旅行・地域

雪の中、お一人露天風呂

万座温泉
大雪の中露天風呂に行ってみました
20190126_114634
もちろん誰もいない。。。。
着替え場所は暖かいですが
入るまでの1メートルが極寒
さむい。。。
入ると
温かい。。。熱い。。。
1分ほど入っていたら
髪の毛、凍っておりました
雪だるまを作っておいてあったので
ワタシも作ってみました
寒い。。。
凍えそうな中雪だるまの下を作って
一度中に入って暖まって
今度は雪だるまの上を作って
また暖まって
合体させました
左上の妙な塊がワタシの制作した雪だるま。。。。
雪だるま一つ作るのに出たり入ったり
熱いやら寒いやら
冬のお一人露天風呂
楽しい。。かも?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

万座温泉日進館 バスツアー

雪見の温泉にきています

ということで昨日は
新宿西口8時50分集合、9時00分出発

関越自動車道にのって
10時30分上里PAで20分休憩

長野原の浅間酒造で
12時35分まで休憩

1548393887568.jpg

1548393889871.jpg
八ッ場ダムが近いのでヤンバーカー

お酒を試飲して
お土産も購入して

日進館にgo!

途中峠は雪だらけ

1548393891232.jpg

スキー場はがらがらなんですねえ

到着して
2時00分チェックイン

さっそく一杯飲んでー
休んで湯巡り➰☀️

まずは長寿の湯
源泉をはじめ、いろいろなお風呂にはいれます。

寒いためかちょっとぬるめかな

露天風呂もついてます

1548414051010.jpg

1548414053087.jpg

極楽の湯に行くためには、旅館の長靴をはいてgo

昼間はおばあちゃんたちで一杯でしたが
さすがに夜は誰もいませんでした

1548414054522.jpg

昼間はよい天気でしたが
雪がちらついていました

お風呂であったまったので寒さは感じませんでした

夜はビュッフェ
昼間からビール飲み過ぎの夫ですが
さらに日本酒2合とワインでかんぱーい

高齢者の多い宿で
シングルお一人高齢女性も数人

女性はいくつになっても元気です

ワタシもかくありたいものでございます

| | コメント (1) | トラックバック (0)

免税手続きにチャレンジ

海外旅行編最期はこれ

プラダでバッグを買ったワタシ

免税手続きをしなければ!と

ホテルで英語の書類を熟読し

誰かのブログで記入の仕方をよく読んで

う~~ん。よくわからないけれど

お店でワタシの申告内容は印刷してもらっている(自分で入力したあれだな)

「キャッシュで返してもらうか」「クレジットカードに送金してもらうか」みたいな選択肢がある

クレジットでいいや。ユーロでもらっても困るし

サインをするらしいけれどローマ字でいいのか。漢字がいいのか。

よくわからないから両方書いてみた

記入すべきことは埋めてみたよ

そしてマルコポーロ空港に着いて

時間があったのでここで免税手続きにチャレンジ

本当はこれもフランクフルトでするみたいなのですが

英語の解説をよ~~~く読んでいたら

イタリアマルコポーロ空港でできます

と書いてあったので

tax refundの窓口を探したら、あら、あった。。。

しかも誰も並んでいない

恐る恐る

「初めてなんですけど」

みたいな雰囲気で持っていったら

パスポートとクレジットカードを確認し

スタンプを押してもらっておしまい

(クレジット返金にした)

3分で終わったよ

特に何も聞かれることはなかった

「以上ですか?」

「そうですよ」

というような会話をしたので

免税手続きはあっという間に終わりました

免税手続きは、荷物を機内に持ち込む場合と、預ける場合では異なるようです

皆さんのブログなどを参考に、持ち込んだほうが楽そうなので

機内持ち込みにいたしました。

が、購入品の確認もなくおわりました。

意外に簡単だった免税手続き

先日、クレジット利用状況を照会したら

すでに返金扱いになっておりました

次回引き落とし日に相殺されるみたいです

数万円が帰ってくることになってラッキーです

返金、ありがたいことでございます~・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

海外でキャッシュレス

海外旅行といえば

クレジットカードを持っていくのは当然として

ATMもいろいろなところにあり

デビッドカードも使えるという話だったので

今回はこれを持っていきました

20190106_102650

まあ、キャッシュプリペイドカードというんでしょうか

日本で現金をユーロにして口座に入れておいて

(日本円のままでもOK)

空港やイタリアのATMで普通に現金を下ろすように使ったり

お店で直接カードで支払ったり

クレジットではなく現金扱いなので

あとから請求が来ることはなく

ワタシのように現金管理がよい人間にはぴったり

イタリアでは多くの店でキャッシュレス化が進んでいたので

お土産屋もレストランもバーカロも大体このカードで済みました

有料トイレだけはコインが必要なので

少しは小銭を持っていこうね

ATMの使い方は最初は戸惑いましたが

英語を選択すればなんとなくわかるし

緑のボタンが「OK]というのは共通で

たまに使えないATMもありましたが

ほとんど困ることはありませんでした。

30年ほど前はトラベラーズチェックなんかを持って行ったものですが

今はいろいろ便利なんだなあ。。。

日本でもキャッシュレス化が進んでいくようです

我が家もだんだん電子マネーを使うことが増えていきそうだなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イタリアの公衆トイレ事情

ワタシはトイレが近い

だから旅行の時は大変

ましてや外国。

イタリアには日本みたいにコンビニはなかった。。。

おトイレオバサンに1ユーロ払ってトイレに入ったり

自動コイン支払機で1.5ユーロ払ったり

何とかなるものでございますが

トイレに困る皆さんのために記録しておきましょう

フィレンツェはトイレはたくさんありました(有料)

また、美術館や駅のショッピングセンターなど大きな施設には大体トイレがついていました  

が、ベネチアにはほとんど公衆トイレはありません

ムラーノ島なんかはトイレはありますが16時でトイレも店じまい

困ったときは飲食店で

何か飲んだりしてトイレを借りましょう

ワイン1杯、コーヒー1杯でもOK

とはいえ、イタリア居酒屋でワイン1杯だけ頼んでトイレに行くのは

日本人のワタシにはちょっと勇気がいたね

何回かやるうちになれましたけどね

イタリアのトイレでびっくりしたのはこれ

20181230_150037

これ、和式トイレ。。。だよね?

どっち向いてする?

とりあえず、ドアの方を向いてするのかな。。。

ということでドアの方(右)を向いて用を足しました

たまに便座のないトイレもありました

これは中腰でするのか

直接座るのか

それとも上に乗るのか

う~ん、悩ましい

除菌ティッシュで拭いてすわってみました。。。

おっきっくてお尻が落っこちそうなので

やっぱり中腰にしました

イタリアのトイレ、難しい。。。??

| | コメント (1) | トラックバック (0)

フィレンツェカード ~フィレンツェ番外編~

20190105_155024_1

これ。

街のほとんどの美術館や教会の入館につかえます。

日本円にしたら1万円くらい?

高い、、、といえば高いですが

ほとんど並ばず

いちいちチケットを買わなくてよい

まあ、ディズニーランドのファストパスみたいなものでしょうか

フィレンツェカード専用の入り口があって

優先的に入れてくれるんです

ワタシは年末で激混みだったので

フィレンツェカードでもウフィツィ美術館は30分くらい並んだかな

そのほかの施設は並びませんでした。

ガイドブックkによれば観光案内所で買える・・・

ということだったのでドゥオーモ近くの観光案内所に行ったら

ベッキオ宮で買ってくださいと言われ

ベッキオ宮に行って入り口のお姉さんに聞いたら

チケットの列に並べと言われたので並んで

順番が来た「フィレンツェカードが買いたい」

と言ったら隣の窓口を案内され

隣の窓口では「ここではない。隣だ」

といわれ、「さっき隣の窓口でここを教えてもらった」「ここではない」

と、何度か行ったり来たりさせられた

最終的には最初の窓口で買うことができた

まあ、そんなもんさ。

フィレンツェカード、その後は順調に使うことができました

ほとんど待ち時間なしでストレスなしでした。

何か所か回る方、忙しい方にはおすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンザッカーリアから船で空港へ・帰国

楽しい旅行も終わりです

ホテルのチェックアウトは11時

飛行機はマルコ・ポーロ空港に14時45分

12時には空港についていたほうがいいのかな

フロントで聞いたら

目の前の桟橋から空港に直行の船があるという

空港までのバスに乗るためには

一度サンタルチア駅の方に戻り(ローマ広場で降りる)

バスに乗り換えて空港に行く

早いのはバスかもしれないけれど

最後にゆっくり船に乗っていくのもいいかなと思い

サンザッカーリアから船で行くことにした

市内を走るバポレットではなく

カモメのマーク「アリラグーナ社」のブルーラインに乗るようにと言われ

切符売り場で「ブルーライン」と言って時間を確認

あら、フロントでは50分といわれたけれど

実際には75分

11時25分発で12時40分についた

飛行機は14時45分発だし

出国審査はフランクフルトでするので

チェックインだけ済ませておしまい

荷物は「羽田」までであることを確認

乗継はフランクフルト

ほとんど人もいないのであっという間に終わってよかった。。。

時間があったのでちょっと軽食

20190102_135450


20190102_134737

久しぶりにビールにしてみたよ

ボーディングチケットをもらって乗り場へGO

ルフトハンザ機でフランクフルトについて

ここから乗り換え時間は4時間ほど

余裕ありすぎ??

いやいや~

この空港、広すぎです

現在地が把握できず。

どこにどういったらいいか全くわからずウロウロする

ボーディングパスの乗り場を見てこっち方面かな?

と歩いて行ったら

インフォメーションのお姉さんがいたので

チケットを見せたら指差してくれたのでそちらに向かって

いよいよ出国です~

途中、知らない外国のお兄さんがエレベーターで

「あと20分しかない!!」

とあせりまくっていました

フランクフルト空港は知らない人には鬼門かな

乗り換え時間に余裕があってよかったよ

最後に空港でワインを飲んでまったりして

帰りはANAで帰りました~

ANAはなんだか広めの席で楽ちんでした

羽田に着いたのは翌日の午後4時ころ

飛行時間は11時間ほど

帰りの方が早く着くのね

疲れたけれど楽しかった1週間

元気のあるうちに、親が元気なうちに、

もう一度どこかに行ってみたいものでございます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベネチア3日目

3日目は水上バス「バポレット」を使ってあちこち回ってみました

まずはサンザッカーリアから見えていた対岸の島へ

サン・ジョルジョ。マッジョーレ教会へ

20190101_101145

教会の塔の上から見たベネチアの街

この教会、まだ早い時間であることもあってかほとんど誰もいなくて静かだった。。。

それからまた船に乗ってアカデミア橋のほうに向かいます

こちらはちょっとこじゃれたお土産なんかが売っていて

夫にネクタイなどを買ってみました

姉には香辛料を買っていこう。。。と

ちまちまあれこれ見ながらレストランは水路沿いのここ

20190101_131915
ホテルのレストランでした

パスタがおいしかったです

20190101_134400


アカデミア橋から大運河を上り(?)、

大運河沿いの建物を見ながら「ローマ広場」まで

そこから乗り継いで「ムラーノ島」に向かいます

ムラーノ島でピアス購入

20190106_110309_2


右下の方にムラーノ島のMの字を入れるのがこのお店のしるしなんだとか。。。

ブラブラしているうちにあっという間に日が暮れて

20190101_173451_2


ガラスのクリスマスツリー

20190101_173634

本島に戻ってまだまだ街を散策

20190102_101854

版画を作って売っているお店で記念に版画を購入

お店の人となんちゃって英語で会話をしていたら

ベネチア風景画の卓上カレンダーをおまけにもらってしまった♪

最後の晩餐はリストランテにしよう。。。

20190101_203408

20190101_211439

結局朝以外は毎食ワインを飲んでいた。。。

帰りにとおった霧のサンマルコ
20190101_201125

幻想的。。。

ベネチアに来てよかったなあ・・・

多分もう一生来ることはないんだろうなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベネチアカウントダウン 2019

自分の家以外で大みそか、正月を迎えたのは

初めてです

いつもなら紅白歌合戦とかを見ていた時間

夫と一緒にサンマルコ広場方面へ

どなたかのブログで

サンマルコ広場でのカウントダウンがよい・・・というのを見て出かけていきました

が、今年の公式HPでは

ホテル近くの海岸がカウントダウンの会場らしい

どっちなんでしょう??

公式が正しいんじゃないかと思いつつ

サンマルコ広場でやっていたら二度とみられないし。。。

と思ってサンマルコ広場まで来ましたが

人々は逆方向に向かっています

サンマルコ広場はガラガラです

「これは、やっぱり海岸沿いなんだよ」

と、ホテルの方に戻りますが

ものすご~~~い人で身動きできません

あら、このまま始まっちゃったら、、、、

心配しましたが

何とか海岸の方に戻ってまいりました

始まる前には花火が何度が打ち上げられ(音だけの花火)

いよいよかな

特別に案内の放送があるわけでもなく

周りの人々が

「(イタリア語で) 5,4,3,2,1、・・・」

「明けましておめでとう~」(っぽい内容?)

花火がバンバンあがります

20190101_000239


20190101_001622

「HO!!HO~!!

「Wooo~~~」

「#$%&’」

と謎の奇声が飛び交い盛り上がっています

盛り上がっている皆さんを見るのが楽しいです

花火は20分ほどでしょうか

最後にバンバンと盛り上がった花火があがっておしまいです。

明けましておめでとうございます

いや~、

あの混雑の中、ベビーカーで来ている人がいたりしてびっくり~~

ちなみに、東洋人はほとんど見かけませんでした。。。

やっぱり冬はオフシーズンなのかな

外国に来ているみたいでいい感じでした(?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベネチア観光 ~ベネチア2日目~

少し余裕も出てきた3日目

朝からベネチア散策です

午前中は街をぶらぶら歩きます

20181231_110024


まるでディズニーシーみたい、、あ、逆ですね

ディズニーはベネチアによく似ているね~

こんな螺旋階段上の建物を発見したり

20181231_133628

もう二度といけないでしょう(道が複雑で同じところにはなかなかいけないよ)

教会がたくさんあったりと

仮面やベネチアグラスのお土産さんがたくさんあります

ふらふら歩いてお昼はパスタ

それからHISの現地オプションツアーを頼んでおいたので

サンタマルコ寺院、ドゥカーレ宮殿、そしてゴンドラにも乗りました

この旅行中、フィレンツェも含めて

東洋系の人はほとんど見ない

外国に来た感じがとってもしましたが

このツアーには日本人18人が参加しておりました

我々は最高齢だね

20181231_141153


20181231_142118


20181231_154039

ツアーが終わった後は

サンマルコ広場の伝統あるカフェ

ラヴェーナで

ちょっと休憩(トイレ借りた)

20181231_162654

この寒いのに外のテラスでアイスなどを食べるのが

ヨーロッパの皆様の習慣なのかしら?

中の店舗もいっぱいですが

外のテーブルもいっぱいでした

ベネチアもフィレンツェも

日本の寒い日と同じくらいの天気かな

ぶるぶる震えるほどではございませんでした。

一度ホテルに戻って

いよいよカウントダウン会場へ(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧