« 子供の産み時 | トップページ | 連休の過ごし方 »

女性登用 量から質へ

28日日経新聞夕刊

男女雇用機会均等法が制定されて30年

女性の働き方はどう変わって

どんな課題が残っているか。。。という記事でございます

21世紀職業財団の岩田喜美枝会長へのインタビュー記事です

均等法ができた当時、ちょうどワタシが社会人になったころ

女性は結婚、出産退職が当たり前だった時代

残業しようとすると

「女の子は帰っていいよ~」

と、当時の上司に言われたっけな

新聞での記事の通り

当初はあまり真剣に取り組む感じはなく

ハローワーク(当時は職業安定所っていってたな)で

ようやく「男子に限る」という表現がなくなったころですが

女性はまだまだ補助職でしたね

ワタシも朝50人くらいの職場の方にお茶を入れ

お客さんが来ればお茶を入れ。。。

と、お茶ばかり入れている毎日でしたわ

懐かしいね

それが90年代前半

少子化が問題になってから

「女性が働きながら育児できる環境を整えないと」

という風潮が企業に広がり、両立支援が一気に進んだということです

最初は労働力の量的確保が主眼だったようですが

ここにきて質的向上を目指す動きが進んでいるようです

インタビューでも言っている通り

女性が活躍する社会=男性と同じように働く社会

になってしまうと

結局女性の負担は増えるばかり

結婚や出産の機会を逃す方が増えるような気がします

やはり

残った課題は「男性問題」

専業主婦を持つ男性を前提にした働き方を変え

家事・育児・介護を男性も女性も

どちらかの役割、ではなく、お互いに担わなければならない

岩田氏いわく

「目指すべきは男女とも年齢に関係なくしっかり働き、育児も介護もこなし、個人の生活も楽しめる社会」

この30年でだいぶワーキングマザーは増えましたが

今後は量から質へ

ムスメタチの時代には

スーパーウーマンではない普通の女子が(そして男性も)

普通に仕事をしながら子育てもできるようになることを願います

にほんブログ村 子育てブログへ

|

« 子供の産み時 | トップページ | 連休の過ごし方 »

気になる日経新聞記事」カテゴリの記事

コメント

そうなる事が理想だと私も思います。そのためには、長時間労働する風習と言うか悪癖を見直す必要があると思います。

投稿: Katsuei | 2015年5月 3日 (日) 07時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507550/61510210

この記事へのトラックバック一覧です: 女性登用 量から質へ:

« 子供の産み時 | トップページ | 連休の過ごし方 »