調査・統計・白書など

働く正社員女性たち

働く女性が当たり前になってきた今日この頃

女性はパートタイムとして働く人が多いですが

正社員として働く女性はどのくらいいるのでしょうか

厚生労働省平成28年度雇用均等基本調査

shine正社員・正職員の男女比率は 女性24.8%、男性75.2%

shine職種別にみると

総合職として働く女性は18.4%

限定総合職として働く女性が30.9%

一般職として働く女性は31.5%

だということです

shine女性だけで見た時には

総合職が35.3%、限定総合職が11.9%、一般職が5.5%

「限定総合職」というのは

転居を伴う転勤がないか、一定地域内や一定職種内のみで移動のある総合職

育児をしながら働き続けられるように最近増えてきている職種です

shine採用状況を見ると

男女とも採用する会社が増えてきているようです

shine女性管理職の状況

女性管理職を有する企業割合は企業規模10人以上でみると

たとえば係長相当職以上(役員を含む)の女性がいる企業は

平成21年度65.4%から平成28年度は64.8%

役員を含まない場合では

平成21年18.4%が平成28年度に19.0%

課長相当職以上(役員を含む)では

平成21年度で58.0%が57.3%

役員を含まない場合では

平成21年度15.0%が平成28年度16.6%

・・あまり変わっていないようですね

企業規模が大きいほど数字は高くなります

女性の活躍がうたわれておりますが

ワタシの時代は

家庭も仕事も子育ても女性が頑張りましょう

という感じでございました

最近では

若い男性は家事も育児も参加する人が増えているようですが

まだまだ女性の負担が多いのが現状でしょう

高学歴の女性が家庭との両立をにらんで

あえて一般職を選択するという話も聞きます

結婚し、出産し、そして仕事も続け、ずっと頑張って働き続けて管理職になる

正直、大変なことも多いですが自分ができることが広がるのも確かです

働き手が少なくなる時代

これからは男性も女性もしっかり働かないと社会が回りません

働き方は人それぞれ

活躍の仕方も人それぞれ

働き方もどんどん変わっています

自分のライフプランをよく考えて

無理のない働き方を選択できるような時代が来ることを期待したいものです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットショッピングが増えた ~経済財政報告書~

内閣府が先日発表した

平成29年度年次経済財政報告

第1章 日本経済の現状

第2章 働き方の変化と経済・国民生活への影響

第3章 技術革新への対応とその影響

という章立てになっています

今話題の働き方改革を中心に議論を展開しておりますが

ワタシ自身が気になったのは

第1章の中の一つ

個人消費の構造変化

デパートでの消費が減り、コンビニ急上昇中とかも気になりますが

やはりネットショッピングの急上昇も気になるところ

インターネットを通じて注文をした世帯の割合は

2017年には約3割・・・

そういえばワタシも

先週1週間で3回ネット注文したっけな

個人的にはクレジット決済は嫌いなので

いつもニコニコ着払いか

コンビニ支払が多いです

受け取るのは義母にお任せなので時間指定などはしませんが

ルンバの消耗品はもちろん、

本とか、スマホケースも買ったし、海で使うテントもネット購入

そうそう、昨日は

旅行の予約を楽天で。。(現地払い)

報告書によれば

二人以上世帯の2016年でのネットショッピングの項目別支出割合は

宿泊料やパック旅行は21.9%

食料品や飲料が14%

衣料品が10.6%

家電は7.8%

そういえばブログで皆さんの記事を拝見しても

ネットで購入する方が多いですね

ちなみにうちも、らでぃっしゅぼーやはネット注文だなあ

ちょっと前まではPCで注文しておりましたが

最近はスマホ注文が主流になってきました

これでクレジット決済をメインにすると

ワタシの浪費癖に歯止めがかからなくなりそうでコワイ

ということで

手数料がかかることもありますが(無料のことも多いですね)

ついついネット販売が増えている我が家です

トラックドライバーさんたちの負担はこうやって増えていくのかしら

いよいよ無人運転トラックがそのうち登場するかもしれない

配送料、ちょっと高くなっても仕方ないかな。

本当に、物の買い方が変わってまいりました。

衣類はネットじゃなくて試着してその場で決めて持ち帰りたいワタシですが、

デパートはもっと少なくなっちゃうかも?

ワタシにとってはさびしい限りです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正社員になりたいですか

今や非正規雇用者や正規雇用者の4割です

厚生労働省がその状況をまとめています

非正規雇用者の現状と課題

その多くは

「自分の時間に働きたい」「家計の足しにしたい」

という理由で働いています

定年で辞めた高齢者や子育てが終わった後にゆったり働きたい主婦に多いです

一方で、就職氷河期に非正雇用者になり

そのまま正社員になれない人もいます

「正社員の仕事がなかったから」非正規の仕事に就く

いわゆる「不本意非正規雇用者」といわれる方たちです

今は雇用情勢がだいぶ改善してきているようですが

長年非正規として就業してきた方たちにとっては

なかなか正社員のハードルが高いという話を耳にします

こうした方たちのために埼玉県では

正社員化総合相談窓口 を開いています

休日電話相談もやっています

・スキルアップしたい

・正社員になりたい

・賃金や労働条件に悩みがある

・休みが取れない、長時間労働が続く

などなど

いろいろな悩みの相談に乗ってくれます

女性だけではなく男性からの相談も受け付けています

今は雇用情勢が上向いていて

企業も正社員の求人を多く出していても人が集まらないという声を聴きます

正社員にならないかと声をかけても

「責任が重くなるから」「時間が増えるから」「扶養を外れるから」

とお断りする方も多いと聞きますが

安定した雇用でしっかり稼げる正社員

もっとガッツリ働きたいという方は

の機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お隣さんの貯蓄額は?

国民生活基礎調査が公表されました

厚生労働省の調査です

昭和61年に3.22人だった平均世帯人数は平成28年では2.47人

また、昭和61年には児童のいない世帯は53.8%でしたが

平成28年では76.6%

今や世帯のほとんどは児童のいない世帯。。。

あ、我が家も児童のいない世帯に突入です

貯蓄や借入金の状況も統計が出ています

平成28年の貯蓄の状況

全世帯では「貯蓄がある」と答えたのは80.3%

1世帯当たり平均貯蓄額は1033万1千円。高齢者世帯では1224万7千円

一方で借入金

全世帯では29.3%が「借入金がある」と答え

平均借入額は全世帯で431万3千円、

児童のいる世帯では「借入金がある」と答えたのは53.5%で借入額は949万円

借入額が多いのは30代から40代

ちょうど、教育費がかかるころですね~

うちも30代で家を建て、子供たちを私立に入れ、

貯蓄どころじゃなかったですね

子供を公立に行かせていたら

その分貯金できていた。。ということはないでしょうけれど

やっぱり教育費は高いですね

今も大学のお金に苦しめられております

二人で正社員なのに貯蓄がほとんどないのは

教育費と住宅ローンとマイカーローンが原因です

そんな借金生活もよう~~やくゴールが見えてまいりました

Yuが卒業したら

いよいよ貯蓄ができるようになるのかしら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供をしっかり就職させたい ~子供・若者白書~

平成29年度の子ども・若者白書がでています

いろいろ出ておりますが

大学生の親として気になるのは

第2章第3節 「若者の職業的自立、就業支援」

白書によれば(学校基本調査が元データ)

大学卒業者の7割以上が就職している

1割程度が進学も就職もしていない

今は有効求人倍率が高いので

正社員として就職する人がしばらくは増えていきそうです

一方で新入社員の3割が3年以内に離職するといわれています

自分のキャリアをアップさせるために辞める人もいますが

多くは労働条件が悪い(長時間労働や賃金が安い)

人間関係が悪い

などの理由で辞めてしまうようです

昔と違って寝食も気にせずバリバリ働くという時代ではないので

長時間労働がない職場などを選ぶ傾向にあるようです

売り手市場がいつまで続くのかわかりませんが

わがYuも来年あたりから就職にむけた準備をしなければなりません

先日、職場の方から「何者」という本を借りました

就活中の若者の心の闇を描いた(?)作品なのでしょうか

ツイッターで本音と建前を表現する若者

必死に就活する姿

う~ん

現実はこんな感じなのかな

長女はうま~く就職してしまったので

口下手な次女の行く末が心配です

白書では

中学校あたりからのキャリア教育の重要性なども訴えておりますが

働き手が少なくなり

AIやコンピューターが人間に代わって仕事をするようになる時代

若者が求められる能力は今とは違ったものになってくるでしょう

親の私たちの時代とは変わりつつある「働き方」

柔軟な発想や対応ができないとなかなか大変かもしれないなあ。。

実直でまじめでコミュニケーション下手なYUには

なかなか大変な時代でございます

| | コメント (1) | トラックバック (0)

違法残業企業の公表

厚生労働省のHPで公表されております

労働基準関係法違反企業

都道府県ごとの企業

わが埼玉県

意外に少ない。。。?

内容を見ると

違法残業はもちろん

残業代の不払い企業や

労働安全衛生法違反が多いです

36協定を結ばずに残業をさせたり

賃金を1か月払わなかったりと

いろいろな違反企業が公表されています

こんなに残業しているのに残業代が払われないとか

タイムカードを押してからサービス残業があるとか

いろいろなケースが考えられます

皆さんの職場では大丈夫でしょうか?

気になったら

労働局などに相談窓口があります

埼玉県でも

埼玉県労働相談センター

がございます

賃金不払い、残業、パワハラやセクハラ、

働く上で気になることがあったら

何でも相談してみてはいかがでしょうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母の日に解放されたい家事は?

ぐるナビが実施した

母の日に関する調査レポート

母の日に家事から解放されたいお母さんは約8割

解放されたい家事1位は「食事の支度」

2位は「掃除」

3位「洗濯」

特になし、なんていう人も約1割

働いていても働いていなくても

母の仕事は尽きません

毎朝5時半に起きて

食事を作り、弁当を作り、片づけをし、洗濯をし、

7時半に家を出てず~っと仕事

仕事を終えて夕食の買い物をしつつ

7時ころ家に帰って夕食の支度

バラバラに帰ってくる家族の食事の準備

洗濯物の片付け

我ながらよくやっているなあ。。。

うちの場合は家事のメインはワタシなので

というかほかの人はほとんど何もしないので

いやいや、忙しいけれど

最近は家族がバラバラになってきたので

食事は各自調達という日も増えた

ワタシは食事を作るのは苦にならないので

解放されたい家事は洗濯物の片づけかな

アイロンをかけて、たたんで、しまう

これがね、大雑把なワタシには苦痛なので

洗濯からたたむまでいっぺんにやってくれるロボットでもできたら

真っ先に買うだろうな

ということで

ワタシが解放されたい家事は。。。

母の日くらいすべての家事から解放されたいよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一人暮らし世帯が増えている

平成27年国勢調査の速報です

国勢調査 抽出速報集計結果

最初に出てくる人口ピラミッド

少子高齢化が進んでいるのがよくわかります

平成7年に約2240万人だった15歳以下の人口が

この20年で約500万人減り

平成27年調査では約1580万人

65歳以上は約1820万人から約3340万人と1500万人ほど増加

次女が生まれたころの人口構造から

急激に変化していることがよくわかります

そして全世帯の約6割が一人世帯、二人世帯

4人以上の世帯はどんどん減っています

夫婦と子供二人

という世帯は今や全世帯の14%ほど

社会保障制度の見直しにはほとんど手がついておりません

あと20年もすると自分は70代

夫はワタシより3つ年上

先に死んで、ワタシも一人暮らしが長くなるかもしれない

そのころは子供たちも40代

結婚しない男女も増えているので

我が家のムスメタチも独身かもしれません

孫の顔を見るのは70過ぎてから、、かもしれないなあ

50年もすれば人口が減った状態で落ち着くのかもしれませんが

自分が生きている間は

いろいろな負担も増えそうだなあ。。。

年金定期便が来ましたがもらえる額をみて

はあ~。。sad

定年後も何かして働かなくちゃ

元気に楽しい老後を過ごせるように

とりあえずは健康第一でいかなくちゃかなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人口減少社会

総務省が平成28年の人口推計を発表しております

人口推計

総人口は16万2千人の減少

10年連続の自然減少です

外国人は4年連続で社会増加

人口増減率の推移のグラフを見ると

平成元年から10年くらいまではそこそこ増えていたのが

平成15年くらいから目に見えて減ってきて

マイナスが続くようになりました

人口ピラミッド・・ピラミッドという言葉は適切ではないんじゃないかしら

見事に下のほうが細くなっていて不安定なつぼみたい

15歳未満は12.4%

わが埼玉県は社会増だけれど自然減少

転入してくる人が多いので人口としては増加していますが

死亡数のほうが出生数のほうが多いという状況になっています

なお、全国では65歳以上の割合がいよいよ27%を超えております

気づけばうちの夫も今年は57歳

あと3年で60歳

ワタシの義兄は今年66歳

実姉は60歳

母は84歳

ワタシにも姉にも子供はいますが

甥っ子は28歳独身彼女なし

姪っ子は今年就職22歳

わが長女は今年25歳になる(たぶん彼氏あり)

次女は20歳

ということで

ワタシの家族に15歳未満の者はおりません

周りをみれば孫が生まれたなんていう友達はほんのわずかで

しかも彼氏なし、彼女なし、なんていうのは普通

いまどきの「結婚しない若者」が増殖中なのかな

これからは子供を作らず40台を超えてから老後に備えてパートナーを探す

なんていう人たちが増えていくのかもしれませんね

そして誰が未来を支えていくのだろう。。。。??

| | コメント (1) | トラックバック (0)

短時間労働者の賃金は?

今や労働者の4割が非正規雇用者です

パート、アルバイト、契約社員、派遣、嘱託。。・

いろいろな就業形態があるようですが

どのくらいの賃金をもらっているのでしょうか

厚生労働省の調査

賃金構造基本統計調査

いろいろな統計調査がありますが、この調査では短時間労働者の時間給について公表しています

この場合「短時間労働者」とは、

「短時間労働者」とは、同一事業所の一般の労働者より1日の所定労働時間が短い又は1日の所定労働時間が同じでも1週の所定労働日数が少ない労働者をいう。 

短時間労働者の平均時給

男性1,134円。平均年齢は43.9歳

女性1,054円 平均年齢46.0歳

年齢階級ごとの時給も出ています

このデータは平成28年のデータです

うちの次女のアルバイトの時給は900円ということですが

~19歳の女性の短時間労働者の時給は919円

熊谷に住む姪っ子の時給は845円

埼玉県の最低賃金は845円なのでこれはクリアしていますが

同じ県内でも時給にだいぶ差があります

都内では時給がよいと聞いているように

長女などはバイトしているときの時給は1000円を超えていた

地域によっても時給はだいぶ違うようです

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧