調査・統計・白書など

少子高齢社会

国立社会保障人口問題研究所が先日発表した

日本の地域別将来推計人口

都道府県あるいは市町村ごとに

2045年までの人口推計をしています

特に気になる生産年齢人口(15~64歳)

埼玉県の場合

2015年(平成27年) 454万9千人 から

30年後、2045年には 349万2千人

2015年に比べて76.8%

ということですが

たとえば秋田県では571万人から 256万人、2015年に比べて44.9%

びっくりな数字

埼玉のような首都圏に住んでいると

人口減少問題はそれほど感じませんが(実際には県内でも減少地域がある)

どうやって地域を維持していくのでしょうか

各地で地方創生の取り組みを行っていますが

少子化対策がうまくいかなかったツケがここにきてはっきりと表れています

30年後、自分はまだ生きているかしら

80歳を超えております

ちなみにそのころの埼玉県で65歳以上の方は人口の35.8%

先ほどの秋田県では2人に一人が65歳以上

働く人がいなければ税収が得られず、自治体も成り立たない

なんといっても埼玉のような狭い地域ならいざ知らず

秋田のような広い地域でまばらに住む高齢者を誰がどう支えるんでしょうか

AIなどの最先端の技術がSFの世界のように機能して

年齢にかかわらずそこそこに暮らせるようになるとも思えない

じわじわですが確実に進む高齢化、少子化

高齢者も女性もみんなガッツリ働かないと成り立たない世の中がやってくる

健康に生活できるのがこれから時代を乗り切る秘訣かもしれないなあ・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大宮、住みたい街第9位

ナック5で朝紹介していたけれど

リクルート 住まいカンパニーの調査

住みたい街ランキング2018

おお、わが埼玉県からついに10位以内が

9位 大宮

10位 浦和

ちなみに1位からは横浜、エビス、吉祥寺、品川、池袋、武蔵小杉、新宿、目黒・・

と続きます

そういえば4月から社会人となった姪っ子

実家は熊谷ですが

職場が代々木八幡

映像系のイベント会社ということで

通えないから下宿すると

職場近くで探すのかと思ったら

大宮ですって

そごうの近くらしいです

「代々木八幡まで遠いんじゃないの?」

「始発あるから」

始発って、、、埼京線?京浜東北線?

どのくらいの間取りでいくらくらいなんだろう

5万くらいで探すと言っていたから

そんな値段でそこそこいいお部屋が見つかったんでしょうか

ワタシの職場は浦和ですが

マンションがすごい勢いで増えています

今はいいけれど

30年後、子供の少ない中でどんな街になってしまうのかな

住みたい街になって人がたくさん増えるのはよいですが

そういうところをトータルに考えていかないと

この先大変なことになっちゃいそうだけどな

などと感じておりますが

とにかく埼玉県民としては

こうやってランキング上位に身近な街が入ってくれるのは

うれしいことでございます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

労働統計ってむずかしい

働き方改革関連法案がらみで

統計調査の数字に問題があると

国会でバタバタしていますね

そもそも調査のもとになるデータの取り方が違うって。。

ワタシなどもときどき統計調査の紹介をさせていただいています

出典は必ず明らかにしますが

統計数字のとらえ方はいろいろなので

プラスの面もあればマイナスの面もある

マスコミで発表される数字はすべてを表すものではないので

自分で確認していただくのが一番なのですが

労働の統計はわかりにくいし難しいです

たとえば、

日本では実総労働時間は減っていて昔は年間2000時間を超えていたのに今は1700時間程度に減っている

などという記事をみたりいたしますが

このデータには短時間で働く方の数字も入っているわけで

パートなどで働く方が今や4割の日本では

労働時間が減っていくのはこうした事情もあるためです。

状況が全く違うのに同じデータとしてとらえていいのかな、、、というところでいろいろ見てみると

短時間労働者を除いた方の実労働時間数はいまだに年2000時間を超えております

こういうデータはぱっとビジュアルに発表されているわけではなく

いろいろ計算をして加工して出されていることが多いです

発表されるデータの元データや考え方、用語の定義など

ちゃんと理解したうえで「これだ」と示すのは大変だと思います

とにかく労働系の統計をみてみると

用語の定義だけでも統計ごとに違っていたりします

統計データには色はついておりませんが

どういうデータをどのように使ってどう説明するかによって

印象がだいぶ変わります

数字のマジックに騙されないようにするのも大変ですね!

(もちろんこの記事も専門家ではないので鵜呑みにしないでね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パートと正社員の格差って?

いよいよ働き方改革関連法案が提出されようとしてます

女性の多くがパートなど正社員以外の雇用形態で働いていますが

正社員の方とほとんど同じ仕事なのに

賃金などに大きな格差があるという人も多いのではないでしょうか

先日、同一労働同一賃金の検討会の委員であった東京大学の水町勇一郎先生の講義を聴く機会がありました。

企業の方の準備が大変そうだなあと思ったことと合わせ、

働く人も、これから変わる制度についての認知が必要なんだろうなあと感じたところです。

労働者の賃金カーブ

こんなデータがありますが

短時間労働者(正社員・正職員以外)の平均賃金は1,060円

正社員・正職員の平均賃金は1,950円

正社員の方と、責任や人事配置の状況などを考え

これが合理的だと説明できるかできないか。

なぜ2倍も違うのか、正社員の給料のたとえば7割くらいなのではないか、などなど

違いについてしっかり説明できるようにしなければならないというのが

「同一労働同一賃金」

いわゆるパートタイム労働法や労働契約法、派遣法が改正されようとしています。

自分には関係ないわ~

ということではなく

すべての方に関係してきます

事業者は、その賃金の格差について説明できるようにしなければなりません

また、賃金だけではなくいろいろな手当やら福利厚生など

こちらの格差はこんな感じ

各種手当等の支給状況

こちらについては、例えば通勤手当や福利厚生施設の利用など

職務の内容や配置の状況に関係なく同一にすべきものもあるということです

法律が改正されても準備期間があるので施行されるのはまだ先になりそうですが

これから非正社員と正社員の格差をなくそうという動きが始まろうとしています

何がどう変わるのか決まれば情報提供が始まると思いますので

知らないうちに損をしないように

国や自治体などからの情報には気を付けていただきたいものでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

25年後はひとり暮らしが4割だって!

各種新聞でも話題

国立社会保障・人口問題研究所の発表です 

日本の世帯数の将来推計

2015年の国勢調査をもとに25年後の2040年までを推計

25年間の間に

単独世帯 は34.5%から39.3%へ(いまでも34.5%が単独世帯)

夫婦のみ が20.2%から21.1%

一人親と子 が8.9%から9.7%

夫婦と子 は26.9%から23.3%

65歳以上である世帯が

1918万世帯から2042万世帯へ

65歳以上の未婚率は

男性14.9%。女性9.9% 

65歳以上男性の独居率は14.0%から20.8%

65歳以上女性の独居率は21.8%から24.5%

25年後には

男性も女性も10人に一人が未婚

5人に一人が一人暮らし高齢者

さてさて

結婚する、しないは個人の自由ではありますが

高齢者の一人暮らしは元気なうちは良いですが

不自由になってからが大変そう

まあ、そのころは

一人暮らしの方のためのいろいろな生活スタイルや制度が

新しくできてくるとは思いますが

なんせ支える側の子供が少ないので

ある程度は自分でなんとかするしかなさそう

子供たちには家族を作ってもらいたいと願うワタシですが

女の子でもしっかり働いてガッツリ稼いで自分の身は自分で守れるようにする

これはこれからの世代にとっては男女関係なく基本でしょう

ワタシたちの年金も不安ではありますが

ワタシが実の母に

「昔の年金はよかったんだよ」と言っているように

「お母さんたちの時代は良かったんだね・・」

そんなふうに子供たちから言われる時代が来るのでしょうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さな子供とインターネット

座間の事件

ツイッターで知り合う若者たち

うちの次女も、高校のころまではLINEに既読さえつけない子でしたが

最近はツイッターが一番つかうSNSみたい

そんな現代

小さいころからネットに触れる環境が整っております

こんな調査が内閣府から発表されています

低年齢層の子供のインターネット利用環境実態調査

0歳から9歳までの子供を持つ保護者に対して子供のインターネット利用状況について調査したものです

♪子供の39.2%がいずれかの危機でインターネットを利用、インターネットを利用する機器はスマートフォン(19.4%)、タブレット(18.3%)、携帯ゲーム機(7.2%)

ちなみにインターネット利用何時は

17歳になると96%(ほとんどがスマートフォン)

♪いずれかの危機を利用している子供のうち43.8%が自分専用のものを持っている

♪利用内容は85.4%が動画市長、65.8%がゲーム

♪利用時間は1時間以上2時間未満が28.0%

子供のインターネット上の経験では

♪注意してもインターネットをやめない 24.2%、パスワード解除 7.4%

♪ほぼすべての保護者がインターネットを使用するうえでの管理を行っている

でもフィルタリングを使っているのは8%。。

我が家では長女が中学生のころ

自分専用のPCを与えてガラケーを持たせていたら

いつの間にか出会い系サイトにアクセスし

携帯にいろいろな人からメールが届いていた。。。

ということがあってそれからフィルタリングをかけました

今の子供は小学校のころから自分専用のインターネットツールを持っていて

親の目の届くところでインターネットを使う

とはいえ、大きくなるにしたがって

大人の見えないところで冒険してしまうお子さんもいるでしょう

中学生くらいまではフィルタリングしたほうがいいと思うけどな

子供ってびっくりすることをするから

親も子供以上の知識が必要なんでしょうね

YUはもっぱら動画専門です

もう20歳だからあれこれ言うことはございませんけれどね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

育児や家事に費やす時間

厚生労働省が発表した厚生労働白書から

日本の一日

日本で一日におこる出来事の数をお知らせしています

その中にあった

6歳未満の子供を持つ親が育児・家事に費やす時間は?

♪夫 1時間7分

♪妻 7時間41分

だそうです

ワタシが結婚したころは

夫の家事時間は1日に20分くらいだったと記憶しているので

ほぼ30年かけてようやく3倍になったということでしょうか

最近はイクメン、カジメン、イクボス、

男性の育児や家事への参加、ワークライフバランスの参加などが

だいぶ広がってきているようですが

まだまだ妻の負担が大きいですね

ちなみに、人口を見ると

一日に生まれるのは2,669人

亡くなるのは3,573人

一日当たり、904人、人口が減少しているようです

そういえば、すこ~しずつ変わってきたと思いませんか?

コンビニやファミレスで学生のバイトがほとんどいなくなって

今やアルバイトさんはシニア世代や留学生バイトさんが多くなった

先日西武に行ったら

コンシェルジュがシニアの男性になっていた

銀行などでも案内はシニアの男性だ

西武デパートなんか、若い人がほとんどいない

若い人はいずこへ。。。?

と思ったら

ルミネにいたのか?

夜の池袋のルミネは若い女性であふれていた(西武はすいていた)

自分もシニア世代になりつつあり、長女も家にいなくなったので

世の中の若い人のトレンドはもうわからなくなりました・・

そんなワタシの家事時間

子どもは成人し子育てにかかる時間はほぼゼロ

自分自身にも家事もめちゃくちゃ手抜きです

昨日一日にワタシがやった家事

朝ご飯を作って片づける、お弁当を作る。。。15分

洗濯物を干す。。。5分

晩御飯は外食

洗濯物を畳む。。5分

ごみを集める。。。2分

あら、家事をしている時間は27分

昔のお父さんみたいになっております

夫に至っては家事時間はルンバを用意する3分くらいでございます

ま、子育ての終った中高年の夫婦なんてそんなものなのかもね~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

1年間にどのくらい働いていますか?

過労死等防止対策白書が公表されています

平成29年度過労死等防止対策白書

電通の職員が亡くなった事件

NHKの職員が亡くなった事件

少し前まで、過労死といえば、

働き盛りのお父さんが脳卒中や心疾患で亡くなる。。。

というニュースが多かったような気がしますが

最近は働く女性の過労死も増えているようです

日本人の年間総実労働時間は減っています

平成5年に約1900時間だったものが

平成28年には1724時間

これは、パートタイムで働く方が増えたことが要因です

実際には

パートタイム労働者を除いた年間総実労働時間では

平成5年に2045時間だったものが

平成28年に2024時間

日本の労働者(パートタイムを除く)の労働時間はほとんど変わっていないのです

ちなみにパートタイム労働者の総実労働時間は

平成28年度に1050時間です

1週間の労働時間が60時間を超える労働者の割合は減っておりますが

30代、40代の男性に多いです

また、女性では20代に多いです

業種でみると、自動車運転従事者や外食産業等、人手不足の産業での過労死が多いようです。

人口減少による人手不足の影響で

忙しい職場が増えているのでしょう

大きな企業は良いですが小さい職場ほど休みにくい

国では中小企業の働き方改革のための政策を考え始めているようですが

実際にはなかなか難しい問題だと感じるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パートとして働く

今や働く人の4割がパートタイム労働者

厚生労働省が5年に一度行っている

パートタイム労働者総合実態調査

平成28年度版が公表されておりました

企業と、働く人と、両方の調査を行っておりますが

今回は働く人の意識を紹介

働く理由

女性と男性では主な理由が異なります

男性の場合

「家計の主たる稼ぎ手として生計を維持するため」「自分の学費や娯楽費を稼ぐため」「生きがい、社会参加のため」に働くという方が多く

女性の場合

「生活を維持するためには不可欠のため」「子供の教育費や仕送りの足しにするため」「自分の学費や娯楽費を稼ぐため」と続きます

男性の場合は、「家を支える」ということのほか

最近は定年後に短時間で働く方も多いので

「生きがいづくり」として働く方が多いのでしょう

パートを選んだ理由

女性の場合は

「家計の補助」的に働く人が多いようですが

男性の場合

「自分の都合の良い時間に働きたいから」「勤務時間が短いから」

そして「正社員としての募集がなかった」「正社員として採用されなかった」

という理由でパートを選ぶ方も多いです

女性の場合6割が

「自分の都合の良い時間に働きたいから」

そして「勤務時間が短いから」「就業調整ができるから」と続きます

パートで働く女性の多くが就業調整をしております

130万円、150万円

いろいろと壁があるようです

壁の存在がなかったワタシなどは当たり前に働き続けてまいりましたが

扶養の範囲内で就業調整しながらそこそこに働く

という働き方が多くの女性に支持されています

若い世代を中心に共働きが当たり前になる時代

ともに正社員、ともにパート、いろいろな働き方がありますが

夫を支えるパート主婦

という構図はあと10年もすると少数派になる?

そもそもシングルの人が増えているし

パートだの正社員だのの違いもなくなるかもしれません

今は想像できない新しい働き方

あと20年たったら

「あのころはこんな風なことが話題だったんだねえ」

と、自分のブログを読み返して感じる日が来るのかなあ。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

子育て世帯の世帯収入は?

独立行政法人労働政策研究・研修機構の調査

第4回子育て世帯全国調査

子育て世帯の平均税込み収入

さて、いくらでしょう?

調査によると

683.2万円

母集団は末子が18歳未満の2人親世帯、またはひとり親世帯ですが

これ、多い?少ない?

ちなみに税込収入が300円未満の世帯は

全体の8.6%で減少傾向

一方で

税込収入1000万円以上の世帯は

全体の16.8%で増加傾向

夫婦共働きの高収入世帯が増えているようです

ところが、平均消費額は減少

貯蓄率は上昇中

また、高収入の男性の妻ほど無業率が高い

というこれまで言われてきた法則は最近崩れつつあり

高収入の夫でも妻も働くパターンが多くなっているようです

「家事を全く行っていない父親」の割合は減少中

って、全く行っていないと答えた方は

妻が正社員でも18.7%coldsweats02

我が家ですか?

正社員歴30年以上のバリキャリワーママですから

収入はそこそこですが

支出もものすごく多い

教育費と住宅ローンに追われていて

貯蓄ができない50代、です

いつか楽になる日が来ると信じ

貯蓄をしたいと思っているところです~

最近健康の状態があまり良くないし、夫も太り気味

これからは医療費が増えないように

健康に気をつけなくちゃ

少子化が進んで社会保障の負担も増え

消費税も上がりそう

自分の身を守るためにも

稼げるうちは共働きでガッツリ稼いで将来に備えたい

そんな共働き世帯。。。

という感じかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧