« ラグビー観戦 in 熊谷 | トップページ | 戦争体験を語り継ぐ »

実家に帰るということ

実家に帰ってまいりました

すでに父は亡く

昭和ひとけた生まれの母は一人暮らし

熊谷という土地柄ひろ~い畑の中の一軒家

隣に姉夫婦が住んでいて

パートの姉は外で働き

買い物や畑仕事など母のお手伝い義兄が行っております

母は帰るたびに小さくなっていって

今や子供たちよりも小さくなって

背中も丸まって

農村地帯でよくみられる働くおばちゃんみたいな背格好をしています

糖尿病があるので無理はできませんが

グラウンドゴルフやフォークダンスを楽しんでいます

帰れば姉の愚痴をグチグチ言っておりますが

まあ、近くに住んでもらっているんだからね~

義兄がいるからいいじゃない

と、適当に相槌を打つワタシ(ごめん)

実家に帰ってもワタシの居場所はすでにないので

いつもお昼ご飯を食べて

泊まらずに帰っています

そういえば、長女も、昨日帰ってきました

長女の部屋も何も残っていないので

長女の居場所もすでになく

明日にはまた一人の暮らしに戻っていきます

それでも

いつ帰ってきても長女がいるとやっぱりぱっと明るくなる我が家

帰る家があるっていうのは

ありがたいことですね

実家の母が亡くなったらあの大きな家と畑は空き家になるんだろうか

調整区域だから自由に使えない土地と家

姉夫婦にお任せするとはいえちょっと心配

母にはいつまでも元気でいてもらいたいですが

だんだん実家に帰ると

こんな現実的なことも考えなければいけない状況になりつつあります

ワタシもいずれ一人暮らしになると

長女と次女でどうするのかなあなんて

相談する日が30年もするとやってくるんでしょうか

2世帯住宅の我が家

川口にしては大きめのおうちですが

一人暮らしになったらどうしたらいいのかな

実家に帰って自分の母を見ると

自分の老後を考えてしまうワタシでございます

|

« ラグビー観戦 in 熊谷 | トップページ | 戦争体験を語り継ぐ »

働く母」カテゴリの記事

コメント

最近、核家族化が進み、結婚したら、実家から離れて生活する事が当たり前のようになりましたよね。
それで空き家も増える一方のようですね。
古くて使いにくい家に舅、姑と一緒に住むより、新しくて便利な家に住みたいと私も思います。実家で暮らすなんて無理だと思いますもの。
でも空き家になったらどうするか?
問題ではあります。

投稿: Katsuei | 2017年8月12日 (土) 11時24分

こんばんは♪

有意義な夏休み過ごしてますね~。
ラグビーはテレビで少し観ました。
うちのパパ、各種スポーツ観戦や結果や選手を調べたりが趣味でして、初めてのデートがラグビー観戦でした。
(ルールも知らず、つまらなかった…)

数年前まではそこまで親の事や自分の老後を考えなかったのに、50も半ばになるとアチコチで似たような話題になりますね。
私もついつい考えてしまいます!!

投稿: hanamodangomo | 2017年8月12日 (土) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507550/65654003

この記事へのトラックバック一覧です: 実家に帰るということ:

« ラグビー観戦 in 熊谷 | トップページ | 戦争体験を語り継ぐ »