調査・統計・白書など

働く女性の実情

厚生労働省の調査が公表されています

平成29年版働く女性の実情

今回は、女性活躍推進法に基づく取り組み状況を特集していますが

まずは働く女性の「実情データ」のご紹介

日本の労働力人口は平成29年で6,720万人

実は平成になってから一度減り、平成25年ころからまた増えています

そして女性は2,937万人が働いています

約44%の女性が働いています

男性は昨年に比べて3万人増加ですが

女性は45万人増加

いわゆるM字カーブの底(35~39歳)が1.6ポイント上昇して73.4%

ちなみに10年前は30から34歳の女性の労働力率がM字のそこで64.0%でしたが、同じ年代では29年は75.2%。M字の底は右側にずれております

そもそも、だんだんM字ではなく台形に近づいています

配偶関係別に女性の労働力率をみると

未婚者は63.9%、有配偶者は53.6%

有配偶者で労働力率が最も高いのは45~49歳で77%

40代後半では結婚している女性の8割ちかくが働いています

また、30~34歳の有配偶者の労働力率の上昇が大きいです

30代子育て期に、仕事を辞めず働くか、あるいは、何らかの形で再就職するか。

結婚しても辞めない女性や子育てしながら働く方が増えているのでしょう。

「非労働力人口」を見ると、女性では47万人が減少し2,803万人が働いていません。

このうち、262万人の女性が「就業希望」ということで、まだまだ多くの女性が働きたくても働いていない状況にあるようです。

「雇用者」の状況をみると、女性では「医療・福祉」で働く方が23.2%と最も多く、

ついで卸売・小売業、製造業、宿泊業、飲食サービス業と続きます。

また、正社員として働く女性も前年に比べ33万人(3.1%)増えています

パートやアルバイト、派遣など非正規を選ぶ方も増えています

女性の平均勤続年数は10.2年。正社員女性の平均勤続年数は7.0年です。

特に正社員女性の平均勤続年数の伸びが大きくなっています。

所定内給与額の男女間格差は73.4%と過去最少、、、ですが

女性は勤続年数が男性に比べて少ないことや、管理職が少ないなどの理由で賃金格差が生じているといわれています。

ちなみに勤労者世帯の収入をみると、共働き世帯の一か月収入は61万2179円、世帯主のみの世帯では50万2201円です。

短時間雇用者数は前年に比べ20万人減少して1123万人。フルタイムで働く方が増えているのでしょうか。

これらのデータは主に労働力調査からのものなので

詳しくは労働力調査などをご覧ください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女性の7割が働いている

労働力調査(8月)

発表された記事によれば

15歳から64歳までの女性の70%が就業しています

いよいよそんな時代がやってきたんですね

よくみると8月の調査ということもあって

増えたのはアルバイトが多数

それから

あら、45歳以上の女性が

正社員になる方が増えていますね

再就職先で、いきなり正社員というかがも増えているのかな

またはパートから正社員に転換したとか

それから25~34歳女性の正社員も増えている

これは正社員としての就業継続が増えたためかしら?

いずれにしても正社員として仕事に就く方が増えています

企業はものすごい人手不足ということもあるので

ガッツリ働くなら今はチャンス

民間の就職サイトのほか

ハローワークの情報や

埼玉県の方ならぜひ

埼玉県女性キャリアセンター

などを利用して

なるべく条件の良い、働きやすい会社に就職していただきたいものでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

転職、する?

若者の3割が3年以内に転職するといわれております

実際そんなデータもありますが

終身雇用を前提としていた時代には

転職はどちらかといえば「好ましくない」ことでした

最近はこの辺がだいぶ変わっているんじゃないかと思っていますが

DODA(デューダ)の調査

「転職」がイメチェン?”当たり前”の時代に

という記事が出ております

20代から60代における会社員の56.4%が転職をポジティブにとらえ

20代、30代の会社員の70%は自分の転職について親が「賛成してくれると思う」と回答

とくに若い世代が転職志向

長女の同級生の子たちもすでに転職しています

今の職場3年目の長女

「もう飽きたな~」

いやいや、もう少しやってみようよ

「ステップアップのための前向きな転職ならともかく、何となく仕事が合わないから。というような転職はだめだよ。まずは3年やってみよう」

と、昔ながらのアドバイスをしております

得意の英語を生かす場がないことなどからちょっと不満もありそうですが

英語力に磨きをかけるために自己啓発をしているようです

「通訳案内士になってオリンピックでボランティアでもやろうかな」

通訳案内士って、、、

日本の歴史やら文化を知らないとなれないのでは?

「いや、ちゃんと勉強しているよ」

長女らしいなあ。。。

本気で転職するつもりは今のところないようですが

いろいろな力を付けていずれはステップアップを考えているのかしら

今の職場で上を目指すっていうのもアリなんだけどな

この春就職した姪っ子は

あまりの激務に

「もう辞めたい~」

「だから言ったじゃな~い」

とみんなに言われております

ここで粘れればそのまま頑張って続けられるだろうね

とりあえずまずは最初の1年、頑張ってみようよ!

次女は昨日とある民間企業の1日インターンシップを体験

学部とはま~ったく関係のない

クリエイティブなところです

「楽しかったよ」

あら、こういう分野がやりたかったのかしら。。。

就職する前から転職の心配はないけれど

次女にはまずはしっかり就職してほしいと願う母でございます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雇用動向調査

平成29年度雇用動向調査の概要

が発表されています

主要産業の入職・離職の状況などを調査するものです

♪入職率および離職率

平成29年度1年間の入職者数は7881.5千人。離職者数は7,345.0千人

「生産年齢人口」は減っていますが、仕事に就く方のほうが離れる人より増えています

♪就業形態、雇用形態別入職者数

一般労働者の入所k者数は4,578に選任で前年に比べて335.4千人増加

パートタイム労働者の入職者数は3,303.5千人で前年に比べて130.6千人減少

一般労働者としての入職が増えているようです

♪転職者入職者の賃金変動

転職した後の賃金が前職より「増加」したのは36.2%

「減少」したのは33・0%

転職すると賃金が減るというイメージがありますが、

最近は好景気のためか

賃金の良い会社に移動する方が多いのでしょうか

働く方の会社を選ぶ視点は

若者は当然ですが転職組も

「休みやすい」「残業が少ない」「賃金が良い」

など労働条件が良いところを選ぶ傾向があるでしょうから

働き方改革が進むと

働きやすい会社に転職をする人が増えるようになるかもしれません

「働き方改革なんかやっていられないよ」

なんていう会社は生き残れなくなるなんていう話も聞きますが

「転職しなければよかった」なんていう話もよく聞きますから

一度入った会社を辞めるときは良く考えた方が良いでしょうね

長女は社会人3年目。とりあえず今のところで頑張っています

次女には、入社のときに先をよく見据えて仕事を選んでもらいたいなあ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

育児中の働くママ・パパの家事・育児時間は?

就業構造基本調査の続き

この5年間(H24 10月から 29年9月)に「出産・育児のために」前職を離職した人は

102万5千人

これは、平成24年、前回の調査に比べて

前職を離職した人は23万1千人減少です

また、育児をしている雇用者の一日あたりの家事・育児時間も調査しています

正規の職員・従業員のうち

男性は「1時間未満」

女性は「4~6時間未満」

う~ん。

男性の皆さん、。

育児や家事が「お手伝い」だったのは過去の話

今は「自分のこと」としてやる時代

若い世代ではそんなカップルも増えているのかもしれませんがどうですか?

子育て家事は仕事をしていても女性が主として担う

そういう時代も過去のものとなる日が近いかも

生産年齢人口が減り、高齢者が増え

子供の数が急に増えることのない時代

ガッツリの共働きが主流となりつつある

サラリーマンのパパと専業主婦のまま、子供二人

社会保障のモデルは

いつ変わるんでしょうか

だれかが大ナタを振るって社会保障制度改正に取り組まないと

いよいよ取り返しのつかないことになりそう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「就業調整」してますか

平成29年就業構造基本調査結果

が発表されています

全国および地域別の就業構造に関する基本調査となりますが

この中に新しい調査項目がありました

Q 収入を一定の金額に抑えるために就業時間・日数の調整をしている者はどれくらい?

A 収入99万円未満の方で就業調整をしているのは49.6%

  100~149万円で就業調整をしているのは32.9%

ということで、就業調整をしている方の8割強の方の収入が150万円未満

配偶者控除の見直しが行われ

「150万円の壁」

ができているわけですが

多くのみなさんが、150万円未満で働いているようです

就業調整をする女性の年齢を見てみると

45~49歳で37.9%と最も多いですが

30代から50代まで、どの年代も、

3割を超える女性が就業調整をしています

就業調整が悪いわけではありませんが

この『壁」がなければ

多くの方がもっと働くんじゃないかしら。。。と

いつも感じているところです

「もう疲れたから、いいわ~」

50代のママ友たちは子供も巣立って

すでにパートも面倒だってさ

専業主婦でご主人の稼ぎだけで

贅沢しなければ毎日充実して満足。。。なんでしょうか

隣の芝生は青い

そんなママ友ときどきうらやましいワタシ

でもこの30年の就業継続で得たものは収入だけではない

責任は重くなったけれどやりがいはある。

ストレスは多いけれど結果が出ればうれしい。

ワタシたち50代くらいの女性はパートという働き方が普通ですが、

これから結婚・出産する女性には、

ぜひ、就業継続を選択肢の一つとして考えてもらいたいと、

そっと願うワタシです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妻はドライに、夫は誠実に

家族30年の変化 

という調査報告が

博報堂生活総研から出ています

それぞれ1988年と2018年の比較で記載してみました

★夫婦にまつわる倫理観

・夫の不倫は絶対に許されることではない 

 1988年には61.4%の夫がそう考えていましたが、2018年には84.3%

 妻の意識はこの30ねんで73,2%から78.3%と微増

★夫婦はどんなことがあっても離婚しない方が良い

 夫の意識は68.4%から55.2%に減少

 妻の意識は59.7%から24.4%と激減

★家族は「先祖代々の墓に入る方が良い」

 夫は60.4%から41.4%に減少

 妻は53.9%から28.6%

★女性は子供ができても外で働いた方が良い

 夫は31.6%から52.7%

 妻は44.1%から54.9%

この30年、女性が働くのが当たり前になり

おそらく若い年代ほどこうした意識を強く持つのではないでしょうか

少子化で子供も少なく

お墓もなくてもよいくらいと考える人も増えている気がします

結婚しない人が増え

いよいよ日本でも

婚外子が普通になる時代が、、、30年もしたらそうなるかも???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

働く女性、増加中

M字カーブという言葉を聞いたことがあるでしょうか

15歳以上の女性の労働力率は

結婚・出産期にあたる年代にいったん低下し、育児が落ち着くと再び上昇する

いわゆるM字型を描くことからこう呼ばれています

国勢調査結果、一番下の方をご覧ください

ワタシが仕事に就いたのは昭和61年

このころの女性のM字カーブを見ると

30代前半で50パーセントほど

当時は「寿退職」が当たり前で

女性の多くが「稼げるサラリーマン」が多いところに就職して

生涯の伴侶を見つけて結婚で退職

結婚後仕事をしていても出産で退職

総合職となった女性は

「男性と同じように働くこと」を求められて

ものすごいパワーで働き続けるか

体調を崩されて退職してしまうか

という状況だったと思います。

今は、本当に人手不足の時代です

せっかく育ててきた女性職員が辞めてしまうのは大きな損失

と考える企業が増え

子育てとの両立を前提とした「働きやすい」企業もだいぶ増えています

また、昔のように「稼げるサラリーマン」が減って

サービス産業が増えて製造業も減り産業構造も変わって

最近ではAIとかICTとか30年前とはいろいろなことが大きく変わりました

そんな感じで、就業継続をする女性もだいぶ増えたことや

そもそも結婚しない女性も増え

女性の選択肢そのものがどんどん増えてきている状況などもあって

今や女性の労働力率は7割を超えています

M字から台形へ

都道府県別にみると

8割を超えているような県もあります

一方で40代以降の女性では

非正規雇用として採用される方がほとんどです

短時間で、家の近くで働きたい

と願う女性も多いですが

子供の手が離れたらガッツリ働く選択肢もなくはありません

ワタシタチの世代はまだまだ裕福で

「そこまでしなくても、パパの扶養の範囲内で働く程度がいい」

という方が多いようですが

子供たちの時代はそうもいかなくなるでしょう

これからは管理職を目指す女性も増えてくるでしょう

男性並みに働く

というのではなく

男性が家庭参加をもっと自分のこととして考えるようになってきているようにも感じます

自分の世代を基準に考えるのではなく

子供の世代を基準に

いろいろな働き方を考えていかなければならない時代

わかっていても頭を切り替えるのはなかなか難しい

変化に適応できる力が大事・・・

よく言われることですが、

変化のスピードについていくのは大変ですよね

就活もスマホでエントリーしてAIが面接する時代

子供たちが40代になるあと20年後

どんな日本になっているんだろう。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子育てや教育にはお金がかかる

東京大学とベネッセが共同で研究した内容を発表しています

乳幼児の生活と育ちに関する調査

0歳6か月から1歳5か月の子供を持つ

母親2,975名、父親2,624名の調査結果

母親の74.1%、父親の68.8%が「もっと子供がほしい」と回答するものの

もっとほしいが難しいという理由は

子育てや教育にお金がかかるから(母81.4%、父81.3%)

子育ての身体的な負担が大きいから(母49.9%、父36.0%)

子育てと仕事の両立が難しいから(母37.4%、父26.4%)

世帯収入別に分析すると

800万円以上世帯年収がある方でも68.2%、ほぼ7割が「子育てや教育にお金がかかる」から子供を持つのが難しいと答えています

我が家などは2人とも正社員共働きガッツリ世帯なので

子供が生まれたころに比べれば

さすがに世帯年収はだいぶ増えました

が、なんでこんなにお金がないのか

2人分稼げば2人分出費があって平均以上の出費をしているようですね

長女が家を出て一人分の生活費が必要なくなり

一番大きかった住宅ローンがほぼなくなり

すこ~~~し楽になったとはいえ

私立理系大学3年生がまだ残っております

次女が無事大学を卒業して就職すれば

いよいよ貯め期

ですが夫はすぐ定年

う~~ん

夫定年後はワタシが稼ぎ頭になるのでしょう

そう思うと

まだまだ仕事を辞めるわけにもいかず

先は長い

晩婚晩産の世の中

知り合いでは50になってから子供を産む方もいらっしゃいます

子供がいるのはとっても幸せなことだと思いますが

体力的にも大変な年齢になるので

やっぱり早くに子供がほしいところ

一方で若いころはお金がない

子供が大学生になるころはめちゃくちゃお金がかかる

そういえば、教育費の無償化の話もありますね

我が家にはもはや関係ないのでお金のことを考えるとますます溜息

宝くじ、当たらないかなあ。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

パートでも手当が支給されるようになる?

日本ではパートや契約社員などで働く人が約4割

そのほとんどが女性です

年齢が高くなるに従い増えていきます

非正規雇用の現状と課題

賃金は一般の労働者の6割程度

教育訓練は7割ほどが受けておらず

諸手当は正規はもらえても非正規はもらえない

というケースがほとんど

もちろん、時間の都合がよい、ガッツリは働きたくない

などの理由で非正規という働き方を選ぶ女性が多いです

そんな非正規という働き方を選んでいる皆さんにとって

大きな影響が出そうな最高裁判決が出ましたね

これは、働き方改革の一環として

非正規の格差をなくす・同一労働同一賃金を導入する

と、この2年ほどワタシの仕事でもあった分野であり

関心を寄せていたところです

判決は新聞などでご覧になった方も多いでしょうけれど

定年後の再雇用についての賃金格差は不合理ではないため容認されました

皆勤手当など、各種手当については

その目的や性質に応じて個別に判断すべきとされました

今回は不合理であると認められた手当がたくさんありました

今後職場の中では

何が不合理で何が合理的なのか

それぞれの手当や賃金体系について

目的や性質別に個々に労使交渉を重ねていくことになることでしょう

賞与が認められるかもしれないし

食堂や更衣室など福利厚生の制度は見直される可能性が高いでしょう

教育訓練なども見直される可能性もあるでしょう

賃金がアップすれば100万円を超えて

さらに就業調整する人も増えるのでしょうか

せっかく判例が手当ての不合理性を判断したのに

社会保障の制度だけは変わらないのでこの「壁」はまだなくなりません

人手不足でが深刻となり、いよいよ外国人労働者を頼りにする時代となりつつあります

ガッツリ正社員で働くことだけがすべてではありませんが

そろそろ扶養の範囲を超えて

少しだけステップアップしてみるという選択肢を考えてもいいんじゃないかなと感じております

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧