« サンベールのティラミス | トップページ | 私立中高一貫中堅校進学クラスの功罪 »

出生率低下 ~平成26年人口動態統計~

6日の日経新聞

いろいろニュースでもやっていましたが

出生率が9年ぶりに低下し

その状況について解説してあります

元データはこちら

平成26年人口動態統計

気になる出生数及び合計特殊出生率

出生数は前年102万9816人より2万6284人減少

母の年齢が40歳以上の出生で、うち第一子は2万人

40歳以上の出生に占める割合は38.6%と、40歳で第一子という方が増えているようですね

第一子出生時の母の平均年齢を見ると

昭和50年で25.7歳だったのが平成26年では30.6歳です

また、20代での出生数の減少が目立つようです

合計特殊出生率は前年の1.43から1.42へと減少

わが埼玉県も1.33から1.31に減少です

婚姻についてみても

平成26年度の婚姻件数は

前年より1万6873件減少して64万3740組

平均初婚年齢は

夫31.1歳、妻29.4歳。どちらも前年より上昇

晩婚、晩産がまたまた進みます

そこで気になる高齢出産

高齢になると妊娠する力は低下します

女性の加齢と妊孕性

日本生殖医学会ではこんなデータを公表していたりします

いつになっても子供が産めるというわけではありません

そういう知識が少しずつ広まっているようです

40歳で第1子ができたことも

ラッキーだったのかもしれません

データの中には不妊治療をした結果出産された方もいることでしょう

忙しい世の中

結婚が遅れ、出産が遅れ、子供が減っていく

解決の糸口を探すのは難しいです

同じ職場の女性が

「もう、孫がいるのよ~。たまに遊びに来るんだけど、かわいいのよ」

なんとも羨ましい限りだなあ。。。

にほんブログ村 子育てブログへ

|

« サンベールのティラミス | トップページ | 私立中高一貫中堅校進学クラスの功罪 »

気になる日経新聞記事」カテゴリの記事

調査・統計・白書など」カテゴリの記事

コメント

40代で第1子を出産する方もいれば、同じ40代で孫が生まれるって方もいる。少子化対策が有効に働いているのか判断は難しいですよね。

投稿: Katsuei | 2015年6月 9日 (火) 06時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507550/61702088

この記事へのトラックバック一覧です: 出生率低下 ~平成26年人口動態統計~:

« サンベールのティラミス | トップページ | 私立中高一貫中堅校進学クラスの功罪 »