女性の活躍

公務員男性の育児休業

菅首相が

「男性公務員に1ヶ月の育児休業をとらせたい」

と言ったとか言わないとか

政府は昨年末、子どもが生まれた全ての男性の国家公務員が育児に伴う有給休暇や無給の育児休業を令和2年度から計1カ月以上取得することを目指す方針を決定している(Sankeibizより)

だそうですが

いくら公務員でも無休の育児休業では

共働きならともかくたいへんだろう

それでも

首相がそういったと言うことはインパクトがある

小泉環境大臣が

賛否両論ある中で

短期間の育児のための休暇を取った

「育児休業」ではないけれどこちらもなかなかのインパクト

去年、男性の育児休業について議論をしたときに

「男性じゃなくても女性だって、管理職であるYさんが休みたいっていったらムリでしょ」

そりゃ、1ヶ月ぶっ続けて休むのは大変でしょうけれど

テレワークを使いながら

家で出来る仕事も多いなあと思ったものです

ワタシの職場では女性が当り前のように育児休業をとりますが

忙しい職場の男性職員が育児休業をとることにはとても抵抗があります

本人も自分が職場を背負っているという自負もあるでしょう

でもそういう職場でこそ1ヶ月やってみるといいんだよね

生まれてすぐに、と言うのが理想かもしれないけれど

1年間の期間中どこに休むかをよく考えて

仕事の閑散期に続けて休めばいいんだよ

準備も出来るだろう

職場内、取引先への説明と理解、

そうやって小さい企業でもやりくりして管理職が休んでいる会社はいくつもある

そしてそういう会社は「働きやすい」会社として

新規職員が入ってきたり

男女ともに離職率が低い

これからの社会は

「限定社員」である男性だけでは回せない

頭ではわかっているのに

「男性は育児休業をとらなくても奥さんがとればいいじゃない」

と言う意識が強いのがまだまだ現状なんだろう

「女性の活躍」はジェンダーの問題だけではなく

これからの社会を変えていくためのキーワードだと思う

公務員ばかり優遇して、と言う声もあるかもしれないけれど

公務員さえ休めないのが男性育児休業の難しいところ

義務化して男性の育児休業が当り前になれば

働き方はますます変わるんじゃないだろうか

 

| | コメント (0)

コロナ時代の職場

ワタシは4月から異動となり

とある職場で責任者をしております

職場では皆マスク状態

机の間に仕切りをして

お昼も自席で食べ、食事中はできるだけ会話しない

歓送迎会も暑気払いもない

通常行われるべき行事も大きいイベントは中止

他の会社会社のお偉方に会っても

マスクをしているので写真と違う

「この人誰だっけ。。。」

目しか出していない顔が覚えられない

男性は特に髪型が同じなので

背がよほど高いとか、ロマンスグレーとか、逆に髪が薄いとか

そんな特徴がないと新しい人は覚えられない。..

仕事にも苦戦中

そうはいっても

いつもと違うことが

日常になってきています

仕事中のコミュニケーションはともかく

終わった後の打ち上げとかもないので

ドライな人間関係が続いています

一緒に出張に行くことでもあれば会話も弾みますが

なかなかそうした機会もなく

新しい職場では静かに静かに過ごしています

新しい日常生活スタイルの中での仕事

コミュニケーションをとるのが難しいと感じる今日この頃。。。

| | コメント (1)

男性育児休業

コロナでテレワークが広がり

おうちにパパがいても

仕事だから子育てを手伝ってくれるわけでもない

パパも子供がいて仕事に集中できない。。。

なんていうことが少し前に話題になっておりましたが

そもそも育児は夫婦共同作業でしょ

ということで

埼玉県では

男性の育児休業 が進むように取り組んでいます

企業の皆さんは

育児休業は女性のための制度だと思っている方もいるようですが

男性はもちろん育児休業がとれるのです

(男性がとれないのは産休)

でも、休業期間中の保障が社会保険料免除を含めて実質8割程度では収入が減って困る。。。

ということがネックになっているのも事実

そこで今日の埼玉新聞に載っていました

いよいよ厚生労働省が男性育児休業を増やすための検討を始めるとのこと

「育児休業給付金」を

100%にしたり

申請手続きを簡略化したり

分割取得できるようにしたり

ということの検討をようやく始めたと言うことです

現在、男性の育児休業取得率は7%程度

出産補助休暇で出産の非前後だけ休む人は多いでしょう

本当は男性にも最低1ヶ月は休んでもらいたいところ

「休息」のではなく「育児をする」ことがポイントね

財源の問題はありますが

この制度が充実されれば

若い男性は家事育児参加にそれほど抵抗はないかもしれないので

あとは休みを認める管理職の皆さんの意識改革も必要でしょうね

コロナで会社の状況も様々ですが

少子化で働き手が少なくなる時代

男性も女性も働く時代

女性だけが頑張りすぎないよう

そろそろ本気で変わっていかなければならないのだと思います

 

 

| | コメント (0)

女性の活躍のためには

最近、役職上

いろいろな団体での審議会などの委員をお願いされることが増えた。

市町村の計画などをみると

女性の活躍と言えば

「女性が働きやすいように保育所を整備します」

ということがメインになる。

あるいは

「男女参画を進めます」「子育てを支援します」

こんな感じである

最低限必要なことだと思う。

が、最近感じるのは

こうした計画を作るメンバーをみるとほとんどが男性

メンバーに女性を30%以上入れましょう

といっても、団体の役員からスイセンされるメンバーでは男性が推薦されがちだ

保育所も子育て支援はもちろん大事だ

でもやっぱり

世の中の意識が

「女性は仕事も家庭もがんばれ。男性は仕事を頑張れ」

となっているんですよね

女性自身も

「女性は夫の家計を支える程度に働けばいいじゃない」

と考える方もまだまだ多い

実際、子育てしながら都内まで通勤するワーキングマザーもいるが

夫も大企業に勤めていたりして

続けられず辞めてしまい(子育てのための離職)、

それまでのキャリアをやむなく捨てて地元の企業に再就職し

パートからキャリアを改めて積んでいく女性の何と多いことでしょう

そういう生き方もあるし

子育て期は子育てをじっくり楽しむのもよい

でも、自分で120%背負わなければならない仕組みがなんとか変わらないものでしょうか

働くお母さんは自分のペースで家事をすればいいし

お父さんはもっと家庭に参加すべきでしょう

そのためには会社も変わらなければなりません

コロナの時代、テレワークも増えたようですが

テレワークが本格的に導入されて通勤時間が減れば、

その分、家庭に時間をかけることも出来るわけです

働き方が変われば人の意識も変わっていくでしょう

少子化がどんどん進みもはや昭和の時代には戻りません

令和の時代

女性も男性も同じように働く時代

ワークライフバーンスが本格的に実現する日が近いかもしれません

| | コメント (1)

不妊治療と働く女性

ワタシは今からやく8年前には

女性の不妊治療を支援する仕事をしておりました

2015年のデータではありますが

日本では約20人に1人が生殖補助医療(体外受精、顕微授精、凍結胚を用いた治療)で生まれた子だと言うことです

そして、実際に不妊の検査や治療を受けたことがあるカップルは

5.5組に1人

仕事と不妊治療の両立支援のために

という厚生労働省のパンフレットがありますが

ワタシが不妊治療関係の仕事をしているときは

こういうデータはなくて

「卵子は老化するので早めの妊娠が望ましい」

くらいのことが話題になっている状況でした

今や不妊治療は多くのカップルで行われているけれども

それを職場で伝えるのはやはりハードルが高いですね

「子作りしています」

なんて積極的に公言するのはやっぱりハードルが高い

それでも

資料にもあるとおり

不妊治療と仕事の両立は結構大変です

職場の理解と応援がなければ

急な休みがとりづらいとかあると思います

労働基準法が改正されて

今では時間単位の休暇が取れる職場も増えてきていると思います

こういうことには職場の上長の理解が最低限必要だと思いますが

まだまだの職場も多いことでしょう

不妊治療は、場合によっては何百万というオカネが必要だったりもします

子供の数が少なくなった現在

不妊治療を保険適用にしたらどうかという意見も多くあります

「子供を産む、産まない」は確かに個人の問題ですが

子供がほしい人が働く女性であることが多いということもあるので

こうした問題に

ちゃんと向き合っていく必要もあると思います

自分が出来ることはあまりないかもしれませんが

治療と仕事の両立

ということをテーマに

いろいろな取組みがすすめられたらいいなあ。。。と考えているところです

| | コメント (1)

扶養の範囲で働く

日本では扶養の範囲で働く女性が多い

特に40~50代の女性の30%~40%くらいが

就業調整をしています

もちろん、働き方は人それぞれですし

家族手当が充実していたり、パパの税金対策だったりと

世帯収入上の損得を考えて就業調整をする方がおおいようです

就業調整をしているママ友は

「女の子はがっつり働かなくても結婚すれば・・・」

と子育てしていたかな

そのムスメたちももうすぐ30歳

結婚の気配はなく

親と同居なので趣味にお金を使う日々

女子だけではなくムスコたもそんな子がたくさんいる

ワタシの義兄(68)が同窓会をやって集まった10人

35になろうとするムスメ・ムスコたちが一人も結婚していないんだって

結婚して「扶養の範囲で働く」どころではなく

結婚そのものが現実的には選択しにくくなっているみたいです

これからは男女ともに

社会に出るときはしっかり就職してしっかり働き

がっつり働きつつも自分の生活も大切にする

結婚したら女子だけが「仕事も家事も育児も」ということがないようになってほしい

こういうのは文化だから

すぐには変わらないだろうけれど

10年、20年の間に

「扶養の範囲で働く」女性は減ってくるんだろう

| | コメント (0)

どんなふうにキャリアアップしたい?

仕事を続けていくために

結婚や出産は大きなイベント

先日若い職員の面談をしていて

こうした話もさせていただいた

出産だけは女性しか体験できないこと

働きながらキャリアアップする上では確かに大変なこと

でも大変なだけではなく

自分自身が人を育てるということで大きく成長できる機会であり

なにより子育ての経験は楽しい

もちろん結婚出産するもしないも自由である

色々な生き方をする女性経営者や管理職の皆さんからの講演会が人気です

彩カフェ IN SAITAMA

自分に合ったロールモデルを探してみてはいかがでしょうか

講演の後には交流会でネットワークを広げることも出来ます

関心のある方におすすめです

 

| | コメント (0)

母校で講演

20190911_163951

高校時代の3年間

ものすごく楽しかった

女子高特有の自由を謳歌したワタシ

昨日は1年生を対象に

先輩としてメッセージをお伝えしました

自分のムスメタチより若い彼女たち

無限の可能性のある16才

いろいろ経験して

失敗もたくさんして

つよく、しなやかに、

これからの未来を担う彼女たちに

心からのエールをおくりたい

こんな機会を与えてくれた関係者の皆様

どうもありがとうございました。



| | コメント (1)

出産後に退職する女性

よく言われることですが

第一子出産後に退職する女性は約半分

子育てを理由に退職した女性のうち

「子育てに専念したかった」が約3割

「仕事と子育ての両立が難しかった」が約2割

「夫の転勤による」が約1割

ちょっと古いですがそんな調査があります

この間、とある会議で

「やめる人が半数もいるのになにかできないのか」

という話題になりました

もちろん、やめなくてもいいように

企業の働きやすい環境を整備すること

待機児童をなくし、預け先をつくること

こうしたことがまず考えられます

しかし埼玉県の場合は

子育て中の男性が長時間労働をする方が多く

待機児童が多く、核家族も多いので

女性が仕事も育児も負担するという方が多いようです

女性自身もがっつり働きたくてもず~っとワンオペというわけにもいかないので

落ち着くまでは離職して子育てに専念し

それからは扶養の範囲で働きながら

少しずつキャリアアップしていく

そんな方が多いような気がします。

どんなに働く環境を整えても

夫がいつもおそく帰ってきたり、多くの育児や家事を女性が担うというのでは

仕事の両立は難しいでしょう

男性の育児休業を増やす

国もそんな議論が始まっていますが

男性の育児休業取得率はわずか6%

職場の雰囲気で休めない、というのもあれば

休んでいる間の所得が減ってしまうのでこまるとか

色々な事情があります。

出産は女性の問題ですが

育児は夫婦の問題です

育児休業を取得しようとする男性を応援する世の中になるのは

まだ大分先のことなんだろうな

小泉進次郎さんに、育休(ちょっとでもいいから)とってもらいたいなあ

| | コメント (0)

自分の5年後、10年後

先日、女性職員のためのセミナーで

自分のキャリアを話す機会がありました

その中で

「5年後、10年後をどんなふうにイメージしてきたのか」

というような質問がありました

う~ん

自分が20代の頃は

5年後には試験を受けて、10年後にはその上のキャリアについて・・

という想像をしておりましたが

結婚し、出産してからは

仕事上のキャリアよりも

子育ての方が具体的にイメージするものが多くて

例えば5年後は中学受験だな

10年後は大学受験だな

・・・というような感じです

2人の娘は幼稚園、私立中高一貫校に通っていたので

子供に関わる機会がものすごく多かった

小さい頃の習い事は長女はピアノとスイミング、次女はバトントワリング

野球少年のお母さんたちみたいに、休みの日ごとにお茶当番がある

ということはありませんでしたが

バトンの衣装づくりや大会への出場はやっぱり大変だったわ

仕事についてはそのときそのときを頑張っていたけれど

30代の頃、今の自分は想像できなかったな

管理職になってからも

「こんなことでいいのかな」

「ああ、また失敗した」

「もっとこうすればよかった」

と、反省することばかり

自分自身のロールモデルはいない

やっぱりロールモデルっていた方がいいなあ

いろいろなお作法がわからないことが多いので

皆さん、苦労しているみたいです

30代くらいの皆さんがワタシくらいの年齢になる頃は

管理職の30%は女性になっているんじゃないかな

ポジティブアクションをとるか

10年単位で長い目で育てていくか

女性の管理職を増やすのはなかなか大変なことだと思います。

 

| | コメント (0)