« 10月の体重目標 ~スポーツの秋~ | トップページ | 103万円の壁の向こうは? »

働く女性の実情は?

厚生労働省の調査です

平成27年度版 働く女性の実情

最近は、共働きで働くのは本当に普通になりましたね

小学生くらいのお母さんはもちろん

辞めなくてよい環境があるなら

出産後もそのまま続ける方が増えたような気がします

実際、データでみると

労働力調査によれば

平成27年の女性の労働力人口は2,842万人。前年に比べて18万人増加

男性は7万人減少して3,756万人なので、

労働力人口総数に占める女性の割合は43.1%です

いわゆる「M字カーブ」の状況を見ても

25~29歳で80.3%の女性が働いています

8割を超えたのは過去最高とのこと

M字の底も、10年前に比べると

30~34歳女性の場合、H17年で62.7%だったものが

平成27年では71.2%です

産業別雇用者数を見ると

女性は「医療福祉」の増加数が多いです

介護職などに就く方が増えているのでしょうか

雇用形態の状況を見ると

女性は正規の職員は前年より23万人増加して1,043万人

非正規職員は前年より13万人増加して1,345万人

人手不足ということもあり、

また、女性の活躍を後押しする社会情勢もあるのでしょう

正社員として働く女性が増えているようです

賃金の状況を見ると

女性の一般労働者の決まって支給される現金給与額は27万8400円(前年比0.9%増加)

男性は38万4900円で、まだまだ男女の差は大きいですね

共働き世帯は当たり前になりつつありますが

非正規で、扶養の範囲内で働く女性はまだまだ多いです

最近では、時間限定や、職務限定の「限定正社員」も広がりつつあります

10月1日から社会保険料の対象者が変わりました

働き方を調整した方も多いかもしれません

働き方は人それぞれですが

将来を考えれば

長く働くつもりがあるのなら

しっかり働いて、老後に備えたほうがよい。。。かもしれませんね

政府でも「働き方改革」に取り組んでいますが

同一労働同一賃金など

クリアすべき課題は多く、ハードルも高いです

ワタシなどは正社員で勤続30年

それなりに稼いでおりますが貯金はほとんどありません

最後は自分の身は自分で守れるよう

老後に備えて引き続きしっかり働いていかなくちゃ。。。かな

|

« 10月の体重目標 ~スポーツの秋~ | トップページ | 103万円の壁の向こうは? »

調査・統計・白書など」カテゴリの記事

コメント

うちのそうですが、私の残業が日常化しているので、女房ができる限り家事ができるように、残業になることが少ない派遣社員を選んでいます。派遣社員だと、ベースアップなんてあり得なくて、長年働いて作業効率が良くなったとしても所得は変わらずです。

投稿: Katsuei | 2016年10月 5日 (水) 07時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507550/64253435

この記事へのトラックバック一覧です: 働く女性の実情は?:

« 10月の体重目標 ~スポーツの秋~ | トップページ | 103万円の壁の向こうは? »