調査・統計・白書など

非正規という働き方を選ぶ理由

労働力調査が発表されております

2016年の平均値です

役員を除く雇用者のうち正社員は3,355万人

昨年に比べて51万人増加

非正規の職員・従業員は2,016万人

昨年に比べて36万人増加

最近の雇用情勢はとても人手不足という背景もあり

正社員も非正規雇用者もともに増えています

現在、非正規雇用者の占める割合は37.5%

今や10人のうち4人近くが非正規雇用者

2012年には35.2%でした

年齢階級別にみると

非正規の職員・従業員が多い年齢階級は男性では55~64歳

女性では45~54歳、および35から44歳

増えた要因は

定年後に働く男性と、子育てが一段落してから働く女性

という図が浮かび上がります

そして、非正規という働き方(パート、アルバイト、派遣、契約社員、嘱託など)

を選んだ理由ですが

♪男性の場合

一番多いのは「自分の都合の良い時間に働きたいから」が25.0%

ついで「正規の職員・従業員の仕事がないから」が24.8%

「家計の補助、学費等を得たいから」13.0%

♪女性の場合

一番多いのは「自分の都合の良い時間に働きたいから」28.1%

「家計の補助、学費等を得たいから」25.1%

「家事・育児・介護と両立しやすいから」17.1%

「正規の職員・従業員の仕事がないから」11.5%

非正規で働く男性は有配偶者率が低いことから(女性は高いです)

男性の未婚率が高いのは働き方に関係があるのかもしれません

働く理由は人それぞれ

働き方もいろいろです

最近は非正規雇用者から正社員に登用する制度や

時間や勤務地を限定する正社員という働き方もあります

非正規雇用者の場合は

賃金が正社員に比べるとだいぶ低くなるので

現在同一労働同一賃金のガイドラインを策定して

不合理な格差をなくそうという動きもあります

最近は、ファミレスやコンビニで若い店員さんよりも

時間帯によっては高齢者が店員さんになっている姿をよく見かけます

年金支給年齢も上がってしまいますから

元気なうちは働く方が増えたんでしょうか

最近は定年まで働かないという方や

フリーランスで働こうという方も多くなっているようです

若いうちに就職した会社で定年まで働き退職後は悠々自適に暮らす

というスタイルは

遠い昔の姿になりつつあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お隣さんの年収は?

いや、そんなのわからないですよね

それでは、働き方によって

年間収入にどのくらいの差があるのか

先日発表された

労働力調査からみてみましょう

4ページ目に賃金分布が出ています

正社員の場合、

男性では一番多い層は500~699万円の22.9%

ついで300~399万円の19.8%です

女性の場合正社員でも

一番多いのは200~299万円の28.4%

ついで300~399万円の22.4%

女性で500万円以上稼ぐ人は15%ほどです

400万円以上稼ぐ人にすると28.2%と約3割

たぶん、ずっと辞めずに働いている人が増えているんでしょうね

一方で非正規の場合

男性では199万円以下の方が57.9%

女性では84.6%

女性の場合は100万円未満で働く人が45.1%

扶養の枠を考えて働くパートの方が多いのでしょう

働き方は人それぞれですし

最近はいろいろな働き方がどんどん増えています

若いご夫婦では共働きは当たり前となりつつあります

そうはいっても保育園の問題とかがあって働きたくても働けない人もいます

一方で在宅勤務や短時間勤務、限定正社員など

子育てや介護中の方でも働きやすい多様な働き方も増えています

どんな働き方であっても

まずは働くルールをしっかり確認していただいて

不利にならないように自分の身は自分で守りましょう

埼玉県のこんなページもありますので

参考に

彩ちゃんと学くんといっしょに 知る・学ぶ・活かす労働法

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男女の賃金格差

ちょっと前に出ていましたね

賃金構造基本統計調査

新聞では

男女の賃金格差を取り上げていたところが多かったでしょうか

一般労働者(短時間労働者を含まない)の所定内給与額の比較です

男性を100としたときの女性の賃金は

平成9年には63.1%

今回の調査、平成28年では73.0%

20年で10%ほど上がったようです

正社員で働く女性が増えたのが原因か

男性の賃金が低くなったのか

いろいろな要因があるでしょう

雇用形態別に賃金格差を見た場合

男性正社員の349.0千円、男性正社員以外は235.4千円

女性正社員262.0千円、女性正社員以外は188.6千円ちなみに

「正社員以外」の定義は、正社員・正職員に該当しないもの、、、ということです

また、これらは短時間で働く方を含んでいない月額賃金

短時間勤務の方の場合は時間単位での賃金が出ております

男性では60~64歳が時給が一番高く1,250円

女性では30~34歳の1,115円となっています

短時間労働者の場合は(パートやアルバイトでしょうか)

男女の賃金差はあまりないようです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女子は初職で非正規が多い

姪っ子は大学3年生

いよいよ就活まっしぐら

我が長女は大手正社員に就職で一安心

次女はトホホだけど、どうなることやら。。。

で、改めてデータを見ると

初めて就職するときの就業形態では

男女ともに「非正規社員」が増えていますが

女子では最新データで非正規率はほぼ50%

平成24 就業構造基本調査

2人に1人が正社員になっていないんですね

次のデータが春には出るでしょうから

その推移が気になるところです

就職氷河期が続いたことや

派遣の仕事が増えたりしたことが原因でしょうか

一度非正規になると

そこから正社員にステップアップするのは

年齢が上がるほど難しくなっていきます

「女の子は結婚すればいいじゃない」

なんていうママさんもいますが

今や女子でも生涯未婚率は高く

男性も高収入である人は少なくなっています

なにより

自分がしっかり稼いでいれば

離婚という事態になっても

また夫が離職してしまってもなんとなるし

社会保険料をしっかりおさめておけば

将来もらえる金額が変わります

今は就職は売り手市場

こんなときだからこそ

「とりあえず、なんでもいいや」ではなくて

できるだけしっかり就職してもらいたいところ

要領のいい姪っ子はそれなりの会社に就職できそうな気がしますが

次女は大丈夫かなあ。。。

面接が苦手

作文が苦手

要領が悪い

バイトをしていてももたもた。。。

そんな次女でも

自分に合った良い仕事があるといいんですけどね

あと3年は売り手市場が続いてくれることを願います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同一労働同一賃金のガイドライン

働き方改革の柱の一つである

同一労働同一賃金

これについては厚生労働省で

同一労働同一賃金の実現に向けた検討会

が行われています

先日、16日に中間報告が出されました

この問題は

正規・非正規の待遇について

不合理な格差をなくし、非正規社員の待遇を改善するために

ガイドライン案の策定に向けての具体的方策を検討しているものです

といっても具体的には何のことやら、という感じでしょうか

同一労働同一賃金と聞くと

パートでも正社員でも仕事が同じなら賃金は同じ

というくらいのイメージを持っている方も多いかもしれませんが

ドイツやフランスにみられるような賃金体系を日本に導入するということではありません

中間報告にあるように

労働市場全体の構造を理解し、国の構造にあった対策をとることが重要

ということで

基本ポイントが3つ挙げられています

・正規社員・非正規社員両方に対し、賃金決定のルールや基準を明確にし

・職務や能力等と賃金を含めた待遇水準の関係性が明らかになり、待遇改善が可能になるようにすること

・教育訓練機会を含めた「能力開発機会」の均等、均衡を統一することで一人一人の生産性向上を図ること

また、同一企業内での同一労働同一賃金を考えることが現実的ということで

当面は企業横断的なものを検討するのではないようです

こうした柱をベースに「ガイドライン」案の検討がさらに行われるようですが

実効性を持たせるために企業の労使による積極的な取り組みを求めています。

まずは職務内容や人材活用の仕組みとは直接関連しない各種の「手当」の見直しに取り組むとか

賃金表の作成等を通じて基本給の決まり方を明確にし、正規・非正規の比較をできるだけ可能にするなどの取り組みの重要性を掲げています

企業規模や非正規社員比率に関する配慮や

キャリア形成・能力開発は非正規社員の待遇改善にもっと取り組んでいくべき

などが検討されているようです

非正規の賃金水準は正規の6割程度といわれていますが

将来的にはこの差を少なくしていこうというガイドライン案作成の取り組みですが

企業側にとっては大きな負担になるものなので、

今後、こうした検討事項をベースにどのようなガイドラインになるのかが気になるところです。

働く人もなんとなく賃金をもらうのではなく、

自分の労働条件などをさらによく確認していくことが重要になっていくでしょう。

働き方改革実現会議の中で、今後、ガイドライン案が検討されていくのではないかと思います。

労働基準法の改正は継続審議となっていますが、働くルールはどんどん変わっていきます。

ガイドラインが示されれば、その考え方がパートタイム労働法や労働契約法の中に示されることになるでしょうから、

今後もしばらく、労働法の改正状況に気を付ける必要がありそうです、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長時間労働の実態は?

政府の働き方改革実現会議

これについて新聞などで紹介されることが多いですが

関連していろいろな会議が開かれています

たとえば

仕事と生活の調和のための時間外労働規制に関する検討会

長時間労働是正のために労働基準局が主体になって検討が行われています

その中にある資料

我が国における長治何労働の現状

統計でよく発表される年間総実労働時間

日本はこれが平成8年ころ1900時間近かったのが

現在は1700時間ほど

だいぶ減っているように見えますが

パートタイムを除いた統計数字では

ず~っと2000時間を超えています

フルタイムで働く人の総実労働時間は減っていないのです

電通の事件に象徴されるように

日本では長時間労働が問題になっています

昨日の日経新聞では

国内の主要企業では

長時間労働を「是正中」と答えた会社が8割

その取り組みは

「管理職の意識改革」が8割以上

ノー残業デーの設定や

フレックスタイム制度の導入

ITを活用した業務の効率化

などが多いようです

従業員に「早く帰れ」といっても

仕事の量が減らなければ

なかなか残業を減らすのは大変です

取引先との関係もあるでしょう

日本の社会全体で取り組まなければ

長時間労働の是正は難しいです

政府の「働き方改革」の取組では

年度内に行動計画が出るようですが

どこまでのものができるのか

気になるところです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出産後の就業継続意欲は?

厚生労働省の調査です

21世紀成年者縦断調査

平成24年10月時点で20~29歳だった男女

平成14年10月時点で20~34歳であった男女

を対象とした調査

このうち、独身女性の結婚後の就業継続意欲について

14年調査と24年調査のそれぞれの独身女性の結婚後・出産後の就業継続意欲

24年調査の対象者の方が

結婚後も仕事を続ける

同じく出産後も続ける

と答えた方が多くなっています

特に、出産後も仕事を続ける

と答えた方は

14年調査では51.3%ですが24年調査では65,1%

出産を機に辞める

と答えた人は

24年調査では6,9%

この10年の間に

「出産したら一度やめる」

ではなく

「出産しても仕事を続ける」

という意識が高まっているようです

収入がそれほど上がらないこともあり

男女ともに共働きが普通になりつつあり

育児休業の制度もだいぶ普及してきて

一度やめなくても働き続けられる環境も整ってきたということでしょうか

最近では「イクボス」のようは言葉もだいぶ聞かれるようになり

働き方の見直しを進めようとする政府の後押しもあり

男性も女性も働きやすい取り組みを進めようという動きも進んでいます

一方で電通の事件のような過重労働はなくならない

ワークライフバランスの取り組みも掛け声に終わらないようになってほしいところ

とくに「女性が働きやすい」のはよいですが

家に帰っても忙しいのはやはり女性

忙しいパパが家事や子育てに参加できないと

家庭のイライラも募ってしまいます

働き方は人それぞれですが

いよいよみんなが働かないといけない時代になってきます

外国人の労働者も増えてくるかもしれません

当たり前に働けるのはありがたいことですが

仕事が減らない中で人だけは減っていって

みんなが大変。。。

ということのない世の中にしなければいけないんでしょうね

もちろん、誰かの支えは必要です

一人で解決できないこともたくさんありますが

「だれかが救ってくれる」と待っているだけではなく

自分でできることは自分で変えていかなければならない

自ら行動を起こすことも時には必要です

これから20年、世の中はどんどん変わっていきます

自分たちも、柔軟に生きていきたいものだと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初任給はどのくらい??

就職した長女の初任給が

いくらいくらいだったのかワタシは聞いていませんが

手取りで20万くらい。。。

なんて言っていたっけ。。

で、先日出た厚生労働省の調査

学歴別に見た初任給

平成28年賃金構造基本統計調査の結果です

男性では

・大学院修士課程で231,7000円

・大学卒で205,900円

・高専・短大卒で179700円

・高校卒で163,5000円

女性では

・大学院修士課程卒で229,7000円

・大学卒で200,000円

・高専・短大卒で175,200円

・高校卒で157,2000円

どの区分でも平成24年度に比べると微増です

初任給では男女の差はほとんどないのが特徴でしょうか

女性は途中で仕事を辞めてその後パートなどで働く方が多いこともあり

世代全体でみると賃金の格差は

女性は男性の6割程度です

年齢ごとの賃金の状況をグラフ化した「賃金カーブ」では

男性のピークは50~54歳で430,1000円

女性のピークも同じですが266,000円

平成27年賃金構造基本統計調査

こちらにグラフも載っております

同一労働同一賃金が検討されているところですが

こちらでは

パートなどの格差について不合理ではないためのガイドラインを作成するとのことです

どんなガイドラインが出てくるんでしょう

パートさんの賃金を上げることは大切ですが

そのためには会社が内部留保を吐き出すか、正社員の給料を抑えるか

それとも生産性を上げていただくような取り組みをするか

なんにしても何かを変えないと難しいというところ

そんなことが議論される一方では

就業調整する女性もまだまだ多いのも事実

高齢者が増え、働き手が少なくなっている今

社会保障を支えるために

これからの世の中は大きく変わらなければいけないような気がします

働き方改革の議論も

兼業や副業、転職、など

終身雇用がモデルだった時代とはだいぶ変わってきています

就職の形は

自分たちが就職した30年前とはだいぶ異なります

長女は何とか就職しましたが

次女にとっては就職はちょっとハードルが高いかもしれません

とりあえず、今の世の中贅沢しなければ完全雇用の時代です

給料はそれほどよくなくても

ブラックではない、働きやすい環境が整った会社に

うまく就職してくれるといいんですけれど。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

睡眠時間「6時間未満」が4割

11月14日に発表された厚生労働省の調査

国民健康・栄養調査

新聞などではこの睡眠時間について触れているものが多かったようですが

ほかにも

♪若い世代ほど栄養バランスに課題

♪受動喫煙の機会は「飲食店」が最も高く4割強

♪地域でお互い助け合っていると思う割合が増加

など、結果のポイントとしてあげられています

睡眠時間については27ページ当たりから

一番多いのは「6時間以上7時間未満」

「6時間未満」は、平成19年以降増えているようです

6時間未満とした方は「日中眠気を感じる」と答えた人の割合が高いです

ワタシも平均睡眠時間は6時間未満。。。かな

しかも隣のうちがまぶしいので

もともと眠りの浅いワタシは

目が覚めてまぶしいとそのまま目がさえてしまうこともあって寝不足気味

日中眠くなることもあるので

昼休みはお昼寝タイムです

幸いなことに

YUが土曜日に学校がなくなったので(高校では土曜日は授業だった)

土日だけは朝少しだけゆっくり。。かな

土日もあちこち駆け回っているので昼寝する間もなく

ばたばたしております

ワタシの場合は

睡眠時間よりも

眠りの質をよくしたいなあ。。。

やっぱり部屋を暗くする工夫を考えたほうがよいのかも

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「結婚したい」急減 

土曜日の日経新聞

明治安田生活福祉研究所が6月に発表した

「20~40代の恋愛と結婚」 第9回結婚・出産に関する調査

改めてみると

本当に結婚願望、減っているようです

♪結婚願望がある人は3年前の調査に比べて

男性で67%→39%

女性で82%→59%

♪20代で恋人がいる人の2008年度調査に比べて

男性は45.8%→22.3%(5人に一人)

女性は47.9%→33.7%(3人に一人)

♪異性との交際経験

20代男性の2人に一人は交際経験なし(3年前調査では3人に一人程度)

♪婚活経験

20~40代、未婚者で、女性の方が積極的

ですが、3年前調査に比べると

20代女性の婚活あり経験は45.2%→38.6%

♪婚活しない理由として「結婚に興味がない」と答えた人の割合が

男性女性とも増えているようです

うちの次女も男の子にはま~るで関心がありません

現在のところ、ほとんど、絶食系です

長女はそれなりですが

結婚するかどうかはなんともね

しっかり自立しているので経済的にはなんとでもなりそうだし

最近話題の「逃げ恥」も絶食系男子。。

雇用関係にある結婚なんて、まあ、面白いけどね

男女で楽しくスキーに行ったりテニスをしたり合コンしたり

なんていうワタシ世代の多くは

「女の子は就職したらいい人を見つけて結婚して、仕事を辞めて主婦になり、子供を育てて家庭を守る」

という風潮の中で育ち、学生活を送ったものですが

現在の女子は

「仕事はそこそこできれば結婚しなくてもいいし、ネットや女子会で楽しめばいいかな」

という人が増えているのかしら

一方で「専業主婦っていいな」

と願う女子学生も多いみたいだから

女性も、いろいろな生き方を選択できるようになったんでしょう

まあ、昔みたいに専業主婦として家庭を守る

という人生を選択できる人は

男性の収入も減っている現在では少数派になっていて

現実的には

結婚しても男性も女性も働く方ががこれからも増えるでしょうし

結婚しない人もどんどん増えていく

いろいろな人がいる中で

社会保障の在り方についてこれまでのモデルはあてはまらなくなっています

国の動きもどうなるかわからない中では

将来設計を人任せにしないで、

しっかりと考えておく必要もありそうです

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧