« 2018年3月 | トップページ

2018年4月

我が家のスイトピー

夫がベランダで育てているスイトピー

窓を開けておくとよい香りが・・

ついでにストックも一緒にと

夫が飾ってくれました

20180422_090238


今年は赤紫のスイトピーがとってもきれいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガスレンジフードのお手入れ

オイルスマッシャー機能付きの

高機能ガスレンジフード

内部はほとんど汚れません

といううたい文句でしたが

外側はたまに掃除したほうが良いのかな

と、外して掃除してみました

20180421_072937

20180421_072942

これを外した奥のほうにファンがついています

ファンは見た感じきれいでした

受け皿とフィルターを外して掃除しました

20180421_073300_1


結構油がたまって、こんな感じに汚れています

水をかけたくらいじゃもちろん汚れは取れないので

普通に洗剤で洗いました

20180421_074017


フィルターもさっと洗ってきれいになりました

部品を外すのもはめるのも簡単で

毎日のお手入れでもないので

たまにきれいにする程度だったら

面倒くさがりのワタシでも大丈夫かな

高機能付レンジフード、さすがに高いだけあって

使いやすいです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お外でランチ

1524194956708.jpg
眼鏡を訪問先に忘れた
😵💧
取りにもどった
近くも遠くも見えない
不便な今日この頃

BECK'Sカフェでランチ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がんばれ、理系女子

我が家のYUは理系女子

薬学や生物系ではなく

土木系です

今は土木技術者はものすごい人手不足

ちょっと話すのがあまり得意ではないYuでも

贅沢を言わなければどこかに就職できるだろうなんて期待しています

とはいえ、ブラック企業に就職しても困る

建設系はまだまだ女子が少ないので

トイレとか、更衣室とか、労働環境が整っていないところも多いだろう

人手不足だからこそ女子に来てもらいたい職場では

改善が進んでいるなんて言う話も聞く

先日、埼玉大学の先生とお話しする機会があった

理系の女子は増えているとは言われているけれど

まだまだ学部に占める割合は低いとのことだった

そういえばYUの学部も

女子は2割程度かな

意外に多い?

Yuの場合は生物系に進みたかったものがいつのまにか進路変更

こんなことなら物理を勉強させておけばよかったわ

「物理を選択科目にすると入試の幅が広がりますよ」

高校の面談で先生がそうおっしゃっていたっけ。・・

これからは工学系の女子も増えていくのかもしれません

理系進学をお考えの場合

物理を頭に入れておくのもいいかもね

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Happy Birthday?

昨日はワタシの五十ン回目の誕生日でした

もちろん家族のだれも気付かず

「今日、何の日だか知ってる?」

「?」

「ああ、誕生日??・・オメデトウ・・

とムリヤリおめでとうと言わせるワタシである

(あまりめでたくはないね)

が、気づいたらちゃんと長女から

おめでとうLINEが届いていた

あらら~

やっぱり長女だね

この配慮がうれしいね

そして次女は帰ってくると

「はい」

20180418_200252_1024x768


20180418_200221_768x1024


ラデュレのマカロン

(悪いね~、催促して)

ムスメタチからの心遣いにちょっとほっこり

パパ?

「おめでとー」

心のこもった(?)お祝いの言葉をいただきました

| | コメント (4) | トラックバック (0)

家事はどこまで

共働きの女性(特にお母さん)にとって

家事負担は大きい

イクメン、カジメンなんていう言葉がはやり

今の男性は結構「手伝って」くれているのでしょうけれど

自分のこととして主体的にかかわる人は少ないのではないかしら

家事も仕事も子育ても100%でやるのは無理

自分のストレスにならない程度に

何を優先するか決めて

上手に家電やお手伝い要員(子供も含めて)を使うのが鉄則でしょうか

ワタシはアイロンかけが大っ嫌いなので

夫のYシャツにアイロンをかけていたのは

結婚後1年間くらいですcoldsweats02

「袖にシワが寄っている」

なんて文句を言われたものだから

面倒だからもうアイロンはかけないと宣言して

それからず~っとクリーニングです

「なにを!今に見てろ」とアイロンを極めるのもよいかもしれませんが

ワタシにはアイロンがストレス

子供の制服ブラウスも

「自分でアイロンをかけなさい」と命じました

アイロンかけをしない母をみて

子供も「面倒」と思ったらしく

最後はシワがちょっと寄っていても気にしない女子になってしまった。。

自分の服はほぼクリーニング

クリーニング代は季節の変わり目にはものすごい金額になりますが

今じゃハンカチもタオルハンカチにして

アイロンを使うのは年に数回です

好きな家事は料理かな

(凝った料理はしないけれど)

お惣菜などはあまり使わない

外食は多くなったけれどずっと続くと飽きるしね

そのほかルンバはもう10年も使っているし

食洗機も洗濯乾燥機もある

欲を言えば

もっと忙しかったころは

家政婦さんがいてくれればよかったかな

義母がいてくれたおかげでめちゃくちゃ助かったけれど

ということで何を優先するか何がストレスなのか

あれもこれも完璧になんかやらなくて良いのですから

家のことは自分の納得のできる程度に手を抜きつつ楽しんで

共働きライフを楽しみたいものでございます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女の選択

雇用機会均等法世代のワタシ

大学の同級生の女性たちはどんなふうになった?

結婚、出産、退職

というルートを取った人は確かにわずかでした

仲の良いともだちでは

ずっと働いているのはワタシともう一人

あとは体調を崩して退職後、勉強しなおして今は起業

一人は夫の転勤に伴い退職し、専業主婦をしながら再就職。パートでの再就職ですがいずれは正社員を狙っているところ

職場の同期の女性はといえば

基本的には女性も上を目指す傾向が多い職場だったのですが

一人は3年目にして結婚退職

一人は体調を崩して5年ほどで退職

独身のまま管理職になった女性が1人

独身のまま上を目指さなかった女性も数人

結婚、出産して管理職になった女性も数人

40過ぎてから結婚し、出産し、50歳まで産休を取っていた女性

結婚、出産後、子育てしながら試験も受けて上を目指しながらも50歳で退職した女性

もっと違うフィールドで活躍したいと転職した女性

離婚してシングルママになった女性

介護離職をした女性

一人一人にそれぞれいろいろな背景があって

ここでは語りつくせませんが

ほんとう~にいろいろです。

同期の男性たちはこういう選択はなく

皆さん普通に出世コースを歩んだり

役職定年を迎えて子会社に出向したり

やっぱりそれなりにいろいろあったのでしょうけれど

女性ほどの分岐点はなかったことでしょう

30年たった今も

女性は結婚、出産、などで

仕事か家庭か、はたまた両方がんばってみるか、

時期が来たら復活するのか

とりあえずは時短を使ってみようか

みなさんいろいろ考えています

迷ったときは公的機関にちょこっと相談してみるのもいいかも

埼玉県にはこんな施設もあります

埼玉県女性キャリアセンター

べつにキャリアウーマンを推奨する機関ではありません

はじめの一歩をどう進めたいかというかたから

上を目指して頑張りたい女性まで

女性の働く

を支援する機関です

電話相談もやっておりますので

興味のある方は一歩を踏み出してみては?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレーをつくる

久しぶりにカレーをつくった

我が家の子供たちは辛いものが苦手だったのですが

子供が小さいころはカレーは土曜日の定番メニュー

子供用にめちゃくちゃ甘いカレーにさらにホワイトシチューのルーなどを入れ

カレーの色をしたホワイトシチュー

なんていう時期もあって

大人用とお姉ちゃん用、妹用と3つのカレーを作っていたっけ・・・

なんていう遠い昔を思い出しながら

大人用のカレーを作りました

シャトルシェフでほぼ1日保温調理をして(途中何度か温める)

味のしみ込んだカレー

Yuにはちょっとマンゴーチャツネなんかを多めに入れてあまくしてあげます

最近ではみんなが家にいないので1年に数回作るだけとなったカレー

たまに食べると自分が作ったものでもおいしく感じるものだなあ

パパにも好評でよかったよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結婚28周年

昨日は28回目の結婚記念日でした

あらら、気づけば自分の人生の半分以上を

夫と過ごしているんですね=

すごいですね(?)

せっかくだから

結婚式を挙げた大宮パレスホテルのクラウンレストランで

フルコースをいただきました

もちろんワインもつけてね

事前に結婚記念日と伝えていたので

デザートにはプレートが

20180414_200546_1

あれ、祝16周年って。。。。

なんか勘違いされちゃったのかしら

まあ、いいや~。とおいしくいただき

コーヒーまでいただいてテーブルで会計したら

もう一度運ばれてきたデザート

20180414_201905

あら、さっきのはプレート間違い????

誰かのと一緒になっちゃった????

天下のパレスホテルでも間違うことがあるんだなあ

このあともう一品、一口サイズのクッキーやチョコがついて

コーヒーのお替りまでいただきラッキー♪

今朝もまだおなかがいっぱいです

今日は夜まで何もいらないかな

そんなこんなでの結婚記念日でした

人生100年時代

パパ、残りの人生もよろしくお願いします

| | コメント (4) | トラックバック (0)

次女の運転する車、初乗り!

ほぼ10か月近くかかり

教習所ギリギリの期限内で

ようやく免許取得したYU

先日免許センターで最後の試験を受けて無事合格

今日、さきほど、うちの車を運転

とはいえ、いきなり「86」の運転はさせられないので

まずは軽自動車から

我が家の軽自動車

もう10年以上乗っているミラジーノ(マニュアル車)

どうでしょうか~

そろりそろりと駐車場から発進

うん、、まずまず

クラッチの切り替えはスムーズ

運転は、、、

ちょっと右よりかなあ

対向車に近くて怖いよ

でも右折も左折も思ったより上手

駐車もまあまあ

ということで

最初は怖かった初乗りですが

慎重な性格のYUだけに

丁寧な運転で

80点くらいかな

なれれば一人で運転できるようになるだろう

「お姉ちゃんより上手だよ」

満足そうなYUでございました

| | コメント (1) | トラックバック (0)

同一労働同一賃金の行方

日本郵政グループが

春闘での組合からの扶養手当や住居手当の非正規社員への支給などの要望を受け

「年始勤務手当」を非正規社員に支給することを認め

一方で正社員の住居手当の廃止を決めたそうです

朝日新聞 正社員の待遇下げ、格差是正

廃止後10年間は一部支給するとの経過措置があることで

組合との合意を得たようですが

これからは

同一労働同一賃金の関係で

こうした「正社員の待遇を下げる」

という選択をする会社も出てくるんでしょうか

同一労働同一賃金関係では

裁判例がだいぶ増えてきています

働き方関連法案の中では

いわゆるパートタイム労働法や労働契約法の改正が関係してきますが

目的や性質により

それぞれの手当てが均等、あるいは均衡であるかを判断することになるようです

特に、手当関係では「同一にしなければならない」

という裁判例も増えているようですから

非正規社員の多い会社では

いよいよ正社員の待遇を下げるという選択をせざるを得ないところも出てくるのかな

もちろん労使の合意がなければできませんが

働き方もどんどん変わってくるので

この先10年、20年の間に

正社員と非正規社員の様々な格差が

少しずつ縮まってくる時代が来るのかもしれませんね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生百年時代にどう生きるか

先日美容院に行ったら

いろいろな女性雑誌で

「人生百年」どう生きるか

のような特集をやっておりました

国でも昨年から検討会議を行っています

人生百年構想会議

たまに新聞などに紹介されておりますが

リンダ・グラットン教授が

日本への贈り物

としていろいろなデータを示しています

たとえば2007年生まれの子供の50%が107歳まで生きるとか

雇用の未来について

記録管理や計算、反復窓口業務、組み立て作業など定型的な業務は機会が代替するとか

これまでの「教育→仕事→引退」という人生から

会社員や雇用によらない働き方など労働をいろいろな時点で移動できるマルチステージへと変化していく中で

特に結婚や出産など、ライフスタイルで変化を強いられる女性は

これまで以上によくライフプランを考える必要があると思います

「女の子は結婚したら仕事をやめて専業主婦へ」

という選択は

選択肢の中のone of them

「ずっと仕事をしながら子育ても」というのも

多くの選択の中の一つ

 ずっと働くか、転職を繰り返すか、一度リタイアして再就職するのか

結婚するとかしないとか、

最後まで独身の場合は自分の老後をどうするのか

夫と離婚したらその後の経済的自立をどうするのか

シングルでも共働きでもいくらくらい稼いでいれば生活していけるのか

ワタシのような50代女性でも

60歳になってから何か始める人も多いかもしれません

これまで選択しながら歩むことの多かった女性だからこそ

これからの時代も臨機応変に対応できるのではないかしら

幸せは旦那が運んでくる、と、待っていただけの時代から

自分でチャンスを探し未来を切り開く時代です

いろいろなライフステージでどのように生きていったらよいか

発想を変えて考えてみるのはいかがでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お弁当復活

長い春休みの間は

出かけることがあっても

午後だけとか夜だけだったYU

授業が始まったので

お弁当復活です

自分で作らせればいいじゃないって??

まあまあ・・・

自分の分も作るからついでです

幼稚園生のお弁当のように

かわいいキャラ弁とか

女子が好きな

きれいなカラフル弁当ではなく

昨夜の残り物主体の

茶色い弁当です

最近は夜作らないことも多いので

主食のお米でさえ

冷凍チャーハンのことも

(冷凍の方がおいしいとか言っています)

おかずもプチトマトと冷凍食品は欠かせません

弁当箱はもちろん自分で洗ってもらいます

たいした手間ではありませんが毎日では面倒なお弁当ですが

かわいいムスメのためについつい

「明日もお弁当持ってく?」

と聞いてしまうワタシ

自分が仕事を辞めるまでは

お弁当が続くと思うので

「ついでに」弁当も続くかもしれないなあ・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

女性の働き方はどう変わったか

4月から仕事が変わりました

女性のチャレンジを「働く」という面から応援する仕事です

10年前にも同じような仕事をしていましたが

質が大きく変化し

今では女性本人だけではなく

企業に対する働き方の見直しの働きかけなど

事業範囲がものすご~く広くなりました

ワタシが仕事を始めた30年前

女性は出産どころか結婚したら辞めるのが当然

サラリーマンのパパ。専業主婦と子供二人

というモデルが当然の時代でした

それから30年

女性活躍推進法、次世代育成支援対策推進法

企業での女性の活用について法律で義務付けられたこともあり

また、何より最近の人手不足で

女性や高齢者なしには仕事が回らなくなったこともあり

企業でも女性を大事にするところが増えたように思います

辞めずに働き続けることを選択する女性も増えました

働き方もいろいろで

一度やめてからのパートなどでの再就職はもちろん

派遣職員や

時間や勤務地限定での正社員

雇用によらない在宅ワークを選ぶ方など

多様な働き方が広がっているようです

ワタシの職場でも

少し前までは会議をすれば男性しかいない

ということが多かったですが

最近は女性比率がすこ=しだけ増えたかな

それでもデータを見る限り

女性の収入は100万円以下の方が圧倒的に多い

自ら選んでいるのか

いろいろな制約の中でそうせざるを得ないのか

この賃金分布がもう少し高価格帯に上がればなあなどと思いますが

現在の環境ではなかなか進みません

男性の協力、イクメン、など増えているようですが

働く女性の負担はまだまだ多い

そのうち家庭用ロボットができそうな感じですがまだまだ先かな

我が家でもルンバ、乾燥機、食洗機、などなどいろいろ使っています

子供たちが大きくなったので夕食を作る回数もめっきり減り

家事はこれまで以上に、すっかり適当になりましたが

それでも自分の負担のほうが夫より圧倒的に多いと感じています

が、そこは、もう30年こうしてきたので

代わりに自分の自由に使えるお金がたくさんあるからいいや。。。

と、割り切っています

長女もしっかり就職しましたが

いまどきの若い子だからスキルアップで転職するなんて言い出しかねないけれど

それはそれで認めていかなくちゃなんでしょうね

働き方はこの10年、20年で

さらに大きく変わることでしょう

選択が多い分、迷うところも増えそうですが

納得のいく人生が送れるよう

働きたい、働き続けたい女性を応援していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大学3年生、今日から学校です

長い春休みが終わり

久しぶりに学校に行くYU

1年、2年生の時は

教養科目などの関係で

1限目から授業があり

6時半ごろ家を出ておりましたが

今年は1限がなくなったようです

がんばって2年次までに専門科目の大部分を取ったので

卒業単位は無理なく取れそうということで

水曜日は休みにしてみたとのこと

バイト、雇止めにあったので(人手不足なのにね)

授業の様子を見て違うバイトを探すようです

研究室の活動はどんな感じなのかはまだわからないので

これからどれほど忙しいのかまだ様子はわかりません

弓道の活動は3年の9月頃までらしい

インターンシップも入ってくる

長女は大学3年生の時にモスクワに留学した

「YUも留学してもいいんだよ」

「絶対嫌だ」

英語と飛行機嫌いのYU、外国に行く気はないようです

「大学院に行ってもいいんだよ」

「行かないよ」

そこまでいろいろやりたいことがあるわけではないらしい

「就職したらおねえちゃんみたいに一人暮らしするからね」

「はい、どうぞ」

お姉ちゃんの生活はYuの憧れなのね

3年生はあっという間に終わって

すぐに4年生

そうしたらすぐに就職

ワタシの中ではいつまでも小さくてかわいいYuですが

いよいよ親元を離れる日が近づいているようです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジェクサーでホットヨガ体験

スポーツジムが大好きで

エアロビ、ステップ、ときどきパンプ・ファイト系

ですがこれまでヨガ体験をしたことのなかったワタシ

先日仕事の帰りに

体験をしてみました

西川口のジェクサーは女性専用のホットヨガスタジオ

岩盤浴大好きのワタシなので

暑いのは大丈夫

ただ、体がものすご~くかたいので

なんてことないポーズがものすごくきつい

汗がすごい

いやいや

ホットヨガ、侮れませんね

平日夜、仕事帰りに寄ってみようかな

3か月9000円のキャンペーン中なので

申し込んでみようかな

土日はセントラル

またまたダブルで登録中

今日はこれからステップに行く予定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベランダのお花

冬の間さびしかったベランダ

夫が育てているパンジーやビオラで満開

20180407_082336

今週は新しい職場で疲れたよ

お花がある生活は癒されます

| | コメント (1) | トラックバック (0)

学費のお知らせがやってきた

4月は何かとお金がかかる

そのもっとも大きなものが学費

昨日、納付書が送られてまいりました

前期分です

医学部や薬学部とはくらべものにはなりませんが

そこはやっぱり私立理系

1回の学費は国立1年分より多い

高い。。。

あちこちにキャンパスがあるYUの大学

都内ウオーキングで別学部の立派な校舎を見たり

立派な冊子が送られてきたりするのを見ると

「我が家の学費もここに入っているのだろうか」

なんて思ったり。。。

学部内にできた新校舎も何が入っているのだろう?

実習もあるし研究室もあるからいろいろかかるのはわかっておりますが

定期代やら3月満期の保険なんて言うのもいくつかあって

4月に必要となるお金は100万近く

子供が大学を卒業したら

貯金の貯め期

なんて言いますが

Yuが卒業してから夫の卒業まで1年しかありません

YUの卒業後自分の定年まで5年あります

学費はかかりませんが

夫の定年後はワタシが家計を支えることになるんだろうか

はあ~

お金、たまらないうちに老後を迎えることになりそうだな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

YU、教習所を卒業する

8月から教習所に入ったのはいいものの

ず~っと停滞していて

春休みになってから

ようやくハイペースで通いだし

路上教習に苦戦したようですが

教習所を卒業できました~

良かった。。

期限はあと1か月

のんびり屋で心配しましたが

あとは免許センターで試験を受けるばかりかな

うちの車がマニュアルであるためにマニュアル教習に臨んだYU

あれこれ同時に操作しなければならず

マルチ思考の苦手なYuには大変だったみたい

でも運転は慣れだから

免許取ったら少しずつ家の近くでも運転していれば

1年もすれば普通に運転できるようになるよ

ちなみに長女MIはすっかりペーパードライバー

免許を取ったものの運転する機会は皆無でございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大宮、住みたい街第9位

ナック5で朝紹介していたけれど

リクルート 住まいカンパニーの調査

住みたい街ランキング2018

おお、わが埼玉県からついに10位以内が

9位 大宮

10位 浦和

ちなみに1位からは横浜、エビス、吉祥寺、品川、池袋、武蔵小杉、新宿、目黒・・

と続きます

そういえば4月から社会人となった姪っ子

実家は熊谷ですが

職場が代々木八幡

映像系のイベント会社ということで

通えないから下宿すると

職場近くで探すのかと思ったら

大宮ですって

そごうの近くらしいです

「代々木八幡まで遠いんじゃないの?」

「始発あるから」

始発って、、、埼京線?京浜東北線?

どのくらいの間取りでいくらくらいなんだろう

5万くらいで探すと言っていたから

そんな値段でそこそこいいお部屋が見つかったんでしょうか

ワタシの職場は浦和ですが

マンションがすごい勢いで増えています

今はいいけれど

30年後、子供の少ない中でどんな街になってしまうのかな

住みたい街になって人がたくさん増えるのはよいですが

そういうところをトータルに考えていかないと

この先大変なことになっちゃいそうだけどな

などと感じておりますが

とにかく埼玉県民としては

こうやってランキング上位に身近な街が入ってくれるのは

うれしいことでございます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

保育園の子供たち

仕事の関係で

保育園を見せていただきました

0~2歳児のクラスで

夕方はみんなお昼寝タイムも終わって

ママを待つばかり

キラキラした小さな子供の目が本当に癒される

やさしそうな保育士さんたちと一緒に

いきなり訪れたオバサんに緊張した面持ちではありましたが

久しぶりに接する赤ちゃん

なんてかわいいんでしょう

「いくつ?」

しゃがんで子供たちに聞くと

指を1本出したり2本出したり

もみじのような小さな手を見て

思わず抱きしめたくなっちゃったよ

この子たちのお母さん

きっと時間になったら飛んで迎えに来て

子供を自転車の後ろに乗せて

買い物をしながら家に帰り

足元にまとわりつく子と格闘しながら

「ちょっと待っててね~」

なんて言いながらご飯を作りたべさせ

お風呂に入れて添い寝しているうちに一緒に寝てしまい

そんなときにお父さんが帰ってきて

起きてご主人のご飯の支度。。。。

なんていうのはワタシの時代で

今はパパがお迎えに来たり

パパが夕食の準備あるいは片づけをしたり

そんな協力共働き世帯なんでしょうか

子育てしながらの仕事は大変かもしれませんが

子供の成長を見るのは本当に楽しい

1歳、2歳、なんていう時期はあっという間で

成人になってしまった子供たちは家にも寄りつかず

大人だけの家は静かである

子供っていいなあ

保育園のお子さんを見てバアバのキモチになるワタシ

ムスメタチよ、早く結婚して孫を連れてきておくれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年度です

今日から新年度

新しい職場で社会人となる人もたくさんいることでしょう

久しぶりに仕事をする

なんていうママさんたちもいるかもしれません

お子さんが今日から新社会人

という方も多いことでしょう

ワタシ自身、今日から新しい職場です

ここのところ、1~2年で職場がどんどん変わっていて

ようやく仕事を覚えたと思ったらはい、次へ

という状況です

50を過ぎて新しいことを覚えるのは大変ですが

今度の職場は

ジャンルとしては去年の職場と同じ

ですが引継ぎ資料を見ると

まあ、あれこれあれこれ盛りだくさんですこと

若い人も多いようなので

活気のある職場のようです

今日から新しい環境、新しい仕事のみなさん

また、ずっと同じ職場でも新しいメンバーを迎えるみなさん

それぞれ不安と期待でいっぱいのことと思います

ワタシも同じ

元気に、明るく、前向きに、

楽しんで仕事に取り組めるようにいきたいと思います

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ステップにきています

1522550008365.jpg
西台ステップ時間変更
初日だから
チケット発券に合わせてきてみた
時間まで
ミスドでご飯食べながら仕事する予定
メンバーは昨日と同じ感じ
来週はもっとゆっくりでいいかなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰ってきたヒトラー を観てみたよ

ケーブルテレビでやっていた映画

ちょっと話題だったので録画しておいたのを見てみました

最初に聞いていた話では

ジャンルはコメディ

ということでしたが

実際に見てみたら

コメディというか結構ブラックな感じの風刺映画?

なかなかよくできているなあと思いました

ストーリーは

ヒトラーが現代社会になぜか来てしまって

本人は本物なのですが周りの人は物まね芸人と思っている

現代社会によみがえったヒトラーがテレビやネットを通じて大衆の支持を集め人気者となり

このまま大衆を扇動するようになっていくのか。。。。??

原作を知らないので最後がどうなるのかわかりませんが

ドイツが作ったドイツ語の映画

ディープなテーマだと感じました

ネットやテレビを通じて作られていく世論は日本も同じ

連日の森友問題は完全にワイドショー化していて

マスコミの人たちは視聴率だけで動いているんじゃないかしら。

もっといろいろ報道すべきことがあるだろうに・・・

そんなネット社会の現代に

世の中の不満や不平をうまく操る人物が出てきたら

本当に怖いなあ。。。

そういう意味でこの映画、

コメディーというよりホラー的なものを感じたワタシです。

面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ