時代をつないでいってほしいと感じたところです

うちの職場の女子はみんなパワフル

女性の力で支えられていることを

改めて実感!!

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

イクボス

土曜日、日経新聞で特集しておりました

イクボス

育児や介護など私生活と仕事の両立を目指す部下の事情に配慮し、活躍を後押しする上司のこと

女性が働きやすい職場にするため

イクボスを増やすことがカギになります

一方で

新聞にもありますが

部下の育児支援に理解を示す

「これだけやればがイクボス」ということではないとワタシも思います

やはり自ら率先して

ワークライフバランスを実践してほしいもの

部下の育児に理解は示すが自分は家庭を顧みない

そんな姿を見ても

部下の女性は上司のことを

「まあ、世の中女性の働きを応援するムードだから応援してくれているんだろう」

くらいにしか感じられないのではないかしら

子育て経験のない方には子育てのことをそんな風に理解しているのだろう

頭ではわかっていても

本当のところではズレているのかもしれないな

など、ワタシが若い頃感じたことも多い

そういう根本的なところは今も昔も変わらないと思います

今は独身の方も多いでしょうから

体験がすべてとは言いませんが

少なくとも

仕事と自分の生活と、どちらも充実させていくことが

ワークライフバランスの第一歩

時代はどんどん変わっています

上司も変わらなければいけない

そんな新聞の論調に賛同するところです

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

久しぶりの結婚式に着る服は?

ここのところ

慶弔ごとといえば

お葬式しかなかったワタシ

甥っ子も姪っ子も結婚しないし

職場に若い人がいなかったこともあり

そんな状況だったのですが

今の職場は若い男女がいるので

おめでたい話もあるかしら

と思っていたら

そうそう

結婚式に呼んでいただくことになりました!!

結婚式なんていつ以来?

13年ぶり、、、

ということで

何を着ていこうかしら

困ったなあ

今更新調するのもなんなので

何か奥から引っ張り出してこようかしら

結婚式のことを忘れて美容院に行ってしまい

今は結構なショートボブ

う~ん

まあ、しょうがないか~

30代くらいまでは

ワンピースやら髪飾りやら

結婚式に来ていくものもたくさんあったのですが

50代で職場の部下の結婚式

なかなか悩みます

ラメの入った黒いワンピース(ボレロ付)もいいけれど

全身真っ黒というのもなあ。。。

きれいなショールでも買おうかしら

それとも華やかな感じのスーツがあったからそれにしようかな

なんだか久しぶりに

悩みますわ

昔のきれいなスーツが着られればいいんだけど・・・

次はムスメの結婚式かしら

そのときは花嫁の母らしい服装を悩むことになるんだろうね

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

学童保育、民間住宅で

金曜日の日経新聞

厚生労働省が小学生を放課後に預かる学童保育を手掛ける民間事業者に対し

民家やアパートを活用する場合に

家賃を補助する制度を2015年から始めるという記事

学童保育の7割以上は学校や児童館などの公共施設ということですが

働くお母さんが増えてきて

待機児童問題はだいぶ解決に向けた動きもある中で

学童保育の問題は

なんとなく後回しになりがちでしたが

定員を増やすために

民間事業者の活用を進めようというものです

厚生労働省は

民間事業者にとってコストとなる家賃を

月額最大26万円まで助成するとのこと

新聞によれば

14年5月時点で

学童保育は全国に約2万2千か所

約93万6千人の小学生が利用しているとのことです

一方で

学童保育に入れない子供が約1万人いるというデータもあるようです

保育所に入っていた子供が

小学校入学時に預け先がないという

いわゆる「小1の壁」は

働きたい女性にとって大きな問題になっています

また、学童保育はだいたい3年生までで終わってしまうところが多いので

「小4の壁」もクリアしなければならない問題の一つ

子どもが大きくなれば一人でいてもいいじゃない

そう思う人もいるでしょうけれど

今は昔とは違って

地域で子供が安心して暮らせるとは言い切れません

高校生になっても大学生になっても

一人で遅く帰ってくる日は

やはり心配です

親の心配はいつまでも尽きないもの

せめて小学校のころは安全に過ごす場所があれば

安心して働くこともできるんですけれどね

子どもが小学校に入るのをきっかけに

働き始めるお母さんも多いことでしょう

民間事業者を上手に活用できれば

学童保育の定員も少しずつ増えていくでしょう

学童保育をしながら塾に行かせるとか習い事をさせるとか

バリエーションもどんどん増えていくのではないかなと感じるところです

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お雛様出したけれどね。。。

明かりをつけましょ雪洞に~♪

と、節分が終わってから次の行事はひな祭り

わが家に今年は節分はありませんでした

が、女子二人(ワタシも入れれば三人だね)なので

お雛様くらい出そう

と、先週、頑張って夫と二人で飾った

1階の寒~い和室に飾った

子供たちに

「お雛様、見た?」

「う~ん・・・」

見てないな

1階に行くことはあまりないとはいえ

ちょっとさびしい

お雛様、いつまで出すのかしら

お雛様とお内裏様しかいませんが

それなりに飾りつけは大変

次女が大学生になったら終わりにしていいかなあ・・・

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いたずら??? 怖い成りすましメール

親しい人にしか公表していない夫のメールに

おかしなメールが来た

注文していないものについて

メールの内容をご確認ください

というもの

その会社は実在する普通の食料品関係の会社で

指定のものを

ネットから注文できるようになっている

で、夫のメールに

注文内容の確認を求めてきたものです

よくよく読むと

姓は合っているが名前が違う

住所も微妙に違う

電話番号は全く違う

・・・・

これは誰かが夫に成りすまして

ネットで食料品を注文した

ということかしら

何なんでしょうね

もちろん

「注文はしていません」

とお返事を返したところですが

だれが何の意図でこんなことをしたのでしょう

不気味です

家に突然何かが送りつけられることもあるかもしれないので

家族の者には

注文していないものは受け取らないように

強く注意喚起したところです

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

弁当親父の逆襲(?)

同期入社の男性が

最近はまっている「弁当作り」

弁当男子は今や珍しくない存在ですが

いつの間にこんな趣味を持つようになったのでしょうか?

弁当日記

あら、お弁当だけじゃなくて

KUMAZIのキッチン

あのKumaziさんがね~

まさか弁当親父になっていたなんて!

どんな心境の変化?

いや、凝り性だから作るとなったら徹底的にやりそうだわ

もともと早起きの方だから

朝はつらくないだろう

お子さんが小さければ

子どもの分も一緒にお弁当を作ってくれたでしょうね

しかも夕食やらおつまみやらまで作っているようで~

ワタシなんかよりよっぽどしっかりお料理されています

すごいなあ

うちのお父さんもいつかお料理の楽しさがわかってくれるといいんだけどなあ

KUMAZIさん

ぜひうちの夫に料理指南を!!

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

左手が使えなくて不便なこと

3日くらえ前から

肩に激痛

ひじや腕までしびれてきた

夜何もしないで寝ていてもずきずきする

なんだこれ

バファリン飲んだら少し痛みが治まった

利き腕ではなくてよかったが

まず服が着られない

Tシャツなど腕を通すのに5分くらい

ストッキングを上にあげるのもつらい

もちろんトイレも大変

ドライヤーもかけられないし

顔を洗うのも大変

お化粧もやりにくい

お風呂で体はもちろん

頭が洗えない

料理も

固いものが切れない

左腕に力を入れるような動作や

左腕を動かす動作が全くできない

本当につらいです

痛いです

昨日は帰りに医者に行きたかったのですが

帰ってきたのが遅かったので

今日こそ

どこかで医者に行ってこよう

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

有機野菜食堂 わらしべ 〜埼玉s級グルメ〜

小川町に出張 
先日埼玉s級グルメ店に認定された
わらしべ
認定プレート

1423627040172.jpg

お昼時のお店、混んでます

ランチはパスタがおすすめみたい?
でも限定メニューに弱いワタシ

1423627036823.jpg
日替わり限定メニューにしてみました
ベジタリアン対応メニューもあるようです

大豆のかき揚げ丼
枝豆じゃなくて大豆
地のものだそうです

1423627041973.jpg
優しいお味


お店はいい感じの食堂です
1423627039191.jpg

地酒もあるみたい

1423627041097.jpg

外観

1423627043046.jpg


細川紙の技術がユネスコ無形文化遺産登録となった小川町

街歩きも楽しそう

3月には小川町の酒蔵めぐりイベントが行われます
ちょこたび埼玉酒蔵めぐり

ぜひ和紙の里をご堪能ください

| | コメント (1) | トラックバック (0)

石灰沈着性腱板炎くらいでは休めない

50肩で腕が回りにくい

と思っていたら

だんだん痛みが増すので医者にいったら

石灰がたまっているといわれた

それでも仕事休めないから

昨日一日出張でがんばったら

夜には激痛で眠れなくなった

いたいよぉー

そして今日も出張

着替えに30分もかかったよ・・

帰りに休日診療をしている整形外科を探して

痛み止め注射してもらおう

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

卵子の凍結

先週のこと

ニュースを見ていたら

浦安市が大学と共同で卵子凍結保存計画を行う

というニュースを観ました

自治体では初ということです

また日曜日の日経新聞では

日本産科婦人科学会で

受精卵の染色体異常を調べる受精卵検査の臨床研究に関するシンポジウムが開催されたという記事が載っていました

そう遠くない未来には

卵子を凍結して

タイミングが来たら人工授精をして

染色体検査をしてクリアをした受精卵を子宮内に戻す、。。

ということが普通になる時代がくるのかしら

卵子の凍結も染色体検査も

少し前まではどちらかというとNGというムードだったのが

少子化や不妊の問題が大きくなってきて

にわかに脚光を浴びることになったものです

働く女性の晩婚化が進み

晩産化が進む現在

卵子の凍結は卵子の老化という問題をクリアする上で

一つの選択肢となっていくのでしょう

それにしたって

40歳を過ぎての妊娠は出産のリスクも高まるし

子育てには体力も必要で

お金もかかるので

本当は早い時期での妊娠・出産が推奨されるわけですが

こうした状況を考えても

ウーマノミクスと少子化はなかなか両立しないものだと感じるところです

受精卵検査については

命の選別につながるとの批判もありますが

一方で流産を繰り返す女性にとっては必要なことなのでしょう

人間の生命も

医療技術によって操作される時代になる

SFの世界のようです

ガタカという映画を思い出します

遺伝子操作をして生まれながらにして未来がきめられてしまう社会の中で

がんばって自分の道を切り開くという物語

そこまで極端な社会にはならないと思いますが

ああいう映画も現実味のあるものになってきたなあと感じるところです

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

子どもの英語 いろいろ

土曜日の日経新聞夕刊

いよいよ小学校3年生からの英語必修化が現実になりそうだということで

教育各社が多様な英語教育のサービスを始めるという記事です

例えば

★小学館集英社プロダクション:昔話を使い、英語を学ぶ子供教室を4月に全国400か所で開始

★学研ホールディングス:アニメーションを使った教室を全国で展開

★イチベル(横浜市):発音や抑揚がネイティブに近いかを3段階で判定するITサービス

★SRJ(港区):Eラーニングで速読力を養う学習プログラム

などなど

20年度には大学入試のセンター試験も変わる予定で

英語については「読む、聞く、書く、話す」の4つの能力を問うものになる

こうしたものを見据えての展開ということなのでしょう

最近は仕事で台湾の方とお話しする機会もあるのですが

(もちろん通訳付きで)

みなさん英語はけっこうできて

さらに日本語もお上手

今の仕事では

英語が使えないと相当困ることもありますが

ワタシは上手くはしゃべれないんですよね・・・

いや、だからこそ50の手習いで英語の自主勉強をしなくてはなのですが

3年生からやっていたらしゃべれるようになったかしら??

いや、英語の勉強の仕方というより

英語を使う機会がなければ使えないでしょう

最近、外国人旅行者がとても増えてきています

そうしたところから

外国人と英語コミュニケーションをとる機会が増えるかもしれませんね

MIのバイト先では

学生も英語を使えることが必須です

これからは英語ができてあたりまえな職場が増えるのでしょう

MIのように語学の得意な子どもはよいですが

YUのように日本語でもコミュニケーションが苦手で英語も苦手な子どもには

ますます生きにくい世の中になっちゃうんだろうな。。。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

やっぱり家庭料理でしょ?

昨日は餃子を作った

わが家はパパ以外は揚げ餃子が好きなので

がんばって90個作って

パパには焼き餃子、残りは揚げ餃子にして食べ

(長女と次女が手伝ってくれた)

片づけをしていると

「やっぱり餃子はお母さんが作ってくれるのがおいしいよ」

と次女

「そう?」

「餃子だけじゃなくて、ご飯はお母さんが作ってくれるのがおいしい。買ったお弁当はおいしくない」

うれしいじゃないですか~

変なお弁当でも、なんだかわからない料理でも

母の手作りがおいしいとは。。。

「何が好きなの」

「う~ん。餃子でしょ、ハンバーグでしょ、シチューでしょ、あとコロッケとか。筑前煮とか肉じゃがも好き」

はい、特に工夫もない普通の家庭料理です

が、こういう家庭料理こそが日本の食卓を支えているのではないでしょうか

ちなみにワタシの揚げ餃子は

実家の母の作り方を真似ています

(というもののほどではありませんが)

母の味というものを

なんとなく引き継いでいってもらいたいなあ

勉強はからっきしのYUですが

こういう優しさがうれしい

食事は家庭の基本です

特別なものではなくてもいいので

しっかり三食食べさせるのが母の役目かな

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

できる女に仕事が来る

とある新聞社の方とお話しする機会があった

最近は女性の記者も多い

二人のお子様を抱えながら

記者として飛び回る女性もいる

寝る時間を削り

仕事大好き!という感じでがんばっているとか。。。

子どもはどうしているのかしら?

大変そうだなあ。。。。

と、20年前のワタシも思われていたのかな

ワタシも長女が生まれたばかりのころは相当忙しかった

父子家庭状態になっていた。。

もちろん仕事も子育ても大変だったけれど

自分が苦痛で

これ以上やったら具合が悪くなる

というほどではなかった

自分の目の前の仕事だけをこなせばよかったということもあり

楽しく仕事をしていたような気がする

だから

大変な女性記者さんたちも

はたから見るよりは

意外に本人としては大変だけれどこれが当たり前だから。。。

くらいに思っているのかもしれない

バリキャリのママ友の中には

深夜残業しても

翌朝は6時前に起きてお弁当を作っていた人もいる

しかもワタシと違って

朝から揚げ物をするなど本当にパワフルな方だわ~

海外出張は子育て中の女性でも当たり前になってきたし

本当に時代は変わったなあ

新聞社の方曰く、

「やっぱり、子供がいて大変そうだから配慮したいとは思うんだけれど、

その人に任せられると思うから仕事をまわしちゃうんだよね。。。」

わが職場にいる小さいお子さんがいる女性にも

大変そうだから配慮したいんだけれど

やっぱりなんとなく仕事を回してしまいがち

一方で

海外勤務や短期派遣の仕事については

本人が希望しても

さらに上層部が認めずにかなわないというケースもあるようで

なかなか難しいところです

仕事ができるから次の仕事も来る

上手に家庭との両立もできる

でもねみんながそんなバリバリキャラではないので

こういう現状が喜ばしいかというと決してそうではない

ウーマノミクスと言って

「女性が活躍する社会は素晴らしい」

という言葉の裏に

女性は家事も育児も仕事もバリバリ頑張ってね

という感じがしないでもない

今とてもがんばっている若い女性たちは

ワタシが若いころよりずっとずっと能力があってパワフルだと思う

ワタシの先輩たちが切り開いてきた道を

何とかつないでここまで来て

働きやすくなったのかもしれない

けれど仕事の質の大変さは増しているような気がする

仕事と家庭との両立は

口で言うほど簡単じゃない

仕事に追われて

結婚や出産をためらう女性が増えなければいいんだけれど

なかなか状況は難しそう

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お弁当事件

昨日は雪が降りそうだ

(実際にはそれほど降らなかったが)

ということで

朝少し早めに起きてお弁当を作った

最近は長女にもお弁当を作ってあげているので

3つ作る

我が家では

自分のお弁当箱は自分で洗う

というルールにしてあるのだが

昨日は長女と次女がお弁当箱を洗っていなかったので

その辺にある食品保存用の普通のタッパーにおかずを詰め

御飯はおにぎりにした

で、自分の分もおにぎりとタッパーで

適当なお弁当

それを袋に入れておいたら

そのままどこに置いたか忘れちゃったのよね

時間ぎりぎりまで探したが見つからない

「お母さんのお弁当知らない?」

YUはとっくに家を出てしまったのでMIに聞くがわからない

どこに置いちゃったんだろう

ホント、最近ボケてるわ~

まあ、冬だから腐ることもないだろうし

あとでよく探そうと思ってそのまま家を出た

家に帰ってきたらYuが

「今日、誰かのお弁当一緒に持って行っちゃったよ」

ということで

ワタシがどこかに置き忘れたわけではなく

Yuがお弁当を二つ持って行ってしまった

というのが事の真相でございます

同じようなタッパーがたくさん置いてあったから

全部持って行っちゃったんだって

だ。か。ら。

自分のお弁当箱はちゃんと洗っておいてね!

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

50肩、ロコモティブシンドロームへの不安

ロコモティブシンドロームって知ってる?

加齢などで

運動機能が低下すること

それでね

最近いろいろなところが調子悪い

数年前から

股関節が痛いことがある

今はよいのですが

階段を上るのが辛かったりすることがある

それから

右ひじ関節が痛むことがある

これも今は治っていますが

一時は

物を持つのがつらかった

そして今

50肩?

左肩が痛くて回せない

なんだかコキキと音がする感じ

腕をあげるのはよいのですが

回すと痛い

これもそのうち治るかしら

そんなこんなで

いずれ

関節がうまく機能しない

ロコモティヴシンドロームになって

要介護の状態へ、。。。

などとなってしまうかも

ロコモ予防のための運動があるようなので

今から取り組んだ方がいいのかも

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

上野ロッテリア

これから成田空港に出張
御一行さまのお迎えに
ランチはロッテリア

1423018196240.jpg

1423018198641.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

子育ての先にあるもの・・・

昨日はママ友と飲み会

地元川口のイタリアンで

銀婚式を迎えた彼女とは

MIが赤ちゃんの時からの付き合いなので

もう20年来の仲良しさん

そういえば我が家も今年銀婚式

いやいや

長く続いたものですが

ママ友のお話を聞いていると

離婚とまではいかないけれど

夫と距離を置いているという方が

身近にたくさんいるような感じでございました

子どもが大きくなり

社会人になり

夫と二人になったときに

夫と過ごすのが苦痛

という声も多いのかもしれません

定年後は仲良くやって行こう

と夫が思っていても

妻はとんでもない!と考えているケースが

ドラマの世界だけではなく身近にたくさんあるのかも

忙しい中で子供中心に生活しているいる我が家も

最近は夫との会話はだいぶ減った

YUが大学生になったら

ますます会話が減りそうな感じ

この先まだまだ一緒に過ごすのだろうから

お互い感謝の気持ちを忘れず

思いやりを忘れずに

カリカリしないで過ごさないと~!!

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

話し上手になりたい

先日とある場所で講演をすることになりました

話を聞いていただく相手は

地域のお偉い方々

ワタシのような若輩者が

皆様を前にお話しさせていただく機会をいただいて

それはそれはありがたく存じますが

なんといっても

人生経験は未熟だし

いろいろ話すには

引き出しが少なすぎるワタシ

また人前で話すのも得意ではなく

冷や汗ものです

事前準備ももっとすべきだったし

どんな人が集まっているのか

もっと状況を把握して話すべきだったなあ

こうやって一つ一つまた新しい経験をして

50過ぎても新しい仕事が増えていく

そうそう

会場には

女性はほとんどいなかった

日本の社会に女性が出ていくのは

まだまだ大変なことだ

まあ、講演ということでは

まだまだ勉強不足

女性だから、男性だから、ではなく

与えていただいた時間の中で

もう少し主張を持って話せるように

今後の課題が残ったところです

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ぶどうの木でティータイム

1422862527745.jpg

1422862525273.jpg

午後お休みをもらって 銀座に来た

あ~♡リフレッシュ

つかの間の休息は ぶどうの木で

シブーストのセットにした

写真忘れた! 美味しかったー

メニューはこれ

お値段 高いよ!

1422862526918.jpg

贅沢で、 優雅なひとときsun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もし公立中学校に行っていたら

今日はYUの学校はお休みです

学校が中学受験で生徒は登校禁止

で、自宅学習なのですが

昨日河合の記述模試を受けてきたので

その復習でもやってくれればよいのですが

たぶんそんなことはしないだろうなあ

それでも

もし公立の中学校に行っていたら、、、、

地元でも有名な「荒れた」中学校で

元気な子はよいけれど

おとなしいYUは適応できなかったかも

不登校、なんていうことも考えられるし

がんばっても

内申点が期待できないので

高校受験がまずは関門で

進学には熱心ではない高校に行くことになっただろうから

今のように

とても無理

とは言いながらも

国立受験を考える

なんていうことはありえなかったかもしれない

もともと自己表現が苦手で勉強も嫌いで

このまま社会に出られるのだろうか

と不安だったYUですが

なんとか普通の感じになったのは

私立に進んだおかげなんじゃないだろうか

と思ったりいたします

ただ、大学受験はかなり厳しい状況にありそうです

もし、国立に合格したら。。。

などという夢は

今の段階では相当無理がありますが

ダイエットでも

太っているほうが体重は落ちやすいので

そんな考えから

成績が振るわない方が

上がるときにぐぐ~っと上がるに違いない

とはいえ

もしYUがもうちょっと勉強ができればなあ

そんなことをいいながらも

もし公立高校に行っていたら

こんなふうに大学受験ではなく

なにか別の道を探していたかも?

と感じたり

子どもの人生は親の思うようにはいかない

良かれと思って敷いたレールですが

最後にどう進むかは自分次第かな

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

虎ノ門ヒルズ 音音

先週のことだが平河町で研修があった

終わった後に

一緒に行った女性と

せっかく都内に来たからと

(おのぼりさん!!)

虎ノ門ヒルズで夕食を食べました

オシャレなビルにレストラン

ファミマまでがなんだかオトナな雰囲気

さ~てどうしましょう

スペインバルもおいしそう

お肉は高そう、、、

ということで

とりあえず店頭のメニューでリーズナブルだった感じの音音へ

都会の夜の雰囲気と

20150127_175912_1024x768
お通しと地ビール

20150127_175920_1024x768
3種のおばんざい

20150127_180725_1024x768

ポテトフライ

20150127_180903_1024x768

これにコロッケ付けて

ビールとワイン二杯で

一人3千円

高い?

そうね~

まあ、虎ノ門だから~

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »