書籍・雑誌

働き方を考える本

政府の働き方改革実現会議が進んでいます

長時間労働の是正をはじめ

同一労働同一賃金や

兼業・副業、転職の話

今話題のテレワーク

などなど

テーマには

外国人労働者や病気治療との両立もあり多岐にわたっています

最近働き方に関する本がたくさん出ています

そんな中で読みやすかった2冊

20161126_101419_576x1024
自ら育児休業を取り

父親の介護もして

病気の子供の面倒を見て

いや~、なかなかの方です

まあ、働き続けている母にとっては

ああ、そう、こうやって来たなあって、

まるで自分をみているようで共感できます

これを男性がやっているところがすごい

男性も女性も仕事と家庭と地域での生活と両立するには

やっぱり同じことを考えるんでしょうね

特にこれから結婚して働く男性にお勧めしたいわ

20161126_101426_576x1024

こっちもなかなかインパクトある本ですね

これは、すごい会社に入社して企業戦士として働かされている疲れた方(たぶん若い男性)に

ちょっと立ち止まってみようと語りかけているような感じでした

働く母はそもそもここまでモーレツに働いては両立できません(そこまでできるスーパーウーマンは少ないでしょう)

ワタシなどは30代のころは「子育て>仕事」でしたね~

もちろん、仕事には全力投球ですが

何かあったときは間違いなく家庭を優先しておりました

その結果、自分のキャリアに厚みが増したものと勝手に考えております

子育てを含めたすべての経験が

今の仕事に生きております

ま、たまにこういう軽めの本を読んで考えてみるのもいいかもしれませんね

こんな本も読みやすかったです

20161126_101432_576x1024


20161126_101438_576x1024

ちなみに今日は電車でお出かけです

電車の中でこんな重めの本を読んでみようと思います

20161203_102836

| | コメント (0) | トラックバック (0)

将来親孝行でしたいこと

土曜日日経新聞

(こどもランキング)

日本能率協会総合研究所の協力で実施したアンケート

将来、親孝行でしたいことは何か

小学校5年から中学3年の男女200人にきいたものだそうです

1位 「きちんと就職して安心させる」

2位 「一緒に旅行や遊びに行く」

3位 「誕生日や記念日を祝ってあげる」

4位 「自分自身が元気でいる」

5位 「働いてためたお金をあげる」

以下、

「一緒に八暮らさなくても時々遊びに行く」「結婚をする」「孫の顔を見せてあげる」「好きなものを買ってあげる」「旅行をプレゼントする」

ということだそうで

「親の面倒を見る」

なんていうのは選択肢になかったのかもしれませんが

いまどきそういう発想はないんですね~

ワタシがムスメに親孝行として望むこと

1位 「きちんと就職する」

2位 「同居するなら生活費を家に入れる」

3位 「孫の顔を見せる」

こんなところかな

3位はなかなか難しいかもしれないけれどねcoldsweats01

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

女性が活躍する会社

6日、日経新聞です

雑誌「日経ウーマン」がまとめた

2013年度の「企業の女性活用度調査」によると

女性が活躍する会社

notes1位 日本IBM

notes2位 資生堂

notes3位 第一生命保険

以下、ノバルティスファーマ、住友生命保険、パソナグループ、

大和証券グループ、野村証券、明治安田生命保険、日本生命保険

が続いておりました

国内有力企業4329社を対象とした調査というk遠出

採点の基準は

①女性役員の有無など女性の管理職登用度

②ワークライフバランス度

③女性社員向け研修制度の有無

④女性社員比率など男女均等度

ということです

実際に働いている方の声を聴いているわけではありませんが

確かになんとなく

女性が頑張っていそうな会社の名前が連なっています

また、多くの企業で女性の幹部登用を重視しているということで

回答企業の女性管理職比率は

前回、前々回の 6.9%から8.4%に上がったということです

女性の登用が進む中

働きやすさを考える企業も増えていくのではないかと

期待したいところです

世の中を変えるためには

女性の声が反映されることが大事

ワタシの職場は女性が多い

いろいろな企画ものに

女性の声が大きく反映されます

わが職場は、元気です

先日のNHKの特集ではありませんが

女性が活躍できる社会は

元気があり、活気があるものだと感じています

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

子供の居場所 ~遊び場はネット空間~

昨日の日経新聞夕刊です

パソコンやインターネットに囲まれて育った今の子供は

ネット空間も身近な遊び場

閲覧や利用時間の制限をしても

親の目をかいくぐってネットにアクセスするのが今の子供たち。。。。。

という感じの記事ですが

携帯電話は今や中学生では普通に持っている子も多い

小学生でもだいぶ増えている

それどころかスマホを使う子もいるし

ゲーム機器でインターネットにアクセスするというケースもある

家の中でパソコンの制限をしても

電車や飲食店内で

WiFiなどの公衆無線LANを使ってネットに接続する方法や

スマホのアプリケーションがフィルタリングで制限できないものがあるなど

技術の進歩に子供たちが先に行ってしまって

親がついていけない。。。ということもある

我が家では

パソコンと携帯はフィルタリングをしているが

YUは任天堂のDSでなにやら接続している模様

便利になったといえばよいのですが

親の目はますます届きにくくなっています

ネットのない社会は今更ありえませんが

セキュリティや自分の身を守るためのルールなどは

しっかり教えておきたいところです

しらないところでトラブルに巻き込まれる可能性もあるのがネットの問題点

子どもの身を守るのは親の責務でもあると思います

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

病院で死ぬということ

Dvc00032

医師である著者が末期がんの患者の闘病、そして死と向き合いながら

・病院は人が死んでゆくにふさわしいところだろうか

・医療者に任せるのではなく、自分自身の意思と選択で決める自分の死を迎えるにはどうしたらよいか

読みやすい本です.

が。。。

読んでいて気分が重くなりました

昨年父を亡くしました

父は自宅で息を引き取りました

前立腺のがんと診断されて10年ほどたっていたでしょうか

自分もがんであることをもちろん知っていました

それでも医者から余命宣告をされたときはさすがに父にはいえませんでした

ワタシと母が先生から

「あと半年だね~」と言われ

元気なのに。。。

と思っていましたが、そのほぼ半年後になくなりました

父は最期は

体が苦しいときは「もう早く死にたいなあ」

ちょっと元気なときは「まだ生きていたいなあ」

とつぶやき、その都度は母

「まだまだ大丈夫だよ」と励ましていたようです

ワタシも父に会うたび

「今度は○○にくるから、そのときまで元気でいてくれないと困るよ」

と言っていました

いつも

「最期にチューブにつながれてまで生きているのはいやだ、家で死にたい」

といっていた父

その言葉通り、特別な延命治療もせず

痛みもなかったことから自宅で息を引き取った父

この本を読んで、

多くの人が病院で亡くなる中、

あらためて、父は母に看取られ幸せだったんだなあと思いました

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

「おつまみ横丁」を買ってみた

Dvc00011

すぐにおいしい酒の肴

おうち飲みを楽しく、おいしく

というキャッチにつられて。。。

「とりあえず」の、

shineゆで卵の練りウニのせ

shineプロセスチーズの黒こしょうまぶし

shineたたき山芋の明太あえ

な~んかちゃちゃっとできそうだしおいしそう

レシピなくても何となく想像で作れそうなところがよいではないですか

まいたけの醤油バターとか

たこの唐揚げとか

ふつ~に我が家のつまみとして使われているメニューも多数で親しみ深いわ

ワタシは実はレシピ本を読むのは大好き

家にもたくさんありますが

実際レシピ通り作ることはほとんどない

見て楽しい料理本

想像力をふくらませ、

失敗しても「ゆうまま風」ということでアレンジしてしまうところがよいのである

さ~て。実は今日ははなの舞で2千円ほど使ってきてしまったのですが

土曜日は久しぶりに腕をふるっておうち飲みのメニューを作ろうかなあ

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

働く女性分析 ~バブル、氷河期、ゆとり世代~

週刊東洋経済の10・15号で

「なぜ女性は出世できないか」

という特集が出ていました

ま~・・・

均等法ができてから25年たちますが

女性を戦力として本気で育てようとしている会社はまだまだ少数

これはなるべくしてそうなった結果でもあると思うのですが

そんな記事の中で

日本の働く女性を

世代別に探るページがありました

notesバブル女性

これって、ワタシなんぞはこれかもしれないね

・「われこそはキャリアウーマン」という感じで肩に力が入っていて暑苦しい。過剰なブランド志向(過剰じゃないけどブランドは好きかも)。愛社精神がすごく、権利の主張が激しい

そうなんでしょうか~

そんな感じに見えるのかい。。。

いや、なんと言われようとも子育てと仕事と家庭を両立するためには手段を選ばず頑張るしかなかったんだよ。愛社精神ではないが、誇りを持って仕事をして何が悪いか

などと思うのだが、こういう表現はおもしろいものである

shine氷河期女性

30代前半から40代手前の団塊ジュニア世代。やりたいことしかやらない。会社への帰属意識が低く、スキルアップにとりつかれている。「もっと自分に合った仕事をしたい」「もっと輝きたい」と願うあまり周りからは自分勝手に見える

うわ~。またまた強烈な表現ですが。そうでしょうか?30代子育てしながら働くワーママたちはやっぱりがんばっていますよ。

crownゆとり女性

・20代のゆとり女性は会社も仲間も大好き。会社に「入れてくれてありがとう」と感謝の気持ちを持って素直に見えるが実は言われたことしかしない。上っ面だけで真心がない。ワークライフバランスを求めるのは良いが緩く長く働きたいという考えが多い

ワタシの職場には20代の女性はおりませぬ。。やっぱり猛烈に働いていると思われる上の世代の女性たちを見て「あんなふうに大変になるのは嫌だわ~」と感じる人も多いのかもしれませんが、長く勤めたいのならがんばってもらいたいものである

ま、週刊ダイヤモンドで

こんなふうに働く女性をぶんせきしようという記事が特集されるってのが

なかなか面白いではないですか

オヤジさまたちになんと思われようと

同性たちに何を言われようと

がんばる働く女性たち

自分もその一人としてそんな女性たちを

ワタシは応援したいです

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)