« 長女とディナー ~ダ・ペッピーノ~ | トップページ | 次女・アルバイト »

社会保険加入のメリット・デメリット

この10月から厚生年金保険料の加入対象が広がります

社会保険の適用拡大

小さなお店でのパートさんには関係ないかもしれませんが

大手スーパーなどで働く方には身近な問題でしょう

厚生労働省のHPによれば

加入するメリットとして

①将来もらえる年金が増える

②障害がある状態になり、日常生活を送ることが困難になった場合などより多くの年金がもらえる

③医療保険の給付が充実する

④会社も保険料を負担してくれるので今より保険料が安くなることがある

先日開催されたセミナーでの社会保険労務士さんからのお話によれば

結構勘違いしている人がいるのが

「夫の扶養に入っているから社会保険に入らなくてもよい」

この制度は、任意の仕組みではなく、

要件に該当する方は必ず加入することになります

選べるものではないのでご注意を

また、厚生労働省のHPではメリットを書いてありますが

人によっては、遺族年金の取り扱いなどの条件で損をしてしまうこともあるようです

「今より保険料が安くなることがある」と書いてあるように

逆に、かえって負担が増す場合もあるとのこと

保険料や将来受け取ることができる金額が

得をする場合もあれば損をする場合もあるとのこと

出産した場合には出産手当金がもらえるとか、

働く女性にとってうれしい話もありますが

現在の状況によって

負担が増すか、減るか、

パターンは人それぞれ違うようです

会社の総務担当者も大変でしょう

たとえば夫の扶養の範囲内で働きたいと就業調整をして勤務時間を短くしても

長い目で見て特になるのか、損になるのかはケースバイケース

自分が今回の改正の対象となるのかどうか、

現在いくらもらえるのか

将来いくらもらいたいのか

気になるかたは、詳しいことはHPを確認したり

近所の年金事務所で相談することをお勧めします

|

« 長女とディナー ~ダ・ペッピーノ~ | トップページ | 次女・アルバイト »

ママ達の再就職って?」カテゴリの記事

コメント

特なのか損なのか良く分からない制度。社会保険に入る人が多くなると、国民健康保険はどうなるんだろう?

投稿: Katsuei | 2016年9月13日 (火) 06時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507550/64155177

この記事へのトラックバック一覧です: 社会保険加入のメリット・デメリット:

« 長女とディナー ~ダ・ペッピーノ~ | トップページ | 次女・アルバイト »