« 夫婦二人の朝 | トップページ | ハロウィーン »

共働き・主流ですが

いまどきご夫婦は共働き世帯が主流となりました

共働き世帯の推移

平成9年ごろ共働き世帯が増え始め

今や共働き世帯数はそうでない世帯の2倍近いです

が、多くの共働き世帯では

女性が「扶養の範囲内」で働いておりますが

最近、10年以上働く女性が増えています

勤続年数の推移

一度やめてしまって再就職する場合

女性の場合は特に

「子育ての負担」「夫の家事参加が少ない」「時間がない」

などの理由で

家の近くで、短時間で、と、いう働き方をする方が多いです

当然、就業調整もするので

多くのパートなどの女性の収入は年間100万円程度

厚生年金には入っていません

辞めないで継続してガッツリ働く女性の場合は

夫婦での年金額は多くなります

今もらえる金額か、将来の金額か

最近のセミナーなどを聞いていると

働ける環境があるならやめないほうが良い

という声が多くなっています

人手不足なので

転職フェアもものすごい盛況

働き方改革ブームで

時間外労働をなるべくしないムードもできつつある

働き手がいないので外国人にも門戸が開かれそうな時代

再就職のときのライバルは外国人になるかもしれません

せっかく機会があるのだったら

頑張って辞めないで続けてみるとか

正社員を目指してみてもいいんじゃないかな

もちろん、働き方も生き方も人それぞれ

無理して生活が破たんするのは論外ですが

チャレンジできる環境があるなら

今こそ追い風なんだけどな。。。

|

« 夫婦二人の朝 | トップページ | ハロウィーン »

働く母」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507550/67320498

この記事へのトラックバック一覧です: 共働き・主流ですが:

« 夫婦二人の朝 | トップページ | ハロウィーン »